使いやすい玄関収納の種類とリフォーム費用相場

家族が毎日使い、お客様を迎える玄関は常にすっきりと心地よい空間にしておきたいものです。玄関をすっきりさせておくためには、使い勝手のよい収納スペースを確保することが大切です。今回は玄関収納の種類と選ぶポイントについてご紹介します。

(※記事内情報引用元:LIXILパナソニック各ホームページより)

玄関に収納したい物は?

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/sukkiridana/variation/default.htm

まず、玄関に収納する物が何かを考えてみましょう。
靴、傘、スリッパなどが挙げられますが、他にもシューズケア用品や掃除道具、防災グッズといった物も玄関収納に入れたい場合がありますよね。
また、ゴルフ用品やベビーカー、三輪車などもしまっておけると便利ですよね。

一般的な家族の人数あたりの収納量

一般的な家族の人数あたりの収納量を考えてみましょう。
靴は、女性の場合、大人ひとりあたり20足前後、男性の場合は10足前後、子供はひとり4〜5足が目安です。

雨傘や日傘は、あわせて1世帯あたり4~6本になります。
スリッパは家族用の他に来客用が3~4足ほど用意されていることが多いようです。

玄関収納
\もっと使いやすくしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

玄関収納の種類とリフォーム費用相場

玄関収納の種類はその形などから、カウンタータイプ・壁面収納タイプ・フロートタイプ・カウンター+吊り戸棚タイプ・土間収納タイプの5つのタイプに分けることができます。
それぞれのタイプごとにメリット・デメリットがあるので、事前に確認しておきましょう。

カウンタータイプ

まずは、床から腰くらいまでの高さに戸棚がある、カウンタータイプです。
こちらは、棚の上に物を置くことができるので、玄関をおしゃれに飾ったりする楽しみがあります。

また、高さがなく圧迫感がないので玄関が狭い家に向いています。
ただし、5つのタイプのうちで収納量が最も少ないので、靴が多い方は避けたほうがいいかもしれません。

カウンタータイプの収納のリフォーム費用は、5~10万円と玄関収納の中では最も安価です。

玄関収納のリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

壁面収納タイプ

こちらは、天井から床まで一面に収納を取り付けるタイプです。
土間収納を除く4つのうちでは最も収納できる量が多いので、大家族や物が多い場合に向いています。

デメリットとしては、高さがあるので圧迫感を感じやすい点です。
玄関が広い場合は気にならないですが、少し狭い家では設置前によく考えましょう。

こんな風に、壁面とカウンタータイプを組み合わせてバランスをとるのもいいかもしれませんね。

玄関に壁面収納を新設するときは、12~40万円位の工事費がかかります。
間口が80cm位までなら、20万円以内でおさまります。
カウンタータイプとセットで施工するようでしたら、プラスで10万円位かかるとみておくと良いでしょう。

フロートタイプ

フロートタイプとは、天井から床付近まで収納があり、床から少しのスペースが空いていて、浮いているようなタイプの収納です。
壁面収納に次ぐ収納量を確保でき、下のスペースが空いているため多少は圧迫感を解消できます。

また、下の空いているスペースに備え付けで間接照明を設置したり、観葉植物を置いたりすることで、おしゃれな玄関を演出することができます♪

フロートタイプの収納を増設するための費用は、基本的に壁面収納と同額で12~40万円です。
間口が80cm位までなら、20万円以内で施工できることが多いです。

玄関収納
\もっと使いやすくしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

カウンター+吊り戸棚タイプ

こちらは、カウンターと上部の吊り戸棚がセットになったタイプです。
収納量も確保したいけど、玄関ディスプレイも楽しみたいという場合におすすめです。
デメリットとしては、上の方は高さがあるので、お子様や女性の方、高齢の方は使いにくいかもしれません。

また、写真のようにカウンタータイプと壁面収納タイプを組み合わせたタイプも数多く出ているので、こちらも参考にしてみてください♪

カウンター+吊り戸棚タイプの玄関収納は、20万円前後で施工できます。
カウンタータイプと吊戸棚タイプ、それぞれ10万円ずつ位の費用がかかると考えておくと良いでしょう。

土間収納タイプ

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/imgsearch/sumu2/detail_display_32.html

別名シューズクローゼットともいうこちらは、玄関横のスペースに収納スペースを設けるタイプです。
靴だけでなくゴルフバックや掃除道具などをしまっておきたいという場合に取り入れる方がいます。

大容量の収納スペースが確保できるのですが、玄関横にその分のスペースが必要な点と、施工費用が高くなる点を確認しておきましょう。

土間収納を設置する場合、リフォーム費用は30~50万円位は必要になります。
広さによっては100万円超えることもあるので、設計プランを考える際に施工業者としっかり相談しておきましょう。

>> 収納にも便利♪土間のある家にリフォームするなら?

玄関収納は、靴だけではなく様々な物を入れるスペース。
各家庭の生活スタイルによっ、て収納したい物も様々です。
玄関の限られたスペースに何をしまうか考え、ご自宅にあった玄関収納を選び、すっきりときれいな玄関を実現しましょう!

できれば玄関収納のリフォーム経験が豊富な業者に相談し、予算や収容したい物に合うプランを提案してもらうことをおすすめします。

玄関収納のリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 玄関リフォーム費用相場

更新日:2016年8月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 玄関リフォームの記事

  • Pixta_6850957_s

    これで運気アップ?!風水から見る玄関コーディネート

    ご家族の健康運や、金運をアップするために、玄関風水はいかがですか?風水によると、玄関は「気」が入ってくる最も重要な場所。玄関のイメージを変えたい・リフォームも検討しているなら、風水を参考にしてみても良いですね。

  • 003_02

    玄関に土間収納を作るときの広さ+つけると良いもの7選!

    リフォームや新築で、玄関に土間収納を作るかどうか迷う方は数多いです。今回は、実際にご自宅に土間収納を作った方が「つけておけば良かった」と思うもの、そして使いやすいと感じる広さについて解説します。

  • Pixta_22841980_s

    廊下を収納スペースとしてリフォームすれば有効活用できます♪

    廊下を収納スペースとして活用すれば、狭い家でも収納場所を増やすことができます!新築やリフォームをする際の収納スペースのプランニング、つい部屋の中だけになっていませんか?今回は、つい忘れがちな廊下のスペースを収納場所として活用するアイデアをご紹介します♪

  • Pixta_13703492_s

    玄関・玄関ドアリフォームの費用相場

    玄関ドア・玄関リフォームの費用相場を、実例をもとにご紹介しています。玄関ドアは、台風などの影響で破損してしまった場合でも、ほぼ当日中に施工できます。玄関のリフォームは断熱対策や防犯対策としても有効であり、施工面積が狭いので、収納の造り付けや、玄関まわり全体の改装などを行う場合でも、比較的低価格で実施可能です。玄関はお客様を出迎える家の顔なので、デザイン性もセキュリティ性も重視して、こだわりの空間にリフォームしたいですね。

  • Pixta_2218474_s

    土間のある家にリフォームしたい!賢くおしゃれに活用するには?

    玄関に隣接して広い空間を設けると、いろいろなものを置けて様々なことに使えます。アウトドアが好きな方はアウトドアグッズを置いたり、ペットがいらっしゃる方はペットの居場所として使ったり。今回は様々なことに利用でき個性的な暮らしを実現できる土間についてご紹介します。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop