家の解体にかかる費用はいくら?出費を抑える方法や注意点も詳しく紹介!

加盟希望はこちら▶

家の解体にかかる費用はいくら?出費を抑える方法や注意点も詳しく紹介!

更新日:2021年09月16日

家を解体する際に押さえておきたいポイント

「家の解体には費用がいくらかかるのだろう」「解体費用をできるだけ抑えたい」家を解体することになった際に、このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。家の解体は滅多にあることではないので、どれくらい費用がかかるのかと心配になるはずです。そこで、この記事では家の解体にかかる費用に関する情報を詳しく解説します。また、費用を抑えるための方法や工事の際に押さえておきたいポイントもご紹介します。

家の解体にかかる費用相場

家の解体にかかる費用はいくら?出費を抑える方法や注意点も詳しく紹介!
家の解体にかかる費用は、建物の構造によって異なります。
木造住宅の場合は、1坪あたり2~5万円ほどかかります。
鉄骨造では3~7万円鉄筋コンクリート造(RC)は4~8万円ほどが解体費用の相場です。
鉄筋コンクリート造は木造に比べて頑丈なので、解体時の手間が増えるため費用が高くなる傾向にあります。

以下にて、家の構造別の解体費用を表にしてまとめました。

家の構造
1坪あたりの解体費用の相場
木造
2~5万円
鉄骨造
3~7万円
鉄筋コンクリート造(RC)
4~8万円

ご自宅の建物の構造から、費用相場をチェックしてみてください。

解体工事が得意な
業者を探したい/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

家の解体費用の主な内訳

家の解体費用の主な内訳
家の解体費用は、主に以下のような内訳から算出されます。

・仮設工事
・解体工事
・廃棄物の処理
・諸費用

仮設工事とは、足場の設置や防音・防塵予防のシートを張るといった工事を指します。
工事を行う職人が使用する仮設トイレや水道、電気の設置なども含まれます。

解体工事は、家の解体に必要な工程です。
建物の解体はもちろんのこと、使用する重機の運搬も解体工事に含まれます。

また、解体時に発生した廃棄物は処理が必要となります。
廃棄物はただ捨てればいいのではなく、所定の手続きを踏む必要があるのです。
さらに、廃棄量も膨大となるので処理するためには費用がかかります。

最後に、諸費用です。
解体工事にかかる諸費用とは、事務手続きや工事車両の駐車に必要な費用です。
解体工事が得意な
業者を探したい/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

家の解体にかかる費用を抑えるための方法

家の解体にかかる費用を抑えるための方法
家の解体にかかる費用を抑えるための方法には、以下の3つがあります。

・自分で廃棄物の処理をしておく
・補助金を活用する
・優良業者に依頼する

それぞれの方法を詳しく解説していきましょう。
解体費用が高くなるのではと不安な方は、ぜひチェックしてみてください。

自分で掃除や廃棄物の処理をしておく

自分で掃除や廃棄物の処理をしておく
自分で掃除や廃棄物の処理をしておくことで、業者の施工期間が短くなり、費用が抑えられます。
特に、大量の廃棄物の処理を業者に依頼すると追加費用がかかるため、できるなら自分で行っておくとよいでしょう。

粗大ごみは各市町村のごみ処理施設に直接持ち込めるため、お住まいのエリアの集積場を確認してみてください。
ただし、自分でごみを持ち込めば業者に依頼するよりかは費用を抑えられますが、持ち込み料がかかることを覚えておきましょう。

料金の支払いではクレジットカードが使用できない施設が多いため、事前に現金を準備しておくと安心です。
また、持ち込む品によって処分費用が決められていたり、ごみの総量によって料金が変動したりします。
粗大ごみを持ち込んで処理する際は、事前に料金について確認しておきましょう。

さらに、市町村によってはごみの運搬に使用できる軽トラックを無料でレンタルできます。
しかし、車両の貸し出し制度がない市町村の場合は、レンタル会社で借りることになります。
そのため、トラックのレンタル料や粗大ごみの持ち込み料を計算してみて、業者に依頼するのとどちらがお得かをチェックしてみましょう。

補助金を活用する

補助金を活用する
自治体によっては、家の解体に補助金を支給してくれる場合があります。
例えば、以下のような自治体では解体費用の補助制度があります。

・横浜市『住宅除却補助制度』
・高知市『老朽住宅等の解体の補助制度』

横浜市の『住宅除却補助制度』では、耐震性が足りない住宅の解体費用を補助しています。
補助の条件は、昭和56年5月末日以前に建設されており、市の耐震診断で基準を満たしていないと判断された住宅です。
補助額は、課税世帯には20万円で、非課税世帯は40万円です。

高知市の『老朽住宅等の解体の補助制度』では、倒壊の恐れがある住宅の解体費用が補助されます。
補助制度を受けるためには、住宅の建設日が昭和56年の5月末日より以前で、市の老朽化診断で満点を獲得している必要があります。
補助額は、「除却工事費×0.8 」または「 22,000円×対象住宅の延床面積(平方メートル)×0.8」のうちどちらか少ない額です。

いずれの補助制度も、自治体がある地域の税金を滞納しておらず、住宅の持ち主による申請でなければ受けられません。

優良業者に依頼する

優良業者に依頼する
詐欺や施工ミスを防いで無駄な出費をなくすためにも、優良業者に依頼することをおすすめします。
優良業者であれば、解体工事を的確に、スムーズに行ってくれます。
そのため、多額の追加費用がかかる可能性が低いです。

解体工事において優良業者かどうか見極めるためには、まずは見積もりをとってみましょう。
見積書を受け取ったら、費用が相場に近いか、内訳は細かく記載されているかなどを確認してみてください。

工事費用は依頼主にとって最も気になるポイントとなります。
そのため、費用に関して丁寧に対応してくれる業者は優良といえます。

さらに、解体工事の実績は豊富か、廃棄物の処理は適正に行われているかなども確認しておきましょう。

解体工事が得意な
業者を探したい/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

家を解体する際に押さえておきたいポイント

家を解体する際に押さえておきたいポイント
家を解体する際に押さえておきたいポイントは、主に以下の2つです。

・ローンが組める場合がある
・周辺の環境によって費用は変動する

それぞれのポイントの具体的な内容を、紹介していきます。
家を解体する際は、ぜひ2つのポイントを頭に入れておきましょう。

ローンが組める場合がある

ローンが組める場合がある
もし、解体費用の捻出が難しい場合は、金融機関にてローンが組める場合があります。
解体する家が広いほど、費用は高額となります。

例えば、30坪の木造住宅を解体する際は、100万円近くかかる場合もあるのです。
事情があり、急いで家を解体することになっても、高額な解体費用を準備するのが難しいという場合もあるでしょう。
その際は、金融機関が設けている「解体費ローン」の利用を検討しましょう。

ただし、金融機関によって借り入れ可能金額や返済期間が異なるため、詳細をよく確認しておくことをおすすめします。
また、ローンを組むためには解体工事を証明する書類が必要となります。
証明のためには見積書の提出を求められる場合が多いので、あらかじめ業者から書類を受け取っておきましょう。

地域や住宅周辺の環境によって費用は変動する

地域や住宅周辺の環境によって費用は変動する
地域や住宅周辺の環境によって、解体にかかる費用は変動します。
理由は、都市部の方が人件費や重機のレンタル料、ガソリン代などが高いためです。
また、住宅がある場所によっては高速代や駐車料金がかかる場合もあるでしょう。

さらに、住宅周辺に家が密集している場合は工事を慎重に行う必要があります。
騒音やほこりを出さないようにするには手作業で行う時間が増えるため、工期が延びやすいです。
工期が延びれば、その分工事費や人件費が追加されることを覚えておきましょう。
解体工事が得意な
業者を探したい/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

家の解体は下準備をしっかりと行い費用をできるだけ抑えよう

家の解体は下準備をしっかりと行い費用をできるだけ抑えよう
家を解体する際は、できる範囲で自分ができることを行っておきましょう。
不要な家具や廃棄物を自分で処理したり、優良業者を探したりするなど、下準備をしっかりと行っておくと解体費用を抑えられます。
また、解体工事の費用に関して不安があれば、補助金の利用やローンを組むなども検討しましょう。
解体工事が得意な
業者を探したい/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 建て替えとリフォームの比較!

リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

解体のおすすめ記事

  • スケルトンリフォームの費用相場・施工事例(マンション/戸建て)を公開!デメリットや注意点も解説

    「スケルトンリフォーム」は、現在のライフスタイルに合わせて間取りを変更できる・新築同様の内装に仕上げられるなどの魅力がありますが、最も気になることの一つが、リフォーム費用や工期がどの程度かかるか、といった点ですよね。そこで今回は、スケルトンリフォームの価格帯・坪単価の目安や、費用・工事期間もわかる施工事例(マンション/一戸建て)をご紹介します。また、スケルトンリフォームとリノベーションの違いや、スケルトンリフォームのメリット・デメリット・注意点も、あわせてチェックしておきましょう。

  • ブロック塀の解体撤去・補強・補修リフォームの費用!地震対策は大丈夫?

    ブロック塀は、外からの視線をシャットアウトしたり、敷地の境界線をはっきりさせたりと、何かと役に立つエクステリアの一つです。しかし、地震の際に倒壊の恐れがあるとして、建築基準法を満たさない、または劣化したブロック塀や万年塀が問題になっています。自宅や身の回りのブロック塀が基準を満たしていない場合は、業者に依頼をして、撤去・解体や基準に合うような補修・補強をする必要があります。補修だけで済むのか、交換した方が良いのか、最適なリフォームプランを考えてみましょう。

  • リフォーム会社の選び方・比較する時の8ポイント!ランキング・評判の良いおすすめ業者の口コミも公開

    リフォームの成功・失敗は、依頼する会社によって決まると言っても過言ではありません。しかし、本当に信頼できる業者をどのようにして選べば良いのか、悩んでしまうもの。そこで、リフォームやリノベーションに対応できる優良な施工会社・工務店を数多くご紹介してきた『リショップナビ』が、業者選びの大切なポイントや注意点を解説します。過去2年度分の成約ランキングや、お客様からいただいた「人気のリフォーム業者(大手/地元密着など)の口コミ・契約の決め手になったポイント」も公開しているので、参考にしてくださいね!

  • 築50年の住宅をリフォームするメリットとデメリットとは?工事にかかる費用もご紹介!

    築50年の住宅と聞くと、古くて劣化がひどい建物と思われる方も多いでしょう。また、「リフォームしても費用がかかるだけできれいにならないのではないか?」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。しかし、築50年の住宅でもいくつかのポイントをクリアすれば、満足のいくリフォームを行えます。この記事では、築50年の住宅をリフォームするメリットやデメリット、工事費用や施工事例などを解説していきます。住宅の築年数が古く、きれいにリフォームできるのかお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

  • ここだけは見て!"リフォーム見積書" 8つのチェックポイント

    リフォーム会社を探す際に必ず見ることになる「リフォーム見積書」、しかし、普段なかなか見る機会のないものなので、どこに注目して判断をすれば良いのでしょうか?ここではそんな見積書の見方と判断ポイントについてご説明します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。