洋室リフォーム

リフォームする箇所が決まったら!

洋室のリフォームをする際に知っておきたいポイント・費用相場・事例・リフォーム会社をまとめています。注意するポイントを押さえて失敗のないリフォームプランをつくりましょう。

Ico_rehome_point洋室(子供部屋・寝室)をリフォームする際のポイントとは

洋室には、寝室や子供部屋、書斎など様々な用途がありますが、ここでは、寝室と子供部屋をリフォームする際に気を付けたいポイントをご紹介します。

子供部屋リフォームのポイント

子供部屋をリフォームする際に注意したいのは、家族とのコミュニケーションを確保することと、快適な居住空間にすることです。
ただ、快適すぎると子供が部屋にひきこもる可能性があるため、適度な広さや使いやすさを追求しましょう。

ここでは、リフォームする際におさえておきたいポイントを具体的にご紹介します。

部屋の間取りに注意する

玄関から近い部屋を子供部屋にすると、家族と顔をあわせることなく部屋に入ることができるため、コミュニケーション不足になる可能性があります。
例えば、家族が集まるリビングルームの近くに配置し、リビングルームに出やすい環境を作ったり、リビングルームを通らないと子供部屋に入れないような間取りにすると良いでしょう。

プライバシーに配慮する

収納を意識した洋室

小学校高学年から中学・高校になると子供のプライバシーに配慮する必要があります。

特に男の子と女の子がいる家庭の場合は注意しましょう。
例えば、子供が小さい時は、リビングルームの一部やリビングルームの隣にある部屋を子供部屋として使い、思春期になったらプライバシーを確保できる部屋にリフォームしたり、別の部屋を子供部屋として使うなどとして対応します。

最近では、広めの部屋を子供部屋として確保しておき、小さい時は共用で使い、思春期になったらリフォームで二部屋に分離するケースもよく見られます。

内装材は掃除しやすくアレルギーに配慮したものを使用する

子供部屋は汚れやすい場所であるため、掃除がしやすい内装材を選びましょう。
フローリングは掃除しやすいのがメリットですが、傷がつきやすく、振動や騒音が気になるのがデメリットです。

一方、カーペットは防音性能が高く、クッション性もあるのがメリットですが、ほこりがたまりやすいというデメリットがあります。カーペットを選ぶ場合は、防ダニ・防臭・防アレルギー等の機能があるものを選びましょう。

また、壁や天井は、アレルギーを起こしにくく、消臭・抗菌等の空気清浄機能がある素材がお勧めです。
尚、調湿機能に優れた珪藻土などの天然素材は人気がありますが、傷がつきやすいので、子供が小さい場合は不向きかもしれません。

収納スペースを確保する

子供の成長に伴い、持ち物は増えていくため、限られたスペースを有効に使える収納スペースが必要です。
レイアウト変更に対応でき、間仕切りとしても使える「可動式収納」がお勧めです。

自然光と風を採り入れ、照明は目にやさしいものを使う

子供部屋は、自然光が入り、風通しのよい部屋にしましょう。窓がない場合は、採光窓を新設するのもひとつの方法です。照明は、インバータ式の蛍光灯等、影ができにくく、目にやさしいものがお勧めです。

寝室リフォームをする際のポイント

日々の疲れを癒し、翌日の活力を養う空間として、寝室は非常に重要な役割を担っています。
快適な睡眠時間を確保するために気を付けたいのは「明るさ」、「音」、「温度・湿度」です。

照明や窓で適切な明るさに

寝るときは暗く、起きるときに明るくなることが、寝室では大事です。そうすることで、体内時計が適切にはたらき、寝つきやすく、寝起きもすっきりと目覚めることができます。
そのためには、照明器具は白熱灯で柔らかく光るものを選び、目に直接光が当たらない場所に設置しましょう。
窓は睡眠中に顔に光があたらないように、時間によってかわる日の当たる角度を考えて工夫をしましょう。

床材の工夫で静かな寝室に

当たり前のことですが、ゆっくり眠れるよう、寝室は騒音がなく静かな空間であることが望ましいです。
部屋を移動できる場合は、道路や通りに面していないところにしましょう。
また、寝室の床にはフローリングを選ぶ方が多いですが、フローリングは音が響きやすいので、あまりオススメできません。寝室の床材には、音が響きにくいカーペットを選ぶといいでしょう。

調湿素材で快適な空間づくり

寝室の天井や壁材には、消臭・抗菌機能のあるものや、調湿機能のある壁材を選ぶと、より快適な空間づくりができるので、検討してみてください。

また、内装に関しては、天井や壁の色を統一し、明るい色ではなく茶色やベージュなどの落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。

更新日:2016年8月26日

Ico_top-price洋室リフォームの費用相場

Img_room

洋室リフォームの費用相場をご紹介しています。洋室は、子供部屋・寝室(ベッドルーム)・書斎として使用されることが多く、それぞれの用途にあわせてより快適な空間にするためのリフォームがされています。最近増えている、和室を洋室に変更するリフォームが、洋室リフォームの中でも最も高額になる傾向があります。使用する素材などによって大きく金額がかわりますが、実例を参考にリフォーム費用相場をつかみましょう。

洋室リフォームの費用相場をもっと見る>

\家族も納得!キレイな洋室に変えるなら/

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

リショップナビ
Bnr-refund