フッ素塗料なら最高級の外壁に!特徴・価格を徹底解説

フッ素塗料は、外壁や屋根に使われる塗料の中で最も長寿命。その優れた耐久力と美しい光沢感の魅力は、六本木ヒルズの建物にも採用されたほどです。シリコン塗料やアクリル塗料と比較すると、圧倒的に機能に差があるフッ素塗料。特徴や価格、注意点について詳しくご紹介します。

フッ素塗料(塗装)の特徴

フッ素塗料は、主成分の合成樹脂がフッ素系である、天然石を原料とした塗料です。
超高層ビルや航空宇宙産業機器に使われることが多いほど、丈夫で機能が非常に高く、外壁塗料の中でも最高級の価格帯・機能性を保持しています。

フッ素塗料の耐用年数

フッ素塗料の耐用年数は、12~20年です。
外壁で多く使われる塗料のほとんどが耐用年数7~15年であることに対し、フッ素塗料は高い耐久力を持っています。

リフォーム時にかかる費用は高額になりますが、クオリティーの高さを考えると、長期的な視点で外壁を美しく長持ちさせたい方には最適な塗料と言えます。

フッ素塗料のメリット

耐摩耗性・耐熱性・防汚性が抜群

フッ素塗料の魅力は何といっても、耐摩耗性・耐熱性・防汚性が超優秀なところです。
フッ素といえば、フライパンをイメージされる方も多いと思います。
摩擦や熱、汚れの強さは、このように身近なアイテムで証明されているわけですね。

またフッ素塗料は、航空宇宙産業機器にも数多く利用されています。
なかなか手入れができない高層ビルや、耐久力が優れていることが必須条件である航空機器で積極的に取り入れられているほど、フッ素塗料は屈強な塗料なのです。

耐用年数が外壁塗料の中で最長

フッ素塗料は、外壁劣化の原因になる、長期の紫外線・風雨の影響を防御する力を持っています。
劣化の素を防ぐことができるからこそ、外壁塗料最長の耐用年数を誇っているわけです。

ちなみに、住宅の外壁で一番人気のシリコン塗料の寿命は7~15年です。
一方で、フッ素塗料は15~20年も長持ちするのですから、5~8年の差はかなり大きいですよね。

立地の都合で、塗り替えの際に足場の費用がかなりかかってしまう住宅でしたら、思い切ってフッ素の外壁にしてしまうのも得策かもしれません。

高級感のある外観になる

独特の美しい光沢感があり、汚れにくく劣化しにくいフッ素塗料の外壁は、ご自宅を高級感のある外観に仕上げたい方にも適しています。

高価なので当然ではあるのですが、値段以上のハイグレードな体裁と耐久性を提供してくれるはずです。

親水性が高く、汚れが落ちやすい

なお、フッ素塗料は親水性も高いのが特長の一つです。
外壁に水が密着しやすい性質であるため、外壁の表面と汚れの間に水が入り込むことができます。
このため、外壁に付着する空気中の汚染物質は、雨で自然に流れ落ちていくのです。

フッ素塗料の施工が得意な
塗装業者を探したい!/
完全無料!
塗装業者の紹介を依頼 ▶

フッ素塗料のデメリット

価格が高い

高額なフッ素塗料は、他の外壁塗料と比べるとどの位の差があるのでしょうか。
端的にお話しすると、従来の外壁で使われてきたウレタン塗料の2倍位です。
フッ素塗料はその耐性の強さから、住宅の屋根で用いられる機会は増えていますが、広範囲に施工する外壁には、予算的に手が届かないというパターンも多く、あまり使われていません。

今後何世代にも渡って同じ家に住み続ける計画をされているようでしたら、メンテナンスの頻度を減らす対策としてフッ素の外壁を導入してみても良いかもしれないですね。

ツヤのある外観が好きではない方には不向き

耐久性が高いフッ素塗料のツヤは、消すことはできません。
好みによっては、光沢が気になる方もいらっしゃるかもしれないので、実際にフッ素塗料で施された外壁を見て確認する機会を作っておくと無難です。

塗り替え時に注意

フッ素塗料は、防汚性が高すぎて上塗りしにくい場合があります。
フッ素塗料で塗装した外壁・屋根のリフォームに慣れている業者なら問題ありませんが、今後、補修塗装や塗り直しをする際に、対応できる職人を探すのに苦戦してしまう可能性があります。

フッ素塗料を採用する際には、施工業者に、今後塗り直しが必要になった場合も対応してもらえるどうか確認しておくと安心ですね。

フッ素塗料の施工が得意な
塗装業者を探したい!/
完全無料!
塗装業者の紹介を依頼 ▶

フッ素塗料の価格・費用相場

フッ素塗料の価格・費用は、1㎡あたり3,500~4,800円が相場です。
一般的な戸建て住宅30坪に施工すると、110万円以上かかってしまいます。

ただし耐用年数が12~20年と長いことから、塗り替えの頻度は少なくて済むため、長く住み続ける住宅であれば決して高い買い物ではないと言えます。

フッ素塗料の実績がある業者に依頼する

いざ、フッ素塗料で外壁塗装を依頼しようと思っても、「フッ素塗料は硬いからヒビ割れする」と返答する業者がいます。

しかしこれは、フッ素塗装の実績がないため断っているだけというパターンが多いです。
どんなに丈夫な塗料を使っても、外壁は10~20年すれば劣化することは避けられないものです。
フッ素塗料のせいで外壁がヒビ割れするというわけではないので、安心してください。

一方、フッ素が少量しか入っていない塗料を勧めてくる悪徳業者もいるので、注意が必要です。
フッ素の量が少ないと、フッ素塗料ならではの性能は発揮されません。
高額なリフォーム費用を請求されて、実は粗悪な塗料を使われていた、というトラブルは必ず回避したいところです。

いずれにしても、素人が良い塗料を判断するのは非常に難しいこと。
リフォームで失敗しないためには、フッ素塗料での外壁塗装の実績・経験がある塗装業者を探すことが最も重要なポイントになります。

できれば複数の塗装業者に見積もりを依頼し、提案される内容や概算費用を比較してみることをおすすめします。

フッ素塗料の施工が得意な
塗装業者を探したい!/
完全無料!
塗装業者の紹介を依頼 ▶

フッ素塗料のおすすめメーカー品

フッ素塗料に興味がある方のために、代表的なフッ素塗料製品を挙げておきます。
高価であるため、あえて粗悪なフッ素塗料を販売する業者が増えてきました。
以下の製品でしたら、確実なのでおすすめです。

メーカー 製品名
日本ペイント ファイン4Fセラミック・水性サーモアイウォール・FスーパーオーデフレッシュF
関西ペイント セラMフッソ・アレスアクアセラフッソ・アレスクール水性F
エスケー化研 クリーンマイルドフッソ・水性セラタイトF・水性弾性セラタイトF
AGCコーテック ルミステージ
旭硝子 ルミフロン

フッ素塗料の塗装事例

それでは、リショップナビで実際にフッ素塗料を使って塗装した実例をご紹介します。

事例1
美しいグレーの外装に

材料費 外壁塗料 工事費用に含む
工事費用 外壁塗装工事 133万円
工事費用 足場設置・養生 16万円
総額 149万円
築10年が経ち、外壁の塗り直しを行うタイミングでフッ素塗料を採用しました。上品なグレーを基調とした、高級感のある外観に生まれ変わりました。スタイリッシュな門扉やグリーンも映える、バランスの良い仕上がりです。

事例2
落ち着きのあるツートンカラーの外壁

材料費 外壁塗料 工事費用に含む
工事費用 外壁塗装工事 100万円
工事費用 足場設置・養生 14万円
総額 114万円
色褪せが目立つようになり、以前よりも長持ちする塗料を使いたいというご希望から、耐久性の優れたフッ素塗料でリフォームしました。濃い目のブラウンと清潔感あるホワイトの組み合わせで、重厚感ある佇まいになりました。

事例3
クリーム色とブルー外壁で爽やかに

材料費 外壁塗料 工事費用に含む
工事費用 外壁塗装工事 120万円
工事費用 足場設置・養生 15万円
総額 135万円
個性を出しつつ落ち着きのある仕上がりにしたい、というご要望で、1階部分にはクリーム色を使いつつ、ベランダ部分は大人っぽいブルーの色を取り入れました。耐久力のあるフッ素塗料なら、きれいなカラーがより長持ちします。

一般的な外壁塗料としては注目されていなかったフッ素塗料ですが、それでも需要数は徐々に増えており、価格も少しずつ下がりつつあります。

良い塗装業者なら、予算に合わせて外壁塗装をするためのアイデアを色々と提案してくれます。
外壁をリフォームする際や新築を購入されるとき、フッ素塗料も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

フッ素塗料の施工が得意な
塗装業者を探したい!/
完全無料!
塗装業者の紹介を依頼 ▶

更新日:2017年2月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 外壁 塗装リフォームの記事

  • ________1_

    【一級建築士 監修】外壁塗装・外壁リフォームの費用相場

    外壁塗装・外壁リフォームの費用相場や、リフォームで失敗しないためのポイント、外壁塗装のメンテナンス周期について解説しています。外壁と窓枠の間や外壁継ぎ目部分(シーリング)の打ち替え・クラック(ひび割れ)補修などの小規模な工事から、外壁の塗り替え、サイディングの重ね張りや張り替えといった大規模な工事まで、実際の外壁リフォーム事例とリフォーム料金の相場をご紹介します。事前に確認して、適正価格で外壁リフォームを実施しましょう。

  • B

    外壁塗装業者の選び方・注意点・トラブル対策まとめ!悪質業者にだまされないために

    外壁塗装業界には、実は悪質な業者がたくさん存在しており、特に最近は、高齢者がいる家庭での被害が毎年多いことが問題となっています。大切な住宅のリフォームだからこそ、ずさんな工事や高額請求といったトラブルは避けたいものです。そこで、良い外壁塗装業者の選び方や注意点、悪徳業者かどうかの見分け方、よくある手抜き工事の実態、万一トラブルになってしまった場合の対策まで、まとめてご紹介します!

  • A

    初めて外壁塗装をする方にもわかる【塗料9種類の特徴・価格の比較まとめ】

    住宅の外壁塗装のリフォームの際に、最も気になることの一つが、主な塗料の種類や、耐久性(メンテナンス周期)・価格の違いではないでしょうか。「シリコン塗料やフッ素塗料って何?」「ハイブリッド塗料とは?」など、外壁の塗料を選ぶ際に理解しておくと良いポイントや、各塗料の特徴について、解説します。塗料ごとのおすすめメーカー品についてもご紹介するので、参考にしてくださいね。

  • Img_0188

    シリコン塗料は外壁・屋根塗装で人気!価格や特徴は?ウレタンやフッ素と比較

    コストパフォーマンス性に優れたシリコン塗料は、外壁・屋根塗装のリフォームで非常に人気がありますが、大切な家を守るためにも、本当に良い塗料であるかどうかしっかり確認しておきたいですよね。そこで、シリコン塗料のメリット・デメリットや、種類・グレードの違い、日本ペイント・エスケー化研・関西ペイントといったメーカーのおすすめ品を解説します。また、ウレタン塗料やフッ素塗料と比較した場合の価格・耐用年数の差や、シリコン塗料を使った施工例もご紹介するので、チェックしてみてくださいね!

  • ______

    【一級建築士 監修】屋根塗装・屋根リフォームの費用相場

    屋根塗装・屋根リフォームの費用相場をご紹介しています。実際の屋根リフォーム事例から、瓦の補修にかかる費用や、屋根の塗り直しや重ね葺き・葺き替えをする場合の施工費用の相場がわかります。屋根塗装・屋根リフォームは、使用する塗料や屋根材によって費用が異なります。屋根リフォームで押さえておきたいポイントを事前に確認して、適正価格でリフォームしましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop