<DIY>カッティングシートで気軽にオリジナルの家づくり♪

<DIY>カッティングシートで気軽にオリジナルの家づくり♪

カッティングシートは、DIYやリメイクにとても役立つ便利アイテムです。家具や家電は、傷ついても汚れても、なかなか捨てられるものではありません。でも、難しいDIYはハードルが高いし……。そんなときは、カッティングシートで、きれいにリメイクしましょう。一人でもできる簡単な作業です。木目調や花柄など、デザインをチョイスするのも楽しいですよ。

カッティングシートとは

<DIY>カッティングシートで気軽にオリジナルの家づくり♪

カッティングシートは、表にカラーやパターンが印刷されており、裏面はシールになっています。インテリアシート、リメイクシートとも呼ばれています。
大判のインテリアシールをイメージしてもらえば、わかりやすいでしょう。

カッティングシートの入手方法

カッティングシートは、ホームセンターや文房具店で売られています。最近は、Seria(セリア)やCanDo(キャンドゥ)などの100円ショップでも販売されるようになりました。
また、ネットショップでも多く取り扱われています。サイズもデザインも豊富ですので、いろいろ検索してみてはいかがでしょうか。

カッティングシートの実用例

カッティングシートは、初心者でも扱いやすく、広い面積をカバーするのも簡単な優れものなので、DIYやセルフリフォームによく利用されています。
それではさっそく、おしゃれな実例を見てみましょう♪

壁も手軽にイメチェン

倉庫の壁をイメージしたシートは、男前インテリアにも似合いそう。
真っ白な壁を、カッティングシートとレンガ調のタイルでデコレーションすれば、レトロで雰囲気のいい部屋になります。
ダイニングでは、腰板風に貼ってみるのも素敵。木製のダイニングセットに調和して、落ち着いた空間になります。

スイッチカバーやコンセントに

スイッチやコンセントカバーもかわいくできます。ストーン調のカッティングシートで大理石風に見せることも♪
スイッチカバーとして貼る場合は、一度スイッチプレートをとりはずし、裏向きに接着した状態で、スイッチ部分を裏から切り抜いてくださいね。

家電に

お部屋のインテリアの中でどうしても浮いてしまう電化製品を、自分好みにDIY。
カッティングシートで彩る木目調の冷蔵庫は、ひそかなブームかもしれません。
エアコンだって、かっこいいレタリングが男前な感じに仕上がります。

扇風機まで、まるで木製のような見た目です。もちろん羽はプラスチックの一般的なタイプですが、こうすればカフェ風のお部屋でも浮かないアイテムになりますね。
意外なものに貼ると、見慣れたものも新鮮に映りますね。

もっと本格的なリフォームで部屋の
を変更したい方はコチラ!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

キッチンに

キッチンでは、熱に強く、汚れのつきにくいものを選びましょう。
カッティングシートの素材は主に塩化ビニールですが、火に強いアルミニウムカッティングシートが、キッチンにはおすすめです。

クラシックなキッチンに合わせたければ、シルバーカラー。シンクがステンレス製なら、統一感が出ていいかもしれません。
カウンターもおしゃれに。明るめのブルーを選べば、白い壁がさらに映えて爽やかなイメージになります。

テーブルに

まだまだしっかりしているのに、天板が傷んでしまったテーブル、ありませんか?
天板を変えるのは大変ですが、カッティングシートを貼れば、簡単にリメイクできます。

洗面所に

<DIY>カッティングシートで気軽にオリジナルの家づくり♪

カッティングシートは、洗面台の水はね対策にも役に立ってくれます。
特に、3D効果のあるモザイクタイル柄が優秀。タイル素材はまわりと相性がいいので、キッチンやトイレにも向いています。

木目調で温かい感じに仕上げるのもいいですね。
洗面台下の収納扉も模様替え。ナチュラルな木目は、本物の木製扉に見えませんか?

目に付かない部分もこだわりたいキレイ好きさんは、床もカバーして見違えるような洗面下にしてみるのはいかがでしょう?

トイレに

万能なカッティングシートは、簡単リメイクでトイレだって大変身させてしまいます。

個性的なモノトーンの市松模様が、トイレをスタイリッシュに演出。

階段に

階段の上面はペンキ、側面はカッティングシートで、とても可愛らしいムードに。
白を基調にすると、空間全体が清楚で明るい印象になりますね。

シェルフに

壁や家電の大きな物ばかりが使い道ではありません。身の回りのアイテムをデコるにもお役立ち。
シェルフの扉に磨りガラス風のカッティングシートを♪

オープンシェルフなら、棚板にカラフルなシートを貼っても面白いでしょう。

デスクに

お子様のデスクを、成長に合わせてアレンジしてみてはいかがでしょう。
物を大事にする気持ちを学んでもらえるに違いありません。

ファイルケースに

大事な書類や、忘れては困る覚書。そんなものをファイルボックスに入れてリビングに並べておけると便利ですね。

カッティングシートをボックスやファイルに貼って、インテリアに馴染むよう工夫してはいかがでしょうか。

シート自体を切り抜いて

カッティングシートをそのまま使うだけではなく、デザインを切り抜いて貼ってみましょう。
たとえば、ウォークインクローゼットのドアに。黒板シートの上に描かれたアルファベットは、カッティングシートを切り抜いたものです。

扱いやすく、デザインも豊富なカッティングシートは、DIYの必需品といえるかもしれません。使い切れなかった余りを、保管しやすいのもメリットの一つです。

新しいものを買うのも楽しいですが、自分の手でリメイクするのも面白いですよ。いろいろ工夫して、長く使うことができるといいですね。

もっと本格的なリフォームで部屋の
を変更したい方はコチラ!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
更新日:2015年9月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

DIYのおすすめ記事

  • 壁紙リフォームの費用相場・クロス張り替えのよくある失敗と対策8選!

    壁紙をリフォーム・張り替えする際には、壁紙選びのポイントを理解しておかないと、失敗してしまうことがあります。部屋の中で最も大きな面積を占める壁は、まさに部屋のイメージを決定づける大きな要素です。今回は、壁紙リフォームの費用相場と注意点や、よくある失敗例とその対策について、ご紹介します。

  • キッチンをタイルでアレンジ♡自慢したい可愛いキッチンに!

    キッチンのDIYでおすすめなのが、タイルを使った壁面やカウンターなどのアレンジです。タイルを貼るというと、少し難しそうですが、現在ではシールで貼れるものや、すでにある程度のデザインが作られているものもあるので、実は案外気軽にできるのです。そこで今回はタイルを使ったキッチンのデザイン例をご紹介します。

  • 赤・青・みどり……どの色にする?壁紙の色別お部屋の雰囲気実例♪

    壁紙はお部屋の中で一番面積が広くなるアイテムです。お部屋の雰囲気を決定づけてしまうため、どの色を選ぶかなかなか決められない方も多いですよね?そこで、今回は壁紙の色とお部屋の雰囲気についてご紹介します。

  • 代表的な壁紙クロス6種類の特徴・リフォームする際の選び方を解説!

    壁紙を選ぶ際に気になるのが、主な素材の特徴・メリット・デメリットではないでしょうか。今回は、日本の住宅で主流な、6種類の壁紙について解説します。それぞれのクロスが、どのようなご家庭の、どういった場所に合うかもご紹介するので、壁紙のリフォームの際にぜひ参考にしてみてください。

  • アレンジ次第でおしゃれになる!"レンジフード"のDIYアイデアまとめ

    リフォームまでは必要ないけど、もう少しおしゃれなキッチンにしたい!そんな時にはDIYで少しアレンジしてみるのがおすすめですが、案外そのままにしがちなのがレンジフードではないでしょうか。でも実は変えてみるだけでキッチンの雰囲気が変化するポイントなのです。今回はこのレンジフードのコーディネート例をご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.