沖縄県のリフォーム

沖縄県のリフォーム会社を探すならリショップナビ!
紹介するのは厳格な審査をクリアした優良リフォーム会社のみなので、安心して比較検討できます。

Shop_index_w

近くの地域からリフォーム会社検索(気になる地域をクリック!)

沖縄県の地域情報

独自の文化が根付く沖縄県で快適に暮らせる住宅リフォームをするなら

日本の南西部に位置する沖縄県は、49の有人島と多数の無人島からなり、0.01km²以上の面積を有する島は160島存在しています。
沖縄県の最東端から最西端までは約1,000km、最北端から最南端までは約400kmと、そのほとんどが海ではあるものの、広大な県域を持っています。県内は沖縄本島を中心に沖縄群島、宮古島を中心とした宮古群島、石垣島を中心とした八重山群島の3つに大きく分けられ、この3島で沖縄県の人口のほとんどを占めています。なかでも沖縄本島の中部・南部は那覇市・沖縄市を中心として都市化・人口集中が進んでおり、全面積の約5分の1に110万人以上が居住しています。
日本で最も東南アジア諸国に近いという地理的特徴と、中国などの東アジア諸国との古くからの交易の歴史、アメリカ施政権下の経験などの背景から、日本本土とは異なる独自の文化・習俗が根付いています。気候は一部の熱帯地域を除いて、大部分が亜熱帯に属しています。また、台風襲来数は日本最多ということもあり、台風に備える家・暑さを防ぐ工夫が必要になってきます。暑さを回避する家にするためには、外壁や屋根を断熱性能のあるものに変更する、家全体の空気の通りをよくする方法があります。家全体の空気の通りをよくするためには、空気の通り道をつくることが重要です。風通しよくするには、入口と出口と2箇所の窓が必要です。そして大切なのは風の道筋です。風の入口と出口はできるだけ対面させ、直線で結ぶようにしましょう。また暖かい空気は上に昇るので、ランマや天窓を開けて空気が上に抜けるようにすると、家の中に風が通りやすくなります。窓の配置に工夫をすることで、過ごしやすい家づくりが実現できます。

お住いのお掃除・DIY体験記


トイレのホコリを減らしてキレイを保つコツ

トイレの床のホコリに悩んでいました。毎日拭き掃除をしていますがホコリにや髪の毛など床のゴミは、拭き掃除だけではとりきれませんでした。そこでトイレ内に100均にある小さなホウキをおき、気になったときに掃き掃除をすることにしました。小さなホウキはチリトリとセットになって売っていることが多いので帰ったらすぐに使えます。朝と夜、ドアの前をはくだけでふわふわしたホコリがひとかたまりホウキの先につきます。朝にドアの前を軽くはき、夜に床全体を掃き掃除します。夜は掃き掃除だけでは取りきれなかったホコリを拭き掃除して取り除きます。まず最初にトイレットペーパーで拭いてからスプレータイプの洗剤をペーパーに吹き掛けて仕上げです。少しの手間でトイレの床をキレイに保つことができます。
塗装で匂いが気になるなら、オイルステインを使おう

都心で一人暮らしをしています。DIYをする際、塗装をすることもありますが、ペンキなどの塗料を使用すると乾燥に時間がかかりますし、室内で作業をすると匂いも気になります。狭いワンルームでペンキの匂いと長時間付き合うのは非常にストレスです。そんな時に便利なのが「オイルステイン」です。ブラウンのみになりますが、ある程度カラーバリエーションもあります。私が作成したのは鉄脚のテーブルです。天板はホームセンターなどの既製品、鉄脚はネットで様々なサイズ、形状のものがありますのでそちらを準備。あとは自分好みのオイルステイン、組み立てはドリルとネジがあれば十分です。木製の天板の下に100円均一で購入したシートを敷き、オイルステインを刷毛でささっと塗ります。下手でもムラになりませんのでしばらく放置。乾いて来たら二度塗り開始、そして放置。乾ききったら脚を付ければ、オリジナルテーブルがあっという間に完成です。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop