20坪の家の解体費用はいくら?安く抑える裏ワザや工事の流れも解説

加盟希望はこちら▶

20坪の家の解体費用はいくら?安く抑える裏ワザや工事の流れも解説

更新日:2021年10月14日

20坪の家の解体費用はいくら?安く抑える裏ワザや工事の流れも解説

20坪の家の解体をする際に、一番気になるのは費用がいくらかかるのかということではないでしょうか。多くの方はできるだけ費用を抑えて工事を依頼したいとも思うはずです。本記事では、20坪の家の解体費用の相場や費用を抑えるための裏ワザなどをご紹介します。また、解体工事の費用が高くなる要因も詳しく解説していますので、自身の状況に照らし合わせてチェックしてみてください。

20坪の家の解体にかかる費用相場

20坪の家の解体にかかる費用相場
20坪の家の解体にかかる費用相場は、木造で40~100万円ほどとなります。
鉄骨造の場合は60~140万円で、鉄筋コンクリート造(RC)は80~160万円です。

解体費用は、階数や形状、廃棄物の量などで変動します。
また、天気などの事情で工期が延びた場合も、人件費がかかるため費用は高くなってしまいます。

以下にて、20坪の家の解体費用を構造別にまとめました。
家の構造 解体費用(20坪あたり)
木造 およそ40~100万円
鉄骨造 およそ60~140万円
鉄筋コンクリート造(RC) およそ80~160万円
詳細な内訳や工事費用は、業者に確認するようにしましょう。

家を解体する際の流れ

家を解体する際の流れ
家の解体工事の一般的な流れは、以下の通りです。

● 見積もりを依頼する
● 業者を選定する
● 工事の準備をする
● 解体工事を行う
● 廃棄物の処理をする
● 整地を行う

まずは、業者を選ぶために複数社に見積もりを出してもらいます。
複数の業者に同じ工事内容で見積もり依頼をすること「相見積もり」といいます。
相見積もりすることで、適正価格で施工している業者を見分けられたり、詐欺を防げたりするのです。

業者を選んだら、工事の準備に取り掛かります。
解体工事では、事前に以下のような手続きが必要になります。

● 建設リサイクル法に関する届け出
● 道路使用許可の届け出
● ライフラインの停止

建設リサイクル法に関する届け出とは、建物を解体する旨を都道府県知事に知らせるための手続きです。

また、道路使用許可とは、工事で歩行者や車両の通行を妨げる場合に警察署に届け出ておかなければいけない書類です。
最後に、ライフラインの停止とは、家を解体するために必要なくなったガスや電気などを止めることを指します。
さらに、解体工事を行う旨を近隣住民に伝えておくことも大切な準備の1つです。

解体工事がはじまり、廃棄物が発生したら業者に適切に処分してもらいます。
工事後に、土地をきれいにならしたら家の解体は終了です。
解体工事
\相談をしたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

家の解体費用が高くなってしまう要因

家の解体費用が高くなってしまう要因
家の解体費用が高くなってしまう要因は、主に以下の4つです。

● 解体工事が困難な立地条件
● 建物の構造が複雑
● 埋設物が発見された
● 工事現場が都市部

それぞれの要因の内容を詳しく解説していきます。
ご自身の状況に当てはまらないか、チェックしてみてください。

解体工事が困難な立地条件

解体工事が困難な立地条件
解体工事が困難な立地条件だと、工事費用が高くなりやすいです。
例えば、重機や大型トラックが入りにくい路地にある家だと、作業が難しいため費用が高くなります。
重機が入れなければ、解体は手作業となります。
施工期間が長くなるため、人件費も増えてしまうでしょう。

また、隣家と密着するように建っている住宅の解体はより慎重な作業が必要なので、費用が高くなる要因ともなります。

建物の構造が複雑

建物の構造が複雑
建物の構造が複雑だと、施工期間が長引きやすいので相場よりも費用は高くなります。
取り壊す際に手間がかかったり、2階建て以上だったりする場合は、費用が高めになるケースが多いです。

埋設物が発見された

埋設物が発見された
工事中に埋設物が発見された場合も、費用が高くなるでしょう。
埋設物とは、建物を撤去した後の地中に埋まっている廃棄物やゴミなどのことです。
埋設物があり、さらに量が多いと除去に費用がかかってしまいます。

また、埋設物がどれくらいあるか分かるのは建物の解体後なので、場合によっては追加費用がかかることがあります。
総工事費が見積もりよりも高くなる可能性があるので、予算は多めに見ておくとよいでしょう。

工事現場が都市部

工事現場が都市部
工事現場が都市部の場合は、地方に比べて解体費用は高くなりやすいです。
理由は、都市部では人件費やパーキング代、ガソリン代などが高めなためです。

また、都市部は住宅が密集しているケースが多く、騒音やほこりをあまり出さないようにしなければいけません。
そのため、工事のスピードを落とす場合があり、工期が延びてさらに費用がかかることになるのです。
施工実績が豊富な
解体業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

家の解体費用を抑えるための裏ワザ

家の解体費用を抑えるための裏ワザ
家の解体費用を抑えるための裏ワザには、以下の5つがあります。

● 業者は相見積もりして決める
● 手続きは自分で行う
● 不要な家具やゴミは自分で捨てる
● 庭木や庭石も除去しておく
● 重機を保有している業者を選ぶ

それぞれの裏ワザを駆使すれば、元の費用よりも工事価格を抑えられるでしょう。
以下にて、具体的な内容を解説していきます。

依頼する業者は相見積もりして決める

依頼する業者は相見積もりして決める
まず、依頼する業者は相見積もりをして決めましょう。
相見積もりすれば、費用の安い業者に依頼できるためです。
先述の通り、「相見積もり」とは、複数の業者にそれぞれ見積もりを出してもらい、比較することです。

その際、費用を比較するために、必ず同じ工事内容で各業者に見積書の作成を依頼しましょう。
また、見積書の内容もチェックしてみてください。
内訳も丁寧に記載されている業者は安心感があります。
反対に、見積書の内容が不明瞭であれば、信頼できる業者とはいえないため依頼は避けた方がよいでしょう。

>> 相見積もりで上手に比較するポイント

手続きは自分で行う

手続きは自分で行う
家の解体に必要な手続きは、できるだけ自分で行うようにしましょう。
代行業者に依頼すると費用がかかります。
しかし、自分で手続きを全て行えれば、代行費用を抑えられるのです。

解体工事では、工事前と後にそれぞれ必要な手続きがあります。
必要書類や申請方法は各市町村の担当課で丁寧に教えてくれるので、一度問い合わせてみましょう。

ゴミや不要な家具は自分で処分する

ゴミや不要な家具は自分で処分する
住宅にあるゴミや不要な家具は、自分で処分しておきましょう。
解体にかかる工事価格は、廃棄物の量でも左右されます。
そのため、解体費用を抑えるためには廃棄物は自分でできる限り処分するのがおすすめです。

また、庭やガレージなどにある不要物も処分しておくとよいでしょう。
軽トラックを持っていない場合は、自治体で貸し出している場合もあるのでお住まいの市町村の担当課に確認してみてください。

庭木や庭石も可能な範囲で除去する

庭木や庭石も可能な範囲で除去する
庭木や庭石の除去も可能な範囲で自分で除去しておきましょう。
廃棄物と同様に、庭木や庭石の除去も業者に依頼すると費用がかかります。
できるだけ自分で処理しておくと、工事費用を抑えられるでしょう。

また、庭木の除去は業者に依頼すると1本でいくらというように加算されるため、できるだけ自分で処分しておくとよいです。
庭木の除去にかかる費用相場は、1本あたりおよそ8,000~50,000円ほどとなります。

重機を自社で保有している業者を選ぶ

重機を自社で保有している業者を選ぶ
業者選びの際は、重機を自社で保有している会社を選ぶようにしましょう。
解体業者の中には、重機を保有していない会社があります。
重機を保有していない業者に依頼すると、工事の際にレンタル代が余分にかかってしまいます。
少しでも工事費用を安くしたい方は、自社で重機を保有している業者に依頼するようにしましょう。
施工実績が豊富な
解体業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

裏ワザを駆使して解体費用を抑えよう

裏ワザを駆使して解体費用を抑えよう
20坪の家の解体でも、費用は高額になります。
しかし、解体費用が高額になる要因は自身で解消するのは難しいです。
そのため、今回紹介した裏ワザを駆使して、できるだけ解体費用を抑えるようにしましょう。

また、見積書の内訳で気になる点はそのままにせず必ず業者に確認することも、無駄な出費を抑えるために大切です。
見積もりを依頼した際は、見積書の内容をよくチェックしておきましょう。
施工実績が豊富な
解体業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

解体のおすすめ記事

  • 家の解体にかかる費用はいくら?出費を抑える方法や注意点も詳しく紹介!

    「家の解体には費用がいくらかかるのだろう」「解体費用をできるだけ抑えたい」家を解体することになった際に、このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。家の解体は滅多にあることではないので、どれくらい費用がかかるのかと心配になるはずです。そこで、この記事では家の解体にかかる費用に関する情報を詳しく解説します。また、費用を抑えるための方法や工事の際に押さえておきたいポイントもご紹介します。

  • リフォームと建て替えはどちらが安い?判断基準は?違いや費用、施工事例もご紹介!

    築年数が経過した一戸建て住宅を「リフォーム(リノベーション)」するか「建て替え」を実施するか、迷う方は多いのではないでしょうか?一般的には、リフォームのほうが「費用が安い」と言われていますが、工事の規模によっては建て替えるよりも費用が高くなるケースもあり、一概にどちらが安いとは言えません。また建物の状況なども影響してくるため、総合的に判断する必要があります。そこで、リフォームと建て替えについて、それぞれの工事費用などの違いや施工事例、判断基準、メリット・デメリットを一緒に確認していきましょう!

  • ブロック塀の解体撤去・補強・補修リフォームの費用!地震対策は大丈夫?

    ブロック塀は、外からの視線をシャットアウトしたり、敷地の境界線をはっきりさせたりと、何かと役に立つエクステリアの一つです。しかし、地震の際に倒壊の恐れがあるとして、建築基準法を満たさない、または劣化したブロック塀や万年塀が問題になっています。自宅や身の回りのブロック塀が基準を満たしていない場合は、業者に依頼をして、撤去・解体や基準に合うような補修・補強をする必要があります。補修だけで済むのか、交換した方が良いのか、最適なリフォームプランを考えてみましょう。

  • 【リフォーム業者探しの実態調査】リフォーム経験者の約8割が複数業者を比較するべきだったと回答!

    リフォームをする際に、どの業者に依頼をするかは、リフォーム費用や仕上がり品質を左右する重要なポイントです。今回は、実際にリフォームを経験した方が、施工業者探しにあたって、不安に思った点や、相見積もりをするべきだったか等について、独自調査を行ったので、アンケート結果をご紹介します。これから、リフォームを考えている方はぜひ参考にしてください。

  • 「これって悪徳・悪質リフォーム業者……?」よくある手口/契約を回避するコツ/業者選びの成功談まで公開

    不要なリフォームの契約を強引に勧めてくる「悪徳・悪質リフォーム業者」。気をつけたいと思っていても、どの会社を信用すればいいのか分からなくなることもありますよね。そんな方のために、今回は悪質業者にありがちな手口、トラブルの回避策、信頼できる業者選びのポイント・成功談などをご紹介します。予備知識をしっかり持って、できる限り被害を未然に防ぎましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。