どれを選ぶべき?キッチンの浄水器比較

どれを選ぶべき?キッチンの浄水器比較

浄水器のリフォームを行いたいときには、浄水器にどのようなタイプがあるか、しっかりと把握しておくことが大切です。浄水器にはいろいろな種類があり、ろ過機能の高さやコストパフォーマンスがそれぞれ異なります。体のために安全でおいしい水を飲みたいという人はきっと多いはずですよね。自分の家のキッチンにはどんなタイプが合うのか、まずは比較してみませんか?

浄水器とは

どれを選ぶべき?キッチンの浄水器比較

「浄水器」とは、水道水を浄化する器具のこと。
日本の水道水は比較的安全性が高いと言われていますが、殺菌や消毒に塩素を使用しており、さらにこの塩素がトリハロメタンという有害物質を発生させると言われています。

浄水器は、これらの有害物質をフィルターによって除去する力を持っているため、蛇口をひねるだけできれいな水が出る仕組みになっているのです。

では、具体的に浄水器にはどんな種類があるのでしょうか?
キッチンのシンクにおすすめの3タイプの浄水器を比較してみましょう。

蛇口直結型

一番取り付けが簡単で価格も手ごろなのが「蛇口直結型」の浄水器。
蛇口の先端に取り付けるだけで済むので、大掛かりな工事も必要ありません。

ただし、一度にろ過できる容量が少ないため水流が弱いと感じることも。
また、カートリッジの寿命が短く年に2〜4回程度の交換が必要になります。

蛇口直結型浄水器のリフォーム費用

蛇口直結型の浄水器については、ご自身で取り付けが可能なので、設置時にかかる費用は本体価格のみと言えます。
商品価格は性能によって異なりますが、2千~1万5千円位が相場です。

据え置き型

「据え置き型」の浄水器は、本体をシンクの脇などに設置し、蛇口の先端に取り付けた切り替えコックと本体とをホースで接続して使用します。

設置するための場所が必要になるというデメリットはありますが、蛇口直結型よりもカートリッジが大きいため、ろ過機能が高く、長持ちするという利点を持っています。

据え置き型浄水器のリフォーム費用

据え置き型浄水器を設置する際に必要なリフォーム費用は、本体価格+工事費の合計が2~10万円位と考えておくと良いでしょう。
機能やデザインにこだわらなければ、8万円以内でリフォーム可能です。

ビルトイン型

どれを選ぶべき?キッチンの浄水器比較

「ビルトイン型」とは本体をシンクの下に設置する浄水器のこと。
おしゃれなデザインの水栓が多く、シンク周りがすっきりする点が魅力です。

蛇口直結型・据え置き型と比較すると、一番ろ過機能が高いのがこのビルトイン型。
価格が高いため初期費用はかかりますが、カートリッジが長持ちするので年に1回程度の交換で済みます。

ビルトイン型浄水器のリフォーム費用

ビルトイン型の浄水器を設置する場合には、本体と工事費用だけではなく、専用水栓も必要になります。
リフォーム費用は2~30万円程度とかなり幅があります。
設置方法や機能を確認した上で、具体的な予算はリフォーム会社と相談してみましょう。

浄水器のメリット

水道水がそのままきれいな水に生まれ変わる浄水器。
そのメリットは、ウォーターサーバーと比べると分かりやすいと言えます。

まずは、コストパフォーマンスの良さ。
浄水器は初期費用がかかりますが、一度設置すれば、後はフィルターの交換をするだけ。
ウォーターサーバーのようにリース代がかからないため、長く使い続けるほど全体の費用は安く済みます。

また、ウォーターサーバーは大型の物が多く、重たいボトルの交換も必要です。
その点、浄水器は省スペースで済む上、カートリッジも軽量。
手間がかからないというメリットがあるのです。

浄水器のデメリット

一方で、デメリットとして言えるのは、汲んだ水が長持ちしないということ。
余計なものを除去した水はきれいで安全な反面、保存性が低いため汲み置きしておくことができません。

また、カートリッジの交換を怠るとかえって有害物質の多い水が出てしまう危険も。
カートリッジの寿命をしっかりチェックする必要があります。

【この記事のまとめ&ポイント!】

浄水器の、主な種類を教えてください。
キッチンで利用する際などにおすすめの種類は「蛇口直結型」「据え置き型」「ビルトイン型」です。
浄水器を設置する際の費用は、いくらですか?
ご自身で取り付け可能な「蛇口直結型」は、2千~1万5千円位が目安です。
据え置き型」の場合は、本体価格+工事費の合計が2~10万円位です。
ビルトイン型」のリフォーム費用は、2~30万円程度とかなり幅があります。
浄水器のメリット・デメリットを教えてください。
ウォーターサーバーと比べて、コストや手間がかからないことが、メリットと言えるでしょう。
一方で、汲んだ水が長持ちしないというデメリットがあります。

今回はキッチンにおすすめの3種類の浄水器をご紹介しました。
安全なお水を飲むためにも一番使いやすい浄水器を選びたいですね。

浄水器のリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> キッチンリフォームの費用相場

更新日:2017年1月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンのおすすめ記事

  • 【2020年版】人気のおすすめシステムキッチンメーカー10社比較!ランキング・リフォーム価格・事例

    キッチンをリフォームする際には、各メーカー品の収納力・掃除のしやすさ・耐久性などの違いや評判をチェックしておきたいですよね。そこで、口コミなどで好評の国内メーカー(リクシル・クリナップ・パナソニック・トクラス・TOTO・タカラ・サンワ・ウッドワン・トーヨーキッチン・ハウステック)の、特徴を比較してみましょう。当サービス『リショップナビ』で契約された方が選んだキッチンの人気ランキングや、おしゃれなおすすめシステムキッチンのリフォーム価格(取り付け費用)の目安・施工事例もご紹介します!

  • 【徹底比較】IHとガスコンロどちらが便利?光熱費や交換費用は?

    IHとガスを比較したとき、結局どちらが良いのか迷ったことがある方は多いのではないでしょうか。いまだに意見が分かれるコンロの種類ですが、オール電化が流行ったり、停電時の心配でガスが一番という話になったり、いずれにしても不安要素が残る気がしますよね。今回は、IHとガス、それぞれの特性についてあらためて調べてみたいと思います。

  • 【事例でわかる】キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間!おすすめ業者の口コミもご紹介

    一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には「費用はいくら?」「工事期間・日数はどの位?」といった不安があるものですよね。また「築何年位でリフォームしている家が多いの?」という疑問がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者の施工事例を元に、キッチンリフォームの価格や工事期間の目安などをチェックしてみましょう。シンプルなキッチン交換や、壁付けキッチンを対面式に変更するリフォーム、おすすめのリフォーム会社の口コミなど、幅広く掲載しています。

  • 【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

    キッチンリフォームの失敗事例は、実は皆さんが想像している以上に多いものなんです。キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか、どんな素材にするか、レイアウトはどうするか、考え始めるとワクワクしますよね。「理想のキッチンができたと思ったのに、使い始めたら失敗だった……」そんな後悔のないよう、キッチンリフォームによくある失敗例をチェックしておきましょう!

  • キッチン風水で金運をあげる方法とは?

    キッチンは、家の中で生活の中心となる場ですが、風水でも金運をつかさどる重要なスポットです。「節約しているのに、お金が貯まらない」といったときは、キッチンの風水を見直してみてください。良い気が巡れば、金運が上昇するかもしれません!キッチンから運気を上げる、風水のポイントをご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.