一戸建てリフォームの費用相場・工事期間と実例5選!注意点や業者の探し方

一戸建てのリフォーム(フルリフォーム・リノベーション)をする際には、せっかくなら間取りや設備のグレードも見直し、思い通りの住まいにしたいですよね。しかし、費用や工事期間がどの位か、心配な方も多いのではないでしょうか。また、建物の構造や法規制によってはリフォームできる範囲が限られるため、知識と技術のある業者に依頼することが肝心です。そこで今回は、一戸建てをフルリフォームする場合の事例や価格を中心に、リフォーム会社の選び方や注意点について、解説します。

一戸建てのフルリフォーム費用・坪単価はどの位?

一戸建て住宅を全面的にリフォームする際の費用は、施工する部位の範囲や劣化状態によって変動しますが、500~2,000万円前後と幅があります。
一方で、規模によっては総額100~200万円で施工できた例も見られます。

予算を重視したい方は、リフォーム会社とじっくり相談しながら、優先的に改修したい場所を決めていくと良いでしょう。

フルリフォームの坪単価の平均・目安

一戸建てフルリフォームの費用は、劣化具合や採用する建材のグレードによっても異なるため、相場が明確にはできないものですが、平均としては、1坪あたり17~60万円位になるパターンが多いです。

>> 大規模リフォーム・リノベーションの費用・事例

ただし、解体箇所が多い場合には廃材処分費、重量がある設備を運ぶ際には人件費や運搬交通費などもかかってくるため「〇円以内で実施可能」などと、一概には言い切れません。

最終的にどの程度のコストがかかるかは、リフォーム会社から見積もりを取得して確認しましょう。

工事箇所別・リフォーム価格相場

そうとは言え、水回りや、壁紙クロス・床の張り替え、間取りの変更、外壁・屋根の工事など、リフォーム箇所や工事内容ごとの、おおよその値段については把握しておきたいですよね。

予算組みの際には、ぜひ下記を参考にしてみてください。

工事内容 費用相場
システムキッチン交換 50~100万円
トイレ 20~50万円
洗面所 10~50万円
風呂 ユニットバス交換 = 50~150万円
在来浴室からユニットバス = 100~150万円
壁紙張り替え 1千円/㎡
床材交換 1~7万円/畳
間取り変更 20~350万円
外壁/屋根 各50~350万円

ちなみに玄関や、ウッドデッキ・カーポート・門扉などの外構部分、庭部分のリフォームもお考えの方は、以下の記事で詳しくご紹介しているので、ご覧ください。

>> 玄関・玄関ドアリフォームの事例・費用
>> 外構・エクステリアリフォームの事例・費用
>> 庭・ガーデニングリフォームの事例・費用

リフォームローンや補助金も活用を

「想定していた予算よりも、工事費用がかかるかも……」とご不安な方は、リフォームローンや、リフォーム補助金の活用も視野に入れてみましょう。

特に補助金の場合、支給対象となる工事内容は限られてはいますが、介護や耐震対策のためのリフォームや、省エネを目的として節水型トイレへの交換や外壁・屋根の断熱化工事を実施する場合には、申請できる可能性が高いです。

>> リフォームローンの選び方!金利相場・おすすめは?
>> どんなリフォームが補助金対象?金額や注意点

ローンや補助金申請のサポートをしてくれるリフォーム会社も多いので、まずは気軽に質問してみると良いでしょう。

予算補助金なども相談しやすい
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
施工会社の紹介を依頼する ▶

一戸建てリフォームの適切な時期と工事期間

大掛かりなリフォームをするときには、適切なリフォーム時期はいつか、また住みながらの工事ができるかどうか、工事期間はどの程度なのかといった不安を抱える方も多いでしょう。

たいていの場合、水回り設備は10年位のサイクルでリフォームするのが適切です。
工事は当日中~1週間以内に完了します。

外壁・屋根のリフォームなら10~20年の周期でメンテナンスをするのが理想です。
工期は天気との兼ね合いもあるため、1~4週間程度と幅があります。

>> いつが最適な時期?リフォームタイミングの考え方

「なるべく内装も外装もリフォームしたいけど、今すぐには費用の工面ができない/忙しいから工期が長いのは困る」という場合には、リフォーム会社と話し合い、築年数によっては外壁・屋根は5年後に実施するなど、工夫してみると良いですね。

なお外壁や屋根の工事の際には、足場の設置費が15万円前後かかるのが一般的です。
別々に施工すると、その度に足場代が発生してしまうので、外壁と屋根は同じタイミングでリフォームするようにしましょう。

>> 足場の費用・単価はいくら位?

間取りを変える場合の施工期間については、内容によって異なりますが、間仕切りを追加する程度であれば当日中もしくは2~3日、壁の解体や内装補修・張り替えも含む工事なら4~6日位かかります。

>> 間取り変更リフォームの費用とポイント

なお間仕切り壁をたくさん取り払い、建物内部をスケルトン状態にしてフルリフォームする場合には、工事が終わるまで1ヶ月~2ヶ月半はかかります。
解体箇所が多い場合などは、仮住まいが必要になることもあります。

費用と同様で、工事箇所の範囲や劣化具合によって工事期間も変わってきますので、リフォーム会社に現地調査に来てもらった上で、スケジュールの相談をしておきましょう。

>> リフォーム工期の目安は?

一戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)の事例と費用

それではこちらで、当サイト・リショップナビで実際に一戸建てをフルリフォームした例をご紹介します。
費用や工期の参考にしてみてくださいね。

事例1
和室とリビングを1つの部屋に

リフォーム費用 180万円
施工日数 45日
既存の和室とリビングを、1つの部屋にリフォームし直して広々とした1階になりました。リビングに合うよう、押入れと床の間もクローゼットへ交換しています。壁紙クロスとフローリングに明るい色を採用したので、部屋がより広く感じられます。同時に、2階にあった3つの部屋の壁紙とフローリングも張り替えました。

事例2
築50年の空き家を再生リフォーム

リフォーム費用 300万円
施工日数 30日
人が住まなくなっていた築年数50年の空き家を、再生リフォーム。低価格で広大な敷地の物件を購入しやすいので、田舎暮らしをしたい方には中古住宅のフルリフォームはおすすめの方法です。

事例3
中古住宅リフォームで夢の住まいに

リフォーム費用 643万円
施工日数 45日
新築では予算が合わなかったため、中古の一戸建てを購入してフルリフォーム。予算内で施工できるよう工夫しながらも、畳コーナーの新設や黒いフローリング、赤いキッチンなど、個性的なデザインにこだわりました。夢が叶ったリフォームの実例です。

事例4
おしゃれなバリアフリーリフォーム

リフォーム費用 871万円
施工日数 45日
リビングと隣接していた和室を、1フロアとして利用できるように改築リフォーム。バリアフリー仕様で、必要に応じて間仕切りで2部屋に分けることも可能な便利なデザインです。浴室を広げるための間取り変更を行い、余分なスペースに洗濯機置き場をつくりました。

事例5
猫も快適に住める二世帯住宅へ

リフォーム費用 2200万円
施工日数 70日
二世帯住宅のための間取り変更と、和室から洋室へのリフォームを行いました。洋室には気分に合わせて調節できる間接照明を取り付け、オリジナルのテレビ台やキャットケージ、キャットウォークも設置して、ペットも一緒に楽しめる住まいになりました。

一戸建てのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
施工会社の紹介を依頼する ▶

ここからは、リフォームする際に気を付けたいことや、業者を探す時のポイントについてお話ししていきます。

一戸建てフルリフォームの注意点

一戸建て住宅は独立した建物なので、壁や天井が隣の家と接しているマンションに比べると、リフォームの自由度が高く、思い切った設計が可能ですが、以下のような点には配慮する必要があります。

間取り変更したい場合

間取りを大幅に変えたい場合には、できること・できないことの違いについて、ある程度チェックしておきましょう。

基本的に、リビングとダイニングを一つの空間に統合する、収納などの内装設備・建具や階段の場所を移動する、といった工事はOKです。

キッチンなど水回りの位置変更も可能ですが、この場合は水道管や配線の移動工事も必要になることから、リフォーム費用が高額になりやすいので注意しましょう。

ちなみに間取りの変更に合わせて、設備の再配置を考えることも大切です。
特にコンセントなどは忘れがちな部分なので、使いやすい場所を確認しておきましょう。

>> コンセントリフォームのポイント!失敗しない数と位置は?

なお、建物の構造・工法によっては、間取りの自由度が低い場合があります。

例えば、壁によって建物全体を支える構造の「2×4(ツーバイフォー/木造枠組壁)」や「S造(重量鉄骨造)」などの場合は、耐震性の問題で撤去できない壁が多いため、理想の間取りにできない可能性があります。

一方、建物を柱や梁で支えている「木造軸組(在来)工法」であれば、取り去っても問題ない壁が多いため、好きな間取りに変更しやすいです。
ただし、1階から2階まで続く1本の柱や筋交などは、耐震性に影響すると判断された場合、撤去することはできません。

このため「希望通りの間取りに変更できるとは限らない」ということは、念頭に置いておきましょう。

増築の場合は法規制に注意

一戸建ての場合でもマンションの場合でも、基本的には国が定める建築基準法に違反するリフォームは実施することができません。
建ぺい率や容積率、斜線制限・日陰規制など、建物の高さや勾配、道路からの距離などのルールが各地域で定められています。

*建ぺい率……敷地面積に対する建物面積の割合
*容積率……敷地面積に対する建物の延床面積の割合
*延床面積……各階の床面積の合計

例えば、平屋建てを2階建てにするような増築工事や、2階建てを1階建てに減築するといった大規模な工事は原則としては可能ですが、規模によってはお住まいの自治体への建築確認申請が必要になります。

増築や減築を行う際には、工事の技術はもちろんですが、確認申請にも対応できる業者に任せましょう。

>> 場所別・増築リフォームにかかる費用と確認申請の注意点
>> 減築リフォームの費用・事例・メリットとデメリット

地域の防災規制にも配慮を

建築基準法以外にも、地域の防災規制もしっかりとチェックしておきましょう。

都市計画法により防火地域や準防火地域に指定されている地域では、窓やドアの素材を燃えにくいものにしなければいけないという制限を受けることがあります。

いずれにしても、お住まいの建物構造や、地元の法規制に詳しいリフォーム会社に依頼をして、可能な工事内容や必要な手続きについて相談・確認することをおすすめします。

一戸建てのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
施工会社の紹介を依頼する ▶

一戸建てリフォームの業者の選び方

これから中古の一戸建てを購入する場合

これから中古物件を購入して、好みの間取りにリフォームしたい場合、最も気になるところはスケジュール管理や予算といった点でしょう。

中古の一戸建ての購入費は物件によって千差万別であり、リフォーム工事の価格帯も、改修する箇所によって100~1,000万円以上と幅広いです。

中古の一戸建てをリフォームする際には、「ワンストップ」のリノベーション会社に相談するのが良策です。
物件選びから、リフォーム内容の設計・施工、ローン組みなども一つの窓口で対応してくれるので、日程調整や、住宅購入費と工事費を合わせた値段の相談など、一貫してサポートしてもらえますよ。

>> ワンストップ会社って?リノベーション会社の選び方とは?
>> 中古一戸建て住宅リノベーションの事例・費用・注意点

建て替えかフルリフォームか悩む場合

築年数が経った建物の場合、フルリフォーム・リノベーションを行うか、思い切って建て替えてしまうか悩む方も多いです。

ただし、物件によっては建て替えが難しいケースもあるので、リフォームも建て替え工事も対応できる施工会社に相談してみるのが最も確実です。

>> リフォームと建て替え、どちらを選ぶべき?メリットとデメリット!

相見積もりで、相性の良いリフォーム会社探しを

同じ一戸建て住宅のリフォームでも、木造住宅の施工に慣れている会社もあれば、デザイン重視のリフォームが得意な業者もあります。
また古民家の場合には、耐震性や断熱性を見直す必要があることが多いため、しっかり対策を講じてくれる会社に施工してもらうほうが賢明です。

>> 古民家リフォームの事例・必要な工事の見極め方

このように、業者にはそれぞれの個性があるため、できれば複数のリフォーム会社に見積もりを依頼し、ご家庭の要望に最も合った提案をしてくれるところを選ぶことが、納得できるリフォームを実現するためには大切です。

建物に合った提案をしてくれる
施工会社を探したい!/
完全無料!
施工会社の紹介を依頼する ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>>【場所別】リフォーム費用相場
>>【長期優良住宅のメリットや基準】リフォーム費用や補助金申請は?

更新日:2018年11月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles リフォームのおすすめ記事

  • 17975458a1ef4d5f7d0adff88fd45509_s

    二世帯住宅リフォームのポイント!間取り・施工例・費用・失敗例を徹底解説

    高齢化や共働き家族の増加で、二世帯住宅へのリフォームを実施する方が増えていますが、お互いに気を使ったり、プライベート空間を分けたくても予算が限られていたりと、何かと不安もありますよね。そこで、二世帯住宅の間取りを考えるためのポイントや施工例、リフォームする際の費用相場と税金対策、二世帯住宅のよくある失敗とその対策について、詳しくご紹介します。

  • Pixta_9455412_s

    【決定版】つけて良かった!新築・リフォームで好評の設備24選

    新築を建てるとき、今の住まいのリフォームを考えているとき、実際にはどのような設備をつけたら最適なのでしょうか。「つけて良かった」「つけておくべきだった」という意見が集まる設備についてチェックしておきましょう。

  • 3

    耐震リフォームの費用相場・事例をご紹介!耐震診断は必要?業者はどこが良い?

    どの地域に住んでいても、いつ起こるか分からない大きな地震。一戸建てかマンションかにかかわらず、ご自宅の耐震補強を検討されている方は多くいらっしゃるでしょう。けれども「耐震工事にはどのような方法があって、費用はどの程度かかるの?」「我が家の耐震性は大丈夫?」「耐震診断は必要?」など、気になることもたくさんありますよね。そこで今回は、主な耐震リフォーム方法と価格、施工事例、補助金や減税制度、耐震性の簡単なチェック方法や、耐震診断する場合の費用、良い業者の選び方まで、わかりやすく解説します。

  • Pixta_18780745_s

    戸建ての外壁を補修・修理したい!費用・方法・業者の探し方は?

    住宅の外壁は、サイディング・ALC・モルタル・タイル、いずれの素材であっても、10年前後で劣化症状が見られます。目地(コーキング)の老朽化、鉄部のサビ、ひび割れ、カビやコケ、穴や傷、はがれ、チョーキング現象などを発見したら、悪化してしまう前に早めに修繕しましょう。外壁でよくある劣化症状の補修方法や、一般的な一戸建て住宅の外壁を修理する場合の費用相場、最適な業者の探し方について、ご紹介します。

  • ________________

    事例でわかる!改築にかかる費用はどれくらい?建築確認申請など必要な手続きも解説

    現在の住まいを改築したり、大規模なリフォーム工事を検討しているという方に、一戸建てを改築する場合にかかる費用相場や事例、確認しておくべき手続き事項などをご紹介します。また「そもそも改築とは何なのか」「増築・新築・改修との違いは?」といった疑問にもお答えしているので、参考にしてください。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop