モルタルの床は清潔感と爽やかさで人気

モルタルの床は清潔感と爽やかさで人気

家を建てたりリフォームしたりする際に、意外と悩むのが床材。今回はその中から、最近人気が高まっている「モルタル」についてご紹介します。モルタルの床には独特な質感があり、いろいろなテイストのお部屋によく似合う柔軟さも持っています。ご自宅の中にセンス良く取り入れて、おしゃれな空間作りを実現してみませんか?

モルタルの床とは

モルタルの床は清潔感と爽やかさで人気

モルタルとは、砂・セメント・水を練り混ぜて作る建築材料のことです。
コンクリートと混同されることの多い素材ですが、一番の違いは砂利を混ぜないという点。
そのため、施工がしやすく、コンクリートよりも洗練された印象に仕上がります。

一般的には、土間の仕上げ材・石やタイルの下地・外壁などに使用されますが、インテリア性が高いことから、リフォームや新築で床材に利用する人が増えています。

モルタルの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

モルタル床のメリット

床をモルタルで仕上げると、見た目の雰囲気が大きく変わります。
質感を活かして、いろいろな場所に利用してみましょう。

モルタルの床は清潔感と爽やかさで人気

カフェやスタジオのような雰囲気になる

フローリングよりも無機質でありながら、滑らかさや温もりも併せ持っているため、自宅がカフェやスタジオのように特別な空間になります。
また、「モルタル造形」と呼ばれる工法なら、モルタルの表面をタイルのようなデザインに施工することも可能です。

玄関や土間で人気

床材としてはかなり硬質であるため、玄関や土間のスペースに非常に適しています。
自転車置き場や靴の収納スペースなど、生活感が感じられやすい場所もおしゃれに仕上がります。

観葉植物との相性が良い

モルタルで仕上げたスペースに観葉植物を飾ると、温室やベランダのような雰囲気になります。
部屋全体をモルタルにするのが難しい場合は、窓際の限られたスペースだけを施工するのもおすすめです。

和・洋どのインテリアにも合う

またモルタルの床は、フローリングや畳のようにインテリアの種類を選びません。
気分によってインテリアを和と洋どちらのテイストにも変えられるので、柔軟に模様替えできる楽しみがあります。

モルタルの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

モルタル床のデメリット

モルタルには性質上、いくつかのデメリットがあります。
お部屋の施工する際には、以下のような点を把握した上で選ぶようにしましょう。

ひび割れしやすい

モルタルは、下地が乾燥すると収縮し、ひび割れを起こしやすくなります。
ただし、強度のある床用モルタルの薄塗り材は、ひび割れや剥がれをかなり防ぐことが可能です。
このような素材を使って施工する業者もいるため、仕上がりの良し悪しは依頼するリフォーム会社次第とも言えます。

木造住宅・マンションには向かない

木造住宅は家自体が湿気や乾燥によって大きく収縮するため、モルタルもひび割れしやすくなります。
また、防音性が低いという理由から、マンションでは施工の許可が下りないケースが多く見られます。

しかし、窓際の一部だけなど、限られた小さなスペースに施工する分には可能かもしれません。
まずは、マンションの管理規約をよく確認しましょう。

断熱対策が必要

モルタルは断熱性が低く、冬場はかなり冷たくなります。
そのため、リビングの床に導入する場合は、床暖房と組み合わせて施工する方法が一般的です。

施工できる業者が限られる

モルタルの表面を滑らかに施工するにはある程度の技術を必要とするため、慣れていない業者が担当すると凹凸ができやすいという欠点があります。
そして、前述したようなデメリットが挙げられることから、施工自体を快く引き受けてもらえない場合もあります。

硬いので注意

硬質なモルタルの床は、万が一転倒した時に危険なため、高齢者や幼いお子さんのいるご家庭にはあまり向かないと言えるでしょう。
また、キッチンなどのように長時間立ち仕事をする場所では、足が疲れやすいかもしれません。

モルタル仕上げの床の施工価格・費用

モルタルの床は清潔感と爽やかさで人気

モルタル仕上げの床に施工する際にかかる価格・費用は、下地や塗料の種類によって変動しますが、1㎡あたり1,500~4,000円位を相場と考えておくと良いでしょう。

なお、滑り止め対策に有効なノンスリップ材は、1㎡につき+150円前後で済みますので、一緒に施工してもらうと安心です。

【この記事のまとめ&ポイント!】

モルタル仕上げの床のメリットは?
「カフェやスタジオのような雰囲気になる」「観葉植物との相性が良い」などのメリットがあります。
モルタル仕上げの床のデメリットは?
「施工の仕方によっては、ひび割れしやすい」「断熱対策が必要」といったデメリットがあるため、業者を探す際には注意しましょう。
床をモルタル仕上げにする際の、施工費用の目安は?
下地や塗料の種類によって変動しますが、1㎡あたり1,500~4,000円位です。
滑り止め対策になる「ノンスリップ材」は、1㎡につき+150円前後で済むので、一緒に施工してもらうと安心でしょう。

洗練された雰囲気で注目されているモルタルですが、施工をする際にはデメリット面もしっかり理解しておくことが大切です。
まずは信頼できる業者を見つけて、断熱対策や滑り止め対策などもお願いしてみましょう。

モルタルの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>>【場所別】リフォームの費用相場

更新日:2017年12月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームのおすすめ記事

  • 【必見】場所別おすすめ床材の選び方!

    床材は、お部屋の雰囲気を左右し、肌に触れることの多いものなので、触り心地やデザインが重要です。また、場所によってふさわしい素材があるので、それぞれどんな床材を選べばいいかをご紹介します。

  • 倉庫リノベーションのポイントと費用相場

    既存の倉庫を、住宅や店舗・オフィスにするためのリノベーションが注目されています。倉庫をリノベーションする際には、メリット・デメリットをよく理解した上で、費用相場や注意点を確認しておきたいところです。倉庫リノベーションの流れや特徴を把握して良い施工業者を選び、オリジナル度の高い住まいやお店を手に入れましょう!

  • 店舗改装・リフォームにかかる費用は?補助金が使えるかも?

    店舗の改装・リノベーションは大きな工事になりやすい分、後悔のないようにしたいものです。そこで今回は店舗改装・リフォームにかかる費用や、失敗しないように注意すべき5つのポイント、店舗改装で申請できる補助金などについて解説します。理想の店舗を実現するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

  • 床の張り替えリフォーム費用相場【フローリング・CF・カーペット・フロアタイル・畳】

    リビングや部屋の、床材の張り替えを行う際、費用はどの程度かかるものなのでしょうか。「フローリング・クッションフロア・カーペット・フロアタイル・畳に張り替える場合」の、それぞれの値段の相場(1畳・4畳・6畳・8畳)について、確認してみましょう。新たに張り替えるか、重ね張りをするかでも価格は異なるので、参考にしてくださいね。また「カーペット・畳・クッションフロアから、フローリングにリフォームするとき」の料金の違いや、床材の種類ごとの張り替え目安時期についても、あわせてチェックしておきましょう。

  • 土間のある家にリフォームしたい!賢くおしゃれに活用するには?

    玄関に隣接して広い空間を設けると、いろいろなものを置けて様々なことに使えます。アウトドアが好きな方はアウトドアグッズを置いたり、ペットがいらっしゃる方はペットの居場所として使ったり。今回は様々なことに利用でき個性的な暮らしを実現できる土間についてご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.