お風呂のカビ・ヌメリを撃退!効果的な掃除方法をご紹介

加盟希望はこちら▶

お風呂のカビ・ヌメリを撃退!効果的な掃除方法をご紹介

更新日:2021年11月08日

お風呂のカビ・ヌメリを撃退!効果的な掃除方法をご紹介

お風呂にカビやヌメリが発生したけれど、ついついそのままにしてしまう… こんな経験はないでしょうか? お風呂に発生した汚れをそのままにしておくと、イヤな臭いの原因になったり、浴室の劣化スピードを早めてしまう原因になります。 今回は、お風呂のカビ・ヌメリの効果的な掃除方法をご紹介します。 「お風呂の掃除方法がわからない」「うまく汚れが落とせない」こんな方はぜひ参考にしてみてください。

お風呂のカビ・ヌメリを撃退!効果的な掃除方法をご紹介

お風呂に発生する汚れの原因は?

お風呂に発生する汚れにはどのようなものがあるのか、またその原因について詳しく解説します。


カビ

お風呂に発生する汚れで一番代表的なものは「カビ」です。


なぜカビが発生してしまうのかというと、浴室内は湿度が高く、浴室使用後は室内温度も上がります。

カビは25度〜30度の気温で発生・増殖しやすいとされているため、浴室内はカビが発生しやすい環境なのです。


また、皮脂や石鹸カスなどもカビが増殖する原因となっています。


ヌメリ

浴室内の壁・床・浴槽などに「ピンク色のヌメリ」がついているのを見たことがある方も多いでしょう。


このピンク色の汚れはカビのように思われがちなのですが、実際には「酵母」の一種で、カビとは少し異なる物質です。


この汚れは水分のある場所を好み、栄養がなくても増殖してしまうため、掃除をしてもすぐに発生してしまう厄介な汚れです。

発生原因は「浴室内の水分」とされているため、お風呂場ではあちらこちらに発生しやすい汚れとされています。


水垢

水垢はその名の通り「水分」が原因で発生する汚れです。


放置しておくと、塊がカチカチになって落としづらくなったり、汚れが余計に目立ってしまいます。

皮脂汚れ

お風呂で洗髪をしたり体を洗ったりすると、シャンプーや石鹸に混じって体の皮脂汚れが混ざります。


皮脂汚れは、浴室内に残ったシャンプーや石鹸カス、またシャワーに混じって壁や床に付着することが原因で発生してしまいますので、通常通りお風呂を使用していると、必ず発生してしまう汚れです。


効果的なお風呂掃除方法・頻度

お風呂の中の場所別に、効果的な掃除方法や掃除をすべき頻度についてご紹介します。


浴室内の壁や床

お風呂の壁や床は、ピンク色のヌメリや皮脂汚れが多くこびりついています。

このような場合は「アルカリ性洗剤」を使用することで汚れを落とすことができます。


アルカリ性洗剤がない場合は、重曹ペーストなどでも代用可能です。


・アルカリ性洗剤を薄めた液(重曹ペースト)を浴室内の壁や床に塗り、数分間放置する

・洗剤が十分に汚れに浸透したら、ブラシ・スポンジなどで擦って落とす

・最後にシャワーで流す


以上が掃除の手順です。

石鹸カスなどの汚れの場合は酸性洗剤を使用してみてください。


浴室内の壁や床掃除は、1週間に一度ほどの頻度で掃除をするのが理想的です。


浴槽

浴槽は、入浴剤の成分や石鹸カス、皮脂汚れなどさまざまな種類の汚れが発生している可能性が高いです。

このような場合は、中性洗剤を使用することで汚れを綺麗に落とすことができます。


ただし、中性洗剤でも綺麗に汚れが落ちない場合はそれぞれの汚れに特化した洗剤を使用しましょう。


・中性洗剤(必要に応じて種類を変える)をスポンジやブラシなどにつけ、浴室全体を洗う

・必要であれば追い焚き配管や周辺も洗う

・シャワーで綺麗に流す


最後は浴槽内に泡などが残ることのないよう、しっかりと流し切りましょう。

浴槽掃除は、毎日お風呂につかる方は毎日掃除する方が好ましいです。


何日間か浴槽のお湯を使用する場合は3日ほどで交換して都度掃除することを心がけましょう。

椅子やヘアケア製品などの小物

椅子やシャンプーボトルなどに付着した汚れはつけおきで洗い流す方法がおすすめです。


・クエン酸や重曹でつけおきをする

・しばらく放置した後綺麗に流す。(必要であればブラシなどで擦る)


つけおきは2週間に1度ほどのペースで行うと清潔に保ち続けることができます。

換気扇

換気扇はカバーを外し、ファンなど取り外し可能なものは中性洗剤でつけおき掃除をします。


・各パーツを取り外しつけおきする

・汚れをスポンジやブラシで綺麗に落とす

・パーツを装着する


各パーツの取り外しなどは正しい手順で行うことが大切です。

換気扇の掃除は、時間があればひと月に一度、時間がない場合でも2ヶ月に一度のペースで行うことが好ましいです。


汚れをできる限り発生させないためには?

お風呂にできる限り汚れを発生させないために、できることは以下の3つです。


浴室使用後の拭きあげ

お風呂を使用した後は、当然ながらさまざまな場所に水滴やシャンプー、石鹸の残りカスなどが飛び散っています。


そのため家族全員がお風呂を使用した後は、水切りワイパーや雑巾などを使用して拭きあげをすることで汚れが発生しやすい環境を少しでも改善することができます。

適度な換気

浴室は湿気がこもりやすいため、適度な換気を行い空気の入れ替えを行うことも大切です。


近年は浴室内に換気機能がついていることも多いですが、基本的に換気は24時間体制で行っておくようにしましょう。


石鹸やシャンプーなどの洗い流し

髪の毛や体を洗った後、浴室内を一度シャワーで洗い流す方法も効果があります。


泡や石鹸カスがそのまま付着していると汚れの発生原因となりますので、できる限り流すことを心がけましょう。


掃除がどうしてもめんどくさい!という方におすすめの方法

それでもお風呂掃除がめんどくさい…という方のために、汚れを綺麗にして浴室を清潔に保つための方法をご紹介します。

最低限の掃除頻度を決めておく

まずは、自分の負担にならない程度で掃除の頻度を決めておくのが良いでしょう。


毎日のお風呂タイムの後に必ず一箇所は掃除する・1週間に一度は掃除をするなど、自分にとって面倒と思わない範囲で目標を決めておきましょう。


専門業者に依頼する

そもそも掃除に費やす時間がないという方は、専門業者に浴室クリーニングを依頼する方法をおすすめします。


浴室クリーニングを依頼することで、本来お風呂掃除に費やすはずの時間を有効活用することができますし、素人では洗うことのできない部分や手の届かない部分まで細かく掃除してくれるので、お風呂掃除の効果が持続するのも大きなメリットです。


浴室の使用方法を見直す

浴室内に置いている小物を置かないようにするなど、そもそもの浴室の使用方法を改めるのも一つの方法です。


シャンプーやリンスなどのボトルは、浴室内に置いておくだけで水滴などが溜まりやすく、汚れが発生する原因となります。


しかし、小さなバスケットに入れて毎回浴室に持ち込む方法をとることで少なからず汚れを軽減することができるためおすすめです。


まとめ

お風呂の汚れの効果的な掃除方法や対処方法をご紹介させていただきました。

汚れごとの掃除方法や場所ごとの掃除頻度を把握し、お風呂場をカビ臭さや汚れから守りましょう。


リショップナビでは、浴室クリーニングを検討している方向けの無料一括見積もりを行っています。

どの業者を選べばいいかわからない・料金はどれくらいかかるのか知りたい…など、お客様の要望に合わせた最適な施工プランをお探しさせていただきますので、浴室クリーニングを検討中の方はぜひご活用ください。

リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウスクリーニングのおすすめ記事

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。