階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

2階建て以上のお家なら、必ずある「階段」ですが、どんな種類があるかご存じでしょうか?住宅に設置する階段の形は、主に4種類あります。ここでは、それぞれのメリット・デメリットをご紹介するので、新築購入やリフォームの際に参考にしてください。

階段の種類

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

階段の種類はその形によって「直階段・かね折れ階段・折り返し階段・らせん階段」の4種類に分けられます。
それぞれ安全性や昇り降りのしやすさ、設置にかかる費用が異なるので、事前にしっかり確認をして選びましょう。

直階段

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

直階段は、一般の住宅で最も多く使用されているタイプで、その名の通りまっすぐで折り返しのない階段です。
省スペースでシンプルな形なので費用も安く済むのがメリットですが、少ないスペースで高さを出すために、急勾配になってしまうこともあるので、注意が必要です。

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

最近では色々なデザインが出ており、スタイリッシュな雰囲気が人気ですが、手すりがないなど、安全面で心配なものもあるので、手すりは必ずつけるようにしましょう。

>> 階段リフォームの費用相場を見る

安全で使いやすい
階段にリフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

かね折れ階段

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

かね折れ階段は、途中でL字型に折れているタイプで、踊り場があります。
メリットとしては、踊り場があるので、落下しても下まで落ちてしまうのを防ぐことができます。
ただし、折れている分、広い面積が必要になりますし、費用も直階段よりは高くなります。

インテリアと同化しているようなデザインもあるので、お部屋が狭く階段の存在感をそこまで出したくないという方にはおすすめです。(ただし、手すりは必須です!)

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

こちらのかね折れ階段と直階段は、階段下のスペースが広く取れるので、階段下収納を作る場合にはおすすめの形です。

折り返し階段

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

折り返し階段は、かね折れ階段とよく似ていますが、L字型ではなくU字型に折れているのが特徴です。
踊り場があるので、かね折れ階段と同様に落下した際に下まで落ちてしまわないメリットがありますが、かね折れ階段よりも更に広い面積で踊り場のスペースが必要なので、注意してください。

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

同じ高さの場合は、直階段よりも折り返しているタイプのほうがステップ数が多くなるので、勾配がなだらかになり、ステップの幅も広く取れるので安全です。

階段のリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

らせん階段

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

らせん階段は、写真のようにステップが螺旋状になっているタイプです。
おしゃれな雰囲気で憧れてしまいますが、複雑な形なので、費用が高くなりますし、ステップが三角形になることが多く、中心に近いほど踏むスペースが狭くなります。

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

ただし、形によっては、他の階段よりも省スペースで済む場合も多く、こんな風にリビングに置くことができるのが魅力です♪

らせん階段というと、洋風のものというイメージですが、和風の家にも合うので、ぜひ検討してみてください。

ステップのデザインも重要

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

また形の他にも、ステップのデザインにも複数の種類があります。
こちらの写真のように、ステップの間に隙間を作っておけば、階段があっても家の中が暗くならないのでおすすめです。

あまり気にかける機会のない階段の種類ですが、それぞれ特徴がありましたね。
家の中で確保できるスペースによっても変わりますが、なるべく安全で昇り降りのしやすい階段を選びましょう。

できれば階段のリフォーム経験が豊富な施工会社に相談し、安全で使いやすいプランについてアドバイスしてもらうことをおすすめします。

【この記事のまとめ&ポイント!】

階段の形には、どのような種類がありますか?
「直階段」「かね折れ階段」など一般的に合計4種類に分けられます。詳しくは、こちら
階段の形毎のメリットを教えてください。
例えば「直階段」のメリットは、「無駄なスペースを省ける」ことなどです。詳しくは、こちら
ステップのデザインをするうえで、ポイントはありますか?
ステップの間に隙間を作ることで、階段があって家の中が暗くなってしまうのを防ぐことが期待できます。詳しくは、こちら

階段のリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 階段リフォームの費用相場

更新日:
このエントリーをはてなブックマークに追加

階段のおすすめ記事

  • スケルトン階段のリフォーム価格・おすすめメーカー!メリット/デメリット/注意点と実例5選もご紹介

    リフォームやリノベーションを検討する際に、おしゃれでスタイリッシュな「スケルトン階段(別名・ストリップ/オープン/シースルー/スリット階段)」に憧れる方は、きっと多いはず!けれども、設置する際の値段や、子供の転落・落下防止対策が十分にできるかどうかなど、気になる点は多いですよね。そこで今回は、スケルトン階段の施工価格や、メリット・デメリット、おすすめのメーカー品、真似したくなるリフォーム実例など、幅広くご紹介します。

  • 廊下・階段の壁紙リフォームのコツ!張り替え費用・おしゃれな施工例は?

    家の中の部屋と部屋を繋ぐ、廊下や階段。壁紙の張り替えの際には、バランスの良い色・デザインにすることが大切です。今回は、廊下・階段の壁や天井の壁紙リフォームの費用相場から、おすすめの壁紙の選び方、おしゃれな画像付きの実例・アクセントクロスの使い方、吹き抜けがある場合の注意点まで、まとめてご紹介します。

  • リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

    おしゃれなリビング階段は、憧れる方が多い一方で、寒さ対策が不安という声も多くあります。リビング階段のある家にしたいときは、全体の間取りを、メリット・デメリットを考察しながら確認することが重要です。

  • 階段リフォームの費用相場

    階段リフォームの費用相場をご紹介しています。階段のリフォーム内容で多い、手すりの設置・すべり止め対策などの小規模なリフォームから、階段の段数変更や位置移動などといった大規模なリフォームまで、実際のリフォーム事例をもとにリフォーム料金をご紹介しています。事前に相場を確認して、適正価格で安全な階段にリフォームをしましょう。

  • 廊下リフォームの費用相場

    廊下リフォームの費用相場をご紹介しています。廊下への手すり・照明・収納の設置、壁紙や床の張り替えなどの料金を公開しています。廊下は面積も狭く、こだわる部分が少ない印象ですが、毎日頻繁に通る場所ですので、耐久性や安全面をしっかり考慮することが求められます。将来のことを考えてバリアフリー仕様にしたり、スペースがある場合は収納を造り付けたりすることも可能です。限られたスペースですが、廊下のリフォーム事例をもとに相場を把握し、適正価格で納得のいくリフォームをしましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.