ライティングレール(ダクトレール照明)のメリット・デメリットと取り付け費用

ライティングレール(ダクトレール)は、ペンダントライトなどの照明器具を容易に交換でき、インテリアを楽しみたい方に人気のアイテムです。おしゃれなお店のようにコーディネートできるので、室内リフォーム時に取り入れる方が急増中!ライティングレール(ダクトレール)の特徴と取り付ける際のポイント・費用についてチェックしてみましょう。

▶ 今だけ!リフォームノウハウ集がもらえる!
>> 無料ダウンロードはこちら

ライティングレール(ダクトレール)とは

ライティングレール(ダクトレール)は、照明器具を取り付けられる、バー状の部品のことです。
照明レール、ライトレール、ライティングバーと呼ばれることもあります。
複数のペンダントライトやスポットライトを設置することが可能です。

店舗やオフィスの天井で使われていることが多いですが、バーのどこからでも明かりを取ることができるので、家庭のリビングやキッチンにも導入されることも一般的になっています。

ライティングレール(ダクトレール)のメリット

見た目がおしゃれになる

ライティングレールがあるだけで、キッチンやリビングがレストランや喫茶店のような見た目になります。
電線さえ確保できれば、1本だけではなく、2本並列させたり、L字型やコの字型、十字型と配置の仕方も工夫できます。
電気を通すことができるなら、壁や柱にも取り付けることも可能です。

照明器具の付け替えが簡単

照明器具の交換が簡単なので、お気に入りのペンダントライトを下げたり、気分に合わせてスポットライトに付け替えたりできます。
季節に合わせてイメージチェンジしてみるのも良いですね。

明るさの調節がしやすい

ワット数を超えなければ、1つのスイッチから複数の明かりを付けられるので、好みの明るさに調節しやすいです。
あえて照明の数を少なくして、バーのように落ち着いた雰囲気を演出するのも素敵です。

照明以外のものをレールに付けて遊べる

バーに植物を巻いたり、カゴを下げてアレンジを楽しむこともできます。
天井のインテリアをこだわれるようになるのは嬉しいですね。

ライティングレール
\取り付けたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ライティングレール(ダクトレール)のデメリット

レール自体のデザインは選びにくい

基本的にライティングレール自体の色は、白か黒の2色に限られます。
カラーコーディネートで遊びたい方にとっては、レールの選択肢が少なくて物足りなく感じるかもしれません。

白い天井では配線ダクトが気になる

埋め込み式にしない限り、配線ダクトが丸見えになってしまうので、純白の天井の場合、見映えが気になる可能性があります。

埋め込み式にしたいときは注意

ダクトレールを埋め込み式のタイプにすれば、表面がスッキリしますが、完全に天井に埋め込むとなると、かなり手間がかかります。
施工時に「埋め込み式にしたい」と頼んでおかないと、露出した状態で設置されてしまうかもしれないので注意しましょう。

また、埋め込み式の工事を依頼する場合、リフォーム費用が2倍近くなるので、予算管理も気を付けなくてはいけません。

ライティングレール(ダクトレール)の活用法

ライティングレールにペンダントライトを吊るすか、スポットライトを付けるかによって、部屋のイメージを大きく変化させることができます。

ペンダントライトでカフェのように

カフェ風のリビングやキッチンにしたいなら、ライティングレールは必需品と言っても過言ではありません。
長めのペンダントライトを飾って、可愛らしいスペースにしてみましょう。

古民家のようにレトロな空間でも、ライティングレールは大活躍します。
スポットライトとペンダントライトを組み合わせて使うのも◎。

スポットライトでクールなイメージに

クールな都会のイメージに仕上げたいなら、シンプルなスポットライトを散りばめましょう。
アトリエや美術館のように、洗練された部屋になります。

ライティングレール
\取り付けたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ライティングレール(ダクトレール)のワット数

ところで、広めの15畳のリビングで適度な明度は600W(ワット)ですが、ライティングレールの最大ワット数はどの位なのか、確認しておいた方が良いですよね。

ライティングレールの最大ワット数は、スイッチの数で考える必要があります。

【スイッチが1つの場合】
・ライティングレール1本で1500Wまで
・ライティングレール2本の場合も、合計で1500Wまで

【スイッチが2つの場合】
・ライティングレール1本あたり最大1500W
・ライティングレール2本の場合、1500×2=3000Wまで使用OK

レール1本あたり100Wの電球15個分の電力があると考えると、それなりの明るさをキープできることが分かりますね。

ライティングレール(ダクトレール)の取り付け費用

ライティングレールの取り付けリフォームを行う際にかかる費用は、配線ダクトレールの材料費と工事費を合わせて、約3~5万円前後です。
ただし、電気工事が必要な場合や、ペンダントライトなどの照明器具を一緒に注文する場合には、別途料金が発生します。

工事をしなくても自分で引っ掛けシーリングに取り付けられる「家庭用ダクトレール」もありますが、天井に直付けする場合は電線の確認が必要になるため、なるべく電気工事ができる業者に設置を依頼することをおすすめします。

一度取り付ければ、好みの明るさやインテリア性を楽しめるライティングレール。
照明を変えてみたいという機会があれば、ぜひライティングレールの設置を検討してみてくださいね。

ライティングレール
\取り付けたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>>【場所別】リフォーム費用相場

更新日:2016年10月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles リフォームのおすすめ記事

  • 2526677054_95db9168d8_z

    温かい雰囲気を演出♪ダイニングの照明はペンダントライトがおすすめ

    日本の家庭では天井に直付けされたシーリングライトが主流です。天井の低い日本の住宅では部屋を広く見せるためには実用的ですが、インテリアをおしゃれに揃えても、照明と合わなかったり、温かみを出すのも難しいです。特に、そこまで明るさが必要でないダイニングなどは、ペンダントライトでおしゃれにしてもいいかもしれません。

  • Pixta_5868252_s

    レトロ感満載!カフェ風のお部屋にするコツ決定版♡

    珈琲の香りが漂うカフェが好きな方やレトロな雰囲気、アンティーク調のお部屋が好きな方に人気なのがカフェ風のお部屋です。自宅にいながらいつでもカフェにいるような気分を味わえるのが魅力のカフェ風インテリア。誰でも簡単にお部屋をカフェ風にするコツを紹介していきます。

  • ______

    リビングリフォームの費用相場

    リビング(居間)リフォームの費用相場をご紹介しています。リビングリフォームの中でも実施する方が多い、壁紙やフローリングの変更、間仕切りの撤去やリビングの拡大などのリフォーム料金相場がわかります。リビングのリフォームは、広さと使用する内装材のグレードによって料金が変動します。内容も多岐にわたるため、平均的な金額がつかみにくい部位ではありますが、リフォーム実例をもとに相場を把握し、適正価格でリビングリフォームをしましょう。

  • Adobestock_91893709

    おしゃれなリビング照明選びのポイントと実例

    おしゃれな照明は、リビングインテリアの要です。照明を交換する時に、失敗しないポイントとなるデザインや機能をご紹介します。照明にはシーリングライトやダウンライトなどがあり、それぞれに特徴が異なります。居心地の良いリビングを演出し、インテリアとしても成功する、そんな照明選びのポイントと実例をご紹介します。

  • ________1___2_

    キッチン・台所リフォームの費用相場【価格・予算別に工事費を解説】

    一戸建て・マンションのキッチンリフォームの費用相場をご紹介しています。キッチンリフォームの中で最も多いシステムキッチンの交換のほか、レンジフード交換や食洗器の後付けといった小規模なリフォーム、l型キッチンを対面式アイランドキッチンに変更するリフォーム、キッチンの場所変更を含む大規模なものまで、具体的な事例をもとにした料金の相場がわかります!リフォーム費用変動の要素といった基本的なポイントも事前に確認して、適正価格でリフォームをしましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop