外壁塗装・外壁リフォームの費用相場

外壁・外壁塗装リフォームの費用相場をご紹介しています。窓枠部分の繋ぎ目の補修などの小規模なものから、外壁の塗り替え、重ね張りや張り替えといった大規模な工事まで、実際のリフォーム事例より外壁リフォーム料金の相場がわかります。事前に確認して適正価格でリフォームをしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

>> リフォームお役立ち資料を無料プレゼント!

>> 厳格な審査を通過したリフォーム会社に無料相談!
>>【必見】よくあるリフォームの失敗6選!

外壁塗装の中心となる価格帯

こちらでは、リショップナビのリフォーム事例を元に、外壁リフォームにかかる費用相場を確認できます。
(※2015年6月時点集計データ)

外壁塗装・外壁リフォームの中心になる価格帯は50万円〜150万円の間です。
外壁と窓枠の間やサイディングの隙間をうめるような小規模な工事(コーキング)であれば30万円以内で工事が可能です。
外壁リフォームの大部分を占める塗り直しであれば、外壁の面積にもよりますが、おおよそ100万円前後、重ね張りや張り替えなどで外壁を新調する場合は、使用する外壁材、壁の面積に応じて100万円以上かかることがあります。
特に張り替えの場合は、下地から工事をやり直す必要があるため、130万円以上は予算を見ておきましょう。

外壁塗装・外壁リフォームのポイント

外壁塗装・外壁リフォームは、工事の方法・使用する素材(塗料・外壁材)によってかかる費用が変わります。
外壁材は主なものはモルタル・窯業系サイディング・金属系サイディング・樹脂系サイディング・タイルの5種類です。
モルタルは5〜8年で塗り替えをする必要があり、15〜20年で全面補修を検討した方がいいでしょう。
サイディングの場合は、窯業系・金属系ともにシーリングの点検が3〜5年ごとに必要になります。
色あせが気になり始めたら塗り直しを検討しましょう。こちらも同様に15〜20年が全面補修のタイミングです。

塗料の特徴・費用

 
塗料名 耐久年数 特徴 こんな方におすすめ 価格(坪)
アクリル 5〜8年 汚れやすく耐久性が低い。最近ではあまり使用されない。 とにかく安く済ませたい、まめに塗り替えても良い 約12,000円
ウレタン 7〜10年 柔らかく、塗装の剥がれや細部に向いている。耐久性は高くない。 あまり費用をかけたくない、外壁が複雑な形状 約15,000円
シリコン 12〜15年 価格と耐久性のバランスが良く、人気が最も高い。汚れにくいのが魅力 費用対効果が良い塗料を選びたい 約16,000円
ラジカル 14〜16年 2015年発売の最新塗料。耐久性に優れ価格もシリコン水準なので、今後人気が高まる。 ある程度費用をかけて耐久性を確保したい 約17,000円
フッ素 15〜20年 耐久性が高く汚れに強いが、価格が高く一般住宅にはそこまで普及していない。 お金をかけてもとにかく長持ちさせたい 約22,000円
遮熱 18〜20年 断熱・遮熱性能があり、室内の温度を下げる効果もある。 光熱費を安くしたい、今後長く同じ家に住む 約24,000円
光触媒 20〜25年 太陽の光で汚れを浮かせる、汚れがつきにくい。費用が高く一般的ではない。 環境に優しい塗料が使いたい 約27,000円

>> コスパがいいのはどれ?外壁塗料の種類まとめ
>> 簡単に分かる!外壁の塗り替えのサインとは?
>>【気をつけて!】悪徳外壁塗装業者を見分ける方法

長期的に見たトータルコストを重視する

リフォームをする際には、ついその時の工事費用ばかりを見てしまいますが、外壁リフォームでは、その時かかる費用だけでなく将来のメンテナンス費も考慮に入れて選択しましょう。

例えば、初めての外壁塗装から30年間現在の家に住み続けるとします。メンテナンス周期が10年前後のウレタンやシリコン塗料で塗装した場合には、合計で3回の外壁工事が必要になります。
一方で、最初の塗装で15〜20年ほどの耐久性の高い塗料で外壁工事をしておけば、合計で2回の外壁工事で済みます。
前者の場合は、1回90万円、合計で270万円が外壁リフォームに必要なトータルコストですが、後者の場合には、1回110万円、トータルコストは220万円となり、約50万円お得です。
さらに、断熱性能のある塗料を利用すれば、冷暖房の光熱費を削減できるメリットもあります。
このように、外壁塗装をする際には、同じ家にあと何年住むのか、そこから逆算をして塗料や工法を選びましょう。

ここからは、価格帯別に、一般的な外壁リフォームの工事にかかるおおよその金額を見ていきましょう。
なお、この金額には、塗料などの材料費、工事に必要な足場代、工事費用・諸経費を含みます。

予算に合わせて
理想外壁リフォーム!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談

50万円未満でできる外壁リフォーム

外壁工事の中でも、外壁の一部修繕や、コーキングの打ち直しであれば、対象面積にもよりますが、30万円未満程度で工事が可能です。
また、安価な塗料やサイディング材を使用すれば、家全体の塗り直しができる場合もあります。

事例1
サイディングのつなぎ目補修工事

材料費 シーリング 工事費用に含む
工事費用 つなぎ目補修工事 14万円
総額 14万円
2階建ての住宅のシーリング(コーキング)の打ち替え工事の場合の費用です。シーリングとは、サイディングの外壁で、サイディングパネルの間のシール部分のことです。シーリング材は5年ほどでひび割れや退色のために劣化してしまいます。劣化するとサイディングパネルの裏側に雨水が入り、住宅の構造部分の腐食などに至る可能性があるので、定期的なメンテナンスが必要です。こちらの例は、工事費用に足場設置料金も含んでいますが、足場を組まないで一部のみの補修であれば、5万円前後で済むでしょう。

事例2
クラック一部補修

  
材料費 外壁塗料 工事費用に含む
工事費用 クラック一部補修 10万円
総額 10万円
外壁にクラックが入り、塗装が剥げてしまった部分の補修です。クラックとは、経年劣化などによって発生する外壁のひび割れのことです。剥げてしまう部分の既存壁塗料をすべて撤去し、新しい塗装を施しています。

50万円までの外壁リフォームの事例

50万円〜100万円でできる外壁リフォーム

使用する塗料や外壁の施工面積によっては、全面塗替えの場合でも100万円以内で収まる場合が多いです。
一般的な塗料は1400〜4000円の間で(工事費含む)、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料の順番で価格が高くなります。
さらに断熱塗料や、汚れが落ちやすい光触媒塗料やナノテク塗料を使用する場合は、100万円以上の予算を見ておきましょう。

事例3
アクリル塗料での塗り替え

材料費 アクリル塗料 工事費用に含む
工事費用 外壁塗装工事 38万円
工事費用 足場設置・養生 13万円
総額 51万円
壁面積140㎡の外壁をアクリル塗料で塗装した場合です(延床面積30〜45坪目安)。

アクリル塗料は最も安価で、㎡あたり1200〜1400円程度です。重ね塗りができること、高温でも変色しにくいことがメリットですが、耐久性があまりなく、汚れやすいので比較的短期間で塗り直しが必要となってしまいます。
外壁塗装では、塗り替えの費用に下地処理・高圧洗浄・足場設置費用・養生費用などが含まれます。

事例4
シリコン塗料での外壁塗り直し

  
材料費 シリコン塗料 工事費用に含む
工事費用 外壁塗装工事 54万円
工事費用 足場設置・養生 13万円
総額 67万円
シリコン塗料で壁面積140㎡の家を塗り直した場合の費用です(延床面積30〜45坪目安)。シリコン塗料は1㎡あたり約2300〜3000円が相場です。防汚性が高いのがメリットですが、重ね塗りが難しく、ひび割れを起こしやすいというデメリットもあります。

50万円〜100万円までの外壁リフォーム事例

100万円〜150万円でできる外壁リフォーム

フッ素塗料や断熱塗料を使用した場合の塗り直しは、塗料単価が高いので100万円を超える場合が多いです。

事例5
フッ素塗料で外壁塗り替え

材料費 フッ素塗料 工事費用に含む
工事費用 フッ素塗装工事 90万円
工事費用 足場設置・養生 15万円
総額 105万円
フッ素塗料で壁面積140㎡の家を塗り直した場合の費用です(延床面積30〜45坪目安)。フッ素塗料は1㎡あたり約3500〜5000円が相場です。耐久性が高く、汚れがついても雨で落ちるのが魅力です。耐久年数も15〜20年と、他の塗料に比べて長いので、リフォーム費用がかかっても長い目で見ればお得ということもあります。

100万円〜150万円までの外壁リフォーム事例

予算に合わせて
理想外壁リフォーム!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談

150万円以上でできる外壁リフォーム

既存の外壁の上から新しい外壁をはる重ね張りや、張り替えを行う際には150万円を超える場合が多いので、予算を多く見ておきましょう。また、使用するサイディングが金属系か窯業系かによっても値段が異なります。

事例6
モルタル外壁にサイディングを重ね張り

材料費 サイディング・下地材 55万円
工事費用 下地・サイディング施工工事 120万円
総額 175万円
既存のモルタルの壁に下地処理を行い、サイディングを設置する場合の費用です。モルタルをサイディングにする場合の方法は、既存の壁の上に直接貼り付ける重ね張りと、モルタル壁を取り壊し、改めて下地工事をしサイディングをはる張り替えの2種類があります。費用は重ね張りのほうが安く済みますが、壁の重さが増えるというデメリットがあります。そのため、重ね張りでは軽量な金属系のサイディングが使用されることが多いです。

事例7
モルタルからサイディングへの張り替え工事

材料費 サイディング・下地材 65万円
工事費用 下地・サイディング施工工事 170万円
総額 235万円
既存のモルタル壁をすべて撤去し、下地工事のうえ、新しくサイディング(窯業系)にする場合の費用です。下地の工事を行ってからサイディングを張っていくので工期も長くなり、その分価格が高くなります。

150万円以上の外壁リフォーム事例

外壁塗装の色を決める際の注意点

最後に外壁塗装でよくある失敗をご紹介します。
最も多い失敗としては、「仕上がりがイメージしていた色と違った」というものが多いです。
このような失敗をしないためにおさえておきたいポイントは2つ。
色の面積効果を認識しておくこと・色見本やシミュレーションのようにはならないということを覚えておきましょう。

>> 外壁塗装の色選び失敗しないポイントはこちら
>> 外壁をツートーンカラーにする際の注意点について

外壁塗装・外壁リフォームに対応しているリフォーム会社

予算に合わせて
理想外壁リフォーム!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談



更新日:2016年12月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide_book_donwload_banner

Ico_articlesあわせて読みたい

  • Pixta_19085207_s

    【気をつけて!】悪徳外壁塗装業者を見分ける方法

    リフォームの中でも、外壁や屋根の塗装は相場がわかりにくく、リフォーム後によく調べたら適正価格よりも高かったということがあります。相場の料金で外壁塗装をするために必要なことは、きちんとした良心的な外壁塗装業者を見つけることですが、どのように見つければいいのでしょうか?

  • E494286e12b6c63c39dd41db28222f23_s

    工事以外にかかるリフォーム費用

    リフォームをするには一体いくらかかるのでしょうか?ここで押さえておきたいのが、リフォーム工事以外にも意外と多くのお金がかかるということです。工事費用だけを考えていて後で予算不足になった、なんてことになったら大変ですね。どのような費用がかかるか、事前にしっかりチェックしましょう。

  • Dollarphotoclub_64790152

    外壁の劣化は放っておくと余計費用がかかる!簡単にわかる塗り替えサインとは?

    外壁は、外気や風雨を遮るだけでなく、住宅内部の劣化を防いでくれる重要な部位です。塗装の劣化や外壁の傷みは、やがて住宅の耐久性を低下させることにつながってしまうため、決して甘く見てはいけません。では、いつ外壁塗装を塗り替えれば良いのでしょうか?外壁塗装の塗り替えの時期は、外壁が出してくれるサインを見れば分かります。劣化が進む前に気づいてほしい、誰にでも簡単に分かる「外壁の塗り替えのサイン」をご紹介します。

  • Pixta_13095709_s

    屋根塗装・屋根リフォームの費用相場

    屋根塗装・屋根リフォームの費用相場をご紹介しています。実際の屋根リフォーム事例から、屋根の塗り直しや重ね葺き・葺き替えの場合の施工費用の相場がわかります。屋根塗装は使用する塗料によって費用が異なりますので、事前に確認して適正価格でリフォームしましょう。

  • Pixta_3000930_s

    外壁の色選びのコツ!これさえ知っていれば失敗しない!

    家を新築のように生まれ変わらせることができる外壁のリフォームですが、外壁は住宅の顔なので、何色にするかでガラッとイメージが変わります。「こんなはずじゃなかった」とならないように、失敗しない色選びの方法について知っておきましょう!

Shop_index_w

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop