ブロック塀の解体撤去・補修・交換リフォームの費用!地震対策は大丈夫?

ブロック塀の塗装や補修を行いたいとき、どのようなことに注意したら良いかご存じでしょうか。ブロック塀は、外からの視線をシャットアウトしたり、敷地の境界線をはっきりさせたりと、何かと役に立つエクステリアの一つです。しかし最近、地震の際に倒壊の恐れがあるとして、劣化したブロック塀や、建築基準法を満たさない危険なブロック塀の存在が問題になっています。自宅や身の回りのブロック塀が基準を満たしているかどうか確認の上、万が一、基準を満たしていないブロック塀があったら、業者に依頼をして、解体や基準に合うような補修をする必要があります。 補修を行うだけで済むのか、交換した方が良いのか、最適なリフォームプランを考えてみましょう。

>>【ブロック塀の補修・補強や、安全な軽量フェンスへの交換をしたい!】リフォーム会社の無料紹介はコチラ!

ブロック塀の劣化・補修について

ブロック塀とは、基礎の上にコンクリートブロックを積み重ね、モルタルで充填しながら造っていく塀のことです。
内部に通した鉄筋によって強度が保たれており、最近では色やデザインにも多様性が表れています。

住宅では、「コンクリートブロックC種」と呼ばれるブロックを使うことが多く、基本の規格寸法は長さ390mm×高さ190mm×厚さ120mm、長さ390mm×高さ190mm×厚さ150mmの2タイプがあります。

コンクリートブロックのように丈夫な素材であっても、風雨にさらされている以上、劣化を防ぐことはできません。
もし気になるようであれば、できるだけ早く対処するよう心がけましょう。

主な劣化症状として挙げられるのは、苔やカビの発生、白華現象(エフロレッセンス)、剥がれ、ひび割れ、中性化、鉄筋の錆びなどです。

白華現象(エフロレッセンス)とは、ブロックの内部に染み込んだ水分が石灰分と共に表面ににじみ出て、二酸化炭素に反応して凝固してしまう状態のことです。
ブロック自体に悪い影響はありませんが、見た目の良さが損なわれるという問題があります。

白華現象(エフロレッセンス)や苔・カビの発生は、高圧洗浄機で洗い流したり、酸性のトイレ用洗剤を薄めた物で落としたりすることができるため、自分で補修してみるのもおすすめです。

ただし、ブロック塀がひび割れている場合には、業者に補修を依頼するのが一番です。
倒壊などの危険を避けるためにも、早めに補修してもらいましょう。

ブロック塀
\補修・リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

地震時にブロック塀が倒壊する危険性も

2018年6月の大阪府北部を中心に発生した地震以降、ブロック塀が地震時に倒壊する危険性が大きく問題になっています。
経年劣化により老朽化したブロック塀や、そもそも建築基準法を満たしていないような場合に、倒壊の恐れがありますが、そのようなブロック塀が全国に多く存在していることがわかりました。

自宅のブロック塀は大丈夫だろうかと心配な方は、これから紹介するチェック項目を確認してみましょう。

建築基準法施行令の規定と合わないものや、老朽化したものは危険

地震によるブロック塀の倒壊はこれまでも問題になっており、ブロック塀の高さなどを規定した建築基準法施行令の改正も行われています。
建築基準法施行令は1950年にできたもので、1978年の宮城県沖地震でのブロック塀による人的被害をうけ、1981年に、高さ上限を3mから2.2mに引き下げられるなど、設置の規定が改正されました。

しかし、それ以前に建てられた塀などで、高すぎるもの、鉄筋が入っていないもの、基礎が足りていないものなど、基準を満たさない塀も多数あり、さらに、劣化によって崩れやすくなっているブロック塀も、地震の際には倒壊の恐れがあります。

実際に、大阪の地震で倒壊した小学校のブロック塀は、高さが3.5mもあり、本来は必要な、ブロック塀を支える控え壁も設置されていなかったことがわかっています。

危険かどうかの点検項目6つ

上記のような被害をうけて、ブロック塀が危険かどうかを見分ける6つの点検項目を国土交通省が発表しました。
まずは次の項目について、5つは目視でチェックできる内容なので、自宅や身の回りのブロック塀が危険な状態ではないか、確認しておきましょう。

1. 塀は高すぎないか
高さは地盤から2.2m以下か。
2. 塀の厚さは十分か
厚さは10cm以上か。
(高さ2m以下の場合は厚さ10cm以上、高さ2m以上の場合は厚さ15cm以上)
3. 控え壁はあるか
塀の高さが1.2mを超える場合に、塀の幅3.4m以下ごとに、高さの1/5以上の長さの控え壁があるか。
4. 基礎があるか
コンクリートの基礎があるか。
5. 塀は健全か
傾きやひび割れがないか。
【専門家へ依頼】塀に鉄筋はあるか
塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
基礎の根入れ深さは30cm以上か。
(塀の高さが1.2m超の場合)

出典:国土交通省ホームページ

高さや壁の厚さ、控え壁の有無などは、目で見てわかりますが、鉄筋は外から見てもわからない部分なので、もし不安な方は、専門業者に依頼して調べてもらいましょう。
ただし、調査の際には、一部ブロックを崩す必要がある点に注意してください。

これらの条件を、一つでも満たさないものがある場合や、自分では判断がつかない、わからないことがある際にも、速やかに専門業者へ相談・依頼しましょう。
ブロック塀の状態によっては、問題のある点の改修や、解体・撤去が必要になることがあります。

すでに、小学校などを対象に点検や撤去作業が実施されており、今後は私有地でも是正が求められる可能性もあるので、早めに点検をしましょう。

地震対策でブロック塀を撤去・改修する際は、補助金を活用可能

ブロック塀の解体や補修することになった際には、補助金を活用できるか、お住まいの地域の自治体に確認しましょう。
自治体によっては、倒壊する危険性があると判断されたブロック塀を改修・補強・撤去するリフォーム工事に対して、補助金や助成金を支給してくれる場合があります。

補助条件や補助金の額は地域によって様々で、既存のものを撤去する場合のみ対象というケースもあれば、撤去後に新しい塀を設置する工事も対象となる場合もあります。
道路に面していることが条件で、隣家との境は対象とならない点や、着工前に申請をする必要がある点などは、多くの自治体で共通しているため、申請のタイミングには注意が必要です。

>> リフォーム補助の金額・申請時期・注意点

補助金を活用したい方は、お住まいの地区の補助金制度に詳しいリフォーム会社に相談してみることをおすすめします。

ブロック塀
\補修・リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ブロック塀リフォーム・撤去工事の価格相場

実際にブロック塀を撤去、新しくフェンスなどへ交換、一部補修する場合にどれくらいの費用がかかるのかを紹介します。
おおよその費用相場を確認して、どのような方法でブロック塀を改修するかの参考にしましょう。

なお、ブロック塀工事の単価は、1㎡で計算されるのが一般的です。
具体的には、工事内容によってそれぞれ異なりますので、一つ一つ見ていきましょう。

撤去・解体する場合の費用

既存のブロック塀がある場合、それを取り壊し、廃棄処分する「既存構造物撤去工事」を行います。
ブロック塀撤去の具体的な費用は5,000~10,000円/㎡程度です。
取り壊す物の種類・大きさ・量によって価格が異なる他、周囲の環境に合わせて取り壊し方が変わることもあります。

交換(新設)する場合の費用

塀のない場所にブロック塀を新設するときや、既存のブロック塀を新しいものと交換する場合、以下のような工事を行います。
なお、交換の際には、先に紹介した解体撤去費用がかかります。

【掘削工事(土工事)】

新設・交換どちらの場合も基礎工事が必要ですが、掘削工事は、基礎を造るために、土を掘ったり埋め戻したりする作業のことです。

相場は一般的な住宅で10,000~30,000円程度です。
残土が出た場合は宅地内で処分するか、廃棄処分します。

例えば埼玉県では、宅地内処分は大体4,000円~5,000円/㎡、廃棄処分は8,000円~9,000円/㎡くらいです。
逆に土が足りない場合は、土を足す分の費用がかかります。

【基礎工事】

掘削した場所に基礎工事をしていきますが、コンクリートベースの基礎工事は4,000円/㎡、コンクリート布による基礎工事は10,000円/㎡程度です。
ブロックを積み上げるために、土台となる基礎をコンクリートで造ります。
基礎工事の場合は1㎡あたりの単価で計算します。

確かな技術を持つ業者に依頼しないと、せっかくリフォームをしてもひび割れや倒壊などの危険が起きやすくなります。同様の理由から、素人がDIYするのもなるべく避けましょう。

【ブロック塀】

そして、コンクリートで基礎を固めた上に、ブロックを積み重ねていきます。
普通ブロックでの工事費用は9,000円~/㎡、化粧ブロックでの工事費用は12,500円~/㎡が相場です。
(※費用には充填するモルタルや鉄筋の値段も含まれています。)

なお今後の地震対策のために、別の素材の塀やフェンスに交換したい場合には、目隠しができるタイプや軽量で安全な商品を、リフォーム会社に提案してもらうと良いですよ。

ブロック塀
\補修・リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

一部を補修する場合・塗装する場合の費用

部分的にひびが入っているというような場合は、一部を補修するだけで済むこともあります。
状態にもよりますが、大体13,000~20,000円/㎡が相場と考えておくと良いでしょう。

ただし、ブロックを交換する必要がある場合は、さらに高額になります。

また、劣化したブロック塀の補修として塗装工事をすることもありますが、ブロック塀の塗装にはアイカ工業の「ジョリパット」という塗料がおすすめです。
ジョリパットはコテで仕上げる必要があるため、DIYよりは左官屋さんに任せた方が無難です。

また、ペンキの場合はローラーで施工できますが、DIYでは通風性や防水性が悪くなりますので、やはりプロに依頼することがおすすめです。

面積の広いブロック塀は、塗装すると雰囲気が大きく変わります。
周囲の環境や家の外観に合う色を選択しましょう。

ブロック塀の塗装費用は、業者や材料費などによって異なりますが、内訳としては大体以下のような金額がかかります。

【高圧洗浄】

約200~300円/㎡
泥や苔・カビなどを高圧洗浄機で洗い落とします。

【下地処理】

約1,000円~/㎡
ブロックの目地にモルタルを充填します。
ひびが入っている部分などもモルタルで補修をします。

【塗装(ジョリパットの場合は左官工事)】

塗装は約1,500円~/㎡、左官工事は約4,000円~/㎡くらいの費用がかかります。
塗料を塗り、ジョリパットの場合は、コテを使った左官工事を行います。

塗装する場合の注意点として、ブロック塀は吸水性が高く、庭の土などから湿気を吸いやすいという性質を持っています。
そこで、水を入りにくくし、さらに水が入ってしまった場合の逃げ道を作る工夫が必要になります。

まずは、ブロックをしっかり乾燥させてから塗装すること、そして防水性の高い塗料や、溜まった水が逃げやすいよう透湿性の高い塗料を選びましょう。

なお、ここまで紹介した工事費用の他にも「諸経費」と呼ばれる、搬入費や消耗品代、交通費・燃料費など、現場を管理するための雑費がかかります。
最終的にかかる総額費用は、リフォーム会社に必ず確認しておきましょう。

ブロック塀
\補修・リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リフォーム前に確認したい!ブロック塀のメリット・デメリット

劣化しているなど、基準を満たさないブロック塀が危険なことを説明してきましたが、撤去してしまうか、補修で済ませるか、迷っている方もいるかと思います。
ここで改めて、ブロック塀のメリットとデメリットを紹介するので、補修するか、フェンスなどにリフォームするか、参考にしてください。

ブロック塀のメリット

メリットとしては2点あり、ブロックを隙間なく積み上げるため、ご近所からの目隠しの効果が非常に高くなります。
隣家との距離が近い家などに有効です。

また、ブロック塀は、きちんと施工をすれば30年は耐久性が保たれると言われており、こまめにメンテナンスする必要がなく、手間や費用がかかりません。

ブロック塀のデメリット

既存のブロック塀を残すかどうか、あるいは撤去した後も新しいブロック塀を設置したいと検討されている方は、以下のようなデメリットがあることを考慮して、方針を決めましょう。

ブロック塀は、フェンスと比較すると、重量や厚みがあるため、視覚的に圧迫感が出やすく、コンクリートの地色であるグレーが暗く感じられることがあります。
また、ブロック塀を造ることで、風の通り道をふさいでしまい、通風性が悪くなる場合があります。

色味が気になる場合は、色やデザインの自由度が高い「化粧ブロック」を使ったり、塗装を施したりすることで解消できます。

また、通風性の問題は、模様をかたどった穴が開いている「透かしブロック」が役立ちます。
「透かしブロック」は装飾的な役割も持っているため、圧迫感を減らしたい場合にも有効です。

これらも踏まえて、ブロック塀を設置する際には、上述した高さや控え壁などのルールをしっかり考えながら施工してくれる業者に頼むことも大切です。

防犯・プライバシー保護には目隠しフェンスへの交換も◎

ブロック塀の危険性は気になるが、防犯やプライバシー保護の観点から塀をなくすのはちょっと……という場合には、目隠しフェンスへの交換がおすすめです。

金属製など、軽量なフェンスへの交換も、補助金の対象となる地域もあるので、お住まいの自治体に確認した上で、リフォーム会社に、補助金対象になる工事内容を提案してもらうと良いでしょう。

>> 目隠しフェンスの価格と施工例【選ぶときのポイントとは?】

ブロック塀
\補修・リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 外構工事・エクステリアリフォームの費用相場

更新日:2018年7月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles エクステリア・外構リフォームの記事

  • ______

    庭の目隠しフェンスの価格と施工例【選ぶときのポイントとは?】

    目隠しフェンスは、ご自宅の庭をプライベートな空間に変えたり、隣接する家や道路から家族のプライバシーを守ってくれたりと、住宅には欠かせない存在です。価格相場や施工例も参考にしながら、目隠しフェンスの選び方や、おすすめのメーカー品についてご紹介します。

  • Pixta_23425361_s

    火災保険でリフォームできる?地震の場合は?修理対象・注意点・トラブル対策について

    火災保険の対象になるリフォーム工事は、火災が原因で住宅が損傷を受けたときだけではありません。風災・雪災や豪雨などによって屋根の修理や雨漏りの補修が必要になった場合でも、火災保険の補償対象になります。また地震保険にも加入している場合は、震災被害を受けた箇所の補修をできる場合があります。しかし、規定が細かい火災保険や地震保険を利用して、悪質なビジネスや詐欺を行っている業者も数多くいます。火災保険の対象工事や注意点、よくあるトラブルを理解しておき、リフォーム時の失敗を防ぎましょう!

  • ________11_

    一度は憧れる♪南欧風の家の外観・外構にするための10のポイント

    南欧風の家は、その爽やかで可愛らしいデザインから、輸入住宅やハウスメーカーを中心とした新築・リフォームで人気があります。暑い日が多い南欧の建築スタイルは、日本の気候とも好相性♪今回は、南欧風の家の外観・外構にリフォームするためのポイントについてご紹介します。

  • ________3_

    外構の失敗例12選とその対策!

    外構は、新築住宅において非常に失敗例が多いです。家の外観が良く見えるかどうかは、外構の仕上がり次第と言えます。見た目がしっかりした家は、防犯性が向上します。家の顔とも呼べる、外構・エクステリア。よくある失敗とその対策について、今回はご紹介します。

  • ________6_

    DIYで庭にウッドフェンスは作れる?リフォーム業者に頼む?費用の比較・作り方・注意点とは

    ウッドフェンスや門扉などのエクステリアのDIYはハードルが高い印象がありますが、意外にも自分でも作ってしまう方は多いです。お家の周りの環境の変化などで、人の目が気になり始めてフェンスを新設したくなることもありますよね。そんな時は木製のフェンスをDIYで作ってしまいたいところ。そこで、ウッドフェンスの作り方や注意点についてご紹介します。また、ウッドフェンスをDIYをする場合と、プロのリフォーム業者に施工を依頼する場合との費用の違いや、真似したくなる施工例についても、あわせて確認しておきましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop