リビングリフォームの費用相場

リビング(居間)リフォームの費用相場をご紹介しています。リビングリフォームの中でも実施する方が多い、壁紙やフローリングの変更、間仕切りの撤去やリビングの拡大などのリフォーム料金相場がわかります。リビングのリフォームは、広さと使用する内装材のグレードによって料金が変動します。内容も多岐にわたるため、平均的な金額がつかみにくい部位ではありますが、リフォーム実例をもとに相場を把握し、適正価格でリビングリフォームをしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

>>【必見】よくあるリフォームの失敗6選!

リビングリフォームの中心となる価格帯

こちらでは、リショップナビのリフォーム事例をもとに、リビングリフォームにかかる費用相場を確認できます。
(※2017年6月時点集計データ)

内装リフォーム価格は間取り・面積・材料で変動

リビングリフォームは、キッチンのような大きな設備はないので、間取り変更の規模や、面積、使用する内装材のグレードによってかかる費用が変わります。
他には、床暖房の導入、造作家具の設置などをする場合には、より多くの予算を用意しましょう。

リビングリフォームの中心になる価格帯は、15~100万円ですが、内容が多岐にわたるので500万円以上の事例も数多くあります。
リビングリフォームの内容で多いのは、壁や天井のクロスの交換や、フローリングの張り替え、間仕切りの撤去などですが、普及品など一般的なグレードの内装材を使用すれば50万円以内でリフォームが可能です。

ただし、間仕切りの撤去に合わせて、キッチンやダイニングも含むリフォームをする場合は大規模な工事になるので、100万円以上になると思っておいた方が良いでしょう。

通常、キッチン・リビング・ダイニングは隣接しているものなので、リフォームの必要性がある場合は、まとめてリフォームをしてしまう方が、インテリアの統一感も出せて、おすすめです。

壁紙・クロス張替えの費用相場

壁紙や天井のクロス張替えは、一般的なビニールクロスの場合、材料費・工事費あわせて平米あたり1,000〜3,000円ほど、珪藻土や漆喰の場合は、左官職人が必要になるので、工事費用が高くなり、1平米あたり4,000〜9,000円ほどと、約4倍位の費用になります。
(天井の高さにもよりますが、15畳の部屋の場合の天井・壁の総面積は約100㎡です。なお、実際にはここからドアや窓、クローゼットの扉などの面積を引いていきます。)

フローリング張替えの費用相場

フローリング張り替えの平均単価は、一般的な複合フローリングであれば平米あたり3,000〜8,000円ほど、無垢フローリングになると9,000〜15,000円ほどです(工事費用は含みません)。
こちらでフローリングの特徴をご紹介しています。

リビングリフォームのポイント

リビングは、家の中でも過ごす時間が長い場所なので、細部までこだわってお気に入りの空間にしましょう。
リフォームをする際には、どんな空間にしたいかを決めるところから始めるとスムーズです。
家族の顔が見えるLDKにしたければ、キッチンやダイニングもあわせてリフォームをする必要があるかもしれません。

間取りやどこまでリフォームするかが決まったら、次に、テイストも決めておきましょう。
壁紙やフローリングを選ぶ際に、高級感を出したければ濃い色のフローリングを、明るい雰囲気のリビングにしたければ、白っぽい色味のフローリング材を選ぶのがおすすめです。

快適過ごしやすい
リビングにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜19時

ここからは、価格帯別に、リビングリフォームにかかるおおよその金額を見ていきましょう。
この金額には、記載してある材料費や工事費用の他に、諸経費も含んでいます。

50万円未満でできるリビングリフォーム

一般的な内装材を使用して、壁紙や天井のクロスを交換する場合の価格帯です。

事例1
壁紙・天井のクロス張り替え

材料費 壁紙 工事費用に含む
工事費用 壁紙・天井クロス張替え 14万円
総額 14万円
リビングの壁紙と天井のクロスを張り替える場合の費用です。内装リフォームの場合には、㎡単価が数百円違うだけでも、リビング全体になると大きな金額差になるので、リビングの面積と使用する内装材のグレードがかかる費用を左右します。

壁紙などの内装を選ぶ際は、デザイン性・機能性の両面から検討しましょう。
リビングは長い時間を過ごす場所なので、使用される壁紙は、白やベージュなどの明るく落ち着いた色が人気です。薄い色のほうが、どんなインテリアとも合わせやすく、部屋全体が広く見えるので、おすすめです。
費用が安く、種類も豊富なビニールクロスを選択する方が多いですが、調湿・消臭機能に優れた塗り壁(漆喰・珪藻土)も最近では人気です。

事例2
フローリング張り替えリフォーム

  
材料費 フローリング材 9万円
工事費 フローリング交換工事 6万円
総額 15万円
8畳のリビングのフローリングを張り替える場合のリフォーム費用です。

フローリングは、複合フローリングよりも無垢材のほうが高くなります。
どんな床材を使用するかは、デザイン性・耐久性・機能性の観点から選びましょう。
シックな雰囲気にしたい場合は、濃い色の木材を選べば、重厚感のある部屋になり、カジュアルで爽やかな雰囲気にしたい場合は、明るい色のものを選ぶのがおすすめです。

また、リビングは長い時間を過ごす場所であり、お客様を迎える場でもあるので、フローリングが傷だらけになるのは避けたいですよね。強度に優れ、傷がつきにくい床材を選んでおきましょう。
また、複合材と無垢材ではメンテナンスのしやすさや、湿気や乾燥による反応も異なりますので、ライフスタイルに合わせて決めましょう。

50万円未満のリビングリフォームの事例

快適過ごしやすい
リビングにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜19時

50〜100万円までのリビングリフォーム

壁紙・フローリングなどの張り替えとあわせて、キッチンやダイニングとの間の間仕切りをなくす場合や、隣続きの和室を融合させる場合の価格帯です。

事例3
リビングダイニング間仕切り撤去リフォーム

材料費 フローリング材(複合) 11万円
材料費 壁紙・天井クロス(工事費含む) 37万円
工事費用 フローリング張替え・間仕切り撤去 7万円
総額 55万円
リビングとダイニングの間の間仕切りを撤去し、あわせて壁・天井のクロス張り替え、フローリング交換を実施した場合の費用です。広さはリビングダイニングで約14畳、壁には珪藻土を、フローリングは複合フローリングを使用しています。なお、一戸建てで間仕切りをなくす場合は、耐震性への影響も考慮しましょう。築年数が経っており、構造が古い場合には補強工事も必要になることが多いので、費用が高くなります。なお、壁で住宅を支えている2×4(ツーバイフォー)構造の場合には壁を撤去することは難しいです。

50〜100万円のリビングリフォームの事例

100〜150万円でできるリビングリフォーム

リビングに床暖房を設置したり、隣接する和室とひとつの空間にするリフォームなどの場合の費用です。

事例4
床暖房取り付けリフォーム

機器代金 温水式床暖房 工事費用に含む
工事費用 床暖房設置・フローリング交換工事 100万円
総額 100万円
床暖房をリビングに取り付けた場合の費用です。床暖房は、温水式と電気式の2種類があり、それぞれ温め方が異なるので、ライフスタイルに合わせて選びましょう。温水式は、広い範囲や長時間使用することが多い場合に向いています。設置費用は電気式よりも割高ですが、ランニングコストは安いです。電気式はキッチンの足元など狭いスペースの部分暖房や、使用時間の短い場合に向いています。設置費用は温水式よりも安く済みますが、ランニングコストは少し高めです。また、最近では、床暖房対応の無垢フローリングもあるので、フローリング材はそこまで制限されません。

事例5
和室と融合リフォーム

材料費 壁紙・フローリング(無垢材) 工事費用に含む
材料費 可動式建具 19万円
工事費用 間仕切り撤去・内装工事 70万円
工事費用 押入れをクローゼットに変更 15万円
工事費用 可動式間仕切り設置 8万円
総額 112万円
リビングに隣接する和室をなくしてリビングを広げるリフォームの費用です。昔からの間取りで、リビングの隣に和室をつけている家が多いですが、ライフスタイルの変化によって和室を使わなくなってきているので、リビングとひとつの空間にしてしまうリフォームが増えています。和室とリビングの間の仕切りを撤去し、和室の押入れをクローゼットにするなど、和室内の内装をリビングの内装材にあわせて変更します。

100〜150万円のリビングリフォームの事例

150万円以上でできるリビングリフォーム

リビング・ダイニング・キッチンの全体など、広い範囲をリフォームする際の価格帯です。

事例6
LDKトータルリフォーム

機器代金 オーダーメイドキッチン 工事費用に含む
材料費 壁紙・フローリング材 工事費用に含む
工事費用 キッチン設置・内装工事 270万円
総額 270万円
LDKの空間全体をリフォームした場合の費用です。壁付きタイプだったキッチンの場所を移動し、対面式に変更しました。合わせてオーダーメイドの新しいキッチンに交換。壁紙と床の内装工事も行いました。フローリングは全面無垢材、壁と天井は漆喰と、快適な空間づくりにこだわった贅沢なリビングをつくると、面積にもよりますが、200〜300万円を超えることがあります。

150万円以上のリビングリフォームの事例

リビングリフォームに対応しているリフォーム会社

快適過ごしやすい
リビングにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜19時

>>【必見】よくあるリフォームの失敗6選!

更新日:2017年9月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles リビングリフォームの記事

  • _________9_

    ダイニングリフォームの費用相場

    ダイニングリフォームの費用相場をご紹介しています。ダイニングのリフォームは、壁紙やフローリングなど内装の変更がリフォーム内容の大部分を占めます。ここでは、内装リフォームの料金はもちろん、キッチンやリビングとあわせてリフォームをした場合の費用実例もご紹介します。使用する内装材や、リフォームをする範囲によってかなり料金が変動する部位ですが、リフォーム事例を参考に、相場を確認しておきましょう。

  • Pixta_3785592_s

    リビングを2階にするメリットとデメリットとは?

    居心地の良い家作りを考える時に多くの人が重視するリビングルーム。最近は2階にリビングのある家も増えていますよね。2階リビングってどんなところが良いのでしょうか?そして不便な点はあるの?2階リビングのメリット・デメリットについて考えてみましょう。2階リビングが向く場合、向かない場合の比較や、実際に2階リビングにリフォームした事例と費用も掲載しています。

  • Pixta_7282145_s

    "ヘリンボーン"のフローリング実例12選!どんなテイストの部屋にもマッチする♡

    寄木細工のようなきれいなヘリンボーンの床は部屋に表情をつけ、独特の雰囲気を醸しだします。使用する木材によって、テイストが大きく変わるので、こちらでは、明るめの素材から落ち着いた色味まで様々な実例をご紹介します。実際、床にヘリンボーン張りを採用するときの参考にしてみてください♪

  • 6

    リビング横の和室は必要?置くなら便利な広さや仕切りは?

    リビング横の和室、あると便利のように思えますが、実際の使い勝手はどうなのでしょうか。リビング横に和室がある家のメリットとデメリット、そして使いやすくするためのポイントについて解説します。

  • __________h_-4

    リビングの壁紙の選び方とは?長い時間を過ごすならこだわりたい!

    リビングは家族で過ごす憩いの場所であったり、お客様を招いたりする家の中心的な場所なので、いつも快適できれにしたいものです。そんなリビングの面積の大部分を占める壁紙。今回は、リビングの壁紙の選び方についてご紹介します。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner
Shop_index_w

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

リショップナビ
Bnr-refund