ダイニングリフォームの費用相場

ダイニングリフォームの費用相場をご紹介しています。ダイニングのリフォームは、壁紙やフローリングなど内装の変更がリフォーム内容の大部分を占めます。ここでは、内装リフォームの料金はもちろん、キッチンやリビングとあわせてリフォームをした場合の費用実例もご紹介します。使用する内装材や、リフォームをする範囲によってかなり料金が変動する部位ですが、リフォーム事例を参考に、相場を確認しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

>> ダイニングリフォームの無料相談はこちら

ダイニングリフォームの中心となる価格帯

こちらでは、リショップナビのリフォーム事例をもとに、ダイニングリフォームにかかる費用相場を確認できます。
(※2017年6月集計データ)

ダイニングリフォームは、50万円以内の費用でおさまることが多いですが、隣接していることの多いリビング・キッチンとあわせてリフォームをする場合は、100〜200万円以上かかることもあります。

ダイニングリフォームの大部分を占めるのは、壁や天井のクロスの交換や、フローリングなどの床材の交換です。
内装材の交換だけであれば、一般的には50万円未満でのリフォーム工事が可能ですが、消臭効果のある壁紙などを使用すると、やや高額になります。

他にも工事内容として多いのは、ダイニングを含むLDK全体のリフォームです。
間取りを変更したり、間仕切りを撤去したりするような工事の場合には、同時に工事をした方が効率が良いので、ダイニングリフォームをする際には、一緒にLDKの空間全体のプラン変更の有無を考えることをおすすめします。

また、ダイニングリフォームをする場合には、あわせて照明やダイニングテーブルセットなどのインテリアを一新する方が多いので、インテリア買い替えの予算も考えておくと良いでしょう。

ダイニングリフォームのポイント

ダイニングは、家族が毎日食事をする場所です。
食事を楽しくできて、コミュニケーションが弾む場所にしたいですよね。
また、使いやすいダイニングにするには、キッチン・リビングからの導線も重要です。
家族が集まるLDKをどのような空間にしたいか、ライフスタイルをもとにしっかり考えましょう。

小さいお子様がいる場合などは、家事をしながらキッチンからダイニング・リビングが見渡せる間取りが良く、また家族の食事の時間がバラバラな場合は、簡単に食事をとれるようにカウンターを設けておくのも良いアイデアです。

なおダイニングの内装を決める際には、汚れが目立たないものを選びましょう。
食事を取る場所なので、何かこぼしてもすぐにふきとれるフローリングやタイルがおすすめです。
カーペットなど、シミができやすいものは避けましょう。

少し費用が高くなりますが、料理などのに匂いが付着する場所なので、消臭効果のある壁紙材や珪藻土を採用してみると良いかもしれません。

快適で過ごしやすい
ダイニングにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜21時(土日祝は19時)

ここからは、価格帯別に、ダイニングリフォームにかかるおおよその金額を見ていきましょう。
この金額には、記載してある材料費や工事費用の他に、諸経費も含んでいます。

50万円未満でできるダイニングリフォーム

ダイニングの壁や床、天井のクロスを変更する場合などは50万円未満でリフォーム可能です。

事例1
ダイニングの内装リフォーム

材料費 ビニールクロス 工事費用に含む
工事費用 クロス張り替え 10万円
総額 10万円
ダイニングの内装をリフォームする場合の費用です。一般的なビニールクロスを使用した場合の壁紙交換費用なので、平米あたりの単価は1,000〜3,000円が相場です。(こちらの例は、8畳のダイニングの場合なので、ドアや窓を除いた壁紙・天井面積は50㎡ほどです。)

事例2
フローリング・壁紙リフォーム

材料費 床材(複合フローリング)・ビニールクロス 11万円
工事費用 フローリング張替工事 6万円
壁紙張替工事 15万円
総額 32万円
ダイニングの床材と壁紙を張り替える場合のリフォーム費用です。床材は一般的な複合フローリング、壁紙はビニールクロスを使用しています。ダイニングの面積は事例1と同じく8畳です。

ダイニングの床材の選び方

ダイニングの床には、タイルやフローリングなど汚れが目立たないもの、食べ物をこぼしても簡単に拭き取れる素材を使用するのがおすすめです。

一般的には、隣接するリビングやキッチンと同じ床材を使用することが多いですが、あえて床材を変えて、空間の区切りを演出するのもひとつの方法です。
また、フローリングの相場はこちらでご紹介しています。

50万円未満のダイニングリフォームの事例

快適で過ごしやすい
ダイニングにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜21時(土日祝は19時)

50〜100万円でできるダイニングリフォーム

カウンターの設置や、それに合わせて内装リフォーム・収納の造作などをする場合の費用です。

事例3
カウンターの新設リフォーム

材料費 フローリング材・カウンター 11万円
工事費用 フローリングの張替え 10万円
カウンターの造作 30万円
総額 51万円
対面キッチンの吊り戸棚を撤去して、オリジナルのカウンターを造作する場合の費用です。合わせて、ダイニング・キッチンのフローリングを交換しています。

50〜100万円のダイニングリフォームの事例

100〜150万円でできるダイニングリフォーム

ダイニングとリビングやキッチン、他の部屋との間の間仕切りを撤去するようなリフォームの場合の費用です。
合わせて壁紙などの内装を交換する必要があるので、面積によって費用が大きく変動します。

事例4
ダイニングキッチンを移動

材料費 内装材 50万円
工事費用 ダイニングキッチン移動工事 60万円
総額 110万円
日の当たらない場所にあったダイニングキッチンを南側へ移動しました。

100〜150万円のダイニングリフォームの事例

150万円以上でできるダイニングリフォーム

ダイニングをリビングやキッチンと合わせてリフォームする場合は、150万円以上かかることが多いです。
リフォーム工事中の生活への負担や、工事の効率・費用面から考えても、ダイニングキッチン・リビングダイニングは一緒にリフォームをするほうがおすすめです。

事例5
キッチン・ダイニングリフォーム

機器代金 システムキッチン 65万円
材料費 クロス・床材 工事費用に含む
工事費用 システムキッチン交換 35万円
間仕切り撤去・内装工事 52万円
総額 152万円
ダイニングキッチンのリフォーム事例です。壁に囲まれていた独立型のキッチンの仕切りを外して、対面型のキッチンにした場合の費用です。あわせて、隣接する和室を解体して、LDスペースにしました。

このように、部屋と部屋の間の仕切りを外してリフォームをする場合は、リフォーム前と同等の耐震性を確保するために、補強を行わなければいけない場合もあるので、注意が必要です。
とくに、築年数が経っている場合は、補強が必要な場合が多いので、よく確認しましょう。

150万円以上のダイニングリフォームの事例

快適で過ごしやすい
ダイニングにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜21時(土日祝は19時)

更新日:2017年11月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles ダイニングリフォームの記事

  • Spinner

    失敗しないダイニングテーブルの選び方!用途とサイズに合わせて♪

    ダイニングの真ん中にあるダイニングテーブルは、インテリアの要。おしゃれで自分好みのものを選びたいですね。しかし、食事をする場所ですから、使い勝手をよく考えなくてはなりません。使う人と部屋にあわせたサイズ。仕事や団欒など、食卓として以外の用途。実際に使用するシーンを想像しながら選びましょう。

  • Spinner

    リビングリフォームの費用相場

    リビング(居間)リフォームの費用相場をご紹介しています。リビングリフォームの中でも実施する方が多い、壁紙やフローリングの変更、間仕切りの撤去やリビングの拡大などのリフォーム料金相場がわかります。リビングのリフォームは、広さと使用する内装材のグレードによって料金が変動します。内容も多岐にわたるため、平均的な金額がつかみにくい部位ではありますが、リフォーム実例をもとに相場を把握し、適正価格でリビングリフォームをしましょう。

  • Spinner

    工夫次第で狭いお部屋にもダイニングテーブルを置ける♪

    キッチンやリビングのスペースを優先すると、ダイニングテーブルを置く余裕がなくなってしまいがち。テーブルの配置がうまくいかなくて困っている人は意外と多いのではないでしょうか?そこで今回は、狭いスペースでも上手に置けるダイニングテーブルの選び方をお教えしましょう♪

  • Spinner

    家族の時間をより豊かに♪ダイニングの壁紙選びのポイント

    ダイニングの壁紙を選ぶことは、家族で一緒に過ごす空間をより素敵につくることに繋がります。ダイニングは、ゆっくり食事をとったり、家族で過ごす憩いの場所です。時にはお客様を招いたりすることもありますよね。そんなダイニングの壁紙は、どのように選んだら良いでしょうか?

  • Spinner

    リビングを2階にするメリットとデメリットとは?

    居心地の良い家作りを考える時に多くの人が重視するリビングルーム。最近は2階にリビングのある家も増えていますよね。2階リビングのメリット・デメリットについて考えてみましょう。2階リビングが向く場合、向かない場合の比較や、実際に2階リビングにリフォームした事例と費用も紹介しています。

Spinnerリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Spinner

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Spinner

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Spinner

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Spinner
Shop_index_w

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop