見落としがち!カーテンにもカビが発生する!カビ対策のためのカーテンのお手入れ・洗濯方法

見落としがち!カーテンにもカビが発生する!カビ対策のためのカーテンのお手入れ・洗濯方法

カーテンはカビが発生しやすい場所であるにも関わらず、掃除や洗濯の面倒さからついつい放置してしまいがちです。カーテンに発生したカビによってアレルギーが引き起こされることがあるので、浴室や押入れだけでなくカーテンのカビ対策もしておきましょう。見落としがちなカーテンのカビと、お手入れ・洗濯の方法について解説します。

見落としがちなカーテンのカビ

見落としがち!カーテンにもカビが発生する!カビ対策のためのカーテンのお手入れ・洗濯方法

浴室、窓まわり、冷蔵庫、キッチン周りなどにカビが生えるとすぐ分かるので、カビを除去したりカビ対策されている方がほとんどだと思います。

しかし、カーテンのカビ除去や対策をされている方は少ないのではないでしょうか?
カーテンの役割は外からの目隠し、遮光、吸音、保温効果アップなどですが、カーテンは窓と住宅内の境目にあるため、窓の結露によってカビが発生しやすいという事実は見落としがちです。

カーテンは常に窓に触れた状態であるため、特に結露が発生しやすい冬は結露の影響でカーテンにカビが生えやすくなっています。
目に見えて汚れていればカーテンを洗濯されるかと思いますが、目に見える汚れがないと汚れていないと思い込んでしまいがちです。

汚れていないように見えても、カーテンはほこりを吸収したり湿気でカビが発生しているため、定期的に洗濯しなければなりません。

カーテンの洗濯は面倒だから……

見落としがち!カーテンにもカビが発生する!カビ対策のためのカーテンのお手入れ・洗濯方法

カーテンはフックを取り外して洗濯して、またフックを付けて、という作業があるので洗濯するのが面倒ですよね。
しかし、衣類は毎日着るからその度に洗濯するにも関わらず、住宅にとっての衣類であるカーテンも汚れが溜まるのに長い間洗濯しない。
こう考えると、どうして今までカーテンを洗濯しなかったのだろうと思いますよね。

カーテンを洗濯しないのは面倒だからというのが一番の原因ですが、その面倒さに引きずられて洗濯しないまま放置しておくと、カーテンがどんどん汚れてカビが発生し、アレルギーが引き起こされることになります。
面倒でも健康のためにはカーテンは定期的に洗濯しましょう。

カーテンを洗濯してみると……

取り付けてから一度も洗っていないカーテンを洗濯してみると、洗濯液が真っ黒になってどれだけ汚れていたかを痛感します。
こんな真っ黒に汚れたカーテンを毎日手で触れていたのかと思うと、恐ろしくなりますね。

カーテンのお手入れ方法

見落としがち!カーテンにもカビが発生する!カビ対策のためのカーテンのお手入れ・洗濯方法

毎日カーテンを洗濯するのはさすがに手間がかかりますし、洗濯の目安はドレープなら年に1回、レースカーテンは年に2~3回となっているので毎日洗濯はしません。
その代わり、カーテンに溜まったほこりを掃除機やはたきで落とします。
掃除機でほこりを取るだけでもカビやダニの発生を抑えることができます。

掃除をする際に見落としがちなのはカーテンレールです。
カーテンレールは特にほこりが溜まりやすく、かつほこりが溜まっていることが見えない位置にあるので、カーテンレールのほこりもしっかり掃除しておきましょう。
カーテンレールに溜まったほこりがカーテンに落ち、ほこりが結露によって水分を含むとカビが発生しやすくなるので、カビ対策にカーテンレールの掃除は必須です。

カーテンの洗濯方法(洗濯機)

見落としがち!カーテンにもカビが発生する!カビ対策のためのカーテンのお手入れ・洗濯方法

カーテンを洗濯機に入れる前に、掃除機でほこりを落としておくのがポイントです。
そうすることで洗濯した時に汚れが落ちやすくなります。

洗濯機に入れる前に洗濯ラベルを確認し、水洗いがしても大丈夫である場合はネットに入れて洗濯します。
洗剤は衣類用の中性洗剤を使います。 脱水時間が長くなるとシワができやすくなるので、脱水は30秒ぐらいで十分です。

カーテンは乾燥機で乾かすと変形したり縮んでしまう恐れがあるので、乾燥機は使用せず自然乾燥させます。

カーテンの洗濯方法(手洗い)

カーテンを手洗いする際も、まず掃除機でほこりを落としておきます。
もみ洗いをするとシワができやすくなるので、30℃以下のぬるま湯にひたして押し洗いをします。

ひどく汚れている場合は最初に30分から1時間ほどつけておき、それから手洗いすると汚れが落ちやすいです。

更新日:2015年6月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

暮らしの知恵のおすすめ記事

  • 湿気対策でカビを防ぐ!原因・予防方法の基本・おすすめリフォームまでご紹介!

    窓付近や水回り、ベッドや布団、押入れやクローゼットなど、部屋の中でカビが発生しやすい場所は多いもの。健やかで快適な暮らしのためにも、カビが発生する原因を理解し、きちんと湿気対策することが肝心です。湿気・カビが生じやすい場所の具体的な対策の仕方や、根本的に解決するためのリフォーム方法・費用相場まで、わかりやすく解説します。

  • 【これなら安全】窓サッシ・ゴムパッキンのカビの掃除方法!今後の防止対策は?

    窓サッシやゴムパッキンに付着したカビは、放置してしまうとぜんそくやアレルギーの原因となってしまいます。しっかり掃除して除去したいものですが、赤ちゃんやペットと暮らしている方などは、できればカビキラーやハイターの使用は避けたいですよね。そこで、重曹やクエン酸などを使った、安心・安全なカビの落とし方をご紹介します!また、今後のカビ予防・防止対策、塩素系やエタノールを使用する場合の注意点、おすすめのリフォームまで、まとめてチェックしておきましょう。

  • 内窓(二重窓/二重サッシ)リフォームの価格・おすすめ品!補助金や施工例もご紹介!

    「部屋の防寒対策をしたい」「窓の結露がひどい」「エアコンの効きが良くない」「道路の騒音がうるさくて眠れない」といった悩みはありませんか?内窓(二重窓・二重サッシ)を設置するリフォームで、断熱性や防音性の他、防犯性などが格段に上がる効果が期待できます!今回は「内窓を後付け・追加する際の工事費用」「一戸建て・マンションにおける施工例」「活用しやすい補助金/助成金(2020年度)」「補助金の対象となる、おすすめメーカー品(インプラス/プラマードUなど)の取り付け費用」「ガラスの選び方」などを解説します。

  • 知らないのは怖い!カビが人体に与える影響とカビの種類ごとの対策方法

    カビは日常生活に溢れている身近な存在で、植物の一種であるため怖いイメージがありませんが、カビはアレルギーやぜんそくなどを引き起こす原因となります。カビの種類、カビによって引き起こされる人体の影響、そしてカビの種類ごとの対策方法をご紹介します!

  • リクシル「エコカラット(プラス)」の価格/効果/施工例/人気の種類!リフォームでおすすめの場所は?

    リクシルの「エコカラット(エコカラットプラス)」は、部屋の空気中の有害物質を吸収し、消臭力もあり、さらにインテリア性も高いことから、リフォームでも新築でも大人気の壁材です!今回は、そんなエコカラットのリフォーム価格(平米単価)」や、おしゃれな施工事例(リビング・ダイニング・トイレ・玄関・キッチン・和室・廊下など)をチェックしてみましょう。また、エコカラットの人気の種類(「グラナス ルドラ」や「グラナス ヴィスト」他)や、効果・評判についてもまとめてご紹介します!

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。