マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

「マンションの洗濯機置き場の位置が悪くて不便……」という悩みはありませんか?お洗濯は、家事の中でも特に頻度の高い日常的なもの。洗濯機置き場を使いづらいままにしておくと、家事に費やす時間の効率も悪くなりますよね。そんな時は、洗濯機置き場をリフォームしてみましょう。気になる費用の相場や、上手にリフォームするためのポイントなどについてご説明します。

マンションの洗濯機置き場リフォームが必要なとき

以下のような問題が当てはまる場合は、洗濯機置き場のリフォームを行いましょう。

防水パンに破損箇所がある/配管が詰まり、排水で床が汚れた

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

床への水漏れを防ぐために設置する「防水パン」(洗濯機本体を置く受け皿の部分)。
この防水パン自体が破損していると、万が一洗濯機が水漏れを起こした時に何の意味もなくなってしまいます。

また、排水管の詰まりも水漏れの原因になります。
階下の家の天井にまで水が染み出すと、トラブルに発展する可能性もあるので、すぐに修理を依頼しましょう。

ベランダや、共有部分の廊下にある

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

洗濯機が部屋の外に設置されている場合は、音や振動が余計に響きやすいため、ご近所に気を遣わなければなりません。
洗濯をする時間によっては、迷惑をかけてしまいますよね。
また、室内との行き来が体力の負担になるという問題もあります。

洗濯機から干す場所までの動線が不便

洗濯機置き場からベランダまで、スムーズに移動ができないといったお悩みはありませんか?
室内の作業動線が確保されていない状況では、洗濯の効率が悪くなります。
やる気が出ずに洗濯物を溜めてしまう原因にもなりかねません。

洗濯機置き場がなく、ブロックなどを積み上げて洗濯機を置いている

排水設備が整っていない場所に洗濯機を置き、洗濯が終わるたびに浴室などに排水している場合は、非常に労力がかかります。
また、ブロックなどを積み上げて洗濯機を置いていると、バランスを崩して傾いてしまう危険性があります。

洗濯機置き場
\もっと使いやすくしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

洗濯機置き場に必要なもの

洗濯機置き場をリフォームする際には、以下のようなものが最低限必要になります。

防水パンのスペース

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

防水パンは、洗濯機から漏れ出た水が、床に染み込むことを防ぐ役割を果たします。
国内で使用されている防水パンの定形サイズは、主に以下の3種類です。

・幅80cm×奥行き64cm
・幅74cm×奥行き64cm
・幅64cm×奥行き64cm

中でも、64cm×64cmの防水パンは、1Rや1Kの住宅に多いサイズです。
建物のスペース的に、広い防水パンを設置することが難しく、防水パンに合わせて洗濯機を選ばなくてはいけないパターンがあるので、うっかり大きすぎる洗濯機を購入しないように注意しましょう。

給排水管

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

洗濯機を設置する際には、最低限でも上水道の蛇口と排水用の配管が必要になります。
ない場合は、キッチンの背面などにある水道管から分岐させ、洗濯機を置く位置まで引っ張ってくる工事が発生します。

工事費用を低価格で抑えるなら、露出配管(給水管が丸見えの状態)という選択肢がありますが、予算に余裕があるようでしたら、壁裏やオリジナルのカバーなどを使って配管を隠すリフォームも行えます。

洗濯機用の電源コンセント

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

元々洗濯機置き場がある住宅では、洗濯機用の電源コンセントが当然設置されています。
しかし、新たに洗濯機置き場を作りたい場合は、コンセントの新設が必要です。
このような電気工事は、資格がある専門業者しか行うことができません。

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

ちなみにマンションの場合は、水回りが1箇所にまとまっていることが多いため、キッチン・浴室・トイレの近くに、洗濯機置き場の空間を確保・設置することになります。

また、元々洗濯機置き場がない物件では、必要スペースの問題から、キッチンの横に付けることが多くなります。
それぞれの設備を使う時の通路が狭くならないよう考慮して、リフォーム工事を実施しましょう。

使いやすい
洗濯機置き場が欲しい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

マンションの洗濯機置き場に防水パンは必須

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

階下への水漏れを防ぐためにも、2階以上の部屋に洗濯機置き場を設置する際には、防水パンも必ず付けなくてはなりません。
中には、防水パンを設置せずに工事費を安くするという、ずさんな業者もいますので気をつけてください。

近隣とのトラブルや、自宅の床を汚してしまうというリスクを回避するため、防水パンの修理や設置は怠らないことが肝心です。

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

防水パン本体や、水栓部材の値段はそれほど高いものではありません。
リフォームにかかる費用は、給排水工事費、電気工事費、壁や床を部分的に開口する費用、開口した壁・床を復旧する費用など、工事の内容によってそれぞれ異なります。

防水パン本体+設置費 約2~6万円
洗濯機専用の水栓本体
(緊急時止水機能付き)
約1万円
給排水管の接続工事 約1.5~8万円
コンセント設置費 約1万円
周囲の内装の復旧工事 約5万円
その他の諸経費・雑費など 約1、2万円

以上のような費用を合計して、15~20万円位がリフォームの平均的な価格です。
ただし、水漏れが起きて下の階に被害が出てしまった場合は、その修繕費として50万円程度はかかるので注意しましょう。

洗濯機置き場
\もっと使いやすくしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

洗濯機置き場をリフォームする際のポイント

洗濯機置き場を上手にリフォームするには、以下のようなポイントを押さえておくと安心です。

洗濯機置き場のリフォームは、基本的に水道工事

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

洗濯機置き場のリフォームは水道工事がメインとなるため、残念ながら単体の工事を扱っている業者はあまり多くありません。
もし受け付けてくれたとしても、他業者が施工することになるので委託料がかかると考えておきましょう。

業者を探す際には、水回りの施工を得意とする業者に依頼するとスムーズです。
また、水漏れトラブルのみを解決したい場合は、水漏れ専門の業者に依頼してみましょう。
このような業者は自社で必要機器を揃えているため、仲介料などがかからず安く済むケースが多いです。

水回りをまとめてリフォームするのも良策

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

マンションでは水回りが1箇所にまとまっていることが多いため、洗濯機置き場を洗面室やトイレと同じ室内にしてしまうという方法もあります。

作業動線がない、キッチンの配管にサビがあるなどという時には、水回りをまとめてリフォームする方が効率的で、別々に工事するよりも費用が安く済みます。
また、洗濯時に下洗いをすることが多い場合は、洗面台や手洗いカウンターがあると便利です。

狭小住宅なら超小型洗濯機もオススメ

マンションの洗濯機置き場リフォームの費用相場・ポイントとは?

洗濯機の中には、キッチン下や洗面台下に入る「超小型洗濯機」があります。
どうしても洗濯機置き場を作るスペースがない場合は、超小型洗濯機が入るキッチンや洗面台に、思い切ってリフォームしてしまうという選択肢もあります。
洗面台やキッチンを交換したいといったタイミングの際に、リフォーム会社に相談すると良いでしょう。

洗濯は、どのご家庭でも頻繁に行う家事の一つです。
洗濯機置き場を使いやすいスペースにリフォームすることは、家事に費やす時間や労力を減らすことにつながります。
洗濯のときに使いづらさを感じている方は、リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

【この記事のまとめ&ポイント!】

マンションの洗濯機置き場リフォームは、どのようなときに必要ですか?
「防水パンに破損箇所があるとき」や「配管が詰まり、排水で床が汚れたとき」には、洗濯機置き場をリフォームすると良いでしょう。
もちろん「洗濯機を、ベランダや共有部分の廊下ではなく、室内に置きたい」という場合にも、オススメです。
マンションで洗濯機置き場をリフォームする際の費用相場を教えてください。
平均的な価格は、15~20万円位です。
洗濯機置き場をリフォームする際のポイントを教えてください。
基本的に水道工事がメインのため、水回りの施工を得意とする業者に依頼するとスムーズです。
また「作業動線がない」「キッチンの配管にサビがある」などという時には、水回りをまとめてリフォームする方が効率的で、別々に工事するよりも費用が安く済みます。
詳しくは、こちら

水回りに詳しい
施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もオススメ♪
>> 一戸建てリノベーション/リフォームの費用・工期
>> ワンルーム/1Kのリノベーション・リフォーム費用&事例

更新日:2020年1月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

洗面所のおすすめ記事

  • リフォームで "できること・できないこと"【マンション編】

    リフォームをする際には、法律の規制やマンションの規約で、できないこともあります。マンションは一戸建てに比べてできないことが多いので、計画を練り直すはめになったり、工事後に後悔してしまうことのないように事前にしっかり確認しましょう。

  • 【これが知りたかった!】賃貸の原状回復の部位別・費用相場と退去トラブル回避のポイント

    賃貸住宅において、オーナーである貸主の方も、借主の方も気になることの一つが、原状回復にかかる費用ですよね。フローリング・壁紙クロスの張替えや、穴・傷の補修、設備交換などにかかる費用はどの位で、また誰が負担するのでしょう?価格相場や安く抑えるためのコツ、退去時にトラブルにならないためのポイントについて、解説します。

  • 洗面台交換・洗面脱衣所リフォームの費用相場や施工事例、業者の口コミを大公開!

    洗面台(洗面化粧台)の交換や、洗面脱衣所のリフォームの際、最も気になることは「値段はいくらになるか」「どんな業者に見積もりを依頼したらよいか」ということですよね。そこで今回は、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム会社の施工事例を元に、洗面台・洗面所リフォームの料金相場を解説します。LIXILやパナソニックなどのおしゃれな商品を設置した実例や、リフォーム前に確認しておきたい洗面台の選び方、施工業者の口コミも公開しているので、チェックしてみてください。

  • 水回りリフォームの費用相場・施工事例!目安時期・おすすめ会社の口コミ/評判などもご紹介

    「水回り(キッチン・浴室・トイレ・洗面台/洗面脱衣所)」は、適切な時期にリフォームすることで、より長く快適に使うことができます。ただ、一戸建てでもマンションでも「金額はいくらになる?」「築何年くらいでリフォームしたらよいの?」「施工日数は長い?」といった疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで本記事では、水回りを全体的にリフォームする際の値段・価格帯や注意点について解説します。リフォームの総額や期間がわかる施工事例や、おすすめの会社の口コミもご紹介するので、参考にしてくださいね。

  • 団地のリフォーム費用相場はいくら?キッチン・お風呂などの施工事例もご紹介

    団地で、内装リフォームや台所・トイレのなどの改装をしたい時「金額はどのくらいになる……?」「オーナーさんや大家さんの許可は必要?」「どんな工事ならできるの?」など、色々な疑問や不安が出てくるものですよね。そこで今回は、水回り・リビング・部屋・廊下のリフォームや、壁紙・フローリング・畳の交換、断熱リフォームなど、団地で可能な工事内容とその価格相場について、ご紹介します。画像付きの施工事例も掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.