山梨県のリフォーム

リショップナビでは、山梨県のリフォーム事例・リフォーム会社情報を多数公開。
気になる会社に無料見積もり依頼ができます。 山梨県で実際に工事をしたお客様の声も公開しているので、参考にしましょう。

山梨県における見積ご依頼実績 800

山梨県主要地域の見積もりご依頼実績

甲府市
北杜市
甲斐市
127
61
58
全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
山梨県でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は19社です。
ここでは、山梨県のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

山梨県の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
一戸建て
87.8
マンション・アパート
9.1
店舗
3.1
築年数ごとの成約実績構成
5年以内
5.2
6~10年
7
11~15年
10.5
16~20年
13.9
21年以上
63.4
人気のリフォーム上位5箇所
風呂・浴室
トイレ
キッチン
洋室
洗面所

山梨県のリフォーム市場概況

山梨県でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は1,343社で、周辺地域と比較して業者数が少ない地域と言えます。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた山梨県のリフォームに関する相談は年間で36件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

山梨県の市区町村からリフォーム会社を探す

山梨県の近くの地域を見る

山梨県の人口は83.28万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には83.88万人だったので、前回と比較して、-0.61万人となっています。
また、山梨県の持ち家率は69.77%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

山梨県では、1991 〜 2000年が最も多く、次いで1981 〜 1990年、2001 〜 2010年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

日照量の多い山梨県で、リフォームによりさらに快適エコライフを

山梨県は、島国の日本では数少ない内陸側にある県です。
周囲を高い山に囲まれていますが、交通面はよく整備され、昔から東京、神奈川県津久井地区、長野県中・南信地方、静岡県大井川以東の三方と盛んに交流が行われていました。
気候的には中央高地式気候ですが、山に隔てられた地域差も大きくなっています。
県庁所在地の甲府市は、盆地の中に位置し、夏と冬で寒暖の差が非常に激しいのですが、年間降水量は比較的少ない方となっています。

甲府市は宝石でも知られ、市内には宝石の安売り小売店や卸商がひしめき合い、宝石は東京で買うよりも山梨のほうが安いと言われています。
甲府駅前にはデパート、大手スーパーのほか趣味の店や書店も数多くあり、甲府駅からは毎日30往復もの特急列車と24往復の高速バスが東京・新宿と結ばれ、約1時間半で東京の中心部にアクセス出来ます。
甲府市の郊外のマンションは、ベランダが付いていて家庭菜園や、バーベキューもでき、都会ではなかなか味わえない生活も比較的安い家賃で楽しめるようです。 

最近は、住宅のリフォームに際し、地方銀行でも、様々なリフォームローンを設けているところがあります。
山梨県でも、山梨中央銀行がリフォームローンを取り扱っていて、20歳以上66歳未満で、76歳までにローンの返済が可能な人を対象に、最大1000万円の融資が受けられます。
返済期間は10年から15年で、無担保で金利を変動型と固定型から選べます。
前年度の年収が200万円以上で、その後も安定収入の見込みがあることと、勤続年数が3年以上であることも条件となっています。

山梨県でも甲府市などの盆地は日照時間が多いことから、リフォームには、太陽光発電システムを取り入れるのもよいかもしれません。
日照時間が多いと発電量も多く、晴れた日が続けば自宅で使う電力の殆どをまかなうことができ、余った電力を売ることで設置費用の還元も出来ます。
山梨県でも、自治体によっては住宅用太陽光発電システム設置費補助金を受けられるところがあります。

お住いのお掃除・DIY体験記


窓拭きにはやっぱり新聞紙がきれいになります

山梨県に住んでいますが、私の家の前には畑が広がっています。この地区は風がとても強いことが多く、窓ガラスを綺麗にしてもすぐに汚くなってしまいます。外のきれいな景色を眺めたいので私はまめに窓掃除をします。ワイパーのようになった窓拭き用の道具を使ったこともありますが、どうしても吹き筋が残ってしまいます。タオルを使うと吹いた後にタオルの遷移が窓に残って気になります。やはりここはおばあちゃんの知恵です。私は子供のころから家で窓ふきをするときは新聞紙を使っていました。最初に湿らせた新聞紙で大体の窓の汚れをふき取ります。窓がまだ湿った状態で乾いた新聞紙で磨き上げます。新聞紙のインクの成分で窓がきれいにピカピカになります。手が新聞紙のインクで真っ黒になってしまうので簡単なゴム手袋をはめて窓ふき掃除をすることをお薦めします。
カッティングシートでシステムキッチンをリメイク

賃貸物件のシステムキッチンが古く、そのままだとインテリアが台無しになるので、上から木目調のカッティングシートを貼りリメイクしました。まずはDIY用のカッティングシート、ヘラ、カッターを準備します。カッティングシートはネットで手軽に購入できます。準備ができたら、メジャーで扉や引き出しのサイズを図り、少し大きめにシートをカットします。次に、引き出しの取っ手をドライバーを使って外し、シートを貼っていきます。シートを貼るときは空気が入らないように、台紙は少しずつはがしながら進めていきます。貼りづらいところはシートの上からヘラをぐいぐい当てて、端までしっかり貼り付けます。端まで貼れたら定規を当ててシートをカットします。最後に、外した引き出しの取っ手をドライバーを使って元に戻したらリメイク完成です。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.