トイレリフォーム

リフォームする箇所が決まったら!

トイレのリフォームをする際に知っておきたいポイント・費用相場・事例・リフォーム会社をまとめています。注意するポイントを押さえて失敗のないリフォームプランをつくりましょう。

Ico_rehome_pointトイレリフォームのポイント

トイレは毎日使う場所なので、掃除しやすく、清潔で居心地の良い空間にしたいものです。
トイレをリフォームする際におさえておきたい5ポイントをまとめてみました。

洋式便器のタイプを知っておく

洋式便器には様々な形状があります。
代表的な3種類をご紹介するので、現在のトイレのスペースや使い方を踏まえて、ふさわしいトイレのタイプを選びましょう。

一般洋風便器

一般洋風便器

タンク・便器・便座がそれぞれ分かれている一般的なトイレです。

便座の部分の交換ができるので、暖房便座や温水洗浄便座(ウォシュレット)に交換することが可能です。
また、タンク上部に手洗い場を設けることができます。

タンクレス便器

タンクレス便器

水をためるタンクがないので、トイレを広く使えるというメリットがあります。
ただ手洗いが付いていないため、別途スペースを作る必要があります。

一般的なタンクレス便器では、ある程度の水圧が必要です。
マンションの高層階や、水圧が低い一戸建ての場合は使用が難しいため、水圧が低い環境でも設置が可能な商品を選びましょう。

タンク一体型便器

タンク一体型便器

便器と水をためるタンクが一体になったタイプです。
一般的な洋風便器に似ていますが、すっきりした見た目で、継ぎ目が少ない分、掃除も簡単です。

またタンクレス便器と異なり、現場の水圧に関係なく設置できるのがメリットです。
タンクに手洗いが付いているものと、付いていないものがあります。
タンクレス便器と比較すると外寸が大きく、タンクの下などにほこり・ゴミがたまりやすいというデメリットがあります。

収納一体型便器

収納一体型便器

手洗いや収納が一体となったタイプです。
タンク両脇のデッドスペースを収納として活かし、置き場に困る小物も隠せるので、すっきりとしたトイレになります。
タンク周りをキャビネットで隠せるので、掃除がしやすく、コーディネートされた空間になるというメリットもあります。

排水方式を確認する

トイレの排水方法には、「壁排水方式」と「床排水方式」の2種類があります。

「壁排水方式」は、一般的にマンションで使用される方法で、排水管が壁から便器までつながっています。
一戸建てでは、排水管が便器の真下にあって見えない「床排水方式」であることがほとんどです。

便器はメーカーや商品によって、排水管とつなげる排水芯の位置が異なるので、商品を決める前に位置を測っておく必要があります。
「壁排水」の場合は床から排水管の中心までの高さを、「床排水」の場合は排水管から後ろの壁までの長さを、測っておきましょう。

掃除しやすい床材や壁材を選ぶ

掃除しやすいトイレの床材

トイレのリフォームは、便器の交換だけではなく、内装のリフォームも合わせて行うことが多いです。
床や壁は、掃除しやすい素材・形状のものを選ぶようにしましょう。
特に床は汚れやすい部分です。
フローリングにする場合は、表面が特殊なフィルムでコーティングされているなど、アンモニアに強い素材を選びましょう。
フローリングの他にも、クッションフロアやタイルも人気の床材です。

壁材には、調湿機能や消臭効果のある材料を選ぶとより快適な空間にすることができます。
珪藻土や竹炭パウダーなどを含んだ壁紙も販売されているので、リフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

使い勝手を意識する

居心地の良い空間にするため間接照明を設置するケースもありますが、暗すぎて健康チェックができなくなってしまう場合があります。
居心地の良さだけでなく、実用性も追及しましょう。

また、予備のトイレットペーパーや衛生用品・掃除道具など、トイレは意外に物が多いので、収納スペースはしっかりと確保することを忘れないようにしましょう。

将来のことも考える

長期にわたって住み続けようと思っている場合は、高齢になった時のためにバリアフリーにすることも検討しましょう。
将来的にバリアフリーにすることを考えているなら、まとめてリフォームを済ませてしまったほうが費用が安く済みます。

手すりの設置はもちろん、車椅子になる可能性もあるので、段差の解消や十分な広さを確保することが重要です。

寝たきりになってしまうことも想定すると、寝室のそばにトイレを移動する可能性もありますね。
「せっかくリフォームしたトイレを全然使用しなくなってしまった」ということのないように、生活動線も考えて検討しましょう。

なおトイレの場所を移動する場合は、水道管などの移動が必要になるため、工事費用が高くなるのでご注意ください。

更新日:2016年8月26日

Ico_top-priceトイレリフォームの費用相場

Img_toilet

トイレリフォームの費用相場をご紹介しています。便座・便器の交換や、温水洗浄暖房機能・手洗いカウンターなどを付けるときの費用、トイレの壁紙や床を交換する内装リフォーム、和式から洋式トイレへのリフォームなどの事例を解説します。トイレ交換の場合には、採用する設備のグレードによって費用に差が出ますが、TOTOやパナソニックなどおすすめのトイレメーカーも多く、またバリアフリー化などの際には補助金の活用で格安にリフォームできるので、どんな機能・工事が必要か、しっかり判断しましょう。

トイレリフォームの費用相場をもっと見る>

\清潔・快適なトイレ空間を実現するなら!/

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop