無落雪屋根のリフォーム費用やメリット・デメリット!雨漏り・雪庇などのトラブル防止対策は?

無落雪屋根のリフォーム費用やメリット・デメリット!雨漏り・雪庇などのトラブル防止対策は?

雪の多い地域に住む方にとって、屋根の雪下ろしは危険を伴う大変な作業。また、落雪による事故やトラブルも心配ですよね。そんな悩みを大幅に解消してくれるのが、屋根の上で雪を処理できる「無落雪(むらくせつ)屋根」。積雪地帯で浸透しつつある屋根ですが、大きなメリットがある反面、メンテナンスを怠ると雨漏りが発生したり、雪庇対策が必要となったりするケースもあるので要注意。今回は、「無落雪屋根」の特徴や注意点などについてご紹介します。リフォームする際の費用相場や施工事例も解説するので、参考にしてみてくださいね。

無落雪屋根にリフォームする費用・施工例

無落雪屋根のリフォーム費用やメリット・デメリット!雨漏り・雪庇などのトラブル防止対策は?

無落雪屋根に変更するリフォームの価格帯

最初に、無落雪(むらくせつ)屋根にリフォームする際の費用について確認しておきましょう。

相場としては、100〜300万円と幅があります。
採用する屋根材や、施工範囲・規模によっても価格が変動しやすいため、予算内でリフォーム可能か不安な方は、リフォーム業者に相談してみるとよいでしょう。

無落雪屋根にリフォームした事例

参考までに、当サービス『リショップナビ』の加盟店が、実際に無落雪屋根にリフォームした施工例をご紹介します。

事例1
ヒーター付きだった屋根を、無落雪タイプに変更

リフォーム費用 100万円
工事期間 5日
住宅の種類 一戸建て
築年数 21年
玄関前や庭への落雪に悩まされていたというお客様。数年前に屋根にヒーターを取り付けたものの、あまり解決されなかったそうです。
そこで、スノーダクト方式の屋根へとリフォーム。1階屋根はL字型になるため、ダクトの位置を工夫しました。さらに、太い補強梁をしっかり取り付け、雪下ろししなくても済むように配慮しています。

事例2
全面スノーダクトの屋根にリフォーム

リフォーム費用 400万円(※外壁・窓の工事も含む)
工事期間 22日
住宅の種類 一戸建て
築年数 22年
中古物件を、予算に合わせて大幅にリフォーム。距離が近い隣地への落雪を防ぐため、屋根全面をスノーダクト方式に変えました。
また、傷んでいた外壁は金属サイディングの重ね張りで一新。予算に余裕があったため、居間の窓を出窓に直すこともできました。

屋根の積雪でお悩みの方はぜひ一度、経験豊富なリフォーム業者に見積もりを依頼してみることをおすすめします。
性能や、ご希望の予算などに合わせて、適したプランを提案してもらうとよいでしょう。

屋根のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

無落雪屋根の種類

無落雪屋根には主に3つの種類があります。
ここでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

スノーダクト方式

スノーダクト方式
「スノーダクト方式」は、屋根の中央に設置されたダクトに向かって、屋根が緩く傾斜した構造です。
雪が下に落ちる心配がなく、雪解け水はダクトを通って排水されます。

氷柱(つらら)ができにくいという特徴もあり、無落雪屋根の主流となりつつある種類です。

フラットルーフ方式

フラットルーフ方式
屋根がほとんど平らで、雪が溶けるまで載せた状態のまま維持できるのが「フラットルーフ方式」です。
わずかに傾斜が付いており、雨水や雪解け水は下へ流れていきます。
そのため、傾斜させる方向に配慮が必要です。

勾配屋根方式(スノーストッパールーフ)

勾配屋根方式(スノーストッパールーフ)
一般的な勾配付きの三角屋根に、雪止めを設置したもの。または、雪止めと一体化した勾配屋根材を用いる方法です。
通常の三角屋根よりも雪が落ちにくく、雪止めに引っ掛けた状態で自然に溶かすことができます。

例えば「スノーストッパールーフ」と呼ばれる横葺き方式の屋根材には、高さ5cm程度の雪止めが一定の間隔で施されています。
雪解け水を横方向に流すことにより、軒先ではなく側面(妻側)から、効率的に流れ落ちます。

無落雪屋根のメリット

無落雪屋根にリフォームする最大の魅力は、やはり屋根の上で雪を処理できる点にあるでしょう。
これにより、以下のようなメリットが生まれます。
無落雪屋根のメリット

屋根からの落雪の危険性が少ない

従来の三角屋根は一気に落雪することが多く、人や車に当たると大きな事故が起こる危険性がありました。

しかし、無落雪屋根の場合は、屋根の上で雪を自然に溶かすことを目的としているため、落雪による被害の防止にも大いに役立ちます。

屋根の雪下ろしの負担も軽減される

落雪の危険を防ぐために行う雪下ろしは、積雪量の多い地域に暮らす方々にとって、かなりの負担となりますよね。
また、悲しいことではありますが、屋根からの転落による大ケガや死亡事故も、決して珍しいことではありません。

無落雪屋根にリフォームすることで、このような雪下ろしにかかっていた労力や危険性を大幅に回避できるでしょう。
屋根のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

無落雪屋根のデメリット・注意点

大きなメリットを持つ無落雪屋根ですが、実績のある業者に依頼しないと問題が生じることも。
以下のようなデメリットがあることを理解しておきましょう。

雪の重みでドアが開かなくなる/屋根が陥没する可能性がある?

雪の重みでドアが開かなくなる/屋根が陥没する可能性がある?
屋根に雪が積もれば積もるほど、建物への負荷は大きくなります。
そのため、雪の重みでドアや窓が開かなくなる、重みに耐えかねて屋根が陥没する、といった可能性は否定できません。

ただ、あらかじめ屋根の強度を高めるなどの解決策もあるので、知識や経験がある業者に依頼することが大切です。

すが漏れ(雨漏り)予防のため、年に1回程度はメンテナンスが必要

すが漏れ(雨漏り)予防のため、年に1回程度はメンテナンスが必要
特にスノーダクト方式の屋根に起こりやすいトラブルとして、ダクトの排水口の詰まりによる「すが漏れ(雨漏り)」が挙げられます。

ゴミなどが溜まって排水口が詰まっていないか、年に1回程度は業者にメンテナンスしてもらう必要があります。

雪庇対策として、雪庇防止装置やヒーター併設なども検討を

雪庇対策として、雪庇防止装置やヒーター併設なども検討を
北海道や青森などの豪雪地帯では「雪庇(せっぴ)」の対策も講じるほうがよいでしょう。

雪庇とは、風下側に発生する、屋根から大きく迫り出した雪のかたまりのことです。
放置しておくと落下して大きな被害を生む危険があるため、一気に落ちてしまわないよう工夫しておくことが重要です。
雪庇対策として、雪庇防止装置やヒーター併設なども検討を
対策の仕方としては、雪庇の発生や落下を防ぐ「雪庇防止装置」や「ヒーター」を併設する方法などがあります。
無落雪屋根の設置と共に検討してみましょう。

屋根の雪対策に詳しい業者と相談するのが◎

屋根の雪対策に詳しい業者と相談するのが◎
無落雪屋根などが普及しつつあることによって、落雪や雪下ろしに伴う危険は大幅に軽減されています。
今回は無落雪屋根についてご紹介しましたが、屋根の雪対策リフォームにはこの他にも、ガスや電気を使った「融雪システム」などがあります。


どの工法がご自宅に向いているか、また無落雪屋根にする場合もどの方式が適しているかなどは、施工に詳しい業者に調査してもらうのが一番です。

できれば、地元の気候も理解しているプロに見てもらい、雪庇対策が必要かどうかなども相談してみるとよいですね。
実績のある業者なら、的確なアドバイスをもらうことができますよ。

屋根の雪対策に詳しい
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根塗装・屋根のおすすめ記事

  • 耐雪カーポートのリフォーム価格とおすすめ品をご紹介!積雪時の対応法は?

    毎年雪が降る季節になると、雪の重みでカーポートが破損、屋根から雪が落ちる、といった事故が多発します。カーポートの積雪対策は、雪国ではもちろん、その他の地域にお住まいの方もしっかり行っておきましょう。今回は、耐雪仕様のカーポートを交換・設置する際のリフォーム費用や設置事例、リクシル・YKK AP・三協アルミといったメーカーのおすすめカーポートを、50・100・150・200cmと耐積雪量ごとに分けてご紹介します。また、カーポートの屋根に雪が積もってしまったときの注意点についても、あわせてご説明していきます。

  • 屋根の形10種類の特徴を解説!形状変更のリフォーム費用相場は?

    屋根の形状によって、建物の外観だけではなく、今後のメンテナンスの手間や、固定資産税なども変わってきます。太陽光発電システムを設置するか、落雪対策を行いたいかどうかも基準にして、最適な屋根の形を考えてみましょう。今回は、住宅で主流な屋根の形10種のメリット・デメリット、リフォームで形状変更する際の費用や注意点について解説します。

  • 【原因別】雨漏りの修理・補修の費用相場!業者の選び方や台風前後にチェックしたい対策法は?

    家の雨漏りを発見した際には、「修理費用は?」「火災保険は使える?」「どこの業者に頼めば良いの?」と、早く補修したくても色々と不安になってしまいますよね。DIYで直したいと考える方もいらっしゃると思いますが、雨漏りの原因は、屋根・外壁・窓や屋上など、さまざまな箇所が考えられるため、しっかり診断できる業者に依頼することが大切です。そこで、最適な業者の探し方や、雨漏り修理・調査にかかる費用、今後の予防対策まで、わかりやすく解説します。

  • 屋根の葺き替え費用相場と施工例!リフォーム時期の目安は何年位?

    毎日、風雨から建物を守ってくれる屋根は、適切なタイミングで葺き替えを行うことが大切です。今回は、主流の屋根材である、瓦・スレート・ガルバリウム・トタンのリフォーム時期の目安や、葺き替え工事の費用相場、施工事例についてご紹介します。リフォーム補助金を活用できるケースや確認申請の必要性についても、チェックしておきましょう!

  • 屋根からの落雪を防ぐ雪止めは必要?金具などを後付けする費用相場・デメリットはある?

    屋根からの落雪は、思わぬ事故を引き起こす可能性があります。 なるべくこのようなリスクを抑えるためにも、屋根リフォームの際は、一緒に雪止め金具の設置を考えると良いでしょう。屋根に雪を留めておく雪止めについて、メリットやデメリット、費用などをご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.