階段リフォーム

リフォームする箇所が決まったら!

階段のリフォームをする際に知っておきたいポイント・費用相場・事例・リフォーム会社をまとめています。注意するポイントを押さえて失敗のないリフォームプランをつくりましょう。

Ico_rehome_point階段のリフォームに失敗しないためには

階段をリフォームする際、最も注意したいのは、安全性です。
デザインを追求することは大事ですが、家族に小さな子供やお年寄りがいる場合は、安全性にも十分に配慮することが大切です。
いくら素敵なデザインでも、上り下りに不便を感じたり、怪我をしてしまっては元も子もありません。そこで、階段の種類と、階段のリフォームに失敗しないためのポイントを5点ご紹介します。

階段の種類

階段はそのかたちによって、いくつかの種類に分類することができます。ここでは、いくつかある階段の種類をご紹介します。

直階段

直階段

直階段はその名の通り、曲がり角のないまっすぐな階段です。
階段を設置するために必要なスペースもいちばん少なく、最も一般的なタイプになります。
シンプルなかたちで工事期間や施工費用もお手頃ですが、省スペースで高さを出すために、急勾配になっている場合が多いので注意が必要です。

かね折れ階段

かね折れ階段

かね折れ階段は、L字型に折れているタイプの階段です。
階段の途中に踊り場があるので、万が一落ちてしまっても、直階段のように下までは落ちないため安全です。設置には広い面積が必要になりますが、階段下収納などに活用しやすいタイプです。

折り返し階段

折り返し階段

折り返し階段は、U字型(コの字型)に折り返している階段です。
かね折れ階段同様に踊り場があるので、落下の際にも安心です。こちらも同様に広いスペースが必要になりますが、折り返しの分段差を増やしやすく、急な階段になるのを防ぐことができます。

らせん階段

螺旋階段

らせん階段は、デザイン性があり一度は憧れたことがあるかもしれません。
円筒形に昇っていくものなので、ものによってはスペースをそこまで必要としないのですが、複雑なかたちのため、費用がかかります。
安全面では、踏み台が三角形なので、階段の中心に近い部分など、場所によっては狭く危険です。

安全な階段リフォームのポイント

ここからは、安全な階段にリフォームするポイントをご紹介します。

適切な勾配・階段幅にする

階段を全面的にリフォームする場合には、階段の適切な勾配を考慮しましょう。安全性の観点から法律で決められている勾配の上限は60度ですが、この角度ですと階段というよりも段梯子のようになってしまいます。
一般的には階段は30〜35度くらいが昇り降りがしやすいと言われています。

また、一段一段のステップの高さや幅も、安全性を左右する重要な要素なので、法律による規定があります。
階段の踏み板は15cm以上、一段の高さ(蹴上げ)は23cm以下とされています。ただし、一段の幅15cmというのは、意外に狭く、一般的には21cm以上はあったほうが良いでしょう。一般的な成人男性の足のサイズが26cm〜29cmということを考えると、なんとなく使いやすい幅のイメージが湧くかと思います。
勾配が急過ぎたり、ステップが狭かったりすると、落下やつまずきの危険性がありますので、階段の面積は十分にとって安全・安心な階段にしましょう。

すべりにくく転んでも安全な床材を使う

既存の階段板に新しい階段部材を貼り付けるだけで、手軽にリフォームすることができます。
カラーリングや素材には様々なものがあり、種類も豊富です。
すべりにくい素材や、カーペットやコルクなどの柔らかい素材を選ぶと、安全性も高まります。

足元を明るくする工夫をする

階段の照明

階段は足元が暗くなりがちです。
照明を増やしたり、明るい床材を選ぶ等の工夫をしましょう。
コストはかかりますが、照明が埋め込まれた手すりや階段もあります。

尚、照明のスイッチは、誰でも場所が分かりやすく押しやすいタイプのものを選びましょう。

手すりを取り付けて階段での転倒を防ぐ

手すり付きの階段

階段は転倒の危険性があり、危険を回避するためには手すりの設置は必要です。

手すりの素材はすべりにくく、気温などの変化で触った時に熱さや冷たさを感じないものがいいでしょう。握りやすさの目安は、手すりの直径が32mm~36mmくらいがふさわしいです。尚、手すりは切れ目なく取り付けるようにしましょう。
下地がしっかりしているかどうかの確認もお忘れなく。

大掛かりなリフォームはタイミングを合わせる

階段のリフォームを検討している人の中に、「急勾配の階段を段数を増やして緩やかにしたい」という希望を持った人は多いのではないでしょうか。
踊り場があり、勾配は緩やかで、段差があまりなく、踏み面が広い階段が理想です。

しかし、既存の階段の段差を減らしたり、踊り場を新たに作る工事は、建物の骨組みを考慮して行う必要があるため、大掛かりな工事となります。
無駄な出費を防ぐためにも、家全体の間取りを変えるようなリフォームとタイミングを合わせて行うことをお勧めします。

更新日:2016年8月26日

Ico_top-price階段リフォームの費用相場

Img_stair

階段リフォームの費用相場をご紹介しています。階段のリフォーム内容で多い、手すりや滑り止めの設置の小規模なリフォームから、階段の段数変更や家の中での場所移動など大規模なリフォームまで、実際のリフォーム事例をもとにリフォーム料金がわかります。事前に相場を確認して、適正価格でリフォームをしましょう。

階段リフォームの費用相場をもっと見る>

\登り降り楽チン♫人に優しい階段を設置するなら/

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop