50坪の家の解体にかかる費用をご紹介!内訳や価格を抑えるための方法も解説

加盟希望はこちら▶

50坪の家の解体にかかる費用をご紹介!内訳や価格を抑えるための方法も解説

更新日:2021年10月14日

50坪の家の解体にかかる費用をご紹介!内訳や価格を抑えるための方法も解説

50坪の家の解体費用はやはり高額だろうか、と心配な方も多いでしょう。そのため、工事費用をできるだけ抑えたいとも思うはずです。そこで本記事では、50坪の家の解体費用とその内訳、付帯工事、解体費用が高くなる理由を解説します。また、家の解体費用を抑えるための方法もご紹介しますので、費用面が気になるという方はぜひ最後まで記事をご覧ください。

50坪の家を解体するには費用はいくら必要?

50坪の家を解体するには費用はいくら必要?
50坪の家の解体にかかる費用相場は構造によって異なります。
以下にて、構造別の解体費用をわかりやすいように表にしてまとめました。
家の構造 解体費用(50坪あたり)
木造 およそ100~250万円
鉄骨造 およそ150~350万円
鉄筋コンクリート造(RC) およそ200~400万円
解体費用が安めの木造住宅でも、100万円以上かかる場合が多いです。
また、解体作業に手間がかかる鉄筋コンクリート造(RC)の住宅は400万円ほどかかる場合もあります。
そのため、家の構造に合わせて予算を確保しておかなければいけません。

家の解体費用の主な内訳

家の解体費用の主な内訳
家の解体費用の主な内訳は、以下の5つです。

● 仮設工事
● 解体工事
● 廃棄物の処理
● 整地
● 諸経費

仮設工事とは、足場や防音シートなどといった家の解体を行う際に必要となる設備の設置です。
解体工事には、本工事にかかる費用だけでなく、重機の運送費も含まれています。
また、工事で発生した廃棄物やゴミなどの処理にも費用が発生します。
整地とは、土地を再利用しやすくするために行う作業です。
地中に埋まっている廃棄物やゴミを掘り起こして、土壌面をならしていきます。
最後に、諸経費とは解体工事で行う手続きや書類作成などにかかる費用のことです。

業者から見積書を受け取ったら、内訳の内容を確認してみましょう。

家の解体で行われる「付帯工事」とは

家の解体工事で行われる「付帯工事」とは、建物以外の設備や建設物などを撤去することです。
付帯工事には、主に以下のような内容があります。

● 樹木や庭石の撤去
● ブロック塀の撤去
● 駐車場の撤去
● 柵やフェンスなどの撤去

土地をきれいにならすために、上記のような家の敷地内にある建物以外のモノを撤去します。
付帯工事にかかる費用も、工事価格に影響します。
そのため、庭に樹木が多く生えていたり、面積の広いブロック塀を設置していたりすると工事価格は高くなるでしょう。
解体工事
相談をしたい!
無料リフォーム会社
一括見積もり依頼

50坪の家の解体費用が相場よりも高くなるケース

50坪の家の解体費用が相場よりも高くなるケース
50坪の家の解体費用が相場よりも高くなるケースは、以下の3つです。

● 道路が狭い
● 除去するアスベストの量が多い
● 埋設物が多い

それぞれの詳しい内容を、以下でご紹介していきます。
50坪の家の解体を検討している方は、ぜひ確認してみてください。

道路が狭い

道路が狭い
住宅周辺の道路が狭い場合は、相場よりも工事費用が高くなる場合があります。
理由は、トラックや重機が入れずに解体工事が手作業になる場合があるためです。
手作業で行うと工期が長くなるため、工事費用のうち特に人件費が高くなるのです。

また、トラックが建物の敷地まで入れず停められない場合は、有料パーキングを利用することになります。
追加で駐車料金がかかることになるでしょう。
さらに、都市部となれば地方に比べて駐車料金は高くなることも費用に影響してきます。
50坪の住宅の解体作業は日数がかかるため、駐車料金がよりかかるようになるでしょう。

除去するアスベストの量が多い

除去するアスベストの量が多い
解体する家が含んでいるアスベストの量が多いと、除去費用が高くなります。
50坪の家となると、屋根材や外壁材などに含まれているアスベストの量が多くなるため、施工費が高くなるのです。

埋設物が多かった場合

埋設物が多かった場合
建物の解体後に埋設物が多いことが判明した場合は、工事費用が高くなってしまいます。
埋設物とは、地面に埋まっていたゴミや建材などの廃棄物のことです。
付帯工事の1つである埋設物の除去において、廃棄物の量が多ければその分費用も高くなるのです。
施工実績が豊富な
解体業者を探したい!
無料リフォーム会社
一括見積もり依頼

家の解体費用を抑えるために事前にやっておきたい作業

家の解体費用を抑えるために事前にやっておきたい作業
家の解体費用を抑えるためにやっておきたい作業は、主に以下の3つです。

● 相見積もりをしておく
● ゴミや不要物は自分で処理する
● 補助金について調べておく

50坪の家の解体には高額な費用がかかるため、頭を悩ませている方も多いでしょう。
以下にてそれぞれの作業内容をご紹介しますので、ぜひチェックして参考になさってみてください。

相見積もりをしておく

相見積もりをしておく
まずは、安い工事価格で依頼できるように相見積もりをしてみましょう。
相見積もりとは、複数の会社に見積もりを出してもらい、工事価格を比較する作業のことです。
業者の選定の際は、1社に絞るのではなく、数社から見積もりを出してもらう相見積もりをするとよいでしょう。

相見積もりをすると、予算に合った業者に依頼しやすくなります。
また、複数の業者の中から安い会社を選べます。
ただし、安すぎる業者は注意が必要です。
不法投棄や適切な工事を行わないなど、解体費用が安いならではの理由があるためです。

ゴミや不要物は自分で処理しておく

ゴミや不要物は自分で処理しておく
解体費用を少しでも抑えたい方は、ゴミや不要物は自分で処分しておくことをおすすめします。
工事前にできる限り不要物を少なくしておけば、廃棄物の処理費用を削減できるためです。

自分で廃棄物の処理をする際は、各市町村にあるごみ集積場に持ち込むようにしましょう。
ただし、持ち込めるごみの種類や量などが決められている場合があるため、事前に詳細を確認しておきましょう。
また、粗大ごみの運搬のための軽トラック貸出を実施している自治体もあります。
軽トラックをお持ちでない方は、解体する家がある自治体に問い合わせてみましょう。

補助金について調べておく

補助金について調べておく
家の解体で利用できる補助金がないか、調べてみましょう。
市町村の担当課に確認したり、ネットで調べたりすることで、解体する家がある自治体の補助制度の情報を集められます。

例えば、福岡県久留米市には空き家の解体費用を補助する「久留米市老朽危険家屋等除却促進事業」があります。
補助の対象となるのは、木造または軽量鉄骨造の建物で、市の危険度判定をクリアした空き家です。
また、施工は市内の業者に依頼しなければいけません。
補助額は施工費用の50%で、上限額は75万円です。

さらに、解体工事だけでなく付帯工事でも補助が受けられる場合があります。
例えば、アスベストの除去やブロック塀の撤去に補助金を支給してくれる自治体もあります。

詳しい補助内容は、各自治体に確認するようにしましょう。
また、補助制度は受付期間が決められていたり、先着順だったりします。
補助の受給を希望する際は、早めに相談するようにしましょう。
施工実績が豊富な
解体業者を探したい!
無料リフォーム会社
一括見積もり依頼

家の解体では自分で廃棄物を処分して費用を抑えよう

家の解体では自分で廃棄物を処分して費用を抑えよう
50坪の家の解体は工事価格が高額となるため、可能であれば補助金を利用したり、費用を抑えるための方法を試したりしましょう。
特に、自分ですぐに行えるのは廃棄物の処分です。
不要な家具やごみはあらかじめ片付けてから解体工事を依頼するとよいでしょう。
ただし、ごみを集積場に持ち込んだり、軽トラックをレンタルしたりするのも無料ではないです。
そのため、業者に依頼した場合の費用と比較してみて、お得な方法を選ぶようにしましょう。
施工実績が豊富な
解体業者を探したい!
無料リフォーム会社
一括見積もり依頼
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

解体のおすすめ記事

  • 空き家の解体費用とは?補助金が利用できるのかも詳しく解説!

    空き家を解体したいけれど、費用がいくらくらいかかるのかと不安な方もいらっしゃるでしょう。家の解体となると、大掛かりな工事なので莫大な費用が必要となる場合があります。しかし、解体費用の相場や内訳を知っておけば、不安を減らせるでしょう。この記事では、空き家の解体費用、解体費用の項目、付帯工事の内容、解体費用を抑えるための方法などをご紹介します。

  • 空き家リフォーム・リノベーションの費用と事例!補助金の例やメリット・デメリットは?

    ご自身が「暮らすため」あるいは「賃貸や売却で利益を得るため」といった理由から、空き家のリフォーム・リノベーションを検討する方が増えつつあります。「古い空き家を所有し続けることにより、固定資産税が高くなってしまわないか」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。とは言え、リフォームの際には工事費用がいくらかかるか、またどのような工事が必要か、心配な方もきっと多いはず。そこで今回は、空き家のリフォーム・リノベーションのメリットとデメリット、必要な工事の決め方やその費用、施工事例、活用しやすい補助金の例など、詳しくご紹介します。

  • ブロック塀の解体撤去・補強・補修リフォームの費用!地震対策は大丈夫?

    ブロック塀は、外からの視線をシャットアウトしたり、敷地の境界線をはっきりさせたりと、何かと役に立つエクステリアの一つです。しかし、地震の際に倒壊の恐れがあるとして、建築基準法を満たさない、または劣化したブロック塀や万年塀が問題になっています。自宅や身の回りのブロック塀が基準を満たしていない場合は、業者に依頼をして、撤去・解体や基準に合うような補修・補強をする必要があります。補修だけで済むのか、交換した方が良いのか、最適なリフォームプランを考えてみましょう。

  • 【2022年度版】どんなリフォーム・リノベーションが補助金対象?金額・申請時期・注意点は?

    住宅のリフォームやリノベーションを行う際には、補助金制度をぜひとも活用したいところ。しかし「今検討している工事は補助対象になる?」「受け取れる金額はどれくらい?」など、気になる点が多くありますよね。今回は、助成対象になりやすい工事の例と費用、主なリフォーム補助金制度についてご紹介します。介護・バリアフリー工事や、断熱(内窓/二重サッシなど)、水回りの省エネリフォームなどは、対象になる可能性がありますよ。「申請時期はいつからいつまで?」「業者はどう選ぶの?」といった疑問も解消していきましょう!

  • 【リフォームの見積もりは、ここが大切】どこまで無料?相見積もりの注意点・マナー・ポイントは?

    リフォーム・リノベーション工事の契約先を決める際、大切な「見積もり」。「相見積もり」で複数社の内容を比較したい方も多いですよね。ただ「見積もり作成は無料?」「見積もりだけ取って、契約しないでも平気?」「何社を比較するべき?」「契約しない場合の断り方は?」といった不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そこで、施工会社の一括見積もりサービスを提供する『リショップナビ』が、相見積もりのマナー・ポイントや、実際に契約された方々の体験談をご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。