新潟県のリフォーム

リショップナビでは新潟県の優良リフォーム会社を無料でご紹介しています。
新潟県のリフォーム事例やリフォーム経験者の口コミを公開しているので、 こちらを参考に比較検討しましょう。

新潟県における見積ご依頼実績 2,244

新潟県主要地域の見積もりご依頼実績

1

新潟市中央区


254
2

長岡市


229
3

新潟市西区


172
全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
新潟県でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は26社です。
ここでは、新潟県のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

新潟県の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2トイレ


3キッチン


4洋室


5リノベーション

最新のリフォーム見積比較実績

施工地
最高値
最安値
新潟県上越市
1,190,000
1,190,000
新潟県新潟市中央区
1,500,000
1,050,000
新潟県新潟市中央区
685,440
685,440

※これらのデータは、実際にリショップナビで一括見積もりをした方のアンケートによるものです。

新潟県のリフォーム市場概況

新潟県でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は5,033社で、周辺地域と比較して業者数が多い地域と言えます。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた新潟県のリフォームに関する相談は年間で96件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

新潟県の市区町村からリフォーム会社を探す

新潟県の近くの地域を見る

新潟県の人口は225.93万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には228.13万人だったので、前回と比較して、-2.20万人となっています。
また、新潟県の持ち家率は74.58%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

新潟県では、1991 〜 2000年が最も多く、次いで2001 〜 2010年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

新しいライフスタイルに対応したリフォームで、新潟県で快適な生活を

新潟県は広い面積が北と西に延び、山や峠が多くある独特な地形なことから、上越、中越、下越、佐渡と4つの地域に大きく分けられます。
山間部は世界有数の豪雪地帯ですが、新潟市周辺などの積雪はあまり多くなく、特に近年は温暖化の影響で積雪量が減少しています。
新潟と言えばやはり米作が中心で、コシヒカリのブランドはよく知られています。

新潟県の住宅事情は規模・持ち家率などで全国の平均を上回っていますが、ライフスタイルの多様化などへの対応が新たな課題となっています。
新潟市は、県内だけでなく日本海側全体でも有数の大都市で、交通の中心地でもあります。
新潟市と隣の新発田市には賃貸マンション・アパート・戸建住宅が多くあり、長岡市にも一人暮らし向けを中心に物件が数多くあります。
また、燕市や三条市には家族向けの賃貸マンション・アパート・戸建住宅が数多くあります。
新潟県の土地の取引件数は上昇傾向ですが、マンション、一戸建てとも住宅価格はあまり上昇していません。

新潟県でも不況の影響で一戸建てを新築することが難しい状況で、こうした中、中古住宅のリフォームやリノベーションが人気となっています。
新潟県は豪雪地域で、冬は何メートルもの積雪により、玄関から出入りできないため二階に出入り口を設けることもあります。
また、冬には結露、夏にカビが発生するとアレルギーやシックハウスなどの原因となるので、断熱だけでなく湿気を吸収する素材を使用したリフォームも効果的です。
これ以外、内窓を設置することで家の断熱化を高める事例も多いようです。
新潟でリフォームを考える際、こうした点を考慮する必要があります。

新潟には新潟リフォーム倶楽部があり、入会金は無料で、複数のリフォーム業者の情報を得たり、見積もりの比較などが簡単にできます。
さらに、新潟県では、ふるさと越後の家づくり事業を推進し、新築・増築・改築・修繕・模様替の場合、10万円~40万円/棟の補助金が受けられます。


お住いのお掃除・DIY体験記


窓・鏡にはキッチンペーパーが便利

窓ガラスや鏡を綺麗にしておくことは、子供のころから習慣づけられていました。昔ながらの知恵で、新聞紙を使うことは一般的ですが、我が家では、キッチンペーパーを掃除に使っています。初めはキッチンの掃除で、カランをピカピカにするためにキッチン用のペーパーを使っており、同じように磨くなら窓ガラスや鏡にも応用できそうだと思いついたのが始まりです。掃除の方法は、液体のガラス用洗剤をつけてから、キッチン用のペーパーを折りたたんで全体を拭きます。最後にキッチン用のペーパーを折りたたんで乾拭きすると、布で拭いた時のように繊維残りがないので、綺麗に仕上がります。洗面所や浴室の鏡や、リビングや車の窓などに使っています。
障子を外して作り付けの文庫本専用本棚を製作

趣味が読書のため、本が増えていく一方です。遂に置き場がなくなり困っていたのでDIYで本棚を作成することに。四枚引きの障子の内、一枚を外してそこを薄い本棚にすることにしました。寸法を測ってみると幅90cm高さ180cm奥行き10cmくらいの空間ができました。ホームセンターで必要な木材を購入して組み立てていきます。ツーバイフォー材の安い物を選び組み立てていくと8段の棚ができました。一番悩んだのは背板でした。車に積める大きさで、そんなに厚くなくある程度はキレイで安い板。そんな都合のいいものがあるのか心配でしたが、見つけました、MDFボードです。木質系ではなく紙で出来ているので軽くて、手で触るとツルツルしています。ようやく350~400冊くらい入る本棚が完成しました。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.