失敗しないリフォーム計画の立て方

リフォームを成功させて心地の良い生活を送るには、事前準備・計画が非常に大切になります。リフォーム完了後に、「もっとこうすればよかった」、「本当はこうしたかった」などの不満や後悔がでないようにするためには、どのように計画を立てればいいのか、ご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現状の住まいへの不満をリストアップする

リフォームをする中では予算も限られていることが一般的なため、希望をすべて実現と言うわけにはいきません。
そのため、まずは家族みんなで現状の家の不満な点を出し、そこから優先順位をつけていくといいでしょう。

"キッチンが狭く料理がしにくい"、"外壁の塗装が剥げてきている"、"お風呂が寒い" など現状の不満を整理する際に、将来的に家族の生活がどのように変わっていくか、住宅設備の老朽化は大丈夫だろうかといった視点も重要です。

>>【リフォームの流れ】相談から施工完了まで

今だけではなく、長期的な視点で考える

住宅のリフォームは、頻繁に行えるものではありません。
後悔のないリフォームを行うためには、長期的な視点も必要になります。

今の住まいに、何年間住む予定なのか、またそれは家族全員が該当するのか、ということも考えておきましょう。
子供の結婚や出産で、家族の人数が今後増えたとき、同じ家で一緒に過ごすでしょうか。
夫婦二人だけで暮らしていくことになるかもしれませんね。

水まわりのリフォームのサイクルは、10年が目安です。
例えば浴室だと、小さいお子さんや高齢になって足腰が弱ってきた家族がいる場合、またぎやすい高さの浴槽や、広い洗い場が必要になります。
高齢になったときは別の家に住むことを考えているなら、バリアフリーの対応は不要ですが、高齢になったときも住み続けるのであればフラットな床や、車椅子の生活を想定したリフォームをするべきです。

今の生活環境に合わせたリフォームが、数年後にも適しているかどうかということも、しっかりイメージしておくことが大切です。

優先順位はきちんと決めておく

そして改善したい箇所をリストアップしたら、今度は具体的な優先順位を家族で決めておくことも、リフォームを成功させるためのポイントの一つです。

業者との打ち合わせ中に、予算と合わなくなって家族でケンカが始まる、というケースが実は多いのです。
「万一予算オーバーしてしまっても、浴室を暖かくすることは最優先」「コストがかかるようなら、トイレの収納の追加は諦めてもOK」など、リフォームプランの範囲や妥協したくない点をしっかり話し合っておきましょう。

リフォームしたい
場所が決まったら!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

余裕を持った予算設計をする

リフォームに充てられる予算を、計画段階で目一杯使用するのは控えましょう。
実際に施工開始してみると、想定外の工事が必要になることもあります。

例えば、設備の交換や床の張り替えだけのつもりが、家の老朽化が進んでいたために、構造部分まで大改修をしなければならない、となった場合には費用が大きく変わってきます。

なるべく追加工事は避けたいですが、工事が始まるまでわからない部分もあるので、余裕を持った予算設計をしておきましょう。

>> リフォーム工事以外にかかる費用はどれくらい?
>> リフォーム場所ごとの費用相場を確認する

スケジュールにもゆとりを持たせる

具体的なリフォームの希望内容が決まり、いざリフォームを実行するとき、ギリギリのスケジュール計画を立てることは避けましょう。

リフォームは、まず業者選びから始まり、契約するまでにも綿密な打ち合わせの期間が必要です。
建物の状態や建材の流通状況によって、工期が延びることもあります。

リフォーム開始前から工事完了後まで、お金だけではなく日程にも余裕を持たせておきましょう。

リフォームは新築より手間が掛かる工事が多い

そもそもリフォームは、新築の工事と比べて予想外のことにお金や日数がかかるパターンが少なくありません。

基本的には既存のものを解体する作業が入るので、廃材処理の時間やコストもプラスされてしまいます。
さらに家具の移動など、住みながらのリフォームの場合は生活空間を確保しながら進めていくので、工期も手間も何かとかかってしまうものなのです。

工事にかかる期間を把握する

リフォーム工事をするにあたり、だいたいの工事期間の目安を知っておくだけでも、スケジュールが組みやすいはずです。

工期は、改修規模によって変わってきますが、同じキッチンのリフォームでも、機器本体の交換だけなら1週間前後、キッチンの向きや間取りも変えるとなると2~3週間はかかります。
浴室の工事なら、ユニットバスからユニットバスへの交換でも4日程度かかりますし、タイル風呂からユニットバスへリフォームするときは1週間位必要になります。

キッチンや浴室を使えない間、どのように過ごすかも考えておくと良いですね。

>>【場所別】リフォーム工期の目安はどのくらい?

プラン決めだけでも時間を浪費する

また、思ったよりも日数を要してしまうのは、工事だけとは限りません。
例えば壁紙や床材などは、部屋全体の印象や温湿度・風通しなどの室内環境を左右させるため、こだわって選んだ方が良いものです。

機能やデザインが豊富すぎて、なかなか絞り込めなかったという方もたくさんいます。
仕様プランを決めるための期間だけでも、1ヶ月は見ておくのが無難です。

工事終了後の時間も考慮する

実は注意しておきたいのが、工事後のスケジュールも油断してはいけないということです。
無事に工事が終わったからといって、さっそく快適に住めるとは限りません。
工事が終わった後はホコリなどが残るので、ある程度の掃除が必要になります。

また、特に住みながらの工事だと、家族全員に疲れが出ます。
工事完了直後に、お子さんの入学式や運動会などのイベントが重ならないよう、気をつけたいところです。

予算時間を合わせやすい
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

基礎知識を学ぶ

リフォームをする際には、難しい専門用語がでてきたり、場合によっては法律や規制が関わってくることもあります。
事前に知っておくことで、リフォーム会社とのやり取りをスムーズにできたり、不要なトラブルを回避できたりするので、確認しておくといいでしょう。

リフォームができない場所も知っておく

持ち家とはいえ、自由にリフォームができない箇所もたくさんあります。
マンションなら、柱・梁などの構造部や、外壁・廊下・玄関戸などといった共有部を変えることはできません。
避難通路の関係で、ベランダでできるリフォーム内容も限定されます。

また一戸建ての場合も、建物を支えるための筋交い入りの壁や柱を撤去することはできません。
壁によっては、窓を増設することも難しくなります。

さらに地域ごとに建ぺい率や容積率が設定されているので、とりわけ増築や屋根付きの駐車場を追加したいときにはあらかじめ確認しておかなくてはなりません。

>> リフォームで "できること・できないこと"【一戸建て編】
>> リフォームで "できること・できないこと"【マンション編】

住宅設備の必要な機能を調べる

システムキッチンやユニットバス・トイレなど住宅設備の交換を考えている場合は、事前にどのような設備機器があるのか知っておくといいかもしれません。
「こんな機能があったならつければよかった」という後悔や、「リフォーム会社にすすめられるままに付けたが、不要だったのでは」などという失敗も防げます。

高機能な設備機器はそれだけコストもかかります。
最新の設備を選べばいいというものではなく、家族の生活に必要かどうかという視点で判断できるようにしておきましょう。

様々なメーカーのカタログを取り寄せたり、ショールームで実物を見たりしておくのが効率的でオススメです。

最も重要!業者選びは慎重に

後悔のないリフォームを実現させるためには、相性の良い業者を選ぶことが必要不可欠です。
必ず相見積もりで2、3社を比較し、理想のリフォームに合う提案をしてくれるか、親切で的確なアドバイスをしてくれる会社・スタッフを探すことも重要です。
この業者選びの時点でも、見積もり内容のチェックや打ち合わせでかなり時間を費やすので、スケジュールに配慮することを忘れずに。

このようなステップを抜かしては、リフォームの成功はないといっても過言ではありません。
具体的にプランを考え始めると、あれもこれもと欲しくなるものですので、「そもそもどうしてリフォームしたかったのか」という点を明確にしておきましょう!

希望に合わせてくれる
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶
更新日:2017年3月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles リフォームのおすすめ記事

  • Pixta_3702856_s

    リフォームする前に見ておきたい、使い勝手のいい洗面所をつくるコツ!

    メイクや歯磨きをしたり、顔を洗ったりと、毎日使う洗面所だからこそ快適な空間にしたいですよね。洗面所をリフォームする際に気を付けたいポイントは4つあります。これを押さえておけば、使い勝手の良い洗面所を作ることができます♪

  • Pixta_7874769_s

    リフォーム前に知っておきたい!失敗しないキッチン収納をつくる5ポイント

    毎日長い時間を過ごすキッチン、なるべく使いやすい空間にしたいですよね。そこで、ここでは新築やリフォームでキッチンを考える前に知っておきたい便利なキッチン収納をご紹介します!

  • Pixta_8027566_s

    リフォームのイメージを具体化する方法 "5パターン"

    リフォームやリノベーションの大まかなプランが決まったら、リフォームのイメージを具体的なものにしていきましょう。具体化していく方法は様々ですが、ここでは初めてリフォームやリノベーションをされる方でも簡単にイメージを具体化する方法をお伝えします。例えば、インテリア雑誌やインターネットに掲載されているデザインの写真収集や、お近くのショールームやリフォーム相談会への参加などが挙げられます。また、リフォームやリノベーションの経験者が知り合いにいれば、実際にお宅を見せてもらったり、注意したほうがよい点や失敗談などを聞いておくと、とても参考になります。

  • ______

    【要確認】間取りの失敗例5つ!リフォームで気をつけたいこと

    リフォーム時に一番気をつけたいのが、理想のイメージと実際のできあがりに差が生まれてしまうことです。良いイメージばかりが先行してしまい、実際に暮らしてみたら不便で仕方がないなんていうことも。もしそうなったら後悔してしまいますよね。今回は、大小問わずリフォーム時の間取りの失敗例をいくつか挙げてみたいと思います。リフォームを検討されている方は、チェックしてみてください。

  • Fotolia_54203140_xs

    リフォーム会社の選び方!失敗しないためのポイント7つと注意点

    リフォームの成功・失敗は、依頼するリフォーム会社によって決まると言っても過言ではありません。信頼できる業者に依頼をするためには、どのようなことを基準に決めると良いのでしょうか?リフォーム会社の選び方の大切なポイントと注意点について、ご紹介します。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner
Shop_index_w

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

リショップナビ
Bnr-refund