ウッドデッキ
リフォーム

リフォームする箇所が決まったら!

ウッドデッキのリフォームをする際に知っておきたいポイント・費用相場・事例・リフォーム会社をまとめています。注意するポイントを押さえて失敗のないリフォームプランをつくりましょう。

Ico_rehome_pointウッドデッキリフォームのポイント

ウッドデッキは、掃き出し窓の外に設ける木製のテラススペースで、室内からの延長で第二のリビングとして、新築後に設置する方も増えています。
ガーデニングやバーベキューなどを楽しめる憩いのスペースをつくるために、おさえておきたいポイントをご紹介します。

ウッドデッキの選び方

ウッドデッキ設置を考えるときには、木材の素材・広さ・どんなかたちにするかを考える必要があります。
何年間使用したいかや用途、メンテナンスの頻度などによって適切なタイプが変わるので、実際の使用シーンをイメージしながら検討しましょう。

天然木か人工木か

ウッドデッキ選び方

素材は大きく分けて天然木と樹脂を混ぜた人工木の2種類です。
天然木は、自然素材ならではの風合いが楽しめますが、腐らないよう塗装などのメンテナンスを小まめにする必要があります。木材は耐久性に優れたハードウッドのウリン材や、温度・湿度による反りが少ないレッドシダーなどが使われることが多いです。
また、木粉を混ぜた樹脂製の人工ウッドは、雨による腐食の心配もなく、メンテナンス不要なので人気が高まっています。

広さ

ウッドデッキのサイズは、用途に合わせて選びましょう。
一般的には間口(横)1.8〜2.5m×出幅(縦)1.2〜2m程度の面積が多いですが、テーブルセットやお子様の砂場などを置く場合にはこれでは少し狭く、横3.5〜4.5m×縦2〜2.5mほどが理想的な広さとなります。
庭全体の広さに合わせて、用途と使いやすい広さをリフォーム会社と相談するといいでしょう。

ウッドデッキの種類

ウッドデッキを各種エクステリアと組み合わせて、用途に合わせてアレンジすることができます。庭全体のプランニングと合わせて考えましょう。

パーゴラとの組み合わせ

ぶどう棚のようにテラスの屋根に棚を組んだものをパーゴラといいますが、ウッドデッキ上にこのパーゴラを設置して、植物やすだれ、キャンバス生地を取り付けてウッドデッキ上に日陰をつくることができます。

目隠しフェンスを設置

ウッドデッキ目隠し

リラックススペースとしてウッドデッキにチェアやテーブルセットを置いて楽しむ場合には、周囲からの視線を遮れると、より落ち着ける空間となります。
目隠しとして、庭のまわりにフェンスを張り巡らせてもいいですが、庭の面積が広い場合には、その分費用が高くなってしまうので、庭の使用頻度によっては、ウッドデッキの周囲のみフェンスを設け、費用を抑える方法もおすすめです。
ガーデニングを楽しむ方は、フェンスにプランターを吊るして楽しむこともできます。

ガーデニング用品置き場

趣味でガーデニングを楽しむ方は、ガーデニングに使用する道具を収納できる場所があると、お庭がすっきり片付きますね。
ウッドデッキの隅にプランターや肥料をしまえる収納スペースを作っておきましょう。

屋根の有無

ウッドデッキに、オーニングやポリカーボネード製の屋根をつけるかどうかも検討しましょう。屋根を設置すれば、雨や日差しを防ぎ天候に左右されずにウッドデッキを使用でき、また、雨を防ぐことができるので、ウッドデッキを長持ちさせることができます。

ウッドデッキのお手入れ・メンテンナス

ウッドデッキは屋外で雨風にさらされているので、定期的なメンテナンスが必要です。
天然木の場合は、1年に1回程度塗装をすれば、レッドシダーで15年程度、ウリンでは30年ほどの耐久性と言われています。
年に一度のメンテナンスが難しい場合には、メンテナンス不要の人工木ウッドデッキを検討することをおすすめします。

更新日:2016年8月26日

\優しい木の温もりで家族みんながひなたぼっこ/

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop