宮城県のリフォーム | リフォーム 費用・価格・料金の無料見積もり

宮城県のリフォーム

宮城県内のリフォーム会社を探すならリショップナビにお任せ!
複数見積もりでリフォーム価格の最安値が見つかります。 宮城県のリフォーム事例・リフォーム会社情報も数多く公開しているので、 比較検討して依頼先を探しましょう!

宮城県における見積ご依頼実績 3,648

宮城県主要地域の見積もりご依頼実績

1

仙台市青葉区


515
2

仙台市太白区


396
3

仙台市泉区


301
全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
宮城県でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は49社です。
ここでは、宮城県のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

宮城県の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2トイレ


3キッチン


4洋室


5洗面所

最新のリフォーム見積比較実績

施工地
最高値
最安値
宮城県仙台市青葉区
1,730,000
800,000
宮城県宮城郡利府町
254,000
154,000
宮城県仙台市太白区
2,200,000
1,930,000

※これらのデータは、実際にリショップナビで一括見積もりをした方のアンケートによるものです。

宮城県のリフォーム市場概況

宮城県でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は3,157社で、周辺地域と比較して業者数が多い地域と言えます。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた宮城県のリフォームに関する相談は年間で98件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

宮城県の市区町村からリフォーム会社を探す

宮城県の近くの地域を見る

宮城県の人口は230.31万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には231.21万人だったので、前回と比較して、-0.90万人となっています。
また、宮城県の持ち家率は58.79%で、全国平均(62.32%)よりも低いです。

宮城県では、1991 〜 2000年が最も多く、次いで1981 〜 1990年、2001 〜 2010年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

宮城で耐震リフォームを行う時は、自治体へ援助申請をするのを忘れずに

東北新幹線の開通で、関東方面から時間をかけずに宮城巡りを楽しめるようになりました。
日帰りで日程を組んで、太平洋の海の幸を楽しむのもよし、冬に蔵王へ向けてスキーに行くこともできるなど、思い立ったらすぐに行ける宮城は、高齢者から若者までの幅広い年齢層の人達の注目を集めています。

宮城と言えば、人により思い浮かべる観光スポットが色々ある地域ですが、シニアライフを楽しめる1泊2日のツアーを考えて見ますと、夏の仙台七夕祭りを見学に行く傍ら、日中は日本三大絶景の1つ松島を定期遊覧船に乗りクルージングを楽しみ、夏に旬を迎えるハモ料理を食べて、周辺の遺跡や寺を見学します。
また、ゆっくり休みたいなら鳴子温泉では、日帰り入浴も出来る様になっています。
夜までに仙台市内へ移動し、仙台七夕祭りを楽しみます。
有名な七夕の飾り「くす玉」は、昭和20年代ごろから始まりましたが、今では、この祭りの象徴にもなりました。
東北大震災から数年が経ち、宮城の町は復興へ向けて着実にその歩みを進めています。

阪神淡路大震災、東北大震災の教訓から、国全体の取り組みとして公共施設の耐震化工事が進められています。
日本全国の小中学校においては、夏休みを利用して校舎の耐震化工事が活発に進められています。
築年数の古い一戸建ての住まいを持つ人達も、リフォームの際に出来る限り耐震面について必要な対策を取りたいものです。

自宅の耐震リフォームの相場は、建物の外観を変えずに行う場合50~100万円と言われています。
そして自治体では、耐震工事料金の助成や建物の耐震無料診断の専門家の派遣を行う所があり、また、工事費用について所得税や固定資産税の控除などもあります。

すでにある家の耐震工事でよく行われているものに、外壁材をはがして柱と土台に耐震パネルを取り付けて、新しい外壁材を被せる工事があります。
壁には手を加えないため、短い工期でリフォームが完了するので人気があります。
費用は材料費や工事費あわせて65万円位が相場です。
家を全て改築する費用を考えれば、思ったよりも費用がかからないのですが、中には不安をあおって高額で工事を進める悪徳業者もいるので注意しましょう。

お住いのお掃除・DIY体験記


IHコンロの隙間は爪楊枝でピカピカにお掃除

オール電化の住宅に住んでいて、コンロはIHです。ガスコンロと違い、IHコンロの日常のお掃除はふきんで拭くだけで簡単なのですが、コンロの縁の細い溝には日々の油汚れが詰まっています。そこで使うのが爪楊枝です。爪楊枝をゆっくり溝に刺して滑らせてみてください。あまり強く力を入れてしまうと爪楊枝が折れてしまったり、コンロが傷ついてしまう可能性があるのでゆっくり優しく行います。すると溜まりに溜まった油汚れがミミズの様にスルスルと取れるんです。何度かすると黒かった縁がコンロ新品の時の色になります。最後に少し濡らしたふきんで綺麗になった溝を拭きます。これで溝のベトベトも取れます。私は月に一度くらいのペースでお掃除をしています。
100均のすのことグルーガンで棚をDIY

引っ越しのときに古い棚を捨ててしまい、新たな収納スペースとして、すのこを使ったDIYをしてみようと思いました。部屋のデッドスペースのサイズのすのことグルーガンを100均で購入しました。すのこニ枚の足の部分を内側にして立て、足の部分に他のすのこを橋渡しするように引っ掛け、グルーガンで固定しました。いざやってみると、私はたまたま置きたい場所と100均のすのこのサイズがぴったりだったので簡単にできましたが、サイズが合わなくても、板を切り落せば簡単にサイズ調節できます。強度は、横揺れには多少弱いですが、ある程度の重さの物なら充分に置けます。私は二つ作り、テレビ横のゲーム機置きと、化粧品の整理棚にしています。ゲーム機置きはゲーム機本体やコントローラーを3台置いてますが大丈夫です。二つの棚で合計1200円(税別、グルーガン含む)でできました。すのこならペンキや絵の具で色づけたり、マスキングテープでデコったりが簡単にできるので、模様替えの際もばっちりです。好きなサイズで、簡単に作れ、何より安価なのが嬉しいです。次はホームセンターのしっかりしたすのこで、もっと大きな棚を作りたいと思っています。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.