ベッド下を収納スペースに!活用アイデア10選♪

ベッド下を収納スペースに!活用アイデア10選♪

シェルフやクローゼットは、いっぱい。でも、新しく家具を置くのはちょっと……。そんなときは、見逃しがちなベッド下を収納スペースにしてはいかがでしょうか。ベッドが低すぎる場合は、脚の部分を高くすることもできます。ベッド下を収納場所として利用する方法について、いくつかご紹介します。

キャスター付の引き出しを使う

ベッド下用のストレージは、大きいものなら、キャスター付が便利です。頻繁に出し入れするなら、床に傷がつかないよう、キャスター付きを選びたいですね。

特にダブルベッドなど、収納の奥行が長い場合には、キャスタータイプを選んだほうが便利です。

バスケットを使う

ベッド下を収納スペースに!活用アイデア10選♪

きれいめデザインのバスケットなら、大人女子の部屋にぴったり♪

衣類やバッグなど軽いものを入れて、さっと引き出せるようにすると使いやすいでしょう。
手をかけやすい取っ手付がおすすめです。

フタ付を使う

ベッド下を収納スペースに!活用アイデア10選♪

ベッド下は、どうしても埃がたまりがち。

あまり使わないものを収納する場合は、フタが付いているものを選びましょう。
リーズナブルかつシンプルなIKEAの商品などが定番です。

透明のデザインのものを選んだり、中身がわかるようにラベルを貼ったりしてもいいですね。

トランクケースを使う

ベッド下を収納スペースに!活用アイデア10選♪

出番の少ないトランクケースをお持ちではありませんか?

そんな方は、新しくストレージを買うのはもったいないかもしれません。

しっかりしていて汚れにも強いトランクケースは、ストレージ代わりにも使えます。しかも、なかなか見た目もおしゃれ。

収納付ベッドに収納する

ベッド下を収納スペースに!活用アイデア10選♪

あらかじめ収容スペースが備えられている収納付ベッドは、ベッド下をあますことなく使うことができます。
床上に隙間ができるので、通気性がいいというメリットも。

跳ね上げ式ベッドを使う

跳ね上げ式ベッドなら、とにかく格納できるスペースが大容量。

シーズンオフの寝具も楽々収納。ガス圧式のため、女性や力のない方でも簡単に開閉できます。
ベッド横にあまり空間がない場所なら縦に開くタイプ、ベッドの前後に余裕がなければ横に開くタイプを置くといいでしょう。

便利な反面、デメリットもあります。ガス圧式構造という都合上、高価です。
組み立てや搬入も大変で、梱包サイズ自体も大きいため、玄関や廊下などの幅に余裕があるかどうかを確認しなければなりません。

引き出し付ベッドを使う

ベッド本体から引き出しを完全に取り外せるため、跳ね上げ式ベッドと比べて床下の掃除が容易です。

ただし、すきまからゴミが入りやすく、洋服や肌着の収納には不向きです。
また、横になる人と寝具の重量がかかるので、スムーズな開け閉めのためには、作りが丈夫でなければなりません。そして、引き出し部分を開ける時のスペースキープも忘れずに。

ベッドを自由に加工して収納する

ストレージを活かしたり、収納付ベッドを選んだりするだけが収納術ではありません!

そもそもベッド自体にも遊び心を追求したい方にすすめたい方法もあるんです。

ベッド下をかさ上げする

ベッド下が低くて収納スペースにならない、という方は、ベッドの脚をかさ上げしてしまう方法があります。道具があればそれほど難しいことではありません。

ベッドの脚の形に合わせて、角材などを準備。

角材の中央、ベッドの脚の底、それぞれにドリルで穴を開けて、金属製の芯棒を差し込みます。
角材の方は継ぎ足として使用します。
プレート金具などで補強すると、より安全に使えます。

ちなみにこの継ぎ足となる部分は、無印良品の脚付マットレス用品が参考になりますよ。

ベッドを本体から自作する

ベッドそのものを自作してしまうという方法も。

シェルフを2、3つ用意し、上に天板をわたします。
天板部分を畳やすのこにすれば、通気性もいいですね。
耐荷重に優れた物を選べば、市販のカラーボックスでも代用できます。

ベッド下は、意外と大きな収納スペースとして活躍します。
極力、無駄のないように活用できるといいですね。
また、ベッドのかさ上げ等のDIYは、危険のないように必ず強度を確保するよう、くれぐれも注意してください。

本格的にリフォームして収納
充実させたい方はこちら!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 洋室リフォームの費用相場

更新日:2015年8月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

洋室のおすすめ記事

  • 一人暮らし必見!ベッドに占領されないおしゃれなワンルーム

    一つの部屋の中で食事もすれば、勉強も、寝るのも、というのがワンルームの暮らしです。部屋の広さによっては、どうしてもベッドばかりが目立ってしまいます。どうすればベッドに占領されない、友人を気軽に招き入れられるワンルームが作れるでしょうか。インテリアの工夫をご紹介しましょう。

  • 良く眠れる "快適なベッドルーム" をつくる5ポイント

    1日の疲労回復のために欠かせない睡眠の時間。毎日すっきりと朝を迎えられていますか?ぐっすり眠りたいという人にはベッドルームの環境を見直してみることもおすすめです。さっそく上質な睡眠に必要なポイントをチェックしてみましょう!

  • 洋室(子供部屋・寝室)リフォームの費用相場・事例【戸建て・マンション】

    洋室リフォームの費用相場をご紹介しています。洋室は、子供部屋・寝室(ベッドルーム)・書斎として使用されることが多く、それぞれの用途にあわせてより快適な空間にするためのリフォームがされています。最近増えている、和室を洋室に変更するリフォームが、洋室リフォームの中でも最も高額になる傾向があります。使用する素材などによって大きく金額がかわりますが、実例を参考にリフォーム費用相場をつかみましょう。

  • ソファーもベッドも使いたい!1台2役のソファベッドが優れもの♡

    ソファーベッドは、ベッドとしても使える便利なソファです。ソファベッドのメリットは、省スペースなこと。ソファとベッドを両方置くことができないワンルームやゲスト用の臨時ベッドとして、とても役に立ってくれます。ただ、デメリットもあり、本物のベッドと比べると、クッションがボコボコしたり、狭かったりと寝心地は落ちます。しかし、ベッドとして毎日使えるよう工夫されたタイプや、ソファとしての使用がメインのタイプなど、デザインはいろいろあるので、用途に合わせて、必要な機能を検討してみましょう。

  • 安眠できる寝室の壁紙の選び方!おすすめの色やリフォーム費用は?

    寝室の壁紙をリフォームする際には、壁・天井の色やコーディネートはもちろん、壁紙クロスの性能も確認することが大切です。安眠・リラックスできる寝室にするための、おすすめの壁紙の選び方、張替え費用相場について、ご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.