外壁塗装業者の選び方・注意点・トラブル対策まとめ!悪質業者にだまされないために

外壁塗装業界には、実は悪質な業者がたくさん存在しており、特に最近は、高齢者がいる家庭での被害が毎年多いことが問題となっています。大切な住宅のリフォームだからこそ、ずさんな工事や高額請求といったトラブルは避けたいものです。そこで、良い外壁塗装業者の選び方や注意点、悪徳業者かどうかの見分け方、よくある手抜き工事の実態、万一トラブルになってしまった場合の対策まで、まとめてご紹介します!

外壁塗装はどこに頼むと良い?業者の選び方とは?

住宅のリフォームを行う企業には、ハウスメーカーや工務店、ホームセンター、総合リフォーム会社、塗装業者、水廻り工事専門店など、色々な形態の会社があります。

その中でも外壁塗装を依頼する場合には、塗装業者、もしくは塗装経験があるリフォーム会社を選ぶことをおすすめします。

外壁用の塗料にはいろいろな種類があり、今ある建物の旧塗膜や下地によって、適した塗料や施工方法が異なります。
そのため、塗装リフォームの経験に長けた業者に任せることが望ましいです。

ただし、塗装業者を名乗る営業マンが自宅に来て「すぐに塗装するように」と提案された/「実績がある当社の塗料なら30~40年以上は持ちます」と勧誘された、などという場合には、悪質な業者である可能性があるため注意が必要です。

外壁塗装は悪徳業者が多いため注意!その理由は?

「外壁塗装ほど手抜きをしやすい工事はない」と言われているほど、外壁塗装業界には悪質な業者が多く存在しています。

「故意に手抜き工事をされた」「材料の質や工事品質に見合わない、高い費用を請求された」といったトラブルが多いのですが、理由としては以下のような点が挙げられます。

理由①定価がない

塗装工事には、定価がほぼ存在しません。
外壁塗装費用の内訳は、塗料代や塗装工事の人件費の他、足場の設置・解体費用や、業者によって異なる諸経費なども含まれるため、相場がはっきりと決まっていないのです。

また、使用する塗料のクオリティーによって値段に差があります。
さらに外壁の面積や劣化具合によって、塗布する量や補修内容も変わってくるため、他の建物を塗装した場合と比較することができないのです。

理由②塗装工事の品質が判断できない

リフォーム完了時には手抜き工事をされたことに気づかず、数年後に塗膜が激しく劣化してきてから初めて「実は、質の低い工事をされていた」と発覚する例も多くあります。

一般の方にとって塗装した直後の外壁は、明らかに色ムラがある/表面に凹凸やひび割れがある、といった状態でない限り、きちんと施工できているように見えてしまうためです。

理由③外壁の劣化は外から見えるため、飛び込み営業しやすい

家の中と違って、外壁の劣化は、外を歩いている人にも見えてしまいます。
そのため突然訪問して、「早くリフォームしたほうが良いですよ」と営業しやすいのです。

とりわけ地震や台風の直後には、外壁のひび割れや雨漏りの不安を煽る業者が増える傾向があります。

安心して任せられる
外壁塗装業者を探したい!/
完全無料!
外壁塗装業者の紹介を依頼 ▶

訪問販売は特に警戒を!悪質業者がよく使う5つの手口

ここからは、よくある悪質業者の手口について解説します。

特に、連絡もなく突然訪問営業をされた場合には、警戒したほうが良いでしょう。
『独立行政法人 国民生活センター』の発表によると、「訪問販売によるリフォーム工事」の相談件数は、1日平均15件以上もあることが分かっています。

中でも、60歳以上の高齢者が契約させられた事例が非常に多く、不審に思ったご家族からの問い合わせで判明したケースもあり、深刻な問題となっています。

実際に、塗装業者から勧誘された場合や、これから見積もりを依頼する場合にも、以下のようなケースに当てはまらないか、チェックしてみてください。

①外壁の状態を大げさに悪く言い、不安感をあおる

「外壁がかなり劣化しているので、すぐに工事を始めないと倒壊する」「早急に塗り替えないと、大変なことになる」などの言葉で、不安を過剰にあおってくる業者には気をつけましょう。
天災があった後などに、訪問業者がよく使う手口の一つです。

慌ててリフォームしたくなってしまうかもしれませんが、外壁は、チョーキング現象や大きなクラック(ひび割れ)など、よほどわかりやすい症状が出ていない限りは、今すぐに塗り替えないと家全体が危険ということはありません。

>> 外壁のチョーキング現象は、放置すると危険?
>> 外壁を補修・修理したい!費用・方法・業者の探し方は?

家を守ってくれる大切な外壁だからこそ、緊急性をやたらと強調してくる業者には依頼せず、じっくり落ち着いて施工会社を選びましょう。

②契約を急かす

「今日中に決めてください」などと契約を急かす業者も要注意です。
冷静な判断ができない内に、契約を結ぼうとしている可能性があります。

絶対にその場で契約はせず、「家族と相談する」「他の業者と比較したい」といった理由を伝え、一旦帰らせてしまいましょう。
良心的な業者であれば、後から「再度、見積もりをお願いしたい」と連絡しても、親切な対応をしてくれるはずです。

③「キャンペーン特別価格」などと大幅な値下げをする

「キャンペーン中なので、今すぐ契約してもらえれば、特別に半額にする」などと、大幅な値下げをしてくる場合も注意が必要です。

例えば「通常の値段設定は300万円、半額なら150万円になるからお得!」と思わせておきながら、念のため他の業者にも見積もりを依頼すると「本当は90万円の費用で済む工事だった」と判明したケースがあります。

④外壁塗装の耐久年数が長すぎる

外壁塗装は一般的に、10~15年の周期で塗り替えが必要になります。
よほど耐久性に優れた塗料を使用しても、最長で20~25年前後で寿命が来ます。
そのため「40年持ちます!」「永久に美しさが続きます!」などの売り文句は信じてはいけません。

施工実績がないオリジナル塗料を勧められる場合も、耐久力のない塗料を使おうとしている可能性があるため、用心しましょう。

>> 外壁・屋根用塗料9種類の特徴・価格の比較まとめ

⑤「足場0円」とかたっている

外壁塗装の工事では、ほとんどの場合、足場の設置費用がかかります。
設置する範囲にもよりますが、数十万円必要になることも少なくはありません。
この高額なイメージが強い足場を「0円」とアピールする業者もありますが、安全で丁寧な施工をするためには、足場は欠かせないものです。

ほんの一部の補修でない限り、足場を作らないで良質な塗装工事ができることは滅多にありません。
また、これほどの金額がかかる足場を無料で設置できることはあり得ないため、別の費用項目に上乗せしている可能性も考えられます。

いずれにしても「足場代が0円」と勧誘してくる業者は信頼できるものではありません。
ただし、足場の設置スペースがない場所での施工時には、ゴンドラやクレーンを使って作業する業者もいるため、見積もり内容に、足場もしくはゴンドラなどの費用が含まれているか、まずは確認してみましょう。

>> 外壁塗装で必須!足場の単価・価格はどの位?

信頼できる
外壁塗装業者を探したい!/
完全無料!
外壁塗装業者の紹介を依頼 ▶

優良業者か否かをチェックするための5ポイント

良い塗装業者の見分け方についても、知っておくことが大切です。
具体的にリフォームの打ち合わせをする際には、以下の点を確認してみましょう。

①資格・建設業許可を保有していると安心

外壁塗装業は、資格を持っていなくても運営できてしまうのが現状です。
良質な業者かどうかを判断するためには、以下のような資格を保有しているスタッフが在籍する業者を選ぶと良いですよ。

・建設業許可(塗装工事業許可)
・塗装技能士(1級・2級)
・外壁劣化診断士
・外壁塗装マイスター
・雨漏り診断士、など

いずれも、しっかりとした知識や技術を持った人が取得できる資格で、建物の劣化状況に合った的確な提案をしてくれます。

②工事の期間が短い場合は要注意!

天候にもよりますが、一般的な戸建て住宅の外壁塗装の工期は、1~4週間程度かかります。

工事スケジュールの目安について、質問しておきましょう。
あまりにも短い期間で設定されている場合には、手抜き工事をされる危険性があります。

③提示された見積書の内容は適切か

外壁塗装では基本、ひび割れなどを補修する下地調整作業が行われ、その後「3回塗り」を行います。
主に、1回目に下塗り塗料、2回目と3回目には上塗り塗料が使われることが多く、4回塗りを推奨する丁寧な業者もいます。

見積書を提出されたら、どの箇所に、どのような塗料を何回塗ってもらえるのか、細かくチェックしておきましょう。

なお、すべての工事内容をまとめて「一式」という表現で提示する業者もいるので、詳細が記載されていない場合には、内訳がいくらか聞いてみると良いですね。

>> ここだけは見て!"リフォーム見積書" 8つのチェックポイント

④実際の塗装現場を確認させてもらえるか尋ねる

外壁塗装の手抜き工事には「きちんと下地処理や3回塗りを行わない」「塗料を正しい量よりも薄めて使う」といった例が多いため、工事中の現場を見せてもらえるか尋ねておくと無難です。

可能であれば、今施工中の現場を見学させてもらえるかどうか聞いてみましょう。
なおマナーや技術がある職人であれば現場を整理整頓しているはずなので、見学の際には、作業場が散らかっていないかもチェックしておくと確実です。
見学が難しい場合には、以前リフォームした現場の写真を見せてくれる会社もたくさんあります。

ちなみに、施主の方が留守にしている際のリフォーム現場の写真をすべて撮影し、完工後にアルバムにまとめてプレゼントしてくれる業者もいるので、このようなサービスがあれば、工事当日に立ち会えない方でも安心ですね。

⑤保証条件・瑕疵(かし)保険への加入はどうなっているか

工事完了後の保証があるかどうか、施工不良があった場合はどこまで直してもらえるのか、どういったアフターフォローをしてくれるのか、といった点を確認することも非常に重要です。

塗装工事の保証には、塗料メーカーによる「メーカー保証」と、塗装業者の施工品質に関する「工事保証」と2種類あるので、詳細な内容についても確認しておきましょう。

また「リフォーム瑕疵保険」対応の業者であれば、第三者から保証付きの検査をしてもらえるので、万が一工事中や工事後に不具合があった場合でも、問題点を解決できます。

>> リフォームの瑕疵保険とは?加入保険料・対象工事・業者の探し方

なお当サイト・リショップナビでは、リフォーム瑕疵保険に対応している塗装業者を多数、ご紹介しています。
また、瑕疵保険へ加入していない業者の場合には、弊社独自のサービスである『安心リフォーム保証制度』による保証も可能です。

ご希望の方はぜひともご活用ください。

>> リショップナビの『安心リフォーム保証制度』の詳細はこちら!

複数社に見積もりを依頼し、比較することが大切

適正価格で正しい塗装工事をしてくれる業者を見極めるためには、複数の業者に見積もりを依頼し、提案されるリフォームプランを比較することが肝心です。

3~5社の見積書を比較することによって、ご自宅の外壁塗装にかかるだいたいの費用相場や、適切な塗料、必須になる工事・不要な工事などの基準を判断することができます。

>> リフォーム相見積もりのマナー・注意点

業者によって得意分野もサービス内容も様々

各塗装業者・リフォーム会社によって、提供しているサービス内容は多種多様です。

例えばリショップナビには、メーカー保証と工事保証をセットにした「W(ダブル)保証」を約束している会社や、人体にも環境にも優しい「水性塗料」を推進している会社などが多く加盟しています。

「雨漏り診断が得意」「断熱・遮熱塗料である『ガイナ』の実績が豊富」というスキルが高い業者もいますし、「リフォームローンの相談にも乗ってくれる」「女性プランナーが対応してくれる」など、塗装以外の内容も充実している会社も数多いです。

価格・技術力・丁寧さはもちろん大切ですが、他にも優先したいことや興味深いサービスがないか、考慮しながら業者を選ぶと良いですね。

安心して任せられる
外壁塗装業者を探したい!/
完全無料!
外壁塗装業者の紹介を依頼 ▶

知っておきたい!外壁塗装でありがちな6つの手抜き工事

以下からは、実際に多い手抜き工事について、ご紹介します。

担当者が誠実そうに見えたとしても油断せず、工事が始まったら以下のような不正行為がないか、なるべく見に行くようにしましょう。

①高圧洗浄の手抜き

通常、塗装の前には、高圧洗浄で外壁の汚れをしっかり落とします。
この高圧洗浄の作業を、わざと省略する、あるいは手短に済ませる、といった手抜きのケースがあります。

汚れがある状態で塗装をしてしまうと、凸凹した仕上がりになる、塗装が剥がれやすくなる、というトラブルが起こります。

②下地処理・補修作業の手抜き

塗装前に、外壁のひび割れや凸凹の補修作業が行われていなかった、という事例もあります。
この補修作業を省くと、塗料がきれいに付着せず、塗膜の耐久年数が短くなってしまいます。

③見積書に記載している塗料を使わない

見積書や契約書に記載した塗料よりも、グレードが低い塗料で施工をして、コストを抑える手口もあります。
工事の当日に、実際に使用している塗料の缶を見せてもらうと良いでしょう。

④塗料を必要以上に薄めて使う

塗装作業の際には、油性塗料であればシンナーで、水性塗料であれば水で薄めてから使用します。
製品ごとにシンナーや水の比率は定められているのですが、規定より多い量の水で塗料を薄めて、材料費を減らす手口も多く見られます。

また、全体的に塗料を薄く塗ったため、丈夫な塗膜が作られなかった、という例もあります。

⑤塗装の回数を減らす

本来3回塗りをしなければいけないところを、実際には2回塗りで済ませる業者もいます。

特に、2回目と3回目に同じ塗料を使用する場合、塗装が終わった後では塗った回数の判断が付きにくいため、作業している工程をこまめに確認しに行けると理想的です。

⑥高圧洗浄後や塗装後の乾燥時間を待たない

高圧洗浄後や塗装後には、その日の気温や湿度の状況に合わせて、一定の時間、乾燥をさせなくてはいけません。
乾燥が不十分の状態で重ね塗りをしてしまうと、塗料が定着せず、塗膜が剥がれやすくなってしまいます。

ところが、職人の人件費削減や工期短縮のために、乾燥を待たずに施工されてしまうことがあります。
特に雨天が続いた日や、湿気が多く乾燥時間がかかるような時期には、より注意して確認したほうが良いでしょう。

万が一の時のために!業者とトラブルになった場合の対策方法

ここまでは、悪質業者の実態や、良い業者の見極めポイントについてご説明してきました。
しかし、業者と今後トラブルになることがないか、まだ不安が残る方もいらっしゃると思います。

そこで万が一に備えて、施工中や完工後に、施工不良などがあった場合の対処法についても、事前に把握しておきましょう。

工事完了確認書にサインをしない

リフォームが完了した際には、業者から「工事完了確認書」へ署名・捺印するよう求められます。
「工事完了確認書」にサインをすることで、契約通りに工事が無事に終わったと認めることになります。

もしも工事中や工事完了直後の検査の時など、すぐに不具合に気づいた場合には、確認書に署名・捺印はしないでおきましょう。
そして、いつまでに欠陥箇所を直してもらえるか、再度書面で確認することが重要です。

>> 工事完了後の竣工検査のチェックポイント

工事後なら、アフター保証・瑕疵保険制度も活用を

「工事完了確認書」へサインした後に施工不良を発見した場合には、先ほどご紹介した、「アフター保証」や「リフォーム瑕疵保険」を活用しましょう。

工事が終わった後も、すべての書類を必ず保管しておけば、スムーズに対処できるはずです。

相談窓口を利用する

なお、アフター保証や瑕疵保険を利用できない場合や、塗装業者が交渉に応じてくれない場合には、味方になってくれる第三者がいることを覚えておきましょう。
業者と話し合っても解決しない時は、以下の機関に相談してみてください。

①国民生活センター/消費生活センター
『独立行政法人 国民生活センター』は、消費者からの様々な相談に対応してくれます。
国や全国の消費生活センターなどと連携しながら、過去の相談事例やトラブル解決例について、公式ホームページで随時更新しています。

訪問販売の被害にあってしまった場合や、クーリング・オフ制度に関する相談にも詳しいです。
全国の消費者の窓口として設置されている『消費者ホットライン』に電話を掛けると、近所の消費生活センターを案内してもらえます。
②住宅リフォーム・紛争処理支援センター
『公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター』は、国土交通大臣指定の住宅専門窓口です。
全国の弁護士会と連携し、無料で建築士と弁護士による対面相談を受け付けています。

工事を実施してから業者とトラブルになってしまった場合でも、建築と法律のプロから、アドバイスしてもらえるでしょう。

外壁塗装でありがちなトラブルの例や、いざという時に助けてくれる第三者の存在も理解しておけば、落ち着いてリフォームを実施することができますね。
また、今回紹介したチェックポイントに注意すれば、きちんとした工事をしてくれる業者を見つけることができるでしょう。

相性の良い業者をじっくりと選び、契約から工事完了後まで、心から納得できるリフォームを実現できると良いですね。

安心して任せられる
外壁塗装業者を探したい!/
完全無料!
外壁塗装業者の紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 外壁塗装・外壁リフォームの費用相場

更新日:2018年7月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 外壁塗装・外壁リフォームの記事

  • __

    リフォーム契約の注意点!失敗しないためのポイント

    依頼するリフォーム会社を決定したら、次は契約です。「ここまで色々調べたし大丈夫」と、迷わず印鑑を押してしまう……などということがないようにしてください。最後の最後まで油断は禁物です。ここではリフォーム契約の際に気を付けるポイントについてご説明します。

  • 19

    外壁塗装リフォームの色の選び方と実例!失敗しないためのコツは?

    外壁の色を選ぶとき、どのようなことを基準にしたら良いでしょうか。家全体のバランスも大切ですが、最近では風水を気にしたり、「虫がつきやすくなる色があるのでは?」と不安になったりする方も多いようです。家を新築のように生まれ変わらせることができる外壁のリフォームですが、外壁は住宅の顔なので、何色にするかでガラッとイメージが変わります。「こんなはずじゃなかった」とならないように、失敗しない色の選び方について、さまざまな実例も参考にしながら理解していきましょう!

  • Pixta_16642292_s

    外壁をツートン(ツートーン)カラーにする際の注意点

    外壁塗装に2色の色を使用する、ツートン(ツートーン)カラーにする家は多いですが、きちんとポイントをおさえないと、イメージと違う仕上がりになったり、なんだか合わない配色になってしまったりします。外壁をツートンカラーにしたい場合には、どんな点に注意をすれば良いのでしょうか?

  • ______

    【一級建築士 監修】屋根塗装・屋根リフォームの費用相場

    屋根塗装・屋根リフォームの費用相場をご紹介しています。実際の屋根リフォーム事例から、瓦の補修にかかる費用や、屋根の塗り直しや重ね葺き・葺き替えをする場合の施工費用の相場がわかります。屋根塗装・屋根リフォームは、使用する塗料や屋根材によって費用が異なります。屋根リフォームで押さえておきたいポイントを事前に確認して、適正価格でリフォームしましょう。

  • S

    水性塗料と油性塗料はどちらがおすすめ?価格の差、メリット・デメリットは?

    一昔前までは、塗膜の耐久性に大きな差があった「油性塗料」と「水性塗料」。しかし最近では、油性塗料に引けを取らない水性塗料も数多く開発されており、塗装業者でも積極的に水性塗料を採用しています。では、そんな水性塗料を外壁塗装に利用することはできるのでしょうか?水性という性質上、雨に濡れると溶けてしまいそうな気もしますよね。今回は、水性塗料に関する様々な疑問や、油性塗料との違い、さらに信頼できる業者の選び方などについてもご紹介します。外壁塗装に水性塗料を使ってみたいとお考えの方は、この機会にぜひじっくり検討してみましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop