カーポート・ガレージ
リフォーム

リフォームする箇所が決まったら!

カーポート・ガレージのリフォームをする際に知っておきたいポイント・費用相場・事例・リフォーム会社をまとめています。注意するポイントを押さえて失敗のないリフォームプランをつくりましょう。

Ico_rehome_pointガレージリフォームのポイント

愛車を雨や風から守るための駐車スペースとして、カーポートやガレージの設置を検討する際に、考慮すべきポイントをご紹介します。
車を停めるスペースとしては、カーポート・ガレージ・車庫などがありますが、それぞれ形式や工事にかかる費用も異なるので、どのような違いがあるのか、事前に確認しておきましょう。

カーポートとは

カーポート

カーポートとは、駐車スペースに屋根をつけたもので、壁に囲まれていないものを指します。
車の台数に合わせた既成品がメーカーからも数多く販売されているので、簡単に選べるのが特徴です。 1台分の場合は、柱が片側に2本ある片側支持(片流れ)タイプと、両側に2本ずつ、合わせて4本の柱がある両側支持タイプがあり、屋根素材は、ポリカーボネートやスチール折半があります。
選ぶ際には、設置する地域の気候特性に合うものを選択するのが重要です。積雪や台風が多い地域では、必ず両側支持タイプ・柱の本数の多い耐積雪(耐風圧)強度が高いものを設置しましょう。

ガレージ・車庫とは

ガレージ

ガレージ・車庫は、屋根と壁に囲まれた駐車スペースです。雨やほこりをシャットダウンできるので、車を綺麗に保ちたい方にはおすすめです。
また、施錠が可能なので防犯面を重視したい場合にもいいでしょう。 車を趣味とする方は、敷地に余裕があれば、車を停めておくだけでなくガレージ内に工具などを収納するスペースを設けることもできます。
また、狭い敷地でガレージを設ける方法として、車庫を住宅に組み込んだビルトインガレージもあります。最近では、車が趣味で室内から眺められるようにするなど様々な工夫がされています。

掘り込み式駐車場・地下車庫

地下車庫

車庫の例外的なタイプとして、掘り込み駐車場や地下車庫というものもあります。 掘り込み式駐車場とは、敷地の一部を掘り込み、コンクリートなどで囲った駐車場のことで、上部を住宅や庭にできますが、 その際には、強度に配慮し、十分な耐震性を確保することが重要です。
また、地下車庫は高低差のある土地を利用して、地下に作った車庫のことを指します。

サイズ

カーポート・ガレージの広さを決める際には、車の縦 / 横 / 高さの大きさ・乗り降りのスペースを確保しなければなりません。
また、柱のある位置や角度など、駐車スペースへの出入りのしやすさも十分に考慮しましょう。 具体的なサイズの目安は、高さが車の全高+30〜50cm、幅は車幅+100〜150cm、奥行きは車の全長+70cm以上程度です。

カーポートの積雪対策

一般的なカーポートは積雪20cm程度を想定して作られているので、大雪の際に雪の重量で破損してしまう場合があります。
設置してあるカーポートの耐積雪強度を確認しておき、早めのタイミングで雪下ろしをして対策をしましょう。

更新日:2016年8月26日

\見た目も重視!空きスペースをもっと有効活用したい!/

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

リショップナビ
Bnr-refund