栃木県のリフォーム

栃木県でリフォーム会社を探すならリショップナビ!
ハウスメーカーやリフォーム専業の会社から、地元密着の工務店まで、 ぴったりの会社をご紹介します。 希望のリフォーム箇所・お住まいの地域を選択して依頼先を絞り込みましょう。

栃木県における見積ご依頼実績 1,698

栃木県主要地域の見積もりご依頼実績

宇都宮市
小山市
栃木市
427
130
104
全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
栃木県でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は48社です。
ここでは、栃木県のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

栃木県の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
一戸建て
88.8
マンション・アパート
8.6
店舗
2.6
築年数ごとの成約実績構成
5年以内
6.9
6~10年
7.7
11~15年
11.4
16~20年
16.6
21年以上
57.4
人気のリフォーム上位5箇所
風呂・浴室
トイレ
キッチン
洋室
洗面所

栃木県のリフォーム市場概況

栃木県でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は3,153社で、周辺地域と比較して業者数が少ない地域と言えます。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた栃木県のリフォームに関する相談は年間で81件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

栃木県の市区町村からリフォーム会社を探す

栃木県の近くの地域を見る

栃木県の人口は197.61万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には198.57万人だったので、前回と比較して、-0.96万人となっています。
また、栃木県の持ち家率は69.63%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

栃木県では、2001 〜 2010年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

栃木県で住みやすい家づくりをする

栃木県は、日光東照宮や那須高原などがあり、レジャーや観光を楽します。
また、豊かな自然に恵まれているだけではなく、
栃木を含む北関東3県では、他の関東県と比較してさらに地価が安く、一戸建て新築なども可能になってきます。
また、公共交通機関が多くないので自家用車を持つのが一般的で、駐車場やガレージなどを設置する人も多いです。
駐車場リフォームをする際には、予算に合わせて屋根の有無、照明、コンセント、洗車のための水道設置などを検討しましょう。
また、住宅の外壁の色や雰囲気と合わせたエクステリアにするのも重要です。
1台分のカーポート設置は20万円程度から可能ですが、フェンスや門扉といった外構も含めると100万円以上かかることもあるので、
どこまで必要か家族やリフォーム会社と相談しましょう。

お住いのお掃除・DIY体験記


お風呂のゴムパッキンのカビ汚れをキッチンペーパーで掃除

栃木県のアパートに住んでいるのですが、浴室に窓がなく換気扇を回してもどうしても湿気がたまってしまい、ドアの周りなどのゴムパッキンに黒いカビ汚れがついてしまいます。市販のお風呂のカビスプレーをかけて時間をおいてこすっても頑固な汚れはなかなか取れません。そんな時にはキッチンペーパーをゴムパッキンの細さぐらいに切っておき、ゴムパッキンにカビスプレーをかけた上からはっていきます。その状態で時間をおいておくと、スプレーが蒸発せずにしっかり中まで浸透してくれて頑固なカビ汚れが綺麗になります。私はいつものお掃除をしていてもゴムパッキンが汚れてきたら定期的にこの方法でピカピカにしています。細かいところまで真っ白になってとても気持ちがいいのでおすすめです。
シルバーのスチールラックを男前にリメイク

家のキッチンで4段のスチールラックを使用しているのですが、シルバーに輝く金属感と青錆が所々発生してきたのが嫌になり、DIYリメイクしました。まずはメタルラックの汚れを落とし(錆がひどいところはやすりをかけました)ます。そして「アクリルスプレー・つや消し黒」で全体を塗装します。棚部分は木材で覆われるのであまり丁寧でなくてもいいですが、足部分は丸見えになるので丁寧に塗装してください。この時、黒の前に下地スプレーを吹き掛けておくと色の乗りがよく、剥がれにくいです。スプレーが乾いたら今度は棚部分を木材で覆っていきます。まずは棚板部分の縦横の長さを計り、その長さに縦横の1㎝を足したものに合わせた木材を準備します。一枚の板を使うと高くつくので私は安い杉板の束を利用して、何枚かを木工用ボンドで張り合わせて使用しました。木材カットはたくさんのバーツが必要なことからホームセンターでしてもらいました。これと同じものを棚板と同じ数作ります。棚板ができたら、四隅を足のパイプが入るくらいの大きさに切り落としておきます。私は3.5㎝角を切り落としました。最後に棚板の高さ部分の木材を取りつけます。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.