レトロモダンとは?リノベーションする際のコツや施工事例などを解説

加盟希望はこちら▶

レトロモダンとは?リノベーションする際のコツや施工事例などを解説

更新日:2022年07月25日

レトロモダンな事例

部屋をおしゃれなレトロモダンにリノベーションしたい場合、インテリアデザインの特徴を確認しておくことが大切です。本記事では、「レトロモダンにリノベーションするポイント」「場所別のおすすめアイテム」「リノベーションした事例」についてご紹介します。レトロモダンの特徴をしっかり抑えて、趣のある現代的なお家にしてみましょう。

レトロモダンとは

レトロな室内に置かれた棚と数冊の本

レトロモダンとは、古い中にも現代的でおしゃれな要素を感じられるインテリアデザインのことです。

「レトロ」とは古い、風情のあるといった意味で、「モダン」は都会的や現代風という意味で使われます。
そのため、風情のあるインテリアに、都会的なアイテムやデザインを合わせることでレトロモダンなデザインに仕上がります。

ポイントとしては、日本の大正や昭和初期のような懐かしさを感じられて心安らぐ空間となるようにリノベーションすることです。

レトロモダンな部屋にリノベーションする際のポイント

洋室に置かれたレトロなソファー

レトロモダンな部屋にリノベーションする際は、以下の6つのポイントを押さえて施工するとより理想の仕上がりに近づきます。

● 木製家具を選ぶ
● 床材はダークな色にする
● ユーズド感のある素材を使用する
● 水回りをタイルの壁にする
● アンティーク家具を配置する
● 建具にすりガラスを使用する

それぞれの内容を以下で詳しく解説していきますので、ぜひリノベーションの際の参考にしてみてください。

木製家具を選ぶ

桐箪笥

温もりや懐かしさを感じさせる木製家具は、レトロモダンに欠かせないアイテムです。
新品ではなく、アンティークやヴィンテージの家具を選ぶとより雰囲気が出ます。

ただし、すべての家具をアンティークやヴィンテージで揃えると費用がかかるため、予算に合わせてお気に入りのアイテムを取り入れてみてください。

ホッと一息つけるようなやすらぎ空間に仕上げるためにも、家具は木製のものを選ぶようにしましょう。

床材はダークな色の木材にする

暗い色の床材を使用した寝室

懐かしさを感じつつ落ち着いた雰囲気の部屋にするためには、茶色やこげ茶といったダークな色の木材の床にしましょう。

ヘリンボーンの床材のキッチン

デザインとしては、ヘリンボーン張りがおすすめです。
ヘリンボーンとは、開きにした魚の骨に似ていることから「ニシンの骨」という意味を持つ模様です。
上記の写真の床のようにV字型が連続しているのが特徴です。

床は部屋の中でも広い面積を占めるため、レトロモダンさを出せる床材を選ぶことが大切です。

ユーズド感のある素材を使用する

丸テーブルと一人掛けソファー

古いものを取り入れるレトロモダンには、ユーズド感のある素材を使用するようにしましょう。
ユーズド感のあるアイアン素材の家具や雑貨も、レトロモダンのインテリアのポイントになります。

時間が経過しても愛着が湧くような、味わいのある素材をインテリアデザインに取り入れてみましょう。

水回りをタイルの壁にする

タイルが張られた洗面台

キッチンや洗面台などの水回りの壁には、タイルを施工するとよりレトロモダンの雰囲気になります。
タイル張りは古さの中に温もりを感じられるデザインであるため、レトロで優しい仕上がりになります。

アンティーク家具を配置する

アンティークな雰囲気の棚

レトロ感が増すアンティーク家具を配置するのもおすすめです。
時代を感じられるアイテムを置くと、懐かしさがありリラックスできる空間になります。

特に、長年使われてきた箪笥や茶箪笥などの和家具が特におすすめです。
また、レトロモダンのインテリアデザインは背の低い家具がマッチします。

建具にすりガラスを使用する

和モダンな摺硝子

建具にすりガラスを使用することで、レトロ感が増します。
すりガラスとは表面が細かく凸凹としていて、不透明なガラスのことです。
懐かしさを感じられるアイテムのひとつで、古民家の窓や障子などでよく採用されていました。

また、建具のデザインにこだわることで、スタイリッシュでモダンなインテリアになります。
窓や障子などの枠をシンプルなタイプではなくデザイン性の高い建具にしたり、ガラスの一部を色付きにしたりするのもおすすめです。

レトロモダンな部屋に
リフォームしたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

場所別のレトロモダンにおすすめのアイテム

縁側の近くの和箪笥

住宅の以下のような部屋や場所別に、レトロモダンに欠かせないおすすめのアイテムをご紹介します。

● リビング
● キッチン
● 寝室
● トイレ

リノベーションする場所に合わせて、ぜひチェックしてみてください。

リビング

ちゃぶ台のある和室

リビングには、ちゃぶ台やユーズド感のあるローテーブル、ダイニングテーブルがおすすめです。
特に、丸みをおびたデザインの家具は柔らかさがあり、レトロモダンによく合います。

また、レトロな雰囲気を持つ合成皮革と木材を使ったソファを置くのもおすすめです。
さらに、ディスプレイする小物やアートはアンティーク調のアイテムを選ぶのも、リビングをレトロモダンにするポイントとなります。

キッチン

レトロモダンな照明

キッチンには、裸電球やアンティーク調のペンダントライトを吊るすとレトロさが出るためおすすめです。
レトロな食器や調味料入れなどを揃えて飾るように収納するのも、レトロモダンのおしゃれな雰囲気を演出できます。

また、キッチン本体を木製やステンレス製にするとノスタルジックさを感じられるため、レトロモダンのインテリアにより近づきます。

寝室

洋風でレトロなベッド

寝室にはアンティーク調のベッドやナイトテーブルを置くと、より雰囲気が出ます。
レトロなアート作品を飾るのもおすすめです。

また、スチール製のナイトライトを置くと、風情あるレトロモダンのインテリアになります。

トイレ

壁面にタイルを用いたトイレ

トイレは他の部屋と同じく、床をダークブラウンなどの暗い色にするとレトロさが出るのでおすすめです。

また、壁面にモザイクタイルを取り入れると、モダンな空間にもなります。
窓や棚にアンティーク調の和風小物を置くのも、レトロモダンのインテリアデザインの特徴です。

レトロモダンな部屋に
リフォームしたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

レトロモダンな部屋にリノベーションした事例

レトロな箪笥のある和室

レトロモダンな部屋にリノベーションした事例を以下で2つご紹介します。
それぞれの施工内容も解説しているので、ぜひリノベーションプランを考える際にお役立てください。

当時のよさをそのままに残したレトロモダンな住宅

リフォーム費用 約530万円
施工日数 60日
住宅の種類 一戸建て
築年数 30年
洗面所やキッチン、ダイニングなどをレトロモダンなインテリアデザインとなるようにリノベーションしています。
また、施工の際にあらわれた天井の丸太の梁も、お家のポイントとなるようによさを活かす施工を行いました。
梁がおしゃれに見えるように、天井の高さを上げて広々とした空間に仕上げています。

>> この事例の詳細を見る

和のテイストを残した今風リフォーム

リフォーム費用 600~800万円
施工日数 60日
住宅の種類 一戸建て
築年数 39年
木造2階建ての住宅全体をリノベーションした事例です。
施主様のこだわりの家具と元々の和風な内装を活かして現代的なテイストの家に仕上げました。
間仕切り壁や天井を撤去し、解放感のあるワンフロアにしています。
フローリングや梁はダーク系の色で揃えたので、落ち着いた色の家具との相性もバッチリです。

>> この事例の詳細を見る

懐かしさを感じるレトロモダンにリノベーションしてこだわりの部屋にしよう

丸テーブルと複数のソファがあるレトロな部屋

レトロモダンのインテリアデザインは、懐かしさの中に現代風のおしゃれな雰囲気を持たせたテイストです。
そのため、アイアン素材やステンレス素材も取り入れて、和風のインテリアにうまくスパイスを与えるようにしましょう。

しかし、レトロモダンはホッとくつろげるような空間に仕上げる点も大切なポイントなので、バランスのよいデザインに仕上げましょう。

レトロモダンな部屋に
リフォームしたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

リノベーションのおすすめ記事

  • カントリースタイルで "ほっと落ち着く" 温もりのある家づくり♪

    カントリースタイルは、素朴で懐かしい雰囲気が魅力。作った人の顔が浮かぶようなハンドメイドの家具や、古着をリメイクしたファブリック。そんな地に足の着いた温かさに満ちています。ではどうやったら素敵なカントリー風のお部屋を実現できるでしょうか。ナチュラルにおしゃれに作る、カントリースタイルの特徴と実例をご覧ください。

  • 古民家リフォーム・リノベーションの費用相場・事例・必要な工事の見極めポイントまとめ

    最近注目を集めている「古民家リフォーム・リノベーション」。昔ながらの日本家屋を利用し、時代に合わせた空間デザインを施したり、住居としての機能を高めたりできるのが、古民家リフォーム・リノベーションの魅力です。古民家をリフォームする際に最も気になる費用相場や事例、そして必要な工事内容の見極め方と、部位毎の施工費用についてご紹介します。古民家ならではのメリット・デメリット・注意点、物件・業者の選び方についても解説しますので、参考にしてみてください。

  • 北欧風のインテリア・お部屋にする簡単5つのポイント!これさえ守ればおしゃれにできる♪

    IKEAに代表される、シンプルでナチュラルな北欧スタイルは日本でも大人気。他にもMarimekko(マリメッコ)、iittala(イッタラ)も北欧ブランドとして有名です。しかし、いざお部屋を北欧風にチェンジしようと思っても、どうすればいいのかわからない…といった方は多いはず。そこで、簡単に北欧テイストを取り入れるコツをご紹介していきます♪

  • 和室を洋室にリフォームする場合のポイント・費用相場は?施工事例もご紹介

    使いにくくなった和室を洋室にリフォームしたいとう方は年々増えつつあります。畳はカビやダニが発生しやすく、アレルギー体質の方にとっても悩みのタネになりがちです。また、畳・障子・襖(ふすま)は、表替えや張り替えなどのメンテナンスが大変なことや、車椅子で生活している方にとっては全面フローリングのほうが過ごしやすいといった理由から、和室を洋室へ変更するケースも多く見られますよ。そこで今回は、和室から洋室にリフォームする際の価格・値段や注意点、一戸建て/マンションのリフォーム事例についてご紹介します。

  • 築年数の古い木造住宅のリノベーション費用&成功事例5選

    築30年以上経過した一戸建ての木造住宅にお住みの場合、古さや不具合が気になり始めていることもあるのではないでしょうか?建て替えを考える方もいらっしゃるかもしれませんが、築80年以上の建物でも、リノベーションすることで快適に住み続けられるケースもあります。今回は一戸建ての木造住宅をリノベーションする際の工事費用や内容を、事例とともにご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。