エントランス
リフォーム

リフォームする箇所が決まったら!

エントランスのリフォームをする際に知っておきたいポイント・費用相場・事例・リフォーム会社をまとめています。注意するポイントを押さえて失敗のないリフォームプランをつくりましょう。

Ico_rehome_pointエントランスリフォームのポイント

マンションや共用住宅、オフィスなどのエントランスは、物件の第一印象を決めるので、場合によっては、一戸建て住宅の玄関よりも重視されることがあります。
エントランスの改修は屋内のドアや鍵・オートロックの交換、屋外のタイルや植栽のメンテナンス等があります。おしゃれで使いやすいエントランスにするために、おさえるべきポイントをご紹介します。

エントランスとは

エントランスは建物の入り口のことで、一般的には正面玄関、共用玄関を指します。
マンションやオフィス、公共施設の、ロビーやメールボックスなどがあるスペースもエントランスに含まれます。
建物の品格を左右する、大切な場所とも言えるでしょう。 居住者を募集する集合住宅や、来客が多いオフィスでは特に注意しておきたいスポットです。

エントランスリフォームのポイント

物件の入口であるエントランスが暗いと印象がよくないので、照明や扉のデザインなどで、明るいエントランスにしましょう。

照明に工夫して明るいエントランス

マンションなどの外の照明は、防犯の役割もあるので、なるべく明るいものを選びましょう。
室内に関しては、高級感を出したい場合には、明るすぎない落ち着いた雰囲気の照明にするといいでしょう。

扉・ドア

エントランスのドア

明るいエントランスにするためには、扉の一部がガラスになっているデザインがおすすめです。外からの光が入り、開放感が演出できます。
また、複数の人が出入りするマンションやオフィスの扉を選ぶ際には、防犯面もとても重要です。特に女性の1人暮らしなどの場合は、オートロックが付いていることが賃貸マンション選びの人気条件の第2位にもなっており、設置による入居率改善や賃料アップにつながります。
また、ゲートやアーチを設けてデザイン性をアップすることも、賃貸マンションの入居者アップに有効です。

バリアフリーを考慮

エントランスは様々な人が使う場所です。そのため、ドアの大きさやオートロックを設置するならその位置、段差の解消、スロープの設置など車椅子でも使いやすいよう、バリアフリーに配慮をする必要があります。

更新日:2016年8月26日

\エントランスが建物の印象を左右します!/

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop