リフォーム現地調査をする際のポイント

相見積もりの際のポイントを学んだら、いよいよ現地調査です。ここでは、現地調査の際に注意するポイントをご紹介します。事前に注意するポイントを把握し、確認漏れのないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

>> 現地調査で無料見積もりをしてもらう!

現地調査では何をする?

現地調査とは、リフォームする家を実際にリフォーム会社に見てもらうことです。
概算で見積もりを出すことも可能ですが、正確な見積もりを出してもらうためには、必ず現地調査を依頼しましょう。

リフォーム会社の担当が家を見に来るとなると、なんだか身構えてしまいそうですよね。
少しでも余裕を持って対応ができるように、現地調査の内容がどのようなものかを知っておきましょう。

採寸(場合によっては写真撮影)

現地調査では、リフォーム会社の担当者が部屋の大きさや設備のサイズを採寸します。
通路や天井の高さによっては、導入したかった新しい備品を運び込めないことがあります。

さらにキッチンなどは、形や幅によって金額が変わることが多いです。予算オーバーを回避するためにも、しっかり丁寧に計測してもらいましょう。
採寸と同時に確認のため、状態を写真撮影することもあるようです。

キッチンやトイレ、浴室など、特にガス・電気や水まわりに関わるリフォーム内容によっては、給排水管や電源の位置、天井裏の状況も確認する必要があるので、荷物などでふさがっている場合は整理しておくとスムーズです。

ヒアリング

物件について詳しく調査するとともに、希望するリフォーム内容についてヒアリングを行います。
現状の不満点や改善したい点、デザインや形の好みなど、イメージを明確にしていく大切な作業です。
所要時間は、調査とヒアリングを合わせて1社あたりおよそ1~2時間は見ておきましょう。
また、もし物件の間取図がある場合は用意しておいてください。コピーを渡せるようにしておけば、より円滑に進みます。

現地調査も親切・丁寧
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

調査の担当について、チェックするポイント

現地調査の際、リフォーム会社の担当がどのような対応をしているかをチェックしましょう。

・採寸を正確に行っているか
・状況をきちんと記録しているか
・家具や物の扱いは丁寧か、きちんと元に戻しているか
・見落としはないか
・要望をしっかり聞いてくれているか

担当の対応から、信頼できる会社かどうかある程度判断できますね。
また採寸が大雑把だと、本当の意味で正確な見積もりはできません。施工を決めてから採寸をし直すことになれば、見積もりがまた変動することも考えられます。
きちんと採寸をしていない時は、それで正確な見積もりが出せるのか確認しましょう。

現地調査も親切・丁寧
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは相見積もりで比較 ▶

項目を細かく分けた見積書を出してもらうように依頼する

見積もりが出た後に他社と比較するためにも、本当に必要のある項目かを自分で判断するためにも、できるだけ細かい見積書があれば便利です。

担当には、具体的な見積書がほしいことを伝えましょう。
その際に、可能であれば使用する設備のメーカー型番まで記載してもらえるようであればベストです。

具体的にどんな設備や部材を利用するかの記載がないと、価格交渉をした際に安いものにすり替えられる可能性もあります。
逆に、予算内で収めるために、こちらから安いメーカーのものを使用するなどの提案もできますね。

相見積もりであることを伝える

他社にも見積もりを依頼していることを、きちんと伝えておくことは重要です。相見積もりは特別なことではなく、一般的に行われていることなので気を使う必要はありません。
自社のサービスに自信があり信頼できる会社なら、相見積もりをしていることを伝えることでより熱意を持って提案してくれるでしょう。
逆に嫌な顔をされるようであれば、その会社は避けた方がいいかもしれません。
初めに相見積もりと伝えておくことで、断る際にも話しやすくなりますね。
ここで注意すべき点は、相見積もりと伝えるからと言って、同時に現地調査に来てもらうのはNGということです。
それぞれ別々に時間をとり、来てもらうようにしましょう。

現地調査も親切・丁寧
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは相見積もりで比較 ▶

現地調査の終わりには

現地調査が終了した際に、担当に確認するべき内容をご紹介しましょう。

・見積もりはいつもらえるか
・どのような資料をもらえるか(例えば、完成イメージパースや設備のパンフレットなど)
・実際に施工になった場合の工事開始時期の目安
これらを聞いておけば、見積もりが手元に来た後の流れを事前に把握しやすくなります。

その他にも、疑問点や確認したい内容があれば、あらかじめ質問を準備しておくと良いでしょう。
現地調査の際は、なるべく家族みんながそろっているのが理想的です。

もしも全員で立ち会えない場合は、要望書を作成しておくことをお勧めします。
収納部分を増やしたい、床材を自然素材のものに変えたい、段差をなくしたい、などのような意見をリストアップしておくだけでも違いますよ。
ぜひ、一家で安心できるリフォームを実現してくださいね。

現地調査も親切・丁寧
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは相見積もりで比較 ▶
更新日:2016年8月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide_book_donwload_banner

Ico_articlesあわせて読みたい

  • Pixta_8114746_s

    失敗しないリフォーム計画の立て方

    リフォームを成功させて心地の良い生活を送るには、事前準備・計画が非常に大切になります。リフォーム完了後に、「もっとこうすればよかった」、「本当はこうしたかった」などの不満や後悔がでないようにするためには、どのように計画を立てればいいのか、ご紹介します。

  • Pixta_8027566_s

    リフォームのイメージを具体化する方法 "5パターン"

    リフォームやリノベーションの大まかなプランが決まったら、リフォームのイメージを具体的なものにしていきましょう。具体化していく方法は様々ですが、ここでは初めてリフォームやリノベーションをされる方でも簡単にイメージを具体化する方法をお伝えします。例えば、インテリア雑誌やインターネットに掲載されているデザインの写真収集や、お近くのショールームやリフォーム相談会への参加などが挙げられます。また、リフォームやリノベーションの経験者が知り合いにいれば、実際にお宅を見せてもらったり、注意したほうがよい点や失敗談などを聞いておくと、とても参考になります。

  • Pixta_18469039_s

    リフォームで "できること・できないこと"【マンション編】

    リフォームをする際には、法律の規制やマンションの規約で、できないこともあります。マンションは一戸建てに比べてできないことが多いので、計画を練り直すはめになったり、工事後に後悔してしまうことのないように事前にしっかり確認しましょう。

  • Pixta_14012342_s

    一戸建てリフォームの費用相場・工事期間や注意点

    一戸建てのリフォームをする際には、せっかくなら思い通りの住まいにしたいですよね。とはいえ、すべて自由にリフォームできるというわけではありません。法規制などの関係でリフォームできない範囲もあります。また、新しく住まいを購入する際には、中古住宅のリフォームか新築かどちらが良いかを比較する方も多く、既存の家を大幅にリフォームしたい場合は、いっそのこと建て替えてしまうかフルリフォームを行うかで迷う方も少なくないでしょう。今回は、一戸建てをフルリフォームする場合にありがちな悩みや、メリット・費用・事例・注意点ついて解説します。

  • Fotolia_54203140_xs

    リフォーム会社の選び方!失敗しないためのポイント7つと注意点

    リフォームの成功・失敗は、依頼するリフォーム会社によって決まると言っても過言ではありません。信頼できる業者に依頼をするためには、どのようなことを基準に決めると良いのでしょうか?リフォーム会社の選び方の大切なポイントと注意点について、ご紹介します。

Shop_index_w

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop