屋根塗装・屋根
リフォーム

リフォームする箇所が決まったら!

屋根塗装・屋根のリフォームをする際に知っておきたいポイント・費用相場・事例・リフォーム会社をまとめています。注意するポイントを押さえて失敗のないリフォームプランをつくりましょう。

Ico_rehome_point屋根リフォームのポイント

紫外線や熱・風雨を直接受ける屋根は、家の中で最も傷みやすい部位の一つです。
屋根が傷むと、水が家の中に入り込み、家の骨組みにカビが発生したり、下地が腐ってしまったり、といったトラブルの原因になります。

また、落ち葉やゴミがたまって水はけが悪くなると、雨漏りの原因になることもあります。
屋根のメンテナンスは、家を長持ちさせるために大切なことです。

ここでは、屋根リフォームが必要なタイミングと、どのようなリフォームをするべきかをご紹介します。
しっかり確認して、適切なタイミングで屋根のメンテナンスを行いましょう。

屋根リフォームのタイミング

色あせた屋根

屋根リフォームが必要になるのは、屋根がさびてしまった・苔やカビがはえて色あせている・雨漏りしている・瓦がずれている・経年劣化で屋根材がはがれている、などの症状が出た場合です。

新築を建ててから、あるいは最後に屋根のメンテナンスを行ってから、約10〜15年経っていたら、屋根塗装やリフォームのタイミングの目安と考えると良いでしょう。

屋根の変色やサビの場合は、既存の屋根に塗装をする工事が必要です。
また経年劣化による不具合の場合は、屋根の葺き替え工事が必要です。

工法の種類

屋根リフォームには大きく分けて3種類の工法がありますが、屋根の状態により、適切な工事方法が変わります。
屋根のリフォームが得意な業者に状態を見てもらった上で、最適な工事方法を決めましょう。

一般的には、7~10年で「塗り替え」を、15~20年で「葺き替え」を行うのがリフォームのサイクルです。

塗り替え

屋根の基礎部分である下地があまり傷んでいない場合に、おすすめのメンテナンス方法です。
ただし屋根材が日本瓦の場合は、塗り替える必要はありません。

塗料には主に「アクリル樹脂塗料」「ウレタン樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」「フッ素樹脂塗料」などの種類がありますが、様々な屋根に塗装でき、密着性・耐候性・防水性に優れた「ウレタン樹脂塗料」や、光沢性・安定性に優れ、耐久性が良い「シリコン樹脂塗料」がよく使われます。
塗料の色は、周辺の家や環境になじみ、外壁と合うものを選びましょう。

なお同じ色でも、面積が大きくなると明るい色はより明るく、暗い色はより暗く感じられるので注意しましょう。
また鮮やかな色は、色あせするスピードが早い傾向があるので、避けたほうが無難です。

重ね葺き

既存の屋根に新しい屋根材をかぶせる工法で、下地がそれほど傷んでおらず、表面の屋根材の傷みが激しい場合にお勧めのメンテナンス方法です。
「葺き替え」より工期が短く、廃材が出ないので費用を抑えることができます。

また、外観も一変するだけでなく、屋根が2重になることで、遮音性や断熱性がアップします。
ただし、屋根全体の重量が増加するため、施工前に建物の強度と耐震性を確認し、適した重量の屋根材を選ぶ必要があります。

葺き替え

葺き替え屋根

既存の屋根を撤去し、下地も含めて屋根全体を一新する工法です。
どのような屋根材を選んでも良く、また換気扇や天窓などを新たに設置することも可能です。

建物の耐久性が大幅に向上しますが、その分、工期が長くなり、最も高額なリフォームとなります。

屋根材の種類

屋根材によって耐久年数や費用が変わるので、葺き替えや重ね葺き工事をする際には、それぞれの特徴を押さえて、しっかり素材を比較しましょう。

粘土瓦(和瓦)

和瓦

昔から使用されている、いわゆる「和瓦」のことで、粘土を成形して高温で焼いて作られています。
耐久性が高く、色落ちしないのが特徴ですが、強風や地震によって割れたり、剥がれて落下したりすることがあります。

いぶして銀色の光沢を出したものを「いぶし瓦」、釉薬(うわぐすり)を用いるものを「陶器瓦」と言います。

メンテナンスの周期は、点検の目安が5〜6年、20年を過ぎたら葺き替えを検討したほうが良いかもしれません。

化粧スレート

化粧スレート

「化粧スレート」とは、セメントと各種繊維を混ぜて、厚さ5mm程度に成形した平板状の屋根材です。
「カラーベスト」「コロニアル」などが有名です。

瓦と違って塗装を施すので、その色合いの豊富さでも人気が高まっており、現在では最も普及しています。
重量が他の屋根材に比べて軽いので、耐震性の観点ではおすすめです。

ただし、粘土瓦と比べるとやや耐久性は劣ります。
経年劣化によって色落ちするので、8〜10年のサイクルで塗り替えが必要で、15年を過ぎたら葺き替えを検討すると良いでしょう。

金属系

金属屋根

薄い鋼板に塗装を施したものを「金属系屋根材」と呼びます。
特に耐久性が高い「ガルバリウム鋼板」が主流ですが、他にも「トタン屋根(カラー鉄板)」などの種類もあります。

最大の特徴はその軽さで、同じ坪数であれば、一般的な化粧スレートの1/4、和瓦の1/10の重量なので、耐震性に優れています。

熱伝導率が高く断熱性が悪いというデメリットがありますが、最近では断熱材を裏打ちし、断熱性を高めた製品も出ています。

更新日:2016年8月26日

Ico_top-price屋根塗装・屋根リフォームの費用相場

Img_roof

屋根塗装・屋根リフォームの費用相場をご紹介しています。実際の屋根リフォーム事例から、瓦の補修にかかる費用や、屋根の塗り直しや重ね葺き・葺き替えをする場合の施工費用の相場がわかります。屋根塗装・屋根リフォームは、使用する塗料や屋根材によって費用が異なります。屋根リフォームで押さえておきたいポイントを事前に確認して、適正価格でリフォームしましょう。

屋根塗装・屋根リフォームの費用相場をもっと見る>

\屋根のメンテナンスは10年に一度が目安です!/

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop