洗面所・洗面台リフォームの費用相場【施工にかかる金額を比較】

洗面台・洗面所リフォームの費用相場をご紹介しています。洗面所リフォームの内容で最も多い洗面台の交換や、内装のみのリフォーム、洗面所のバリアフリーリフォームなど、実際の施工事例とあわせて洗面所リフォーム料金の相場を解説します。リクシルなどの人気メーカー商品の一例や、リフォーム前に確認しておきたい洗面台の高さ・サイズといったポイントも把握して、適正価格で納得できるリフォームを実施しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
洗面所の必読コンテンツ
見積もりの前に、まずは相場を知りたい方へ。リフォーム費用相場
【必見】リフォームで人気のメーカーをご紹介!
【無料】リフォームの一括見積もり・相談

>> 洗面所リフォームの相談(無料)はこちら!

洗面台・洗面所リフォームの中心となる価格帯

こちらでは、リショップナビのリフォーム事例を元に、洗面所リフォームにかかる費用相場を確認できます。
(※2015年6月時点集計データ)

【20万円未満】
最低限の機能のユニット洗面台交換や、内装のみのリフォームなどであれば、20万円未満で工事が可能です。

【20〜50万円】
洗面台リフォームの中心となる価格帯は、20〜50万円です。
スタンダードタイプの洗面台の交換とあわせて内装工事も行うリフォームの平均費用です。

【50万円以上】
機能やオプションが充実したハイグレードタイプの洗面台へ交換する場合や、洗面所をバリアフリー仕様にする際には、費用が50万円以上かかります。

また洗面台を移動するリフォーム、2つ目の洗面台の新設といったリフォームでは、給排水の工事なども伴うため50万円を超える可能性が高いです。

清潔使いやすい
洗面所にしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜19時

ここからは、価格帯別に、一般的な洗面所リフォームの工事にかかるおおよその金額を見ていきましょう。
この金額には、洗面台やクロス・床材などの材料費、工事費用・諸経費を含みます。

20万円未満でできる洗面所リフォーム

洗面所の内装のみの工事の場合や、シンプルな洗面台の交換リフォームであれば、ほとんどの場合、20万円未満で施工可能です。

事例1
シンプルなユニットタイプの洗面台交換

機器代金 間口60cmの洗面台 6万円
工事費用 洗面台の交換 4万円
総額 10万円
既存の洗面台を取り除き、ユニットタイプの洗面台へ交換する場合の費用です。特にオプション機能などを追加せず、間口60~90cm程度のシンプルな洗面台に交換するだけであれば、低価格でリフォームできます。

事例2
洗面台交換と内装全体リフォーム

機器代金 内窓 4万円
材料費 床材(クッションフロア) 工事費用に含む
工事費用 内窓設置 2万円
工事費用 床張替え 5万円
総額 11万円
寒かった洗面所・脱衣所を暖かくするリフォームです。窓から外の冷たい空気が入ってきていたため二重窓にリフォームし、さらにフローリングだった床を耐水性に優れているクッションフロアに張り替えました。

20万円までの洗面所リフォームの事例

清潔使いやすい
洗面所にしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜19時

20〜50万円でできる洗面所リフォーム

洗面台の交換とあわせて、壁紙や床などの内装も一新する場合は、20万円以上かかることが多いです。
また、カウンタータイプの洗面台にする場合も、選ぶ素材によっては20〜50万円の予算を考えておいたほうが良いでしょう。

事例3
洗面台交換と内装リフォーム

機器代金 洗面台 12万円
材料費 内装材 2万円
工事費用 洗面台交換・内装工事 17万円
総額 31万円
シンプルな機種の洗面台に交換し、あわせて1.2坪の広さの洗面所の内装も新しくした場合の費用です。こちらの事例では一般的な壁紙クロスを使用していますが、調湿機能付きや防カビ機能付きなどの壁紙を選んだ場合は、少し予算を大目に見ておきましょう。

洗面所全体のリフォームの平均費用

水回りで人気の床材であるクッションフロアの張り替え費用の目安は、1坪あたり2〜4万円です。

また洗面台の交換と一緒に内装全体もリフォームする際の工事費には、洗面台の設置作業費や内装施工費のほか、リフォーム前の洗面台の解体処分費・内装材の処分費も含まれるため、合計で20万円前後かかることが多いです。

なお、湿気によって下地が傷んでいる場合などはさらに工事費用がかかるので、もし追加工事が発生した際にはいくら程度のコストがかかるか、念のためリフォーム会社に確認しておくと安心です。

事例4
スタンダードタイプの洗面台交換と内装工事

機器代金 間口100cm洗面台 15万円
材料費用 内装材 2万円
工事費用 洗面台交換・内装工事 18万円
総額 35万円
機能性の高いスタンダードタイプの洗面台への交換と一緒に、内装リフォームも行った場合の費用です。

20〜50万円の洗面所リフォームの事例

清潔使いやすい
洗面所ににしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜19時

50万円以上でできる洗面所リフォーム

洗面台単体の単価が15万円を超えるハイグレードな洗面台に交換する場合や、バリアフリーなどの設備を導入する場合は費用が50万円を超えることもあります。

また、オプションで洗面台脇の収納棚などを追加する場合も、費用は40〜60万円位と考えておくと良いでしょう。

事例5
こだわりのハイグレード洗面台リフォーム

機器代金 間口120cmの洗面台 27万円
材料費 内装材 4万円
工事費用 洗面台交換・内装工事 20万円
総額 51万円
最新の機能を搭載しているハイグレードタイプの洗面台に交換し、あわせて内装リフォームも行う場合の費用です。

事例6
バリアフリーの洗面台リフォーム

機器代金 車いす対応洗面台 30万円
工事費用 洗面台交換・バリアフリー工事 25万円
総額 55万円
既存の洗面台を車椅子対応のものに交換する工事とあわせて、出入口の段差解消工事を行い、さらに車いすが移動できるように洗面所スペースそのものを広げた場合の費用です。手すり設置なども必要になってくるので、予算はゆとりをもって60万円位と考えておきましょう。

【バリアフリー仕様の洗面台の主なメーカー品】

車いすの方でも楽に使用できるよう、洗面カウンターの下があいているバリアフリー対応の洗面台が、色々なメーカーから販売されています。
LIXIL社の「ドゥケアカウンター」や、TOTO社の「車いす対応洗面」、パナソニック社の「アクアハート洗面」、タカラスタンダード社の「ライフサポート商品」などが代表的です。

50万円以上の洗面所リフォームの事例

洗面台リフォームの費用内訳

洗面所全体のリフォームを実施する際の、具体的な費用の内訳は以下の通りです。

工事費用

洗面所のリフォームでは基本的に、

①洗面台の取り付け工事費
②内装工事費
③洗濯機パン工事費

がかかります。

洗面台交換と一緒に内装リフォームも行う場合には、洗濯機パンを一度取り外す必要があるため、③の費用がかかります。
取り外した洗濯機パンをそのまま再利用する場合には、費用は約5千円ほどです。
洗濯機パンを新しいものに取り替える場合には、+2万円前後の費用がかかります。

洗面台のグレード

洗面所・洗面台リフォームは複雑な工事になることが少なく、ほとんどの場合は洗面台のグレードによってリフォーム費用が上下します。
採用されることの多い洗面台のグレードや主なメーカー品について、もう少し詳しくご紹介しましょう。

【シンプルタイプ】

シンプルタイプの洗面台は、メーカーにもよりますが間口60cm・75cm・90cmが主流です。

【特徴】
・上部分:1面鏡やサイドが露出しているタイプの収納棚が多い(※3面鏡を選べる商品もあり)
・下部分:シンプルな両開き扉収納

【製品価格】
約4〜6万円

【代表的な製品】
LIXIL「ピアラ」「オフト」/TOTO「Bシリーズ」/クリナップ「BTGシリーズ」「BTHシリーズ」/ノーリツ「シャンピーヌ」など

【スタンダードタイプ】

スタンダードタイプの洗面台は、間口が75cm・90cm・100cm・120cmの機種が多いです。

【特徴】
・上部分:3面鏡が一般的
・下部分:開き扉と引き出しの組み合わせが多め

【製品価格】
約7〜15万円

【代表的な製品】
LIXIL「エルシィ」、パナソニック「シーライン」「ウツクシーズ」、ノーリツ「ソフィニア」など

【ハイグレードタイプ】

ハイグレードタイプの洗面台は、10万円前後で購入できる製品もありますが、最大間口である120cmモデルを採用した場合、機器単体で15〜25万円、機能や素材の質などによっては30万円ほどかかります。

【特徴】
・上部分:3面鏡が主流、4・5面鏡のバリエーションもあり
・下部分:引き出しタイプ、サイド備え付け収納棚など選択肢が豊富

【製品価格】
約10〜30万円

【代表的な製品】
LIXIL「ミズリア」「ルミシス」、TOTO「オクターブ」、パナソニック「ラシス」、クリナップ「ティアリス」など

ちなみに洗面台のタイプは大きく分けて2種類あり、「システムタイプ」と「ユニットタイプ」に分けられます。

洗面ボウル・水栓金具・鏡・照明などがセットになった一般的な据え置きの洗面化粧台が「ユニットタイプ」で、それぞれの部品を一つひとつ選べる、いわばオーダー可能な洗面台が「システムタイプ」と言われています。
選ぶ素材によって費用が変動しますが、一般的には「ユニットタイプ」よりも料金が高くなることが多いです。

リクシルなどのおすすめの洗面台メーカーはたくさんあるので、好みに近いメーカーがないか比較してみると良いでしょう。

>> 洗面台メーカー人気の8社を徹底比較!

洗面台リフォームのポイント

新しい洗面台を選ぶ際には、まずは既存の洗面台の間口(洗面台の横幅サイズ)をはかり、次に、新しく導入する洗面台の高さを検討します。

洗面台の高さは使い勝手に影響するので、とても重要です。
一般的に洗面台の高さは、

・75cm
・80cm
・85cm

の3種類で、適切な高さは「身長÷2」が目安と言われています。
既製品の高さが身長と合わない場合には、オリジナルの洗面台を造作することも可能です。

洗面台の高さを決めたら、洗面ボウル下の「ベースキャビネット」と「ミラーキャビネット」部分の収納タイプを考えましょう。

「ベースキャビネット」は一般的に、

・大きなスライドタイプ
・細かく区切られた引き出しタイプ
・背の高いものもしまいやすい開き戸タイプ

の3つが多いです。
収納する予定のものを考えて、最適なタイプを選びましょう。

「ミラーキャビネット」については、1面鏡か3面鏡かを選べる商品が多いです。
1面鏡のほうが費用が安いことが多いですが、鏡の裏側を収納として使える3面鏡のほうが、見た目がすっきりするので最近では人気です。

最後に、洗面ボウルを選ぶ必要がありますが、どの位の大きさが良いか、洗面台で普段行う作業をもとに考えましょう。
もし洗濯の予洗いなどをするなら、なるべく深さがあって大きい洗面ボウルにしておくと便利です。
バケツなども使用する場合は、洗面ボウルの底と蛇口の間がなるべく遠くなるよう調整しておくと使い勝手が向上します。

>> 洗面ボウルの選び方!陶器・樹脂・ホーローの違い

洗面所リフォームに対応しているリフォーム会社

リショップナビでは、以上でご紹介したような洗面所・洗面台のリフォームが得意な会社を多数ご紹介しています。
まずは複数のリフォーム会社に見積もりを依頼し、最もご家庭に合ったプランを提案してくれる業者とじっくり相談してみましょう。

清潔使いやすい
洗面所ににしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜19時

更新日:2017年10月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 洗面所の必読コンテンツ

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner
Shop_index_w

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

リショップナビ
Bnr-refund