【必見】よくあるリフォームの失敗6つとその対策!

リフォームはほとんどの方が初めて行うことなので、「よくわからない」「こんなはずではなかった」というトラブルがとても多いです。高い費用をかけて大事な我が家をリフォームするのですから、絶対に失敗したくないですよね。そこで、よくあるリフォームの失敗とその対策をご紹介します。

工事開始後に追加工事が発生した

リフォームの見積もり・契約が完了した後に、追加工事が発生したということはよくあります。

単純に打合せ不足や、後から追加したくなったため、ということもありますが、よくあるのは「解体したら中が腐っていたので工事範囲が広がった」という例です。
事前に現場調査をしっかり行っていても、浴室の床下や壁を剥がした際の下地など、工事当日に開けてみないとわからない部分もあります。

そのため、どのような追加工事が発生する可能性があるか、その場合の費用はどれくらいかかるのかをあらかじめ聞いておきましょう。

また、後からリフォーム内容を追加したくなった場合の失敗例として、「ここもやってほしい」と言ったら費用の話もなく施工してもらえたのでサービスだと思っていたら、後に追加費用を請求されたということもあるので、注意してください。

見積もりの内容と工事が違った

見積書に書かれていた内容と、実際のリフォーム工事の内容が違うという失敗もよく聞かれますね。
この問題は、リフォーム会社との間に工事範囲の認識のずれがあることによって起こります。

例えば、「窓を新たにつけたら、カーテンレールがなく、問い合わせたらオプション費用での設置だった」「外壁塗装の際に、玄関ドアも塗装してくれると言っており、当然室内側も含まれていると思っていたら外側だけだった」というケースがあります。

対策として、見積書をもらったら担当者とリフォーム範囲を指差し確認することをおすすめします。
忙しいからと言って、見積書をポストに入れておいてもらうなど、直接説明を受けないのは危険です。

また、口頭での約束は、後ほど言った・言わないのトラブルに発展することが多いので、追加工事や変更点も含めて書面に残すようにしましょう。
特に、現場の職人さんとの口約束で済ませてしまうことがありますが、営業担当やプランナーに伝わっていないこともあるので、きちんと連絡をして、書面を用意してもらいましょう。

>> 【要チェック!】リフォーム見積書のチェックポイント

専門スタッフ
\概算見積りを依頼したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

工期が伸びた

当初予定をしていた工事完了日よりも、完工が遅れてしまう場合があります。
遅れてしまう理由としては、冒頭でご紹介した解体後に発覚する追加工事や、施工管理不足、天候や天災などがあります。

大規模なリフォームの場合は仮住まいを用意することもありますが、仮住まいの退去の日が決まっているのに、自宅のリフォームが完了していなかったら大変です。

施工管理不足による遅れを防ぐためには、始めの段階で工程表を出してもらい、遅れていないか工事中にもチェックをしましょう。
また、工事期間が伸びることも想定して、ゆとりを持ってスケジュールを立てましょう。

仕上がりがイメージと違う

「リフォームが完成したら、イメージしていたものと違った」という失敗も、とても多いです。
原因としては、リフォーム会社と施主のイメージの違いや、カタログと現物の違いなどがあります。

例えば、「広々としたキッチンにしたい」と伝えても、リフォーム会社側と依頼主が思う「広々」は同じではないかもしれません。
イメージを伝えるときは、事例の写真を見せるなどして具体例を示しましょう。
また、立体図や3Dパースの提出を求めるのも良いでしょう。

キッチンや浴室の設備を決めるときには、ショールームに行くことが多いですが、ショールームで見るのと、家で見るのとでは印象が異なるので注意してください。
一般的にショールームのほうが広く照明も明るいので、家に置いてみたら大き過ぎた・暗く見える、ということがあります。

>> 風呂・浴室リフォームの費用相場とポイント
>> リフォーム前にチェック!ショールーム(展示場)の活用法とポイント

また、外壁や壁の色が想像と違うことも多いです。
色を決めるときには小さなカタログやシミュレーションを参考にしますが、色は面積によって見え方が変わりますし、シミュレーションでは、パソコンの画面の明るさによっても感じ方が変わります。

色を決めるときには、自然光にあてたり、実際の外壁を参考にするのがおすすめです。

>> 外壁塗装リフォームの色の選び方と実例!失敗しないためのコツは?

工事完了後に不具合が発生した

「工事完了後に不具合が発生した」という相談は、住宅リフォーム・紛争処理支援センターに寄せられる相談のトップです。

具体的には、雨漏りや壁のひび割れなどという内容があります。
リフォームは新築よりも施工技術が必要とされる工事なので、経験のあるリフォーム会社を選ぶことが重要ですが、口コミや訪問販売で決めてしまう方もまだまだ多いです。

複数社に相談の上、信頼できる業者を見つけるのはもちろんですが、不安な方はリフォーム瑕疵の保険を検討しても良いでしょう。
リフォーム瑕疵保証とは、万が一工事後に瑕疵(傷や欠点)が見つかった場合に、再工事の費用を負担してもらえる保険です。

>> リフォームの瑕疵(かし)保険とは?より安心してリフォームするために!

工事費用が相場よりも高かった

同様にリフォームの失敗として非常に多いのが、「工事が完了した後に費用を比較してみたら相場よりも高かった」というケースです。

リフォーム会社を決める際に、訪問販売で来た会社や、友人の口コミで近所の会社にした場合に起こりやすいトラブルです。
リフォームは定価がなく、初心者にとっては、はっきりとした相場がわかりにくいので、依頼先を決めるときには必ず複数社に相見積もりを依頼することが重要です。

リフォーム会社によって、得意な工事や強みが異なるため、同じ工事内容でも、提案される金額に差がでます。
そのため、複数社を比較することで、おおよその相場や最安値がわかるのです。

リショップナビでは、厳格な審査を通過したリフォーム会社だけを無料でご紹介しています。リフォーム会社を選ぶ際には、以下のボタンからリショップナビへお問い合わせください。

優良リフォーム会社
\一括見積りを依頼したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶
更新日:2017年9月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ちのおすすめ記事

  • 【リフォームの流れ】相談から施工完了まで

    そもそもリフォームってどんなことを準備すればいいの?ほとんどの人が初めて体験するリフォーム。多額の予算・それなりの期間をかけて行うものなので、不安がつきものですね。失敗のないリフォームのためには、全体の流れを理解し、各ステップの注意点を知っておくことが重要です。ということで、それぞれのポイントを踏まえつつ、流れを解説していきます!

  • 失敗しないリフォーム計画の立て方

    リフォームを成功させて心地の良い生活を送るには、事前準備・計画が非常に大切になります。リフォーム完了後に、「もっとこうすればよかった」、「本当はこうしたかった」などの不満や後悔がでないようにするためには、どのように計画を立てればいいのか、ご紹介します。

  • リフォームのイメージを具体化する方法 "5パターン"

    リフォーム・リノベーションのプランが大まかに決まったら、リフォームのイメージを具体化していきましょう。様々な方法がありますが、ここでは初めてリフォームやリノベーションをされる方でも簡単にイメージを具体化するオススメの5つの方法をご紹介します!

  • リフォーム契約の注意点!失敗しないためのポイント

    依頼するリフォーム会社を決定したら、次は契約です。「ここまで色々調べたし大丈夫」と、迷わず印鑑を押してしまう……などということがないようにしてください。最後の最後まで油断は禁物です。ここではリフォーム契約の際に気を付けるポイントについてご説明します。

  • 一戸建てリフォームの費用相場・工事期間と実例5選!注意点や業者の探し方

    一戸建てのリフォームをする際には、せっかくなら間取りや設備のグレードも見直し、思い通りの住まいにしたいですよね。しかし、費用や工事期間がどの位か、心配な方も多いのではないでしょうか。また、建物の構造や法規制によってはリフォームできる範囲が限られるため、知識と技術のある業者に依頼することが肝心です。そこで今回は、一戸建てをフルリフォームする場合の事例や価格を中心に、リフォーム会社の選び方や注意点について、解説します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.