外階段リフォームの方法と費用相場

玄関が敷地よりも少し高い位置にある場合や、1階にガレージや店舗などがある場合に設置することの多い外階段。外階段リフォームには、新しく外階段を設置するパターンと、既存の外階段を修復するパターンがあります。どちらのパターンについても解説していくので、ご自身の状況に合わせて必要なほうをご覧ください。

外階段リフォームの費用相場

外階段は風雨にさらされることを想定して丈夫に作るのが大前提ですが、経年劣化はどうしても避けられないため、ある程度の年数が経つとリフォームを検討する方が増えてきます。
また一方で、最近では二世帯住宅へのリフォームによって、新たに2階に玄関を設ける家庭もあり、後から外階段を新設するケースも見られます。

外階段を新設する場合と、既存の外階段をリフォームする場合とでは、当然ながら工事内容も費用も大きく異なるのが一般的です。

では、この2種類の工事はどのように行われるのでしょうか。
それぞれの費用相場もご紹介しながら、詳しく解説していきます。

新設する場合

最近多く見られるのが、二世帯住宅へのリフォームで新たに2階に玄関を設置することになり、その工事と並行して外階段を新設するというケースです。

外階段には大きく分けて、あらかじめ形状が決まっている既存の製品と、住宅に合わせて一から作る物とがあります。
既存の製品は工事も比較的簡単に済むのが特徴で、一から作る場合は、施工期間が長くかかり、費用も高額になりやすいです。

外階段を新設するリフォームの費用相場は、玄関を増設する工事費とあわせて100〜250万円くらいです。
YKK AP・LIXIL・三協アルミなどのメーカー品を使うか、特注品を施工するかで大幅に金額が異なってくるので、注意が必要です。

また、どちらのタイプの外階段を新設する場合も、階段下には新たに基礎工事を行う必要があるため、施工期間はその分長くなることをあらかじめ理解しておきましょう。

既存のものをリフォームする場合

既存の外階段のリフォームを検討するタイミングは、塗装の剥がれや鉄骨のサビなど、見た目や構造上に劣化が生じた時です。
この場合、劣化が表面的なものなのか、または内部にまで及んでいるものなのかによって、リフォームの仕方は大きく異なります。

また、ご家族が高齢になってきたことにより、「傾斜が急な外階段を緩やかなものに架け替えたい」と考える方も増えています。

ここでは、主に行われる3種類のリフォームについてご紹介しましょう。

塗装
表面の塗装が剥がれているだけであれば、塗装の塗り直しを行うことでリフォームは完成します。
ただし、外階段の塗装は耐久性に優れていることが非常に重要なポイントになります。
安価な塗料を使用すると、またすぐに塗り直しが必要になってしまいますので、使用する塗料は慎重に選びましょう。

外階段の塗装リフォームにかかる費用の相場は、段数や塗料の品質によって金額は変わりますが、約10万円です。
また、塗装に加えてサビ落としも行う場合は、約20万円が相場となっています。
防水加工
外階段の劣化が進む一番の要因は、雨や雪、湿気などによる水分です。
そのため、防水効果が弱くなっている場合は、新たに防水加工を行う必要があります。

防水加工は主に、表面に塩ビシートを貼る方法と、防水塗装を行う方法とがあります。
塩ビシートを使用するほうが防水効果は高まりますが、その分費用も高くなります。
一方、防水塗装は費用は安く済みますが、塗料の品質によって防水効果にも違いが出るため、選び方に気を付けなくてはなりません。

どちらの方法を選ぶかによって費用は大きく異なりますので、防水加工の費用相場は約20~50万円と価格帯が広いのが特徴です。
架け替え
踏み板や部材などがあまりにも腐食していると、塗装や防水加工だけでは安全性に問題が残ります。
このような場合は、架け替えが必要になることもあるでしょう。
また、バリアフリー対策として、段の幅・数を変更したい場合も架け替えが必要になります。

鉄骨製の外階段であれば、まず既存の階段の補強工事を行い、劣化の激しい部分を新しい部材と交換して溶接します。

費用の相場は、補強工事・溶接工事・部材代などを合わせて、約17~20万円です。
また、50万円以上の予算があれば、外階段の架け替えに加えて、外構やエクステリアのリフォームも可能になり、全体のデザインに統一感を出すことが出来ます。

外階段に詳しい
\施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

外階段リフォームの施工事例

以下では、実際にリショップナビに加盟しているリフォーム会社による外階段リフォームの事例をご紹介します。

事例1
外階段の段数を増やしたリフォーム

施工日数 1日
概算費用 17万円
奥様が昇降時にケガをされてしまったことがきっかけで、リフォームを行いました。もともと2段だった外階段を3段にし、手すりをつけてより安全にしました。手すりは、冬場に握っても冷たくない素材を採用しています。

>> このリフォーム事例を詳しく見る

事例2
錆びた既存の外階段に塗装リフォーム

施工日数 1日
概算費用 20万円
雨風にさらされてサビが広範囲に広がっていたので、サビを落としウレタン塗装を行った事例です。

>> このリフォーム事例を詳しく見る

事例3
急だった外階段を緩やかにリフォーム

施工日数 5日
概算費用 30万円
もともと3段だった外階段を6段にリフォームしました。段の高さを今までの半分くらいすることにより、以前よりも上りやすくなりました。また、周りの壁も塗装したり、鉄製の門扉をアルミ製のものにして開閉を楽にしたりするなどの、玄関周りのリフォームも行った事例です。

>> このリフォーム事例を詳しく見る

事例4
二世帯住宅のための外階段設置リフォーム

施工日数 60日
概算費用 180万円
二世帯住宅にするために、外階段を設置し2階に玄関を作った事例です。アルミタイプだったベランダをウリンで補強しつつ、ウリンの材質でできた外階段を設置しています。

>> このリフォーム事例を詳しく見る

事例5
新規の外階段を取り付けたリフォーム

施工日数 10日
リフォーム費用 250万円
築30年の一戸建ての住宅に、新しく外階段を取り付けた事例です。雨の日でも使いやすいよう、屋根も設置しました。

>> このリフォーム事例を詳しく見る

外階段に詳しい
\施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

外階段リフォームの業者選びのポイント

風雨などによる劣化が避けられない外階段は、いかに防水性の高い作りにするかが、その後のメンテナンスやリフォームに大きく関わってきます。
また、安全に上り下りするためにも、滑りにくい素材を選ぶことが大切です。

外階段を増設したり、架け替えの際に階段の幅を広げたりしたい場合は、敷地に余裕がないと出来ないこともありますので、建ぺい率や容積率に注意しましょう。

そのような点からも、工事は外構・エクステリアの施工を得意とする会社に依頼するほうが安心です。
また、バリアフリー化を目的とした施工の場合は、介護保険の申請を代行してくれる会社もあります。

高齢化や、二世帯住宅の増加に伴い、外階段に関するリフォーム工事は今後さらに増えていくはずです。
新設する際はもちろん、劣化の状態によってリフォーム内容は大きく変わってきますので、いろいろなポイントを押さえて、丈夫で長持ちするような外階段を作りましょう。

外階段に詳しい
\施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 外構・エクステリアリフォームの費用相場

更新日:2019年10月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

階段のおすすめ記事

  • 階段リフォームの費用相場

    階段リフォームの費用相場をご紹介しています。階段のリフォーム内容で多い、手すりの設置・すべり止め対策などの小規模なリフォームから、階段の段数変更や位置移動などといった大規模なリフォームまで、実際のリフォーム事例をもとにリフォーム料金をご紹介しています。事前に相場を確認して、適正価格で安全な階段にリフォームをしましょう。

  • 外構の失敗例12選とその対策!

    外構は、新築住宅において非常に失敗例が多いです。家の外観が良く見えるかどうかは、外構の仕上がり次第と言えます。見た目がしっかりした家は、防犯性が向上します。家の顔とも呼べる、外構・エクステリア。よくある失敗とその対策について、今回はご紹介します。

  • 階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

    2階建て以上のお家なら、必ずある「階段」ですが、どんな種類があるかご存じでしょうか?住宅に設置する階段の形は、主に4種類あります。ここでは、それぞれのメリット・デメリットをご紹介するので、新築購入やリフォームの際に参考にしてください。

  • 二世帯住宅リフォームのポイント!間取り・施工例・費用・失敗例を徹底解説

    高齢化や共働き家族の増加で、二世帯住宅へのリフォームを実施する方が増えていますが、お互いに気を使ったり、プライベート空間を分けたくても予算が限られていたりと、何かと不安もありますよね。そこで、二世帯住宅の間取りを考えるためのポイントや施工例、リフォームする際の費用相場と税金対策、二世帯住宅のよくある失敗とその対策について、詳しくご紹介します。

  • 雪対策でおすすめのリフォーム9選!費用相場も解説【駐車場/玄関/窓など】

    積雪の時期には、玄関ドアが開かなくなってしまったり、駐車場などの雪かきが大変になったりと、色々なトラブルが起きやすいもの。また、屋根から落雪したり、カーポート・サンルーム・雨樋などが破損したり……という例も珍しくなく、場合によっては危険な事故の原因にもなってしまうため、事前にきちんと予防しておきたいですよね。今回は、一軒家の屋根や外構でおすすめの、雪対策のリフォーム方法や費用相場についてご紹介します。雪囲いパネル(ハウスガード)・雪止めフェンスの設置料金など、詳しくチェックしておきましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.