トイレのリフォーム費用相場・工事期間・事例集!おすすめの業者の口コミもご紹介

トイレのリフォームをしたい時、気になることはやはり「価格はいくら?」「工事期間がどの程度?」ということですよね。本記事では、当サイト『リショップナビ』の加盟業者によるリフォーム事例を参考にしながら、トイレの壁紙・床も含めた工事費込みの値段や、和式から洋式へのフルリフォームなどの費用相場を解説します。掃除しやすいTOTO・LIXIL・パナソニックといったおすすめメーカー品の実例や、補助金の活用方法、人気の高い業者の口コミなども掲載しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

>> トイレリフォームの相談(無料)はこちら!

【予算・目的別】トイレリフォームの平均工事費用・価格相場

トイレのリフォーム事例は、20万円未満から100万円超えまで、幅広くあります。
(※『リショップナビ』2017年6月時点集計データ)

まずは、それぞれの価格帯でどのようなリフォームが可能なのか、簡単にご紹介します。

10万円未満でできるトイレのリフォーム

便座のみの交換や、手すり設置などの小規模工事であれば、それぞれ3〜10万円位が相場です。

ウォシュレット(温水洗浄便座)を設置する場合は、便座の横に操作板があるタイプであれば総額10万円前後、リモコンタイプの場合には、+2〜4.5万円ほど高くなります。
トイレ室内にコンセントを増設する場合は、約1〜3万円の費用がかかるでしょう。

壁紙クロス床材を交換する時は、量産品などを選べば、2~6万円以内で施工可能です。
ただしタイル材や、消臭効果があるLIXIL(リクシル)のエコカラット 、珪藻土などを使用する場合は、+数万円アップします。

なお床材だけを張り替えたい場合でも、一度便器を外す工事が発生することがあるため、リフォーム会社に工期や費用を確認しておくと良いでしょう。

10〜20万円でできるトイレのリフォーム

トイレ本体交換および壁・床など内装込みのリフォームでも、採用機器や工事規模によっては、20万円未満で実施できます。

手洗い器を増設する場合は、グレードが高いキャビネット付きなどでなければ、10〜20万円で施工できます。
(シンプルな機器を選ぶなど安く済む場合は4万円〜で設置可能なこともあります。)

20〜50万円でできるトイレリフォーム

トイレ全体をまるごとリフォームする工事の中心となる価格帯は、20〜50万円です。

スタンダードタイプの製品で、洋式から洋式へ交換する場合は30万円以内、和式を洋式にリフォームする場合は40万円以内で実施できた例が多いです。

タンクありのトイレに比べると、タンクレストイレのほうが3〜5万円ほど高い傾向があります。
なお、タンク付きの洋式トイレからタンクレストイレに交換する場合でも、50万円以内でできるパターンが多いです。

一緒に手洗いカウンターを設置する場合であっても、たいていは50万円以内でリフォームできます。

「フタの自動開閉」や「自動洗浄」などの機能付きのトイレを選ぶと、より値段が高くなります。

50万円以上でできるトイレのリフォーム

トイレ自体の位置を移動する際や、増床工事を伴うなど変更箇所が多い場合、2台以上のトイレを施工する場合、内装や設備にこだわりたい時などには、50万円以上になることがあります。

最終的には、リフォーム会社に現地調査をしてもらい、見積もり内容を確認してくださいね。

トイレの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ここからは『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者が手がけた、素敵な実例を見ていきましょう。
工事金額や施工日数も記載しているので、参考にしてみてくださいね。

10〜20万円のトイレリフォーム施工事例

LIXIL『アメージュZA』&内装交換・収納設置

リフォーム費用 14万円
施工日数 2日
住宅の種類 マンション
築年数 30年
LIXILの一体型シャワートイレ『アメージュZA』は、シンプルな機能のみを搭載した低価格の商品で、手入れしやすい人気モデルです。
こちらの事例では、壁紙や床のクッションフロア交換、壁面収納の設置も実施しています。

>> この事例の詳細を見る

和式トイレを洋式のLIXIL『アメージュZ』へ

リフォーム費用 14.6万円
施工日数 3日
住宅の種類 一戸建て
築年数 40年
和式だったトイレを全体的に改修し、段差も解消の上、LIXILの超節水トイレ『アメージュZ』を設置しました。
好みの温水洗浄便座を組み合わせることができ、また便座部分はフチレス形状で汚れが入りにくいため、拭き掃除が簡単です。

>> この事例の詳細を見る

TOTO『ピュアレストQR』設置&壁・床リフォーム

リフォーム費用 15万円
施工日数 1日
住宅の種類 一戸建て
築年数 -
長年使われていたトイレを交換し、壁紙と床材も張り替えました。
採用した『ピュアレストQR』はTOTO製品の中でも手頃な値段で設置でき、節水性も高く、また必要な機能・予算に合わせて便器と便座の組み合わせを選べます。

>> この事例の詳細を見る

【その他の10〜20万円のトイレのリフォーム実例】

トイレの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

20〜50万円のトイレリフォーム施工事例

『ピュアレストQR』設置&素敵なストライプ柄の壁紙に

リフォーム費用 22万円
施工日数 1日
住宅の種類 一戸建て
築年数 30年
元はタイル張りで「目地の掃除が大変で、冬は寒い」とお困りでした。
そこで内装を一新し、トイレ本体もTOTO『ピュアレストQR』へ交換。可愛いストライプ柄のクロスは、奥様に選んでいただきました。

>> この事例の詳細を見る

LIXILの収納一体型トイレ『リフォレ』&ウッド調の内装

リフォーム費用 27万円
施工日数 1日
住宅の種類 マンション
築年数 16年
LIXILの『リフォレ』は、タンクや給水管が背面のキャビネット内に収まる、タンクレス風のデザインになる製品です。
キャビネットには、丸見えにしたくない掃除道具なども収納できます。
内装を白と木目調で統一し、優しい雰囲気になりました。

>> この事例の詳細を見る

増築し、パナソニック『アラウーノSⅡ』を設置

リフォーム費用 45万円
施工日数 7日
住宅の種類 一戸建て
築年数 30年
トイレの増築とともに、 便器を全自動お掃除機能付きのパナソニック『アラウーノSⅡ』へ交換。一緒に、LIXILの手すり付きペーパーホルダーも設置しました。
また背面はアクセントクロスでおしゃれに仕上げ、ドアをアウトセット引き戸にリフォームしています。

>> この事例の詳細を見る

【その他の20〜50万円のトイレのリフォーム実例】

トイレの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

50万円以上のトイレリフォーム施工事例

TOTO『ネオレストRH』や塗り壁風クロスでおしゃれに

リフォーム費用 55万円
施工日数 1日
住宅の種類 一戸建て
築年数 25年
超節水タイプのウォシュレット一体型トイレ『ネオレストRH』は、丸みを帯びた可愛らしい形をしています。
手洗い器のボウルも、トイレに合わせて丸型を採用し、さらに塗り壁調の壁紙クロスを施工しました。
鏡は、トールペイントがご趣味である奥様が製作されました。

>> この事例の詳細を見る

1階も2階もTOTOのトイレでリフォーム

リフォーム費用 1階:43万円
(ネオレストAH1)
2階:14万円
(ピュアレストQR)
施工日数 3日
住宅の種類 一戸建て
築年数 -
2ヶ所あるトイレを、TOTO商品を使ってリフォームし、内装も一新しました。
2階にはリーズナブルな『ピュアレストQR』を設置し、利用頻度が高い1階には、お客様のご希望でタンクレスの『ネオレストAH1』タイプを採用しています。

>> この事例の詳細を見る

LXILの『サティス』と手洗いカウンター『キャパシア』

リフォーム費用 71万円
施工日数 2日
住宅の種類 マンション
築年数 26年
トイレ本体と手洗いカウンターを、LIXIL社の製品で統一。タンクレストイレの『サティス』は、同社の中でも高機能なシリーズです。
手洗い器の『キャパシア』には、ブラックパールの人造大理石カウンターをセレクト。
ホテルのような上質な空間に仕上がりました。

>> この事例の詳細を見る

【その他の50万円以上のトイレのリフォーム実例】

トイレの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

トイレリフォームの工事期間・所要時間

トイレの全体工事や部分改修にかかる時間・日数の目安は、以下の表の通りです。

リフォーム内容 工期の目安
トイレ交換+内装リフォーム 1〜2日
トイレ交換のみ(洋式から洋式) 半日〜1日
和式から洋式トイレへの交換 2〜3日
トイレ内装のみリフォーム 1〜2日
便座交換・ウォシュレット設置 1〜2時間(トイレ内にコンセントがある場合)
手洗い器設置 1〜3日
手すり設置のみ 1時間〜半日
トイレの移動・新設 3〜5日

リフォーム期間中のトイレはどうするの?

工事が2日以上かかる場合、「家のトイレが使えない間、どうしたら……」と不安に思いますよね。

ご家庭によって対策方法は異なり、ご近所のコンビニなどを利用される場合もあれば、高齢の方や小さい子がお住いの場合などには、介護用のポータブルトイレや、災害用の簡易トイレなどを用意されるケースも見られます。

また、リフォーム会社が仮設トイレを設置してくれることもありますが、別途レンタル費用がかかるのが一般的です。
予算がどの程度かなど、業者と相談しながら対処法を決めることを、おすすめします。

和式から洋式にリフォームする時の注意点

トイレを和式から洋式にリフォームする際に、もともとの和式トイレが「水洗式」ではなく「汲み取り式」の場合には、工事費用が高くなります。
完成時の仕上がりや、新しい洋式トイレのグレードによっても、料金に差が出ます。

また、段差の有無もポイントになります。
和式トイレは主に「廊下とほぼ同様の高さの床の上」に設置されているタイプと「20cm位高くなった段の上」に設置されているタイプがあります。

段差がないトイレの場合は、和式トイレの撤去後に配水管の移動もしくは延長、そして下地補修工事をします。
床に段差がある場合、和式便器を撤去した後、床の段差部分を解体した上で下地補修工事が必要になる分、さらに費用がかかります。

なお、トイレスペースが0.3坪(半畳程度)位と狭い時は、通常の大きさのタンク付き洋式トイレをつけることはできません。
この場合は、コーナー設置タイプ(コンパクトリフォームモデル)の便器を選ぶことになります。

どのような工事がご自宅に適しているかは、リフォーム業者に現地調査をしてもらった上で、提案してもらうと良いでしょう。

トイレの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

トイレのリフォームで補助金・減税制度は使える?

介護目的でトイレをリフォームする際は、介護保険が適用されるケースが多いです。
具体的には、和式から洋式へのリフォームや、手すりの設置、出入口の段差解消・開き戸から引き戸への交換などの工事が対象です。

また、バリアフリーや省エネ目的(節水型トイレへの変更)の改修工事なら、介護保険の他にも、リフォーム補助金やリフォーム減税制度を活用しやすいですよ。

施工業者によっては、補助金申請などもサポートしてくれるので、一度相談してみましょう。

>> リフォーム補助金制度はどんな工事が対象?
>> リフォーム減税制度はどんな工事が対象?
>> 介護リフォームのポイント

評判の良い業者のトイレリフォームの口コミ4選

最後に、当サイト『リショップナビ』から見積もり依頼をいただき、トイレをリフォームされたお客様からのアンケートの一例をご紹介します。
人気のあるリフォーム業者がたくさん加盟しているので、ぜひ参考になさってください!

口コミ① 株式会社エディオンのリフォーム/大分県別府市
見積もりの際の担当者の方の対応が良く、また瞬間式・リモコンといった希望の機能がキャンペーン商品で、10年の保証もあり、納得できる価格で購入できました。
同じ市内だったので、アフターサービスのことも考慮して、決定しました。

【2018年5月工事完了 / 一戸建て / 50代男性 / 採用したトイレのメーカー:LIXIL / リフォーム費用:13万円】
口コミ② ハウスファクトリーのリフォーム/広島県三原市
担当者の方が話しやすく、猛暑でさらに豪雨被害で交通事情も悪い中、迅速にプランを立ててくださり、完工しました。
要望を取り入れてくださって快適なトイレになり、高齢の父も喜んでいます。本当に感謝しております。

【2018年7月工事完了 / 一戸建て / 女性 / 採用したトイレのメーカー:パナソニック / リフォーム費用:45万円】
口コミ③ 株式会社ラインエスのリフォーム/北海道江別市
急にウォシュレットが壊れてしまい、年末に来客があるためどうしても交換したいと話したところ、先にトイレだけを交換し、床や壁は年始に対応してもらうことになり、助かりました。
相見積もりをした他の会社は混んでいて年内は無理だったのですが、他の業者より価格が安く、担当の方も大変丁寧で親切でした。
ただ年明けに入っていた広告で、成約時プレゼントなどがあったので惜しかったとは思いました。きちんとしている会社なので、またリフォームする時には相談したいと思います。ありがとうございました。

【2019年1月工事完了 / 一戸建て / 女性 / 採用したトイレのメーカー:TOTO / リフォーム費用:32万円】
口コミ④ ニッカホーム関東株式会社 横浜緑支店のリフォーム/神奈川県横浜市都城区
担当の方の誠実さがとても気に入り、トイレの水漏れの一時修理も迅速に対応してもらえたため、水道代を節約できました。
とてもリーズナブルな値段で予算内でリフォームできました。壁・床の仕上がりについても大満足しています。

【2019年1月工事完了 / マンション / 60代男性 / 採用したトイレのメーカー:LIXIL / リフォーム費用:16万円】

理想的なリフォームを実現するためには、トイレの施工経験が豊富なリフォーム会社に依頼するのが一番です。
できれば複数の会社に見積もり依頼をし、最も提案が上手なリフォーム業者にお願いしましょう。

トイレの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> トイレメーカー5社徹底比較!
>>【必見!】よくあるトイレリフォームの失敗
>> 便利でキレイが続く♪トイレの人気機能11選

更新日:2019年4月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles トイレリフォームの記事

  • Case4

    トイレのリフォームを格安・激安にする5つのコツ!価格別の事例も公開!

    トイレの交換リフォームは、できれば格安・激安の価格で行いたいものですよね。しかし、さまざまなリフォーム会社やメーカーがあるため、どこにどのような工事を依頼したら良いのか、迷ってしまうと思います。そこで今回は、一般的なトイレのリフォーム費用相場や、値段を抑えるためのポイントを解説します。当サービス『リショップナビ』でご紹介している施工業者が、TOTOやLIXIL(リクシル)などの製品を使用してリフォームした実例も公開しているので、チェックしてみてください!

  • ______-2

    狭い暗いトイレをDIYやリフォームでおしゃれにする方法!参考にしたい実例まとめ

    トイレをおしゃれにしたいとき、どのような工夫をすると効果があるのでしょうか。狭くて暗くなりがちなトイレですが、面積が限られているからこそ、壁紙や床材にこだわってリフォームしても高額になりにくく、DIYでちょっと遊んでみることもできます。参考にしたいおしゃれなトイレと、リフォームした場合の費用についてご紹介します。

  • ______

    築年数が経っていても壁掛けトイレにリフォームできます!

    壁掛け式のトイレを、駅や飲食店などで見かけたことがある方は多いはず。スマートな見た目と抜群の清掃性により人気がありますが、一般住宅、中でも木造住宅には、設置するのがずっと困難とされてきました。しかし今は違います。技術の進歩により、マンションや一戸建て、築年数が経った木造住宅にも壁掛けトイレを導入できるようになったのです。

  • Pixta_1063184_s

    トイレの手洗いカウンターを選んでこだわりの空間に♪

    トイレ内にあると便利なのが手洗いカウンター。実用性ばかり重視しがちな手洗いカウンターですが、インテリアにこだわりのある人はすっきりした美しい空間に仕上げています。どんな工夫をすれば素敵な手洗いカウンターになるのか、そのコツをまとめてみました♪

  • V

    珪藻土で壁(壁紙)をリフォームしたい!DIY・業者に依頼する価格を比較

    除湿・消臭効果がある珪藻土の壁。リフォームしたくても値段が高いイメージがあり、DIYを検討する方も多いはず。そこで今回は、DIYする際の値段・よくある失敗例、リフォーム業者に塗装してもらう場合の費用について比較・解説します。最近人気の、珪藻土壁紙クロスの施工費用についてもご紹介するので、参考にしてみてください。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop