「これって悪徳・悪質リフォーム業者……?」よくある手口/契約を回避するコツ/業者選びの成功談まで公開

「これって悪徳・悪質リフォーム業者……?」よくある手口/契約を回避するコツ/業者選びの成功談まで公開

不要なリフォームの契約を強引に勧めてくる「悪徳・悪質リフォーム業者」。気をつけたいと思っていても、どの会社を信用すればいいのか分からなくなることもありますよね。そんな方のために、今回は悪質業者にありがちな手口、トラブルの回避策、信頼できる業者選びのポイント・成功談などをご紹介します。予備知識をしっかり持って、できる限り被害を未然に防ぎましょう。

悪徳リフォームの主な対象は、外壁・屋根・床下(シロアリ)・耐震・排水周り

「これって悪徳・悪質リフォーム業者……?」よくある手口/契約を回避するコツ/業者選びの成功談まで公開

悪徳リフォーム業者が工事を勧めてくるのは、目視で簡単に劣化を指摘できる外壁屋根、あるいは居住者の方でもなかなか確認できない床下(シロアリ)・耐震性・排水周りなどです。

一戸建ての外装や床下を対象とする例が圧倒的に多く見られますが、集合住宅の場合でも「階下に迷惑がかかるかもしれない」といった理由を持ち出して、排水周りの劣化を誇張するケースなどが報告されています。

一人暮らしや高齢者が暮らす家が、特に狙われやすい!

一人暮らしや高齢者が暮らす家が、特に狙われやすい!

ターゲットにされやすいのは、一人暮らしや高齢者の世帯です。

営業の担当者は外から家の様子を観察して大体の家族構成を予測し、人の少なそうなご家庭を選んで訪問すると言われています。
他のご家族に相談する時間を与えず、何かと理由をつけて契約を勧める手法が一般的です。

信頼のできる
リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

悪徳・悪質なリフォーム業者に多い5つの手口

悪徳リフォーム業者の手口には、ある程度の特徴があります。
以下のような方法でリフォームを勧めてくる場合は、特に用心したほうがよいでしょう。

1. 訪問販売営業による「無料点検」

悪質業者の多くは、直接営業に来て「無料点検」を勧めます。

点検後に劣化部分を指摘されるケースがほとんどですが、中には「故意に屋根の一部を壊す」「あらかじめ用意した、他の家の屋根の劣化写真やシロアリを見せる」といった詐欺まがいの例もあります。

また、役所や大手企業の名をかたる業者、ご近所の工事の挨拶を装って営業する業者も多く存在します。

2. 恐怖心を与え、煽る

実際にはそこまで深刻な劣化ではないにもかかわらず「すぐに工事しないと建物が倒壊する」などと、恐怖心を与えて契約するよう迫ります。

特に大きな自然災害が起こった後などには、このような手口の悪徳リフォーム業者が増える傾向にあるため注意が必要です。

3. モニター/キャンペーン価格など値引きをアピールする

初めに提示した価格から大幅に値引きして、お得感をアピールします。
しかし、そこまで値引きできるということは、そもそもの価格設定がかなり高いということです。
リフォームには定価というものがほぼ存在しないため、見極めるのが難しいところではありますが「今すぐ契約してくれたら、キャンペーンで半額」などという大胆なセールストークには信憑性がないと言えるでしょう。

なお、特定の工事を「モニター価格で施工します」と案内した後、別の種類のリフォームも提案して高い金額を請求してくるケースも見られます。

4. 「介護保険でリフォームできる」と嘘をつく

介護保険を利用してリフォームを行うには、あらかじめケアマネジャーなどにプランを立ててもらい、自治体に申請しなくてはなりません。

また、保険が適用される工事は種類が決められており、支給される金額にも限度があります。
「どんなリフォームも介護保険でまかなえる」などと勧めてくるのは大きな間違いです。

>> 介護/バリアフリーリフォームの費用と事例!介護保険の主な条件は?

5. 急いで契約させようとする

「契約するか、じっくり考える」「他の業者にも見積もりを依頼してみる」といった時間を与えないよう、しつこく勧誘してその場で契約させようとします。
また、契約後はすぐに工事を始めて、解約しづらい状況にしてしまいます。

信頼のできる
リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

悪徳・悪質リフォーム業者とのトラブル回避のコツ4選

なんとなく怪しいなと思っても、悪質業者かどうかを見極めるのはなかなか難しいものです。
そんな時は、以下のような方法で相手の信頼性を確かめてみましょう。

1. 絶対に、その場では契約しない

良心的なリフォーム業者であれば、事前の調査や見積もりにしっかり時間を割いてくれます。

契約だけを急かされる場合は「家族と相談してから決める」「知り合いの業者に点検してもらう」などと理由を作って、きっぱりと断りましょう。

2. 保有資格や所属などを確認する

大規模な建築工事を請け負う業者は「建設業許可」を得て営業していますが、500万円未満の建築工事は建設業許可を得ていなくても行うことができます。
そのため、これが悪質業者を増やす一因になっているとも言われています。
心配な場合は、建設業許可を得ている業者を選ぶというのも一つの方法でしょう。

また、中には実績のある大手会社の名前を勝手に名乗る悪質業者もいます。
不審に思う時は、親元である大手会社にきちんと確認してみましょう。

3. 保証/瑕疵保険/アフターサービスがあると安心

保証やアフターサービスが充実しているリフォーム業者は、良心的で信頼性が高いと言えるでしょう。

また、住宅工事には「瑕疵(かし)保険」と呼ばれるものがあり、この保険に加入している業者にリフォームを依頼すると、工事完了後に第三者である建築士が検査を行います。
万が一、工事の対象箇所に欠陥が見つかった場合は保険が適用されるため、無駄な費用を支払わされる心配がありません。

>> リフォームの瑕疵保険とは?

4. 相見積もりで複数の業者を比較する

同じ内容のリフォームでも、施工する業者によって費用はそれぞれ異なります。
初めから一社に絞らず、複数の業者に見積もりを依頼して、しっかり比較するとよいでしょう。

また、不明な点を丁寧に説明してくれるか、相見積もりすることを快諾してくれるかといったことも、信頼度をチェックするポイントになりますよ。

相見積もりで複数の
リフォーム業者比較したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

万一、悪徳リフォーム業者と契約してしまったら?

あの手この手でしつこく迫られて、断りきれずに契約を結んでしまうケースは決して珍しくありません。

また、業者側に悪意がなかった場合でも、リフォーム完了後に施工不良や不具合が発覚するトラブルもあります。

万一、悪質と思われる業者と契約した場合や、工事の品質が低いと感じる時でも、以下のような方法で泣き寝入りせずに済む可能性があります。

万一、悪徳リフォーム業者と契約してしまったら?

クーリング・オフ制度を活用する

契約書などの書面を受け取った日から8日以内であれば、クーリング・オフ制度を利用して解約することができます。

すでに工事が始まっていてもクーリング・オフの対象にはなる可能性はありますが、手続きが難しくなってしまうため、注意が必要です。
この期間中は工事をさせないよう、断固として拒否しましょう。

(詳細については「国民生活センター」や、地域の「消費生活センター」などで、ご確認ください。)

工事完了後の場合は、保証・保険があれば利用する

すでに工事が完了した後で問題が見つかった場合は、可能であれば、アフターサービス・保証・瑕疵保険などを利用しましょう。
保証期間が限られているケースが多いため、速やかな対応が肝心です。

国民生活センターなど第三者に相談する

保証や保険を利用できない場合や、業者が応じてくれない場合には「国民生活センター」「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」などに相談してみましょう。
トラブルに詳しい専門家から、アドバイスを受けることができます。

相見積もり経験談からわかる!業者を選ぶ際のポイント

最後に、当サービス『リショップナビ』を通して相見積もりをされた結果、優良な施工業者と契約・ご満足いただけたお客様からの口コミの例をご紹介します。

リフォーム経験のある方々のご感想から、契約の決め手になった点などを参考にしてみましょう。

①成約した業者:日本デコール株式会社
写真付きの資料を用意してくださり、見積もりの対応が丁寧で、安心して相談できました。
こちらの要望を踏まえて、やるべきこと/やらなくてもいいことなども提案してくれました。
また機会があれば、ぜひ依頼したいと思っています。

【神奈川県川崎市幸区 / 36~40歳男性 / 物件の種類:一戸建て / 施工内容:外壁塗装 / リフォーム費用:120万円 / 2016年2月工事完了】
②成約した業者:エントランスリフォーム
数社、塗装のみの見積もりを取得して話も聞き、さまざまな提案があったが、他社と同じ製品で一番の低価格を提示してくれた。
10年の工事保証をつけてくれたので、安心感があった。

【北海道札幌市北区 / 46~50歳男性 / 物件の種類:一戸建て / 施工内容:屋根塗装・外壁重ね張り / リフォーム費用:120万円 / 2016年6月工事完了】
③成約した業者:フジタ塗装
トータル的に優れていると感じられました。
人柄、提案書類の精度の高さ、価格、施工内容や保証についての質問に対しても回答が迅速で丁寧でした。
塗装の進捗を都度報告してくれたので、信頼性がありました。

【東京都世田谷区 / 41~45歳女性 / 物件の種類:マンション・アパート / 施工内容:外壁塗装 / リフォーム費用:- / 2017年10月工事完了】
④成約した業者:株式会社エディオン
見積もりの結果、予算内だった。他社さんと比較して、最も担当の方が誠実でまともな印象を受けた。
キッチンのレンジフードのメンテナンス性を考慮し、顧客目線の良い提案をしていただけた。

【奈良県大和郡山市 / 男性 / 物件の種類:マンション・アパート / 施工内容:キッチン・洗面所 / リフォーム費用:130万円 / 2018年12月工事完了】
⑤成約した業者:住友不動産株式会社
担当の方の感じが良く、工事内容などの説明がしっかりしていて、私たちが思いつかない提案などもしていただけた。
実績のある会社のため、安心できました。アフターサービスなどもしっかりしているので、こちらにお願いして本当によかったです。

【愛媛県松山市 / 女性 / 物件の種類:一戸建て / 施工内容:水回り・内装・外装全般 / リフォーム費用:716.8万円 / 2020年2月工事完了】

悪徳・悪質リフォームの被害について見聞きすると、いろいろな業者に会うこと自体、不安に感じてしまうかもしれませんね。

しかし相見積もりをすることで、良い業者を見極めるコツがつかめることもあります。
今回お話しした通り「その場で契約することは避ける」などのコツを踏まえて、まずは複数の業者に会い、実際に話を聞いてみましょう。

相見積もり経験談からわかる!業者を選ぶ際のポイント

なお『リショップナビ』では、業者をご紹介する前にお客様のご要望をお伺いしているので、ご不安な点があれば気軽にご相談ください。
相性がピッタリの会社に出会うことで、心から納得できるリフォームやリノベーションを実現できるとよいですね!

【この記事のまとめ&ポイント!】

悪徳リフォーム業者が、工事を勧めてくる対象はどこですか?
劣化を指摘しやすい「外壁」など、また住民の方も確認が難しい「排水周り」などを勧めてくることが多いです。詳しくは、こちら
悪徳・悪質なリフォームの業者がよく使う手口を教えてください。
「訪問販売の営業によって無料点検を勧めてくる」「時間を与えず契約させようとしてくる」といった手口が挙げられます。詳しくは、こちら
どうすれば悪徳・悪質なリフォーム業者とトラブルから回避できますか?
トラブルから回避するポイントは、「保有資格などを確認すること」「その場で契約をしないこと」などです。詳しくは、こちら
相見積もりで複数の
リフォーム業者比較したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ちのおすすめ記事

  • 外壁塗装業者の選び方・注意点・トラブル対策まとめ!悪質業者にだまされないために

    外壁塗装業界には、実は悪質な業者がたくさん存在しており、特に最近は、高齢者がいる家庭での被害が毎年多いことが問題となっています。大切な住宅のリフォームだからこそ、ずさんな工事や高額請求といったトラブルは避けたいものです。そこで、良い外壁塗装業者の選び方や注意点、悪徳業者かどうかの見分け方、よくある手抜き工事の実態、万一トラブルになってしまった場合の対策まで、まとめてご紹介します!

  • 失敗しないリフォーム会社の選び方・比較する時の8ポイント!評判の良いおすすめ業者の口コミも公開

    リフォームの成功・失敗は、依頼する会社によって決まると言っても過言ではありません。しかし、本当に信頼できる業者をどのようにして選べば良いのか、悩んでしまうものですよね。そこで、リフォームやリノベーションに対応できる優良な施工会社・工務店を数多くご紹介してきた『リショップナビ』が、業者選びの大切なポイントや注意点を、わかりやすく解説します。実際に成約されたお客様からいただいた、人気のリフォーム業者(大手/地元密着など)の口コミ・契約の決め手になったポイントも公開しているので、参考にしてくださいね!

  • 東京で人気のリフォーム会社・工務店14選!マンションリフォーム・リノベーションにも対応!

    東京都内でリフォームや、リノベーションをお考えの場合、リフォーム会社選びにお悩みではないでしょうか?リフォーム会社と一口に言っても、幅広い工事に対応できる大手のリフォーム会社から、地域密着で長年愛される工務店まで様々です。自分にぴったりのリフォーム会社が見つかるよう、お住まいの市区町村だけでなく、広くリフォーム会社を探して比較してみることをおすすめします!ここでは東京でリフォームやリノベーションを行う14社の特徴や口コミ、施工事例を紹介します。さらに、東京都のリフォーム補助金情報と、リフォームの費用相場も載せているので、お得で満足なリフォームになるよう計画を立てていきましょう!

  • リフォーム見積もりで失敗しない!上手に比較するために気をつけたいポイント総まとめ

    リフォームやリノベーションの依頼先を決める際に気になる、提案内容や費用は、リフォーム業者によって差があります。より希望に近いプランにできたり、リフォーム費用が安く済んだりする場合もあるため、複数社から見積もりをとって比較をするのがおすすめです。とはいえ、どのように見積もりをとったらいいのかわからないという方も多いでしょう。 ここでは、「見積もりは無料でもらえる?」「比較した結果、断ってもいいの?」などの疑問や、何社くらい比較すればいいのかなど、上手に相見積もりをするためのポイントをまとめて解説します。

  • ここだけは見て!"リフォーム見積書" 8つのチェックポイント

    リフォーム会社を探す際に必ず見ることになる「リフォーム見積書」、しかし、普段なかなか見る機会のないものなので、どこに注目して判断をすれば良いのでしょうか?ここではそんな見積書の見方と判断ポイントについてご説明します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.