リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

加盟希望はこちら▶

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

更新日:2021年02月05日

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

おしゃれなリビング階段は、憧れる方が多い一方で、寒さ対策が不安という声も多くあります。リビング階段のある家にしたいときは、全体の間取りを、メリット・デメリットを考察しながら確認することが重要です。

リビング階段とは

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

リビング階段は、その名の通りリビングに階段を設置することです。
廊下ではなくリビングに階段があることにより、外出・帰宅時に必ずリビングを通るため家族が接する機会が増えるので、人気があります。

スタイリッシュな空間が生まれるという美点もある反面、寒さ対策を充分に行わなくてはいけないというデメリットもあるので、良質な設計者に施工してもらうようにしましょう。

リビング階段のメリット

リビング階段には、素敵な魅力がたくさんあります。
階段があるリビングのメリットについて、具体的にチェックしていきましょう。

家族のコミュニケーション時間が増える

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

前述したように、2階を行き来する家族が必然的にリビングを通過するため、対話できる機会が多くなります。
階段に腰かけて、キッチンにいる人とも会話をするのも楽しいですね。

>> 階段を活用した空間にするならスキップフロアもおすすめ♡

リビングが広くおしゃれに見える

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

リビング階段は、その見た目の良さから建売住宅でも導入している物件が増えています。
奥行き感があるため、視覚的効果で広く見えるのも特長です。

階段自体もアクセントになって、よりおしゃれなリビングになります。

吹き抜けと相性が良い

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

吹き抜けのある家にしたい方には、リビング階段はぜひともおすすめしたいですね。
より洗練されたイメージに仕上げることができ、人に見せたくなる家になることは間違いないでしょう。

1階と2階の行き来がスムーズ

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

長い廊下を歩くことなく1階と2階とを行き来できるため、リビングに階段があると移動がスムーズです。
階段を降りながら、美味しい料理の臭いを感じられるのも嬉しいですね。

リビング階段の施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リビング階段のデメリット

リビング階段を取り入れるかどうか悩んでいる方が確認しておきたいのが、やはりデメリット面ですね。
以下の点を参考に、ご家庭にリビング階段が合っているか、しっかりイメージしてみましょう。

寒さ対策が必要

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

リビング階段において、一番心配になるのが寒さ対策です。
空間が広いとエアコンの効率が悪くなり、また冷気は低い場所へ降りていくため、冬場は1階のリビングが寒くなってしまいます。

解決するためには、仕切りを設けましょう。
階段の少し手前に、仕切り戸やロールスクリーンをつけると効果的です。
仕切りはなるべく1階につけるのが望ましいですが、難しい場合は2階に設置するだけでも効き目があります。
さらに1階を床暖房にするとより安心です。

ただ、もともと断熱性能が高い家であれば問題ありません。
リフォームで後からリビング階段を付けるときは、断熱に詳しい施工会社に設計を依頼すると良いでしょう。

>> 断熱リフォームの種類・費用
>> 窓の断熱リフォームの費用・ポイント

音と臭いが気になる

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

また、音や臭いが他の階まで伝わりやすくなってしまうことについても注意が必要です。
2階の寝室に、1階のリビングのテレビなどの音が響くこともあります。
キッチンの臭いが気になることもあるので、換気扇や窓の位置を工夫し、換気対策を行いましょう。

プライバシー・独立性が低くなる

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

将来的に心配になるのが、子供が大きくなったときのこと。
親子が接する時間が増えるというメリットは、年頃の子供にとってはストレスになる可能性もあるということです。

子育て中のご家庭の場合、長い目で見てリビング階段は不便にならないかどうか、じっくり考えておきましょう。
なお、いずれは二世帯同居をするかもしれない住宅でも、同様のことが言えます。

来客時に気を使うことも

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

子供が友人を連れてくるときにも気を使います。
うっかり薄着でリビングでくつろいでいたり、リビングが散らかっているところに来客があると、恥ずかしくなってしまいますよね。
また、人見知りのお子さんが出かけたいとき、親の知人がリビングにいると通りづらい、というパターンも考えられます。

赤ちゃんがいる場合は注意

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

好奇心旺盛な赤ちゃんは、ハイハイができるようになると、階段を昇り降りりしたがります。
リビングで遊んでいたはずの子供が、目を離したすきに階段を上りだしてしまうかもしれません。
落下や転倒事故を防ぐためには、赤ちゃんが階段に出入りできないようにドアを設置することが必須になります。

リビング階段の施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リビング階段の間取りの注意点

もしリビング階段のある家にする場合には、最も気を付けたいのが家全体の間取りです。
家族が過ごしやすい家をつくるためには、以下のポイントに気をつけましょう。

トイレと洗面所の位置に配慮する

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

特に思春期の子供は、1階のリビングに親の友人がいると、洗面所やトイレ・浴室に行きづらいことがあります。
子供部屋から、リビングを通らなくても移動できる場所に、水回りがあることが理想です。
トイレや洗面台は、1階と2階どちらにもあるとより便利ですよ。

階段自体の位置も工夫を

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

階段をリビングのどこに配意するかも配慮しておきましょう。
リビングの真ん中を通ってから2階に上がる間取りもありますが、リビングに入ってすぐの所に階段があるデザインにすることもできます。

子供が成長していくことや、いつかは二世帯で住むかもしれないことを考えると、リビングに入ってすぐに2階へ行ける間取りにしておく方が無難かもしれませんね。

リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

【この記事のまとめ&ポイント!】

リビング階段のメリットは?
メリットは「リビングが広くおしゃれに見える」「1階と2階の行き来がスムーズになる」ことなどです。
リビング階段のデメリットは?
「断熱・換気対策に配慮して設計する必要があること」などがデメリットと言えるでしょう。
リビング階段のある家にする際の、間取りのポイントや注意点は?
「トイレと洗面所の位置に配慮する」「階段自体の位置を工夫する」ことです。

おしゃれなリビング階段は、ショールームなどで実際に見てみると心が弾みますよね。
ですが、家族が快適に暮らすためには、階段のあるリビングが理想的なプランであるか、時間をかけて考えてみましょう。
皆が過ごしやすい住まいを実現できると良いですね。

リビング階段の施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 階段リフォームの費用相場
>> 階段の種類と特徴4タイプまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

リビングのおすすめ記事

  • リビング(居間)リフォーム/リノベーションの費用相場!画像・施工例22選!

    リビングは家族が集まる生活の中心なので、みんなが過ごしやすい空間にしておきたいですよね。ところが、リビング含め、内装のリフォームは非常に多岐にわたるので、工事金額の見当がつかない、という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、リビングリフォームの費用相場や注意点などについてご紹介します。また、おしゃれな画像とともに施工事例も掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  • リフォーム/リノベーションの間取りの失敗例5つ!注意点やポイントも解説!

    リフォーム時に一番気をつけたいのが、理想のイメージと実際のできあがりに差が生まれてしまうことです。良いイメージばかりが先行してしまい、実際に暮らしてみたら不便で仕方がないなんていうことも。もしそうなったら後悔してしまいますよね。今回は、大小問わずリフォーム時の間取りの失敗例をいくつか挙げてみたいと思います。リフォームを検討されている方は、チェックしてみてください。

  • 吹き抜けのある家にリフォームする費用やメリット・デメリット!失敗しないためのコツや注意点は?

    吹き抜けのある家は、明かり取りができたり、洗練されたデザインになったりという理由から、新築やリフォーム・リノベーションでも人気が高いです。一方で、リフォームで吹き抜けを作る場合の費用はどの程度かかるのか、また寒さ対策や照明の交換の仕方など、デメリット面も気になるという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、吹き抜けを作るリフォームの費用相場や、吹き抜けのメリットとデメリット、そしてリフォームで失敗しないための注意点について解説します!

  • 【決定版】つけて良かった!新築・リフォームで好評の設備24選

    新築を建てるとき、今の住まいのリフォームを考えているとき、実際にはどのような設備をつけたら最適なのでしょうか。「つけて良かった」「つけておくべきだった」という意見が集まる設備についてチェックしておきましょう。

  • 【狭小住宅にはおすすめ】知っておきたい"スキップフロア"のメリット・デメリット

    最近話題のスキップフロアは、空間を壁で仕切らないため、家族が会える時間が自然に増えると評判です。また、収納空間と部屋数が増えることから、狭い土地や都市部で検討している方が多いのだとか。家で過ごす時間を、より快適にしたい。そんな方は、きっと夢がふくらみますよ!

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。