三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい|リフォーム施工事例

住友不動産株式会社の事例

三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい

この事例の詳細

三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい

【リビング・ダイニング】 回遊式の動線を確保することで、家事もスムーズに進められます。1/6

三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい

【リビング・ダイニング】 薪ストーブの暖かさに魅かれ、冬場は家族全員が集まります。2/6

三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい

【寝室】 ミニキッチンを備え、セカンドリビングとしての役割も果たしています。3/6

三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい

【玄関】 大家族を考慮して、大容量のシューズクロークも設置。4/6

三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい

【洗面所・脱衣所】 家事室や玄関へ直接移動できる動線も確保しています。5/6

三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい

【外観】 旅館をイメージして黄色を基調に。6/6

三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい
三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい
三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい
三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい
三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい
三世代がひとつになって暮らしを楽しめる住まい
住宅の種類 一戸建て
建物構造 木造軸組み工法
築年数 55年
施工地 宮城県大崎市
施工面積 194.0㎡
施工日数 90日間
施工完了日 -
リフォーム箇所 リノベーション
リフォーム費用概算 約3,100万円
家族構成 大家族
間取り Before:6LDK → After:6LDK
テイスト -
色調 -
採用メーカー・シリーズ -

お客様からの要望

老朽化にともない、雨漏りや床のきしみなど建物の劣化が気になっていました。梁などの基本的な構造はしっかりしていたものの、昔ならではの間取りや冬場の寒さなど、同居する子どもたちのためにも改善すべきことが満載でした。そこで断熱・耐震を中心にした、構造補強が急務でした。

リフォーム会社からのコメント

9人家族それぞれがストレスなく暮らせるように、建築面積は最大限に活かしつつ間取りの変更を行いました。それまでは襖だけで仕切られていた部屋を、洋室にすることで独立性を高めプライバシーを確保。その一方でゆったりとした玄関ホールにすることで、広がりを感じる空間になるように配慮しました。また、大家族の生活を支える毎日の家事を軽減するめに、家事室とパントリーをキッチン脇に併設。スムーズに家事ができるように、回遊式の動線を確保しました。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.