ポーチリフォーム

リフォームする箇所が決まったら!

ポーチのリフォームをする際に知っておきたいポイント・費用相場・事例・リフォーム会社をまとめています。注意するポイントを押さえて失敗のないリフォームプランをつくりましょう。

Ico_rehome_pointポーチリフォームのポイント

ポーチとは、玄関前の庇(ひさし)付きの場所のことを言います。
住居の顔とも言える場所で、こだわりを持ってリフォームしたい場所です。
ポーチをリフォームする際、失敗しないためのポイントをご紹介します。

1. 統一感のあるデザインとゆとりある広さを確保する

デザインの統一性を意識したポーチ

ポーチのイメージは、「庇」「段差のあるスペース」「玄関ドア」によって作られます。
そのため、各設備の色調、素材、デザインに統一感を持たせることがポイントです。

傘や玄関扉の開閉をするため、ポーチのスペースは1坪位が望まれますが、あまりスペースを取れない場合は玄関扉を内開きや引き戸にするのも一つの方法です。
将来、家族が車いすを使う可能性も踏まえ、出入りのしやすさも考慮しましょう。

2. 防犯を意識する

ポーチの位置は、外出する姿や鍵の開け閉めが丸見えにならないよう、門の正面からずらして配置したり、フェンスやパーテーションなどを設置して外から見られないようにしたりなど、防犯を意識したレイアウトにしましょう。

また容易に人が潜めないように、適度な明るさの照明を設置しましょう。
照明器具は、デザイン性だけでなく、防水・防湿タイプなどの屋外に適したものを選びましょう。
LEDのように、省エネルギーで長く使えるものがお勧めです。

3. 屋根の大きさや高さに注意する

ポーチ内に雨や雪などが降り込まないように、庇や屋根は余裕を持った大きさにしておきましょう。
なお屋根が高すぎると、雨や雪が降り込みやすくなるので注意しましょう。

4. すべりにくく水はけの良い、掃除しやすい素材を使う

掃除のしやすいポーチ

ポーチの床材と主流なタイルには様々な種類があるため、玄関全体のイメージに合わせて選びましょう。

ポーチは、雨で濡れたり、土や泥で汚れたりしやすい場所なので、すべりにくく、水洗いができる素材を選び、また勾配を利用するなどして、水はけを良くしておきましょう。

5. 状況に合わせてコンセント・散水栓・手すりを設置する

コンセントがあると、掃除機や植木電動バリカン、イルミネーションなどを使う際に便利です。
また散水栓は、ポーチの掃除や植木の水やり、洗車などの際に役立ちます。
お年寄りがいる場合は、ポーチの段差対策として手すりを設置すると安全です。

更新日:2016年8月26日

Ico_top-priceポーチリフォームの費用相場

Img_porch

玄関ポーチリフォームの費用相場をご紹介しています。ポーチは面積は狭いですが、家の顔である玄関の印象を左右する場所なので、デザインにもこだわりたい部分です。また、毎日出入りする場所なので、歩きやすさや雨の日のことも考えて使いやすい場所にしなければいけません。実際にポーチリフォームをした事例をもとに適正料金を把握し、適切な金額でリフォームをしましょう。

ポーチリフォームの費用相場をもっと見る>

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop