テラス・サンルーム
リフォーム

リフォームする箇所が決まったら!

テラス・サンルームのリフォームをする際に知っておきたいポイント・費用相場・事例・リフォーム会社をまとめています。注意するポイントを押さえて失敗のないリフォームプランをつくりましょう。

Ico_rehome_pointテラスサンルームリフォームのポイント

テラスとサンルームは一緒に考えられることが多いですが、構造や用途が違います。
テラスは掃き出し窓や扉によって屋内とつながっている、庭よりも一段高いスペースです。
また、テラス部分に屋根や壁をつけたものを総称してサンルームといい、その施工方法や構造の違いから、テラス囲い・ガーデンルームなどと呼ばれることもあります。
サンルームやテラスは第二のリビング・憩いの場としてリフォームで設置されることが多いですが、なんとなくのイメージで設置して結局使わなくなってしまったということもあるので、設置目的に合わせてぴったりのものを選びましょう。

テラスとは

テラスとは、住宅から庭部分につきだしたスペースのことで、掃き出し窓や扉で室内とつながっています。
基本的には1階部分にあるものを指し、2階以上の場合はベランダ・バルコニーと呼びます。

屋根の選び方

テラスの屋根にはフラット型と庭側の屋根がカーブしているR(アール)型の2種類があります。
フラット型は室内や屋外からの見え方に開放感があり、アール型は雨が降っても干している洗濯物が濡れにくいなどのメリットがあります。 屋根の素材はポリカーボネートが一般的ですが、カラーにより遮熱性能や採光性が変わるので、設置する場所によって種類を選びましょう。

サンルーム・テラス囲いとは

サンルームとテラス囲いはどちらもテラスの周囲に屋根と壁があるものですが、その構造と施工方法が少々違います。

サンルーム

サンルーム

サンルームは、その名の通り太陽光の光を取り込む場所で、屋根や壁をガラス張りにした部屋です。
基礎をコンクリートでつくり、周囲をガラスで囲うので、気密性や水密性に優れています。本格的なものであれば、寝室やリビングとして活用することも可能です。

テラス囲い

テラス

テラス囲いはその名の通り、テラス屋根に囲いをつけたようなもので、基礎はテラス屋根の柱と補助柱のみです。
床面積分の基礎の施工をしないので、施工期間が短くなり(最短1日)、設置費用はサンルームの2分の1程度ですみます。 ぱっと見はサンルームと変わらないのですが、窓部分はガラスではなくポリカーボネートなので、気密性があまり高くありません。

サンルーム・テラスを作る前に確認しておきたいこと

サンルームやテラスをリフォームで新設する場合に注意しておきたいポイントをご紹介します。
用途や設置場所を間違えると使いにくいサンルーム・テラスになってしまうので気をつけましょう。

使用目的をはっきりさせる

サンルームを選ぶ際には、用途に合わせて適切なタイプを選ぶことが重要です。
雨の日や花粉の季節に洗濯物を干したいなど、雨風が防げれば十分な場合はテラス囲いでもいいでしょう。
くつろぎスペースとして部屋のような使い方をするのであれば、より気密性・水密性の高いサンルームが向いています。
また、床を土間仕様にして、ペットや子供の遊ぶスペースとして活用したり、窓を折戸タイプにして、庭と繋げられる工夫をするのもいいかもしれません。

つくる場所を考える

サンルームをつくる場所は日光がよくあたる場所を選びましょう。通常は南や東向きにつくる場合が多いですが、家の構造上難しいときは、工務店と相談して、断熱や通気などを工夫して過ごしやすい空間をつくりましょう。

実績が豊富な会社に依頼を

サンルームリフォームをする際には、過ごしやすい空間をつくるノウハウが重要なので、工事実績が豊富な業者に依頼をするのがおすすめです。
特に、地元の気候をよく知っている地元密着の会社がいいでしょう。
>> リショップナビでサンルーム・テラスリフォーム対応の会社を探す

注意点として、夏には室内が高温になってしまうので、適宜日よけやカーテンの設置も検討するといいでしょう。 また、室内よりも気密性が低いので、曇った冬の日などは寒くなりがちというデメリットもあるので、注意が必要です。

更新日:2016年8月26日

\わずかなスペースでもお洒落なサンルーム/

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

リショップナビ
Bnr-refund