外構工事・エクステリアリフォームの費用相場

外構工事・エクステリアリフォームの費用相場をご紹介しています。住宅のまわりの、門扉やフェンス、ウッドデッキ、テラスなどの外構部分のリフォーム料金の相場がわかります。スタイルや、どこまでエクステリアにこだわるかで費用が変わりますので、事前に確認して適正価格でエクステリアリフォームをしましょう。

>> 外構リフォームの無料相談はこちら!

1. 外構工事・エクステリアリフォームの中心となる価格帯

こちらでは、リショップナビの事例をもとに、エクステリア・外構リフォームにかかる費用相場を確認できます。
(※2017年6月時点集計データ)

「エクステリア」・「外構」とは、住宅の外周部分のことで、インテリアの反対の意味でエクステリアと呼びます。
具体的には、門扉・門柱・フェンス(塀)・アプローチ・カーポート(ガレージ)・ウッドデッキ・サンルームなどです。

エクステリアリフォームの中心になる価格帯は、10~100万円です。
門扉や門柱の取り付けや、カーポートの補修、アプローチ整備などであれば50万円未満でできる場合が多いです。

土の庭を全面コンクリートにしたり、家のまわりを塀やフェンスで囲んだりという工事の場合は、100万円程度の予算を考えておいたほうが良いでしょう。

また、家まわりのエクステリア工事と、庭・ガーデニングの造成工事は同じタイミングで依頼をしたほうが全体の予算をおさえられるので、家の外側をどのようにしたいかイメージをはっきりとさせておきましょう。
草花や木々を簡単に配置するのであれば、自分でできる場合もあるので、予算によってはセルフリフォームを検討しても良いかもしれません。

エクステリア整備していない家も多いですが、家の印象を大きく左右しますし、門扉やフェンスなど防犯やプライバシーに関わる部分でもあるので、安全性も考えて、採用する機能やデザインを考えましょう。

予算に合わせて
外構リフォームしたい!
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ここからは、価格帯別に一般的なエクステリア・外構リフォームの工事にかかるおおよその金額を見ていきます。この金額には、外構設備などの材料費、工事費用、諸経費を含みます。

2. 50万円未満でできるエクステリア・外構リフォーム

門扉の設置や、玄関までのアプローチ整備であれば20〜50万円ほど見ておけば良いでしょう。
また、フェンスやカーポートの交換は、すでに地面の整備が完了しているので、工事規模の割には安く済むことが多いです。

事例1
門扉交換リフォーム

機器代金 門扉(両開き・アルミ製) 15万円
工事費用 門扉の交換 10万円
総額 25万円
既存の門扉を撤去し、新しい門扉に交換する場合の費用です。こちらでは、アルミ製を採用していますが、他にも木製・鋳物・スチール(ステンレス)などの素材があります。

門扉のドアの選び方

門扉は、通常のドアと同様にドアの開き方の種類が複数ありますが、片開き<親子開き<両開き<スライドの順番で高価になります。
ただし、自動ロックや電子錠などの機能を付けると値段が変動するので、注意が必要です。
また、別途インターホンなどを付ける場合は、室内の工事も必要なのでさらに費用が高くなります。

>> 門扉リフォームの価格・施工例・注意点

事例2
カーポート設置

機器代金 カーポート(1台用・片側支柱タイプ) 11万円
工事費用 カーポート設置工事 6万円
総額 17万円
カーポートを新たに設置する場合の費用です。カーポートは設置する台数や種類によって金額が変わります。台数が増えればその分設備も大きくなり、工事範囲が広がるので高くなります。

カーポートの支柱タイプの選び方

カーポートには支柱が片側のみにあるタイプと、両側にあるタイプとがあります。
新たにカーポートを設置する場合でも、1台用の片側支柱タイプ(片流れタイプ)であれば予算は50万円以内におさまりますが、積雪や台風の多い地域の場合は、より強度のある両側タイプを選ぶようにしましょう。

>> ガレージ・カーポートリフォームの価格・施工例と注意点
>> 耐雪カーポートのリフォーム価格とおすすめ品

事例3
アプローチ整備

材料費 砂利・レンガ・乱形石等 30万円
工事費用 アプローチ整備工事(12㎡) 材料費に含む
総額 30万円
アプローチを整備し、乱形石を置いた場合の費用です。アプローチとは、門扉から玄関ポーチまでの間の通路のことです。毎日通りますし、お客様をお通しする場でもあるので、見た目や歩きやすさを重視しましょう。

アプローチリフォームの平米単価・費用

アプローチのリフォームでは、砂利を敷き詰める、コンクリートで整備する、タイルや天然石を敷き詰めるという工事が主な方法ですが、それぞれテイストが大きく異なりますので、家の雰囲気に合わせて検討しましょう。
使用する素材や、地面の状況・広さによって異なりますが、費用はおおよそ2〜5万円/㎡と考えておくと良いでしょう。
また、将来のことを考えて、スロープにしたり、手すりを付けたりすることもあります。

50万円未満のエクステリア・外構リフォームの事例

予算に合わせて
外構リフォームしたい!
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

3. 50〜100万円でできるエクステリア・外構リフォーム

家のまわりにフェンスや塀をつくったり、カーポートと門扉などあわせて工事をする場合は、50万円以上かかることがあります。
また、駐車スペースをつくるために、庭をコンクリート打ちするようなリフォームでも、その面積や、植木の撤去などが多ければ50万円を超えてしまうこともあります。

事例4
家の外周にフェンスを設置

機器代金 フェンス 35万円
工事費用 基礎工事・フェンス設置 40万円
総額 75万円
家のまわりに新しくフェンスを設置した場合の費用です。エクステリアフェンスは、防犯の目的やプライバシーの点から見ても設置しておきたいものです。特に、通りに面している家などは、視線が気になるので設置するのがおすすめです。

フェンスの素材について

フェンスで使用される素材は、ウッド・鋳物・アルミ・スチール(ステンレス)などがあり、金額はステンレスのものが最も安く、ウッド<アルミ<鋳物の順で高価になります。

>> 目隠しフェンスの価格・施工例
>> ウッドフェンスはDIYで作れる?リフォーム業者に頼む?費用の比較・注意点

事例5
カーポート・電動ドア設置

機器代金 カーポート・電動オーバードア 40万円
工事費用 カーポート・電動オーバードア設置費用 53万円
総額 93万円
カーポートの新たな設置と、カーポート部分に電動のオーバードアを設けた場合の費用です。カーポートは片側支柱タイプの1台用、電動オーバードアは耐久性を考えてステンレス製の腰までの高さのものを採用しました。コンクリート打ちはすでにしてあったので、一部工事でカーポートの基礎用の穴を施工しました。

50〜100万円のエクステリア・外構リフォームの事例

予算に合わせて
外構リフォームしたい!
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

4. 100万円以上でできるエクステリア・外構リフォーム

門扉やフェンス、アプローチなどエクステリア全体をリフォームする場合は、100〜150万円を超えてしまうことも多いです。

コンクリート打ちなどの基礎工事をする際は、重機が必要になるためまとめて一緒に工事をしたほうが効率的です。
いずれ改修する予定がある場合は、別々に実施するよりも同じタイミングで外構全体のリフォームをすることをおすすめします。

事例6
フェンス・門扉・アプローチの設置

機器代金 フェンス・門扉・石材等 90万円
工事費用 フェンス・門扉設置、アプローチ整備 80万円
総額 170万円
フェンスと門扉を新たに設置し、門扉から玄関ポーチまでのアプローチを天然石でつくった場合の費用です。

100万円以上のエクステリア・外構リフォームの事例

予算に合わせて
外構リフォームしたい!
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

5. 新築でエクステリアをつくる場合

ハウスメーカーで新築の家を建てた場合に、外構工事をお願いする先は、ハウスメーカーか外構専門業者か選ぶことができます。
それぞれメリット・デメリットがあるので、希望に合わせて選びましょう。

ハウスメーカーの場合

家を建てたハウスメーカーに一緒に外構工事をお願いすることも多いです。支払いも一括で済み、打合せも一緒にできるので、手間がかからずスムーズです。
また、引き渡しの時期も外構工事が完了した後なので、完成した家に住み始めることができます。

ただし、ハウスメーカーがそのまま外構工事をすることはなく、外構工事業者に依頼するので、中間マージンが発生し、料金が割高になります。

外構専門業者の場合

外構専門業者に依頼する場合、ハウスメーカー分の中間マージンが発生しないので、費用が安く済みます。
ただし、改めて業者を探す手間や、契約・打合せ・支払いも別に発生するので、忙しい人には向いていないかもしれません。
また、家の引き渡し後に工事となるので、その点もハウスメーカーとは違いがあります。

外構・エクステリアのリフォームをする場合には、外構専門の施工業者に依頼すると、予算もおさえやすい上、的確な提案・アドバイスをしてくれます。

できれば外構リフォームが得意な複数の会社に見積もりを依頼し、最も相性の良い業者に工事をお願いしましょう。

外構リフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

更新日:2018年1月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles エクステリア・外構リフォームの記事

  • Pixta_23351836_s

    ブロック塀の解体撤去・補修・交換リフォームの費用!地震対策は大丈夫?

    ブロック塀の塗装や補修を行いたいとき、どのようなことに注意したら良いかご存じでしょうか。ブロック塀は、外からの視線をシャットアウトしたり、敷地の境界線をはっきりさせたりと、何かと役に立つエクステリアの一つです。しかし最近、地震の際に倒壊の恐れがあるとして、劣化したブロック塀や、建築基準法を満たさない危険なブロック塀の存在が問題になっています。自宅や身の回りのブロック塀が基準を満たしているかどうか確認の上、万が一、基準を満たしていないブロック塀があったら、業者に依頼をして、解体や基準に合うような補修をする必要があります。 補修を行うだけで済むのか、交換した方が良いのか、最適なリフォームプランを考えてみましょう。

  • ________1_

    庭・ガーデニングのリフォーム費用相場

    庭・ガーデニングリフォームの費用相場をご紹介しています。芝生の貼り付けや砂利を入れる工事、コンクリート整備、庭全体の造園、ウッドデッキやサンルームの設置など、庭・ガーデニングに関わるリフォームの料金がリフォーム実例からわかります。事前に庭リフォームの相場を確認して、適正価格で庭・ガーデニングのリフォームをしましょう。

  • 6

    一戸建てならこだわりたい!駐車場のデザインいろいろ♪

    現在の住宅事情では、車が出入りするのに必要最低限のスペースを確保するのがやっとな場合が多く、あまり駐車場にこだわらないかもしれませんが、実用性を兼ねた、オシャレなデザインの駐車場を作ると住宅のイメージもワンランク上がります。今回はこだわりのある駐車場をご紹介します。

  • ______

    庭の目隠しフェンスの価格と施工例【選ぶときのポイントとは?】

    目隠しフェンスは、ご自宅の庭をプライベートな空間に変えたり、隣接する家や道路から家族のプライバシーを守ってくれたりと、住宅には欠かせない存在です。価格相場や施工例も参考にしながら、目隠しフェンスの選び方や、おすすめのメーカー品についてご紹介します。

  • ________3_

    外構の失敗例12選とその対策!

    外構は、新築住宅において非常に失敗例が多いです。家の外観が良く見えるかどうかは、外構の仕上がり次第と言えます。見た目がしっかりした家は、防犯性が向上します。家の顔とも呼べる、外構・エクステリア。よくある失敗とその対策について、今回はご紹介します。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop