シリコン塗料は外壁・屋根塗装で人気!価格や特徴は?ウレタンやフッ素と比較

コストパフォーマンス性に優れたシリコン塗料は、外壁・屋根塗装のリフォームで非常に人気がありますが、大切な家を守るためにも、本当に良い塗料であるかどうかしっかり確認しておきたいですよね。そこで、シリコン塗料のメリット・デメリットや、種類・グレードの違い、日本ペイント・エスケー化研・関西ペイントといったメーカーのおすすめ品を解説します。また、ウレタン塗料やフッ素塗料と比較した場合の価格・耐用年数の差や、シリコン塗料を使った施工例もご紹介するので、チェックしてみてくださいね!

シリコン塗料とは

「シリコン塗料」「シリコン樹脂塗料」とは、シリコン系・アクリルシリコン系の合成樹脂を主成分としている塗料のことです。

シリコン塗料・アクリルシリコン塗料といった名称を聞いたことがあり、混乱されている方も多いと思いますが、ほとんどの塗料メーカーで「アクリルシリコン樹脂塗料」のことを「シリコン塗料」と略して販売しています。
つまり、シリコン塗料もアクリルシリコン塗料も、同じ「シリコン塗料」の仲間として分類されます。

よく似た名称の塗料で、アクリル樹脂を主材料とした「アクリル塗料」というものがありますが、こちらについては寿命が短いことから、外壁や屋根にはほとんど使用されていません。

一方で、「シリコン塗料」「アクリルシリコン塗料」は、機能・耐久性・価格、いずれの面でもバランスが良く、外壁にも屋根にも頻繁に採用されています。
汚れにくく、また四季によって変動する天候・気候に対する抵抗力も強いという魅力があります。

シリコン塗料で塗装するメリット

汚れに強く、耐久力が高い

シリコン塗料は透湿性に富んでいる(湿気を通しやすい)ため、塗装膜が剥がれにくく、カビや藻が生じにくいという特長があります。
内部結露(外壁の内側に発生する結露)を防止する効果もあるため、結露対策として外壁をシリコン塗料でリフォームするご家庭も多く見られます。

また、たいていのシリコン塗料には、セラミック成分も配合されています。
セラミック入りのシリコンで塗装した外壁や屋根は、汚れがつきにくい、あるいは断熱・遮熱性が高いといった利点があります。

さらに雨や泥を弾くコーティングを施すことも可能なので、塗装し立ての頃の美しさをキープしやすく、もし汚れがついても、簡単な掃除できれいに落とせます。

メンテナンス費用を抑えられる

以上のような理由から、シリコン塗料で外壁や屋根を塗装すると、耐久性が向上し、建物の見映えの良さも続き、結果的に、次に塗り替えるまでの期間を延ばせます。

断熱・遮熱性もあるシリコン塗料にした場合は、冷暖房費を抑える効果も期待できます。

シリコン塗料の塗装が得意な
リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

シリコン塗料で塗装するデメリット

他の塗料よりヒビ割れしやすい

主に外壁に塗装した場合の話になりますが、シリコンは塗膜部分が硬く剥がれにくいというメリットがある一方、ウレタンなどの塗料に比べると弾性が低いです。
地震で外壁がヒビ割れした場合に追従できず、シリコンの塗膜も一緒に割れてしまうことが多いです。

ただし、モルタルやコンクリートの外壁の場合には、弾力性のある「弾性塗料」というタイプの塗料を選べばOKです。
一方、サイディングの外壁には弾性塗料は向きません。
どのような素材の外壁であっても、それぞれに合った塗料を把握しているリフォーム会社と相談し、適した製品を選びましょう。

重ね塗りには不向き

シリコンは、重ね塗りをする際に塗料を弾いてしまう性質があるため、10年後位に再び塗り替えをしたい際に、塗膜の密着性が悪くなってしまう可能性があります。

そうとは言え、シリコン塗料と相性が良い下地材を使えば、充分きれいに塗装できます。
リフォームをする際には、シリコン塗料の特性を理解している職人に施工してもらわないと失敗しやすいため、注意しましょう。

シリコン塗料の価格・耐用年数は?ウレタン・フッ素と比較!

シリコン塗料の費用や耐久性は、他の塗料と比べるとどのくらい差があるのでしょうか。
こちらでは、ウレタン塗料やフッ素塗料で塗装した場合との、施工金額や耐用年数の違いについて比較してみましょう。

塗料の種類 施工単価(㎡) 耐用年数
ウレタン 1,500~2,500円/㎡ 5~10年
シリコン 1,800~3,500円/㎡ 7~15年
フッ素 3,000〜5,000円/㎡ 12~20年

シリコン塗料で塗装する場合の費用は、1㎡あたり約1,800~3,500円で、例えば一般的な30坪の戸建て住宅の外壁塗装をする場合、予算は50~80万円前後と考えておきましょう。

工事にかかる費用だけで考えれば、ウレタン塗装が最も安価ではありますが、シリコンで塗装した場合よりも2~5年前後早く、次の塗り替え時期を迎えてしまいます。
対してフッ素塗料であれば、シリコンと比べて5年近く持ちますが、その分リフォーム価格が高額になります。

どのような塗料を使っても、いずれは劣化し、塗り直さなくてはいけない時期が来ます。
この先、同じ家にどのくらい住み続ける予定か、そのためには何年後に塗り替えるべきかを考慮し、お得な塗料を選択しましょう。

>> 外壁塗料9種類の特徴・価格の比較まとめ
>> フッ素塗料の価格・メリット・デメリット
>> ウレタン塗料の価格・メリット・デメリット

なお上記の値段とは別に、足場の設置費が15万円前後かかる可能性もあるので、最終的にかかる金額や内訳を、リフォーム会社にしっかり確認してくださいね。

>> 外壁・屋根塗装で必要な足場の費用・単価はどれくらい?

シリコン塗料の塗装が得意な
リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

シリコン塗料の種類・グレードの違い

塗料を選ぶときには、「水性/油性」と「1液型/2液型」の違いも知っておくと、より安心です。

「水性」と「油性(溶剤/弱溶剤)」がある

すべての塗料は、水性と油性に分けることができ、水で薄める塗料が「水性」、シンナーを使用して希釈する塗料が「油性」です。

さらに油性塗料には「溶剤」と「弱溶剤」の2タイプがあり、弱溶剤のほうがシンナーの刺激や臭いが少ないという特徴があります。

最近は、環境に優しい「水性」塗料や、刺激臭の問題を軽減した「弱溶剤」塗料の開発が進み、外装リフォームで主流になってきています。

>> 水性塗料と油性塗料の違い・メリット・デメリット

「1液型」より「2液型」のほうが丈夫

また、水性・溶剤・弱溶剤のいずれのタイプも、「1液型」か「2液型」に分けられます。
「1液型」は塗料缶が1つですが、「2液型」は主剤(塗料液)と硬化剤の2缶で構成されます。

1液型は、価格が安く、塗装するときに水もしくはシンナーで薄めればすぐに使えるため、取り扱いが容易で施工できる業者が多いというメリットがありますが、塗れる素材が限られます。

一方、2液型は、水やシンナーで希釈するだけではなく、正しい比率で主剤と硬化剤を混ぜ合わせなくてはならず、混合後にはどんどん固まっていくため、経験のある業者でないと扱えません。
しかし、耐久力は1液型より高く、さまざまな素材に対応できるという良さがあります。

>> 1液型と2液型の違い・メリット・デメリット

なお、水性2液型のシリコン塗料製品はまだ少なく、水性1液型や弱溶剤の1液型・2液型の商品が、現在は多く流通しています。

外壁・屋根の塗装では、信頼できるメーカー品・業者を選ぶ

高品質で一般受けが良いシリコン塗料は、困ったことに悪徳業者に悪用されることも多々あります。
以下でご説明するシリコン塗料の性質をよく理解しておき、悪質な事業者にだまされないようにしておきましょう。

本来シリコン塗料は、シリコン樹脂の量が多いほど性能が高くなります。
ところがシリコン塗料には、シリコンの含有量の規定がないため、どれほどシリコンの量が少なくても「シリコン塗料」として販売できてしまいます。

このため、「シリコンだから丈夫!」と勧めてくる業者に出会ったら、念のため警戒したほうが良いでしょう。
シリコン樹脂がごく少量しか入っていない塗料では、たいして耐久性は高くありません。

ただ、塗料メーカーの公式ホームページや、塗料缶の実物を確認しても、シリコン含有量が記載されていることは、ほぼありません。
見積書に記載された塗料のシリコン含有量について聞いてみたところで、塗装業者も正しく答えられない場合が多いのも事実です。

そこで一つの目安として、この後にご紹介する大手3メーカー(日本ペイント・エスケー化研・関西ペイント)の商品を選ぶことをおすすめします。

また、できれば複数のリフォーム業者に見積もりを依頼し、プラン内容を比較してみましょう。
提案の仕方が最も良い業者に、塗料選びも工事も任せれば、より確実です。

塗料選び塗装工事も得意な
\リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
外壁塗装業者の紹介を依頼 ▶

おすすめ3メーカーのシリコン塗料製品

それではここで、本当に信頼できる大手メーカーのシリコン塗料の例を挙げておきましょう。
当サイト・リショップナビでも施工実績がある製品も多いので、塗料選びに迷ったときなどに参考にしてくださいね。

なお、商品名が類似している他社製品も多いため、必ずメーカー名を確認するようにしましょう。

外壁用のシリコン塗料

日本ペイント『ハナコレクション100ファイン』(弱溶剤・1液型)
ハナコレクションは、日本ペイント社の中でも歴史が長く、良質なシリーズです。乾きが速いため、冬に塗装したい場合にも最適です。
セラミック配合で、カビや藻を防ぐ力も強く、窯業系サイディングボードや、コンクリート・モルタルの外壁に適しています。
日本ペイント『水性サーモアイウォールSi』(水性・1液型)
窯業系・金属系サイディングやコンクリート・モルタル、ALC、金属パネル、スレートなど、多様な素材に適用できる、万能な水性タイプのシリコン塗料です。
遮熱効果が高く、またパステルカラーの色の外壁にしたい方からも支持率の高い商品です。
エスケー化研『クリーンマイルドシリコン』(弱溶剤・2液型)
サイディング、コンクリート・モルタル、ALCパネル、GRC板、スレート板、金属部など、どのような素材にも適しており、各種旧塗膜の上からも塗りやすいと評判の高い製品です。
独自のセラミック複合技術を用いており、建物に汚れが付きにくく、塗ったばかりのような光沢の美しさが持続します。
エスケー化研『水性セラミシリコン』(水性・1液型)
『クリーンマイルドシリコン』同様、サイディングやモルタル、ALC、スレートなどの素材に対応しています。水性タイプだから「工事中の臭いが心配」という方でも安心です。
紫外線や湿気に対する抵抗力が高いセラミックシリコン樹脂塗料なので、長期にわたって建物を守り続けます。
関西ペイント『セラMシリコンⅢ/セラMシリコンⅢ弾性』(いずれも弱溶剤・2液型)
セラミック配合の高耐久なシリコン塗料で、肉厚な塗膜で高級感のある外観に仕上がります。
コンクリート・モルタル壁などに適用可能です。
関西ペイント『コスモマイルドシリコンⅡ』(弱溶剤・2液型)
2液型タイプの中でも塗りやすく作業性に優れており、コンクリート・モルタルやスレート板に施工可能です。
カラーバリエーションは、淡い色からシックなものまで豊富にそろっています。

屋根用のシリコン塗料

日本ペイント『サーモアイSi/サーモアイ1液Si』(弱溶剤・2液型/弱溶剤・1液型)
屋根の遮熱対策ができる塗料の、代表格と呼べる製品です。
2液型の『サーモアイSi』はスレート屋根・金属屋根・トタン屋根に、1液型の『サーモアイ1液Si』はスレート屋根に適しています。
日本ペイント『水性シリコンベストⅡ』(水性・1液型)
住宅用化粧スレートの他、水性塗料による塗装メンテナンスが必要な、アスファルトシングル材の屋根にも使用できます。
ツヤがある屋根にしたい場合、光沢がないマットなデザインにしたい場合、いずれにも対応可能です。
エスケー化研『クールタイトSi』(弱溶剤・2液型)
環境省が推進している「環境技術実証事業:ヒートアイランド対策技術分野」において認められた、性能の高い遮熱塗料です。
スレート屋根やトタン屋根のみならず、薄型の塗装瓦にも施工可能です。
エスケー化研『ヤネフレッシュSi』(弱溶剤・2液型)
カラーベスト・コロニアル・セメント瓦といった薄型瓦屋根の塗り替え用に開発された、遮熱性の高い塗料です。
黒や深みのある緑など、落ち着きのあるカラーの屋根に仕上げたい方から人気があります。
関西ペイント『スーパーシリコンルーフペイント』(弱溶剤・1液型)
速乾性に優れているので施工しやすく、トタン・セメント瓦・スレート系の屋根で、さまざまな旧塗膜の上から塗装できます。
よりハイグレードな、2液型の『スーパーシリコンルーフペイント ハイブリッド』を選択することも可能です。

シリコン塗料での外壁・屋根塗装事例

最後に、リショップナビに加盟しているリフォーム会社が、実際にシリコン塗料を使って外壁・屋根の塗装を行った事例をご紹介します。

事例1
夏も涼しいシリコン系遮熱塗料

築年数 15年
施工費用 外壁 56万円
屋根 20万円
施工面積 外壁 142㎡
屋根 84㎡
工事期間 45日
日本ペイント社の『水性サーモアイウォール』と『サーモアイSi』で、外壁と屋根を塗装しました。遮熱効果のおかげで、夏の室内温度上昇を防ぐことが可能です。

事例2
屋根塗装と一緒に、パステルカラー映える外壁に

築年数 20年
施工費用 外壁 60万円
屋根 40万円
施工面積 外壁 231㎡
屋根 157㎡
工事期間 外壁 13日
屋根 7日
元々は単色塗りだった外壁を、関西ペイントの『コスモマイルドシリコンⅡ』を使用して、爽やかなイエローとグリーンのツートンカラーの家にイメージチェンジしました。屋根はエスケー化研の『クールタイト』で施工しています。

事例3
防水性・耐久性が高いおしゃれな外壁

築年数 10年
施工費用 外壁 82万円
施工面積 外壁 164㎡
工事期間 外壁 16日
防水性と耐久性に優れた、エスケー化研『水性セラミシリコン』で塗装した外壁です。メンテナンスの頻度も少なくて済むので嬉しいですね。レンガとイエローのカラーの相性が抜群の、素敵な外観になりました。

一般的に「良い」と称されているシリコン塗料ですが、下地との相性や塗装する職人の腕次第で、耐久性が左右されます。
塗料の性質に詳しい業者を選び、理想の外装リフォームをぜひ実現してくださいね。

塗料選び塗装工事も得意な
\リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
外壁塗装業者の紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 外壁塗装リフォームの費用相場
>> 屋根塗装リフォームの費用相場

更新日:2018年7月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 外壁 塗装リフォームの記事

  • B

    外壁塗装業者の選び方・注意点・トラブル対策まとめ!悪質業者にだまされないために

    外壁塗装業界には、実は悪質な業者がたくさん存在しており、特に最近は、高齢者がいる家庭での被害が毎年多いことが問題となっています。大切な住宅のリフォームだからこそ、ずさんな工事や高額請求といったトラブルは避けたいものです。そこで、良い外壁塗装業者の選び方や注意点、悪徳業者かどうかの見分け方、よくある手抜き工事の実態、万一トラブルになってしまった場合の対策まで、まとめてご紹介します!

  • Pixta_18780745_s

    戸建ての外壁を補修・修理したい!費用・方法・業者の探し方は?

    住宅の外壁は、サイディング・ALC・モルタル・タイル、いずれの素材であっても、10年前後で劣化症状が見られます。目地(コーキング)の老朽化、鉄部のサビ、ひび割れ、カビやコケ、穴や傷、はがれ、チョーキング現象などを発見したら、悪化してしまう前に早めに修繕しましょう。外壁でよくある劣化症状の補修方法や、一般的な一戸建て住宅の外壁を修理する場合の費用相場、最適な業者の探し方について、ご紹介します。

  • 19

    外壁塗装リフォームの色の選び方と実例!失敗しないためのコツは?

    外壁の色を選ぶとき、どのようなことを基準にしたら良いでしょうか。家全体のバランスも大切ですが、最近では風水を気にしたり、「虫がつきやすくなる色があるのでは?」と不安になったりする方も多いようです。家を新築のように生まれ変わらせることができる外壁のリフォームですが、外壁は住宅の顔なので、何色にするかでガラッとイメージが変わります。「こんなはずじゃなかった」とならないように、失敗しない色の選び方について、さまざまな実例も参考にしながら理解していきましょう!

  • Img_0343

    最新技術のラジカル塗料で塗装する価格・メリット・デメリット!シリコンとの差を比較!

    ラジカル塗料(ラジカル制御塗料)は、2012年から販売を開始して以来、注目度が上がっている最新技術の高機能な外壁・屋根塗料です。今回は、ラジカル塗料の特徴とメリット・デメリット、価格や耐久性についてしっかりチェックしていきましょう!また、人気塗料の一つであるシリコンとの比較や、大手メーカーである日本ペイント・関西ペイント・エスケー化研・アステック社のおすすめ品、ラジカル塗料で実際に施工した事例も、まとめてご紹介します!

  • A

    スレート屋根の補修・塗装・葺き替え・カバー工法の費用!メンテナンス時期の目安は?

    スレート屋根のリフォームをしたい時、最も気になるのが適したメンテナンス方法や価格でしょう。また古いスレート屋根を葺き替える場合には、アスベストの処分についても不安がありますよね。スレート屋根の主なリフォームには、補修・塗装・カバー工法・葺き替え、といった種類があります。各工事を行う時期の目安や、費用相場をご紹介します。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop