ダイニングリフォーム

リフォームする箇所が決まったら!

ダイニングのリフォームをする際に知っておきたいポイント・費用相場・事例・リフォーム会社をまとめています。注意するポイントを押さえて失敗のないリフォームプランをつくりましょう。

Ico_rehome_point使いやすいダイニングにリフォームするためには

ダイニングのリフォームをする際、まず決めなければならないのは、ダイニング、キッチン、リビングルームを組み合わせた間取りです。
代表的な間取りには、「LDK」・「L・DK」・「LD・K」の3つのタイプがあります。
それぞれのタイプの特徴を理解した上で、家族にとって快適で使いやすい間取りを決めると良いでしょう。

「LDK」タイプ

LDK タイプのダイニング

リビングルーム・ダイニング・キッチンをひとつの空間にした間取り。

仕切りがないので、空間を広く使うことができます。
中でも、キッチンを対面式にし、奥の壁際を収納スペースにした間取りは、調理中も家族とコミュニケーションがとりやすいので、人気です。

尚、スペースに余裕がない場合は、キッチンを壁際に設置すると、空間を有効に使えます。

「L・DK」タイプ

リビングルームとダイニングキッチンに仕切りを設置した間取り。

状況に応じて、それぞれの部屋を独立して使うことができます。
開閉式のパーテションやスクリーンウォール等を設置すれば、簡単に開け閉めができて便利です。

「LD・K」タイプ

キッチンの独立性を重視した間取り。

料理に集中することができ、調理中の匂いがリビングルームやダイニングに広がりにくいのが特徴です。
尚、専用の部屋を作らなくても、キッチンを取り囲むことで、独立性を高めることもできます。

また、キッチンを仕切りながらも対面式にすることも可能です。
間仕切りでリビングルームとダイニングに分けられるようにすると、それぞれを独立した部屋として使えます。

ダイニングには動線を意識した広さや余裕が必要です。
一般的に、座っている人の後ろを通るにはテーブルから95㎝、イスを引いて立ったり座ったりするには80㎝、お盆を持って通るには70㎝の余裕が必要と言われています。
ダイニングテーブルを購入する際は、部屋の大きさと他の家具からの距離に配慮して選ぶようにしましょう。

更新日:2016年8月26日

\見た目も使い勝手もバツグン!笑顔の食卓に/

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop