山形県のリフォーム

山形県のリフォーム会社に無料で一括見積もり!
リショップナビでは、厳格な審査に通過した会社から複数見積もりをとることができます。 加盟会社の口コミ・評価も公開しているので、気になる会社を探してみましょう!

Shop_index_w

山形県の地域で絞り込む(気になる地域をクリック!)

近くの地域からリフォーム会社検索(気になる地域をクリック!)

温泉の多い山形県に、長く快適に住めるようなリフォームを

人の横顔のような形をした山形県は、県の中央に最上川が流れ、県民の多くがこの川の流域に住んでいます。
気候的には豪雪地帯ですが、日本海に面した庄内地方は夏冬ともに県内で最も気温が高く、年間平均気温も東京都とあまり変わらないくらいで、緯度の割に温暖となっています。
平成に大合併が行われましたが、合併以前から全市町村に温泉があり、映画のロケ地にもよく使われていることから、日本だけでなく外国からも数多くの観光客が訪れています。
山形市は地盤が固いのか、東日本大震災でも震源地から100kmと離れてないながら、震度4で済みました。

山形市からはバスで1時間で仙台の繁華街、一番町に行くことができ、日中は約10~15分毎に出ています。
天童市も、車で少し走れば大型ショッピングセンターがあるので、さほど不自由はないようです。
山形県でも日本海側は、内陸ほど雪も多くなく、海にも車ですぐに行けます。
鶴岡市は温泉がたくさんありますし、最近若い人がUターンで戻ってきていて、商店街を活性化させようと様々なイベントもやっているようです。

山形県は、中古住宅や賃貸一戸建ての需要が増えていて、またオール電化住宅の割合も増えているようです。
家の新築でも、オール電化にするところが増加しています。
また、18帖以上の広くてゆとりのあるリビングにして、階段はリビングの中や吹抜けを希望する人が増えているようです。
山形県でも冬の寒さ対策が大事ですが、全室に暖房設備を施すことが内部の結露対策にもなり、これが家の寿命を延ばすことにもなります。
リフォームの際は、床下や天井裏など、目につかないところにも気を配ることが大事ですし、こうしたところは家の構造的にも大事なところなのです。
家は10年ごとにメンテナンスを行うべきですが、メンテナンスをしやすい状態にすることで、より家は長持ちします。

山形銀行は、新型リフォームローン「ビフォー&アフター」やサンクスリフォームローンなど、様々なリフォームに応じたローンが用意されています。

お住いのお掃除・DIY体験記


トイレ掃除は着古した衣類の雑巾で簡単・清潔

我が家は一階と二階にそれぞれトイレがあるので、トイレ掃除の回数が多くなります。こまめに掃除をしないと黒ずみや匂いが発生するため、この方法に落ち着きました。まず、子供や家族の着なくなった衣類を20センチ四方くらいに切ります。そして中性洗剤を含ませて床や壁、便器を拭いていきます。掃除の後は燃えるごみとして処分します。使い捨てのシートは買わなくてはなりませんがこれならタダです。そして使い捨てと同じなので簡単に毎日掃除できます。週一回程度、クエン酸を薄めたスプレーを布に吹き付けてトイレ中を拭けば匂いもスッキリとれます。強い洗剤を使うと便器を痛めるので毎日この方法で掃除しています。古着の雑巾は時間のある時に切りためておいてトイレにストックしています。
あったかくて省エネ!プラダンで簡単二重窓

自室には窓が二つあるのですが、冬になるといつも寒く、暖房のききも悪いなと感じていたため、二重窓を作ってみることにしました。今回はプラダンを使って簡単に作ってみました。ホームセンターで、プラダンとサッシ用のプラスチックの溝(溝が2つついているもの)を購入し、窓の大きさに合わせてカッターでカット、両面テープで窓枠に溝を貼り付け、プラダンをはめ込むだけで完成です。窓との間に空気の隙間ができるので、触ってみると表面温度が全然違い、実際過ごしていて部屋がとてもあたたかく快適になりました。見た目も、ガラスの二重窓には及びませんが、シートやダンボールで覆うよりはスタイリッシュですし悪くないです。窓からの冷気で悩んでいる方にはおすすめです。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

リショップナビ
Bnr-refund