玄関ドアの種類と特徴・選び方

玄関は住まいの顔。その表情は玄関ドアのタイプやデザインで大きく印象が変わります。ですから、玄関のリフォームの際のドアの選び方はとても大切です。さらに家族のみんなが毎日使うドアなので、デザインだけではなく機能性にもこだわりたいものです。そこで今回は玄関ドアのタイプ別の特徴と選び方をご紹介します。

片開きドア

玄関ドアには開き戸と引き戸の2つのタイプがありますが、それぞれの種類と特徴をご紹介していきましょう。まずは開き戸からです。

片開きドアとは、一般的によく見られる玄関ドアで、一枚のドアが左右どちらかに開閉するベーシックタイプです。
完全に開閉するので、間口が広く取れない玄関に適しています。

最も一般的なタイプなので、デザインや種類も豊富で、ドアの上に窓(ランマ)を付けて明るい玄関を作ることもできます。

袖付き片開きドア

その名の通り、片開きのドアの横に袖がついているタイプです。
ドア部分の面積の中で袖付きのスペースがあるので、同じ開閉面積を確保するには、片開きドアより間口を広くとる必要があります。

ガラスを多く使ったデザインを選べば、外の光が玄関内に差し込む明るく開放的な環境を作ることができます。
また、写真のように、袖が開き戸の両方に付いているタイプもあります。

玄関のドア
\もっと使いやすくしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

親子ドア

普段使うドア(親)と荷物の出し入れなど間口を広く開放したい時に開く袖(子)の2枚を組み合わせたタイプです。
見た目は袖付きドアに似ていますが、袖付きドアの場合は子のほうが開きません。

ダブルベッドや食器棚など大きな家具の搬入の際には便利かも知れませんね。
また、車椅子の幅にも対応できます。

両開きドア

2枚のドアが左右対称に開くことにより開放感や高級感を演出することができますが、ドア2枚分の間口と、開いた時の広い玄関のスペースが必要になります。
普段は片方だけ使うことが多いと思いますが、たくさんのお客様をお迎えする時などに、2つの扉が活躍しそうですね。

玄関のドア
\もっと使いやすくしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

引き違い戸

さて、ここからは引き戸の種類をご紹介します。
従来の「引き戸」という言い方から最近では「スライディングドア」とオシャレな言い方に変わってきました。
洋風の家に合うデザインも増えてきているので要チェックです!
まずは引き違い戸からです。

よく見られるスタンダードな引き戸です。
2枚の引き戸を左右にスライドさせて開閉します。
開いた戸をもう1枚の戸に寄せるかたちなので、実質的な開閉スペースは扉1枚分になります。

和風だけではなく、洋風の家の玄関にも対応できます。
また網戸がつけやすいのも特徴です。

3枚、4枚を重ねる引き戸もあります。

片引き戸

片引き戸は、開き戸から引き戸へのリフォームがしやすいのが特徴です。
ガラス製の袖を組み合わせたタイプも好評です。
また、扉を1枚しか使用しないので、2枚使用する引き違い戸や両引き込み戸よりは、費用が安くすみます。

両引き込み戸

2枚の戸を左右にスライドさせて、両側の壁に引き込むことができる引き戸です。
2枚建ての引き違い戸と同じスペースで、開口幅を広く作ることができます。
前後のスペースがなく、開口部を広く取りたい場合にはおすすめです。

玄関のドア
\もっと使いやすくしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

玄関が明るくなるようなドアを選ぶ

ここからは、どんなドアを選べばいいか3ポイントをご紹介します。
まずは、玄関が明るくなるようなドアを選ぶこと。

玄関の周りの壁には窓がないことも多くて、日中でも暗くなりがちです。
そんな玄関にはドアにガラス窓がついた玄関ドアをおすすめします。
狭い玄関でも玄関ドアの上にランマ窓を作ったり、ガラス面の多いドアを選べば玄関周りを明るくすることができます。

ライフスタイルに合わせて選ぶ

車を止めたり、門扉があるなどして玄関前のスペースが十分に取れない場合は、引き戸がおすすめです。
限られた空間を最大限に利用できる上、ドアを開けたままの状態にすれば、お年寄りやベビーカーを押しての出入りもスムーズにできます。

また小さな子供さんがいる場合は握りやすい大きめのハンドルがついた玄関ドアを選びましょう。

断熱性や耐久性で選ぶ(木製 VS アルミ製)

玄関ドアには木製とアルミ製の2つがありますが、それぞれメリットやデメリットがあります。
夏場の暑さや冬場の冷たい空気を室内に侵入させない断熱性においては、木製の玄関ドアが優れていますが、耐久性としてはアルミ製の玄関ドアの方が有利です。

しかし、木製のドアでもこまめにメンテナンスをすれば30年以上使うことができます。
一方、アルミ製のドアでも内部に断熱材が入った商品も発売されています。

以上、玄関ドアの種類や特徴についてご紹介しました。
玄関は住まいの顔、ドアのデザインも大変重要ですが、家族みんなにとって一番使い勝手のいい玄関ドアを選ぶのが一番です。
たくさん種類があって大変ですが、あなたの家庭に合った玄関ドアをじっくり選んで決めてください。

玄関のドア
\もっと使いやすくしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!
更新日:2016年9月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 玄関リフォームの記事

  • Pixta_13703492_s

    玄関・玄関ドアリフォームの費用相場

    玄関ドア・玄関リフォームの費用相場を、実例をもとにご紹介しています。玄関ドアは、台風などの影響で破損してしまった場合でも、ほぼ当日中に施工できます。玄関のリフォームは断熱対策や防犯対策としても有効であり、施工面積が狭いので、収納の造り付けや、玄関まわり全体の改装などを行う場合でも、比較的低価格で実施可能です。玄関はお客様を出迎える家の顔なので、デザイン性もセキュリティ性も重視して、こだわりの空間にリフォームしたいですね。

  • Pixta_6850957_s

    これで運気アップ?!風水から見る玄関コーディネート

    ご家族の健康運や、金運をアップするために、玄関風水はいかがですか?風水によると、玄関は「気」が入ってくる最も重要な場所。玄関のイメージを変えたい・リフォームも検討しているなら、風水を参考にしてみても良いですね。

  • Door_acordion

    玄関に網戸を取り付ける価格とおすすめメーカー品5選

    玄関に網戸を取り付けるリフォームは、戸建てでもマンションでも人気があります。蒸し暑い時や室内の臭いが気になる時、玄関ドアを開けて風を取り込みたいと思うことは多いですよね。最近は、鍵付きの物や引き戸タイプなど、様々な商品が販売されています。玄関ドア用網戸の本体価格の目安や、後付け・設置する際の費用相場、リクシルやYKK APなどのおすすめメーカー品をご紹介します。

  • Pixta_16144034_s

    使いやすい玄関収納の種類とリフォーム費用相場

    家族が毎日使い、お客様を迎える玄関は常にすっきりと心地よい空間にしておきたいものです。玄関をすっきりさせておくためには、使い勝手のよい収納スペースを確保することが大切です。今回は玄関収納の種類と選ぶポイントについてご紹介します。

  • ________2_

    室内ドアは"開き戸・引き戸" どちらがいいの?リフォーム費用・部屋別の向いているドアの種類は?

    室内ドアや、クローゼットの扉・間仕切り戸をリフォームするとき、開き戸にするか引き戸にするか、どのように決めたら良いのでしょうか?実は、開き方によって室内ドアにもそれぞれ適した場所や使い方があるので、間違うと逆に危険にもつながってしまうのです。そこで今回は室内ドアそれぞれの特徴についてご紹介します。また具体的なリフォーム費用の相場も、一緒に確認しておきましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop